レポート アーカイブ

2007年12月20日

秋田ステップ開催

071216akita.jpg

2002年にスタートした秋田でのピティナ・ピアノステップも今年で6回目を迎えました。
年々参加者も増え、ついに昨年は目標としていた150名を超えることができ、今回初めて2日間の開催を試みることとなりました。当日は天候も良く、1人の欠席もないまま171名の方が参加をされ、様々な演奏を聴くことができました。また、初の試みとしてもう一つ。参加された皆さんに楽しんでいただきたく、音楽ビンゴゲームを企画致しました。参加ステップにより難易度の異なるビンゴゲーム等で、アドバイザーの先生方にもご参加いただき大いに盛り上がりました。


演奏のステージだけでなく、参加された皆さんに楽しかったという気持ちで帰っていただき、それがまた来年の参加につながって行ったら本当にうれしいです。
初めて参加された方、また継続表彰を受けた方、今後もたくさんの方にご参加いただき、このステップが大きく広がっていくことを願い、会員一丸となって頑張りたいと思います。

続きを読む "秋田ステップ開催" »

2008年4月18日

課題曲セミナー開催(弓削田優子先生)

blog_080330akita.jpg3月30日アトリオンミニコンサートホールにて、弓削田優子先生をお迎えして、2008年度の課題曲セミナーが行われました。

当日は、今年度コンペティションを目指す子ども達も参加する中、2時間半の充実した時間をすごすことが出来ました。

セミナーでは、A2級からC級までのほぼ全ての曲の演奏と解説があり、丁寧なのにとてもテンポが良くて聞きやすいセミナーでした。1曲1曲のポイントや表現の仕方、イメージはもちろんさらに様々な解釈など、とてもわかりやすい説明でした。さらに私達指導者にとって、曲の解釈などのほかに、どのように子ども達にその曲を与えていくか、言葉のかけ方、そこに向かうための予備練習など参考になることがたくさんのセミナーでした。
(Rep:秋田支部/若松マキ先生)

2008年11月27日

秋田ステップ開催!

11月15日(土)、16日(日)アドバイザーに越村紅先生、中西誠先生、藤井祥子先生にお越し頂き、第7回「ピティナ・ピアノステップ」が行われました。参加者は163組。

ステップ初日は例年と異なり、初めてミニコンサートホールでの開催となりました。第1部、第2部は基礎ステップ・導入ステップの生徒さんの演奏となったため、出演者の人数も多く、会場いっぱいの人となりました。
087160107.jpg087160108.jpg087160109.jpg

2日目は例年と同様、大ホールでの開催、「大好きなこのホールでまた演奏したくて」とのコメントをお預かりした県外からの参加もありました。
ステップでのミニコンサートホールの使用は初めての試みでしたが、毎年参加いただいている生徒さんには違ったホールの響きを体験することができ、良い経験になったのではないかと感じられました。又、ピアノの他にステージアでの演奏や伴奏君を活用した出場者もあり、バラエティーに富んだアットホームなステージとなりました。

昨年からスタートした講評終了後のゲームコーナーは今年も引き続きビンゴゲームコーナーとして導入、演奏を終えてビンゴを当てて景品を貰いにステージに駆け上がってくるときには、最高の笑顔でいっぱいでした。全員に参加賞の準備があったのでビンゴにならなかった子も可愛らしいプレゼントを受け取り、楽しい思い出を作って帰ったのではないかと思います。又、継続表彰者も増え、15回、20回の表彰者が多数出る事を目標にステップの輪を広げていきたいと思っております。

087160101.jpg087160102.jpg
087160103.jpg087160104.jpg
087160106.jpg087160105.jpg

2009年11月26日

2009秋田ステップ開催

2日間にわたって178名の参加者があり、回を重ねるごとにステップの魅力を感じてくれるピアノ愛好者が増えていることを実感しつつ、ステップを終えることができました。
ホールの響きも良く、アドバイザーの先生方の熱心で丁寧なコメントなど、あたたかい雰囲気に包まれたステップでした。県内全域からこの日のために集まった参加者の皆さんがまた次回のステップを楽しみにしてくれることを願っております。


