レポート アーカイブ

2010年12月14日

2010冬「アナリーゼステップ」にご参加・ご来場いただきありがとうございました。

2010年12月12日、分析力&演奏力を磨く「アナリーゼステップ」(巣鴨12月地区ステップ)を、巣鴨の東音ホールで開催いたしました。

優れた演奏をめざし、明確な目的を持って曲の分析を行い、分析内容を演奏に反映させられたかどうかを体験・確認できるステージとして始めた「アナリーゼ」企画は、今回で5回目となりました。

従来から行っておりました「アナリーゼ企画」(事前添削提出→返却→確認ワンポイントレッスン→本番)に加えまして、「アナリーゼ入門企画」(ワークショップ参加→アナリーゼ楽譜をゼロから体験して作成→本番)を新規に実施いたしまして、合計20組のご参加をいただきました。

ステップ当日は、恒例の「アナリーゼギャラリー」に加えまして、常設展示の「アナリーゼサロン」も新規に実施いたしました。いろいろなアナリーゼ楽譜をご覧いただいたり、演奏とのつながりを実際に体験されたのではないかと存じます。

Photo156.jpgPhoto153.jpg

なお今回から、コンチェルト企画とアナリーゼ企画はそれぞれ独立した会といたしまして、年2回開催といたしました。2011年も、来年5月にコンチェルト企画を、来冬(12月頃)にアナリーゼ企画の開催を、それぞれ計画しております。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

2014年5月15日

【開催レポ】2014新宿コンチェルト地区ステップ(2014.5.6)

 新緑の爽やかな季節の中、2014年5月6日(火)に新宿コンチェルト地区PTNAピアノステップが開催されました。ステーション通算第12回目(コンチェルトステップとしてはステーション通算7回目)となります今回のコンチェルトステップは、コンチェルト・ソリスト19名、指揮体験者3名、賛助出演者3名、そして指揮者とのべ74名の奏者による3つのオーケストラ、ピアノソロ5名、ピアノ連弾6組12名の、総勢のべ117名による大規模なコンサートとなりました。



コンチェルトステップでは初の、オペラ4重唱でのご参加もありました。



今回、オーケストラを指揮体験する企画を初開催しました。3名の参加者が、ベートーヴェンやブラームスの交響曲を指揮されました。


またこの日は、9名の皆様が継続表彰を受賞されました。そのうち、前人未到の200回継続表彰を受賞された中村香織さんは、200回達成の節目として、モーツァルト作曲 ≪ピアノ協奏曲第23番≫ 第1楽章を演奏されました。そして、オーケストラのファンファーレが響き渡る中で、PTNA福田成康専務理事より直接表彰状と記念品が授与されました。


ソリストの参加者たちは、オーケストラと時に共演を、またある時には競演を楽しまれ、素晴らしい演奏が続きました。常任指揮者、前田陽一朗氏率いるサン=オートム室内オーケストラは、独自の編曲と柔軟な対応力で、ソリスト参加者の要求にこたえる室内オーケストラとなっています。この日もソリストとオーケストラのコラボレーションによって、アドバイザーの先生方から「演奏会に来ているような気持でした。」とのご講評を賜るなど、ピアノ・コンチェルトの魅力を演奏者、お客さま皆さんで共有できる一日となりました。アドバイザーの高木早苗先生、土屋美寧子先生、奈良井巳城先生、各先生方には参加者一人一人に対する、さらなる発展のための貴重なアドヴァイスを頂きましたことを心より感謝申し上げます。



今回のコンチェルトステップも、多くの方々のご協力を得て無事に開催することができました。文京アナリーゼステーションでは、今後ともコンチェルトステップが音楽を愛好する人たちへの一助となることを願っています。
(Rep: ピティナ文京アナリーゼステーション 岡田 雅子)

おめでとう!継続表彰200回 中村香織さん

表彰式では、サン=オートム室内オーケストラによるファンファーレが華を添えました。
表彰式では、サン=オートム室内オーケストラによるファンファーレが華を添えました。
 2014年5月6日(火・祝)新緑の爽やかな季節の中開催されたPTNA新宿コンチェルト地区ステップで、中村香織さんが前人未到の継続表彰200回に到達し、福田成康当協会専務理事より継続200回の功績を称えた表彰状と「ステップ参加券」及び101回~200回のステージを記された『参加の軌跡』が贈呈されました。

 150回表彰に続き、200回表彰もコンチェルト地区ステップを選んだ中村さん。200回を一つの節目として、モーツァルト作曲 ≪ピアノ協奏曲第23番≫ 第1楽章を演奏された中村さんに、お話を伺いました。

(1)200回のステージを振り返っていかがでしたか?
一番変化があったのは「ステージ上での緊張(演奏不安)」に対しての心構えだと思います。私が1回目のステップに参加したのは、2004年1月11日だったと記憶しています。人前で演奏する際の不安は、体調に支障がでるほどとなり、このような過度の演奏不安を克服するためにステップに頻繁に参加するようになったのがそもそもの発端でした。事実、60回、70回の継続表彰を過ぎたあたりから、本番前に緊張で食べられない、などのことは無くなり、舞台袖で手が冷たくなることも、その頃には、ほとんど自覚しなくなったと記憶しています。演奏不安への根本的な克服は、ステージで演奏することを「日常化」することだと思っています。


