お知らせ アーカイブ

2014年12月12日

秋田ステップ開催します。

ごあいさつ

 ピティナ・ピアノステップ秋田地区へのご参加ありがとうございます。

 皆様もご存じのように、国内最大の文化の祭典が、今期、この秋田で「第29回国民文化祭・あきた2014」として開催されました。そして、10月25日と26日の両日は、全国から参加者を集い「ピアノフェスティバル」が、ここアトリオン音楽ホールで盛大に行われました。
 地域の文化力を高め、文化の力で地域を元気にしていくことを目指して展開されたこの取り組みの理念は、ピアノ指導に携わる者にも共通する思いです。次世代を担う人材を支えていくことができるよう努力していきたいと思っております。

 中世のヨーロッパ貴族は、精神安定のために音楽を聴いていたという歴史があります。小川のせせらぎや風のそよぎのような「揺らぎ」という音の特性を含んだ音楽のもつ一定の規則性は、心のリズムを整えてくれるのです。現代では、ある条件をもつ音楽を聴くとゆっくりと深い呼吸が得られ、心拍が安定化し、不安を解消するという癒し効果があると科学的に立証されています。その他にも、聴くと勇気や希望がわいてくる音楽、深い悲しみを共感するための音楽など、音楽の楽しみ方は人それぞれではないでしょうか。
 ステップにご参加の皆様も、時として私たちに大きな力を与えてくれる音楽に、素晴らしい魅力を感じながらレッスンに励んでいることでしょう。
 今日は、音楽で満たされた幸せな一日となりますように。

ピティナ秋田支部長  若松マキ

 
(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2015年12月17日

秋田ステップ開催します(2015.12.19-20)

ごあいさつ

 ピティナ・ピアノステップ秋田地区へのご参加ありがとうございます。
 今年また、一人の日本人が人類の夢である宇宙に飛び立ちました。そして、その初めての
宇宙から「皆さんの地球は、皆さんと同じでとても美しいです」という報告が届きました。
だれでも宇宙旅行のできる日は遠くないと言われる現代ですが、今はまだ、ごく限られた人
しか目にすることのできないその光景と、それを目にした感動の言葉にふれ、大きな喜びを
感じました。また、夢をもち続けることの大切さと人間の力の偉大さをあらためて実感
いたしました。
 あるコラムで「スーパーコンピューターも、人間の脳の0.002%の能力しかないのだ」と
述べられていました。人間はスーパーコンピューターよりはるかに優秀なのだと言うのです
から、自分の力でどんな夢でも叶えられそうな気がしてきませんか。
 子どもたちの夢は、様々な出会いの中から生まれます。その大切な出会いの一つが、今日のステップです。自分の可能性を信じ、大きく羽ばたくチャンスをしっかりつかんでください。
 変化が激しく情報の多い現代社会の中では、かえって夢をもつことに難しさを感じる人も
いるかもしれませんが、今までの出会い、これからの出会いを大切にしながら、自分らしく
生きていく子どもたちの姿を見守っていきたいと思っています。

今日は、音楽の夢がふくらむ、幸せな一日となりますように。


ピティナ秋田支部長 若松マキ


(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2016年12月15日

秋田ステップ開催します(2016.12.11)

ごあいさつ


ピティナ・ピアノステップ秋田地区へのご参加ありがとうございます。

 アメリカの大学では、音楽、映画、絵画、彫刻、文学などの芸術作品を通じて、「人はなぜそのように考え、表現したのか」「それが社会にどのような影響を与えたのか」などを、歴史的・社会的学・哲学的視点から学んでいるそうです。
その背景には、答えは一つではなく自分で見つけていくものであり、自ら世界に問いかけて探求する力を身に付けてほしいという考えがあります。
つまり、音楽をはじめとする芸術を「知力を鍛えるツール」の一つとして位置づけているのです。

 日本では、生徒全員にピアノの授業を行っている全国有数の進学校(男子校)があります。
その内容も、音楽理論を踏まえたうえで、自分で作った曲を最終試験に演奏するというハイレベルなものになっています。
優秀な頭脳があるからピアノもできるのではないかとも考えられますが、近年、ピアノを弾くことが脳に及ぼす作用に関する研究が進み、ピアノを弾くことが他の学習活動にも良い影響を与えているのだという考えの方が有力となっています。
ピアノ音楽に携わる者にとって、大変喜ばしい研究結果です。
また、最近、ある脳学者が「現在、学術的に証明されている限りにおいて、ピアノほど脳にいい習い事はない。」と提唱したことも、大きな反響を呼びました。

 ピアノを学び、演奏することは、音楽を日常的に楽しめるという素晴しい人生を手に入れるだけでなく、それぞれの夢の実現にむけ、知力を鍛え、自分の能力を高める効果もあるのだということを念頭に入れると、さらに充実したレッスンライフを送っていただけるのではないでしょうか。

 今日ご出演される皆様の夢の実現を、心より祈念いたしております。


ピティナ秋田支部長
若松 マキ


(当日のプログラムより) ⇒スケジュール・プログラムはこちら

2017年12月13日

秋田ステップ開催します(2017.12.17)

ごあいさつ

ピティナ・ピアノステップ秋田地区へのご参加ありがとうございます。
「山鹿のピアノ」または「木村ピアノ」と呼ばれているピアノを
ご存じの方も多いことでしょう。
1924年頃(大正時代末期)、美しいピアノの音色に感動した山鹿の木工職人の
木村兄弟が、より多くの人にピアノの素晴らしさを伝えようと、近所の人が購入した
スタインウェイのアップライトピアノを手本にして見よう見まねで作り上げたものです。

当時は、日本製アップライトピアノが650円、
スタンウェイなどの輸入ピアノが1600円。
公務員の初任給が60円の時代ですから、
とても庶民の手が届くものではなかったのです。
そこで、自分たちで作ろうと思い立ったということですが、
この兄弟の熱意と職人技、そして本当の出来事とは思えない
奇跡のようなストーリーに感動の声が寄せられ、全国的に知られるところとなりました。

奇跡のピアノは十数台作られ、現在その中の一台だけが戦火を免れて
熊本県山鹿市立博物館に残っているのです。今までも、そしてこれからも
変わらずに山鹿の人々に愛され、守られていくことでしょう。

このように、日本に伝えられて以来、人々に愛され続けているピアノ。
今では、だれでも演奏を楽しむことができる身近な楽器の一つとなりましたが、
最も身近であり最も演奏の難しい楽器であるとも言えます。
しかし、すぐに思い通りに弾けないところも、ピアノの魅力かもしれません。
 
どうぞ、ピアノの音色に包まれて過ごすことのできる幸せを味わいながら、
今日の演奏をお楽しみください。                  


ピティナ秋田支部長 若松マキ


(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら



過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ秋田支部