グランミューズの赤田直樹さんと堀貴子先生のフリー3分の連弾。「息の合った素敵な演奏」でした。

継続表彰

継続表彰の皆さん。

継続表彰の皆さん。

講評の笹山美由紀先生。

継続表彰の皆さん
先生と二人で
先生と二人で
継続表彰の皆さん
継続表彰の皆さん
弾きはじめの集中
弾きはじめの集中
講評の大林裕子先生
講評の大林裕子先生
講評の佐藤裕子先生
講評の佐藤裕子先生

2010年4月16日

【レポート】コンペ課題曲セミナー(松崎伶子先生)

blog_100328akita_matsuzaki.jpg2010年3月28日(日)ヤマハミュージック東北 秋田店3Fホールにおいて、松崎伶子先生によるピティナ・ピアノコンペティション課題曲セミナーが開催されました。
主にA1級からC級のバロック・古典・ロマン・近現代曲を中心に、D級近現代曲も抜粋し、指導・演奏のポイントを演奏付でアドバイスしていただきました。

講座はA2級からスタートし、先生の軽快なトークでテンポよく進み、あっという間の2時間半となりました。
先生からの演奏のポイントはもちろん、作曲の先生からの情報、アナリーゼ楽譜からの情報、課題曲CDの演奏についてなどいろいろな方向からの情報をおりまぜ、アドバイスしてくださいました。また曲のイメージを膨らませやすいような具体的な情景をご掲示してくださる場面も多々あり、今回参加が多かった小さな子供たちも演奏する上での大きなヒントを得ていったのではないかと思いました。
松崎先生、本当にすばらしい講座をありがとうございました。

課題曲講座を聞くと"コンペのためだけのもの"と思われがちですが、バロック・クラシック・ロマン・近現代の4つのスタイルからなる課題曲を学ぶ事は音楽史を学ぶ大切な機会となり、日々のレッスンにも大きな力になっていくものだと思いますので、今後もたくさんの方々に知っていただけるよう、より多くの人に広まることを願っております。

2010年12月 9日

2010秋田ステップ開催レポート

今年も「アトリオン音楽ホール」での開催となりました。
初めてのステージ経験をする「チビッコ」達も多かったのですが、運動部での試合を終えてから駆け付け、参加する程楽しみにしているようです。
フリーステージでの~水笛とピアノのアンサンブル~も素敵でした。
アドバイザーの先生から『秋田地区は誠実に勉強されている方が多いですね』との好評も頂きました。
二日間にわたってのアドバイス有難うございました。

秋田ステップ
クープラン-恋のウグイスのお2人は音楽を通して知り合い来年1月結婚いたします。水笛をふいている堀貴子先生は支部会員です。
秋田ステップ
第12部8番 5回表彰を受けた貴俵怜子さんの演奏
秋田ステップ
ゲームコーナー
秋田ステップ
熱演でした
秋田ステップ
今回で5回表彰を受けた野口桃歌さん
秋田ステップ
5、6、7部の継続表彰の皆さん
秋田ステップ
3部、4部のみなさんが継続表彰の記念品をいただいているところ
秋田ステップ
8部、9部の継続表彰を受けた皆さん
秋田ステップ
アドバイザー講評
秋田ステップ
講評用紙の封筒を頂いています
秋田ステップ
他県から出場いただいた方
秋田ステップ
第7部1番 10回表彰を受けた小玉悠妙歌さんの演奏
秋田ステップ
講評を三浦先生からいただいているところ

2012年3月26日

3/17支部入賞者記念コンサート開催

さる3月17日(土)アトリオン音楽ホールにて行われた「第11回ピティナ・ピアノコンペティション入賞者記念コンサート」はみなさまのお力添えにより無事終了することができました。
大震災から1年、先日のコンサートでは今なおご苦労されている被災された方々の復興を願い、わたくしたちが今生きているすべてのことに感謝する気持ちを込めた演奏会となりました。
ゲストの高尾奏之介さん奏音さんの御兄弟の演奏は、心を解き解し、浄化された祈りのバッハに始まり、ブラームス、ショパンは圧巻の演奏で、繊細でかつスケールの大きい、心に残る名演奏でした。
同年代の素晴らしい演奏に触れ、秋田支部の生徒たちも大いに刺激をうける機会となりました。 お祝いのメッセージやたくさんの花束、温かいお言葉に励まされました。
どうぞ今後ともお力添えいただきますようよろしくお願い申し上げます。

当日の入場者数は450名、当日高尾さん兄弟の演奏に感動されてお帰りになりました。
ありがとうございました。

リハーサル中の高尾奏之介さん
リハーサル中の高尾奏之介さん
第1部の出演者
第1部の出演者
第2部と3部の出演者
第2部と3部の出演者
高尾奏音さんの演奏
高尾奏音さんの演奏
本番の高尾奏之介さん
本番の高尾奏之介さん
演奏の最後の花束贈呈時
演奏の最後の花束贈呈時
お食事会の時に奏音さんが若松先生と納谷静子先生のスケッチをした絵
お食事会の時に奏音さんが若松先生と納谷静子先生のスケッチをした絵
コンサート終了後のお食事会
コンサート終了後のお食事会

2012年4月 6日

【実施レポ】2012コンペ課題曲セミナー(本多昌子先生)

blog120325akita_honda.jpg2012年3月25日(日)、本多 昌子先生による課題曲セミナーが
ヤマハ秋田店3Fホールにて行われました。
A1級からC級までの課題曲と、D級・E級の近現代を中心に
取り上げ、時代背景や作曲家のスタイルに即した演奏の仕方
など、具体的でわかりやすいアドバイスに、時間を忘れるほど
興味深くあっという間に終了の時間になっておりました。

先生のお話の中で特に興味深かったのは、小さい子供の指の使い方についてのアドバイスです。
「指をこうしたら、こんな音が出るよね」など、本多先生がピアノで実際に色々な表現をして下さり、受講者は見入っておりました。手の小さな生徒さんを指導するのにとても役立つ内容でした。
セミナーの終わりにもこのことについての質問が、受講した方からあり、その時の先生のお話から、生徒の体の成長に十分考慮した上で指導にあたらなければならない事を改めて勉強させていただいた一日でした。
本多先生、ありがとうございました。

(Rep:ピティナ秋田支部  若松マキ)

2013年3月13日

入賞者記念コンサート開催レポート

去る3月3日(日)アトリオン音楽ホールにて行われました「第12回ピティナ・ピアノコンペティション入賞者記念コンサート」はみなさまのお力添えにより無事終了することができました。
出演した生徒たちは舞台で集中し、楽しんで演奏することができました。
今年、豪雪だった秋田は一足先に春へと向かっているようでした。
ゲストにお迎えした、東京芸術大学在学中の水谷桃子さんは磨き抜かれた音による彼女の表現と音楽が結びつき、次元の高い見事な演奏を披露くださいました。生徒たちは大きな刺激をうける機会となりました。

アンコール
アンコール
演奏後、水谷さんと米澤里加さん(高2)演奏についてのとても優しいお言葉をいただいたそうです
演奏後、水谷さんと米澤里加さん(高2)演奏についてのとても優しいお言葉をいただいたそうです
県会議員石川ひとみさんからいつもお花をいただきます
県会議員石川ひとみさんからいつもお花をいただきます
演奏を終えたこどもたち
演奏を終えたこどもたち
集合写真
集合写真
演奏中の水谷さん
演奏中の水谷さん
会員の赤田貴子さんと水谷さん
会員の赤田貴子さんと水谷さん
演奏会後のお食事会の水谷さん
演奏会後のお食事会の水谷さん
お食事会に知事夫人もかけつけてくださいました(右から3人目)
お食事会に知事夫人もかけつけてくださいました(右から3人目)

2013年3月25日

【実施レポ】2013コンペ課題曲セミナー(伊賀あゆみ先生)

WEB130317akita_iga1.jpg2013年3月17日(日)13:30-16:00 ヤマハ秋田店3Fホールにて
伊賀あゆみ先生をお迎えして2013年コンペ課題曲セミナーが
始まりました。

★A2(近現代)/A1-B/C-F(近現代)
★スタイル(時代,作曲家,背景)/拍子感/フレーズ感/アーティキュレーション/
バランス/ハーモニー/ペダル について等、すばらしい演奏の中で細やかに
アドヴァイスしていただきました。WEB130317akita_iga2.jpg
何より音楽や生徒さんを愛している言葉力や演奏力に感動いたしました。とても素敵な先生でした。
伊賀先生、ありがとうございました。

 (Rep:ピティナ秋田支部 若松マキ)

2013年12月12日

秋田ステップ開催レポート(2013.11.30-12.01)

みぞれまじりの雨の降る中、11月30日と12月1日の2日間、101組の出演者が参加したピティナ・ピアノステップ。家族や客席の皆さんのあたたかいまなざしに見守られ、出演者はピアノソロ、ピアノ弾き語り、声楽、サキソフォンなど多彩な演奏を楽しみました。
秋田県は小・中・高校生の部活動が盛んなため、夜遅くまでの部活動を終えてからのピアノ練習となる厳しい日々の中、22名の継続表彰者が表彰されました。
Q&Aコーナーでは、「弾いているときに右肩が上がるのですが」「フィンガーペダルを上手にするにはどうしたらいいですか」「アドバイザーの先生たちは1日何時間ピアノを練習しますか」等の質問があり、ていねいにお答えを頂きました。アドバイザーの先生からは、子供たちに対する声掛けの仕方など、家族の方にもアドバイスを頂き、大きくうなづく保護者の方々の姿が印象的でした。
また途中で行わる音符を使ったビンゴゲームは、好きな賞品がもらえるとあって賑わいを博しました。
最後に、アドバイザーの先生の「ピアノを弾けるという神様から頂いた才能を...」という言葉に、改めて幸せと勇気、そしてこれからの意欲を感じさせていただき、胸に温かく響きました。

記 小番薫

1・2部の継続表彰の皆さん1・2部の継続表彰の皆さん
1・2部の講評の明るく・やさしく・美人な多胡先生。1・2部の講評の明るく・やさしく・美人な多胡先生。
3・4部のゲームコーナー。ビンゴで賞品をいただいています。3・4部のゲームコーナー。ビンゴで賞品をいただいています。
3・4部の継続表彰の皆さん3・4部の継続表彰の皆さん
3・4部の継続表彰の皆さんにお声をかけている武田友枝先生3・4部の継続表彰の皆さんにお声をかけている武田友枝先生
3・4部の講評のシャイな松本明先生3・4部の講評のシャイな松本明先生
5・6部の継続表彰の皆さん5・6部の継続表彰の皆さん
5・6部の講評。的確なアドバイスを真摯にして下さった武田先生。5・6部の講評。的確なアドバイスを真摯にして下さった武田先生。
6部17番 高橋すみれさん、藤田流愛さんの連弾。楽しかった! 6部17番 高橋すみれさん、藤田流愛さんの連弾。楽しかった!
緊張している来場者にリラックスのぶらぶら体操をさせている戸田先生。 緊張している来場者にリラックスのぶらぶら体操をさせている戸田先生。
6部1番。小野塚きらさん。習い始めて3か月だそうですが、とてもそうとは思えない音楽的なピアノでした。6部1番。小野塚きらさん。習い始めて3か月だそうですが、とてもそうとは思えない音楽的なピアノでした。
8部。会員の納谷静子先生。先生のアレンジの「虹の彼方に」を熱演!スタッフでアナウンスしてすぐ 8部。会員の納谷静子先生。先生のアレンジの「虹の彼方に」を熱演!スタッフでアナウンスしてすぐ。
7・8部のゲームコーナー。ビンゴで賞品をいただいているみなさん。 7・8部のゲームコーナー。ビンゴで賞品をいただいているみなさん。
7・8部の継続表彰の皆様。7・8部の継続表彰の皆様。
8部。心動かされたサックス演奏。会員の小番薫先生8部。心動かされたサックス演奏。会員の小番薫先生。
1201 会員の小番薫先生のすてきな心動かされたサキソフォンの演奏。スタッフとして動いていてお衣装の着替えなしで。ピアノは会員の小笠原恒子先生。スタッフ。1201 会員の小番薫先生のすてきな心動かされたサキソフォンの演奏。スタッフとして動いていてお衣装の着替えなしで。ピアノは会員の小笠原恒子先生。スタッフ。
8部4番。ふるさとラ・ボエームを美しい声で朗々と歌いました。スタッフで動いてすぐ出番でお衣装の着替えなし8部4番。ふるさとラ・ボエームを美しい声で朗々と歌いました。スタッフで動いてすぐ出番でお衣装の着替えなし。
会員の小番薫先生のすてきな心動かされたサキソフォンの演奏。スタッフとして動いていてお衣装の着替えなしで。ピアノは会員の小笠原恒子先生。スタッフ会員の小番薫先生のすてきな心動かされたサキソフォンの演奏。スタッフとして動いていてお衣装の着替えなしで。ピアノは会員の小笠原恒子先生。スタッフ。
Q&Aコーナーで生徒からのアドバイザーの「先生達は一日何時間ピアノを練習していますか」という質問にお答えしている松本先生。 Q&Aコーナーで生徒からのアドバイザーの「先生達は一日何時間ピアノを練習していますか」という質問にお答えしている松本先生。
1201 Q&Aコーナー。「アドバイザーの先生達は毎日何時間練習していますか」の質問に答えている武田先生。 1201 Q&Aコーナー。「アドバイザーの先生達は毎日何時間練習していますか」の質問に答えている武田先生。
小さい子は無理に大きな音を出そうとしないできれいな音でと細かく丁寧に講評いただいた。多胡まき枝先生。小さい子は無理に大きな音を出そうとしないできれいな音でと細かく丁寧に講評いただいた。多胡まき枝先生。
5部16番 福嶋冬宇花さんの弾き歌い。「コクリコ坂から」さよならの夏を弾き歌い。心を平和にしてくれるようなほっこりした歌をきかせてくださいました。カッコ良かった!5部16番 福嶋冬宇花さんの弾き歌い。「コクリコ坂から」さよならの夏を弾き歌い。心を平和にしてくれるようなほっこりした歌をきかせてくださいました。カッコ良かった!
演奏しているフリー7分の伊藤朱美さん。 演奏しているフリー7分の伊藤朱美さん。

2014年3月10日

3/2(日)秋田支部入賞者記念コンサート開催!

去る3月2日(日)アトリオン音楽ホールにて第13回ピティナ・ピアノコンペティション秋田支部入賞者記念コンサートが行われました。
今回は、ゲスト演奏に連弾の二瓶三兄弟をお招きしました。
新潟県五泉市出身のご兄弟は別宮貞男作曲の「北国の祭り」で秋田の夏祭りを表現し、中田喜直作曲の「日本の四季」で五泉市の自然を表現しようと2曲を選んだそうです。
見事に息のあった演奏は、会場を大きく包み込み、観客の心をもリズムに乗せ、楽しい演奏会となりました。感動を有り難うございます。

3/2(日)秋田支部入賞者記念コンサート 3/2(日)秋田支部入賞者記念コンサート
3/2(日)秋田支部入賞者記念コンサート 3/2(日)秋田支部入賞者記念コンサート
3/2(日)秋田支部入賞者記念コンサート 3/2(日)秋田支部入賞者記念コンサート
3/2(日)秋田支部入賞者記念コンサートのサムネール画像

2014年4月 4日

【実施レポ】2014コンペ課題曲セミナー(本多昌子先生)

2014コンペ課題曲セミナー2014年3月30日(日)ヤマハホールにて、本多昌子先生をお招きし、「2014コンペ課題曲セミナー」が開催されました。今回はB級から始め、B・C級のことを詳しく具体的に例をあげお話しいただき、その後A1級へと進みましたので、A1急はよりわかりやすかったように思います。

2014コンペ課題曲セミナー演奏者によって解釈が違うことはわかっていることですが、今回先生が具体的に例をあげてお話いただいたことがとても興味深いことでした。また、音階の弾き方は弦楽器をイメージしてみるとよいことや、四声体を弦楽四重奏のように解釈するとよいという点など、とても有意義なセミナーでした。本多先生、ありがとうございました。

(Rep:ピティナ秋田支部 戸田里美)

2015年4月 9日

3/29支部入賞者記念コンサート開催

去る3月29日(日)アトリオン音楽ホールにて第14回ピティナ・ピアノコンペティション秋田地区入賞者記念コンサートが行われました。
ゲスト演奏者の小竹島紗子さんは、繊細かつエネルギッシュな音色で観客を魅了し、会場は大いに盛り上がりました。
生徒たちも新しい学年にむけた境目のこの時期、今年度の集大成としての演奏会となりました。 お力添えありがとうございます。

2016年1月 6日

秋田ステップ開催レポート(2015.12.19-20)

12月19日、20日の2日間ピティナピアノステップ秋田がアトリオン音楽ホールにて開催されました。風も冷たく寒い中出演する方々が続々集まり、日頃の成果を発表しました。小中学生は勉強や部活動とピアノの両立が大変な中、一年の総まとめをコメントし堂々と演奏する姿に感動いたしました。グランミューズで出場した大館ユーロカンパネラの皆さんは美しく知性溢れる発声で会場を魅了いたしました。
又、初めて秋田節の民謡での出演もあり、ホールいっぱいに朗々と響き渡り思い切り歌うことができたようです。他に声楽のソロ、鍵盤ハーモニカのアンサンブル、歌とオカリナのコラボ!!サキソフォン等々、音楽は本当に心を豊かにしてくれる!!と感じた2日間でした。
Q&Aコーナーでは質問する生徒達に真剣に丁寧にお答えいただきましたアドバイザーの先生方、ありがとうございました。

第1部10番熊谷さん兄弟による6手連弾
第1部15番民謡 秋田節を朗々と歌う高谷姉妹
継続表彰の皆さま
第45回継続表彰 岩手の佐々木響子さんとお母さま
今年も登場の 土濃塚真知子先生率いるすみれアンサンブルの演奏
先生たちによる大館コーロカンパネラによるアンサンブル
小玉先生の歌唱
小番先生によるサキソフォンの演奏 伴奏小笠原恒子先生
Q&Aに答える先生方
音楽ゲームで商品を取りに来た子どもたち
講評の封筒を受け取るこどもたち

2016年6月28日

3/12支部入賞者記念コンサート開催

2016年3月12日(土)アトリオン音楽ホールで行われた 第15回ピティナ・ピアノコンペティション入賞者記念コンサートの写真をお送りいたします。

招待演奏者は高校2年生の黒木雪音さんでした。会場から沢山のブラボーの声が上がった素晴らしい演奏でした。
演奏後のインタビューで雪音さんから楽しいお話をたくさん聞かせていただきました。雪音さんありがとうございました。

2017年1月13日

秋田ステップ開催レポート(2016.12.18)

12月18日お天気に恵まれ暖かい日よりの中ステップが開催されました。参加者は緊張した表情でステージに進みますが、コメントが読まれると、それぞれの思いを感じ、伝えようと演奏に心をこめて精一杯の表現をしておりました。ステップでの演奏前のコメントは良いですネ。
演奏後のワンポイントレッスン、Q&Aコーナー、ゲームも会場が一体感のある雰囲気になるのが、一緒に頑張っている仲間達のような気持ちがしてとても良いと感じております。
又秋田の子供達は、まじめすぎるところもあるので、もう少し楽しく参加できる雰囲気づくりができたらと考えております。

2017年5月15日

2017年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー

2017年4月23日(日)ヤマハミュージックリテイリング秋田店3Fホールにて赤松 林太郎先生をお招きし、「2017年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー」が開催されました。
A1-D級の全曲を取り上げて予定時間を2時間も過ぎていたのを忘れるほどの勢いで、音楽史、テクニック、 ぺダリング、音符の解釈の仕方の総合的な内容を演奏を通して説明いただきました。


170423akamatsu_2.jpg演奏家としての視点や豊富な経験からのお話は、次から次へと湧いて出てくるようでした。 4期のスタイルの演奏の違いや、国によっての音楽の違い、作曲家の人物の捉え方や、いつ頃のどのような 作品なのか等、あらためて明確に捉える勉強をしなければと思う一日でした。

赤松先生の伝えたい熱意がとてもよく響いて、受講者の心に届く素晴らしいセミナーでした。機会があれば、秋田支部一同また受講したいと思っております。

2017年12月21日

秋田ステップ開催レポート(2017.12.17)

秋田地区ステップでは、雪が降り寒いお天気にもかかわらず多くの参加者による熱意にあふれたステージとなりました。
ピアノ学習者が憧れる名曲や季節を感じさせる曲、また合唱や鍵盤ハーモニカのアンサンブル、今年初参加のハンドベル等本当にステージをより華やかに、素敵にしてくれました。
1人でも多くの皆さんにステップの経験を重ねながらもっともっとピアノが好きになっていただきたいとスタッフ一同願っております。
アドバイザーの先生方、ありがとうございます。

2018年3月19日

3/4(日)支部入賞者記念コンサート開催

冷たい秋田の冬。その日は、ふわりと春を運んできたようなお天気の3月4日(日)アトリオン音楽ホールにて「第17回ピティナ・ピアノコンペティション入賞者記念コンサート」が行われました。

招待演奏の中学2年 谷昂登さん(福岡県)は、躍動感と力強さと繊細さを兼ねた演奏でお客様を魅了し、たくさんの「ブラボー」をいただきました。
年齢の近い参加者の皆さんには、とても大きな刺激となり、新年度への気持ちをさら高める機会となりました。

私達支部会員一同、向上心をもって進んで参りたいと、改めて決心する充実した一日となりました。

2018年4月13日

【実施レポ】2018年度ピティナピアノコンペティション課題曲セミナー(関本昌平先生)

2018年3 月17 日(土)秋田市にぎわい交流館AU にて関本昌平先生をお招きし、「2018年度ピティナピアノコンペティション課題曲セミナー」が開催されました。

この日はAl 級から C 級のバロック・古典・ロマン・近現代の課題曲について解説していただきました。 美しい音色に包まれあっという間の2 時問でした。拍子の感じ方やモチーフ毎の表情の違 いの表現の仕方、響きの感じ方等々、自然な音楽の流れの中にあって、フレーズの素敵な感じ方や曲作りの仕方をポイントをしぼって解説していただき、非常にわかりやすくためになるセミナーでした。課題曲に関連した具体例として、同じ調の作品やその作曲家の似たモチーフの作品など知っている曲を挟みながら解説していただいたことにより、さらに理解が深まりました。

特に興味深かったのは実際に音が出ている前後ついてのお話です。フレーズが始まるとき はまず音が出るまでの準備、すなわち出す音のイメージをしっかり思い浮かべ会場の空気 も感じながら、音が鳴る前の音や空気を聞くこと、そしてフレーズの終わりは次の音がどんな音かイメージしながら最後まで音を聞くこと、なによりも聞いている人に音をイメージさせることが大事であるというお話が印象に残っています。また、響きが空間のどこに浮かんでいるのかイメージする、煙や香りのように漂う響きを捉えるといったお話もあり、実際に鳴っている音を聞くのはもちろんのこと、その前後の空気も含めてーつの作品であり音楽であるということを実感しました。 今回のセミナーを通してフレーズの感じ方について根本的な部分から学び直したように感 じます。

「曲」とは漢字の通り自然な曲線で描かれているものであり、そこに時代背景や作曲家の特徴が加わり深みを増しているという基本的でありながら非常に重要な部分を学ばせていただきました。課題般一曲一曲の解説にとどまらず、 今自分が抱えている曲にもすぐに 応用できるポイントが沢山あり、関本先生の音や一つ一つの言葉の印象が薄れないうちに早くピアノの練習がしたいと感じる、本当に素敵なセミナーでした。遠い秋田の地までいらしていただき、本当にありがとうごぎいました。

Rep: 秋田支部 小野 葵


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ秋田支部