(2)ピアノ・ステップの活用方法についてお聞かせください。
ふだん師事している秋山徹也先生とのレッスンのなかで、頂いた講評とともにステージでの演奏を振り返りながら先生とディスカッションを行います。これは、様々な気づきにつながる重要なプロセスであり、レッスンの一環としてステップを活用しています。


(3)仕事との両立などについてアドバイスをお願いいたします。
ピアノが上手くなる為にある程度の時間をかけて練習する必要があることはもちろん間違いないのですが、時間を費やしただけで上手くなるものでもないように思います。芸術のみならず、広い趣味性のバックボーンを身につけることや、演奏という行為を物理学的あるいは人間工学的な観点で考察すること、また、作業の効率化やプライオリティの考え方などの社会人として求められる資質を上手く練習にも応用することによって、省エネ/時短を目指して能率の良い練習を進めて行くことができれば、両立することは十分可能であると思います。

(4)今後の計画や抱負についてお聞かせください。
 すでに昨年秋に発表がありましたように、遂に2015年にグランミューズ部門の上位カテゴリーとして「グランミューズG」部門が新設されることになりました。従来型のグランミューズ部門に対して、4期全てを要求されるプログラム構成やエチュードの課題が課せられることになりそうです。私がA1カテゴリーで2位を頂いた2010年以降、このような上位カテゴリーの新設を強く心待ちにしていたのですが、ついにそれが実現化しそうな運びとなってきたため大変楽しみにしておりますし、自分もこれに照準を合わせ、準備を進めて行きたいと思います。
 200回目の記念となったピアノ・コンチェルトの素晴らしい演奏と継続表彰受賞、誠におめでとうございました。これからの中村香織さんのますますのご活躍を楽しみにしております。

(インタビューと文: ピティナ文京アナリーゼステーション 岡田 雅子)

2014年12月16日

【開催レポ】2014巣鴨アナリーゼ地区ステップ開催いたしました(2014.11.30)


2014年11月30日巣鴨・東音ホールにて、2014巣鴨アナリーゼ地区ステップを開催いたしました。
優れた演奏をめざして曲の分析を行い、分析内容を演奏に反映させられたかどうかを体験・確認するステージとして始めた「アナリーゼ企画」も今回で12回目となりました。ご参加・ご来場くださった皆様に感謝申し上げます。

2014巣鴨アナリーゼステップ

♪ アナリーゼしてみよう(入門篇) ♪

2014年11月16日(日)13:30~17:30、事前ワークショップを開催しました。アナリーゼを実際に体験して、ゼロから分析楽譜を作成していただきました。

2014巣鴨アナリーゼステップ

♪ アナリーゼサロン(分析楽譜展示)♪

ロビーでは「アナリーゼ企画」(事前添削提出→返却→確認ワンポイントレッスン→本番)と「アナリーゼ入門企画」(11/16開催のワークショップ参加→アナリーゼ楽譜をゼロから体験して作成→本番)にご参加いただいた17名の分析楽譜を終日展示して、皆さまにご覧いただきました。

2014巣鴨アナリーゼステップ

♪実施事務局企画「アナリーゼのすすめ」♪

お昼休みには、実施事務局企画「アナリーゼのすすめ」を開催し、アナリーゼの意義や手法についての簡単な解説をいたしました。

2014巣鴨アナリーゼステップ

♪ アナリーゼギャラリー(分析楽譜をスクリーンへ投影) ♪

アナリーゼ企画ご参加者の演奏中には分析楽譜をスクリーンに投影いたしました。観客のみなさまは、分析楽譜をみながら演奏を聴いていただきました。

2014巣鴨アナリーゼステップ

♪ Q&Aコーナー ♪

第4部の講評の後にはQ&Aコーナーを設け、アナリーゼに関する質問についてアドバイザーの先生方からアドバイスを頂きました。なかには、「分析の仕方もわからずに参加しはじめましたが、何回かアナリーゼステップに参加しているうちに分析の意義が分かってきて、バッハが面白くなりました。」という、アナリーゼステップのリピーターの方からの嬉しいコメントもありました。

2014巣鴨アナリーゼステップ

「楽譜の分析内容が演奏に反映されていた方もいましたし、まだこれからの方もいらっしゃると思います。これからさらに演奏へ反映されていかれることを希望します。」というお話がアドバイザーの先生からありました。
文京アナリーゼステーションでは、今後もアナリーゼ企画を行い、みなさまの演奏の向上に役立てていただけるようつとめてまいります。

文京アナリーゼステーション 今後の予定です。

2014年12月27日、台東区立生涯学習センターミレニアムホールにて、上野12月地区ステップを開催いたします。恒例のコンチェルト企画、アナリーゼ企画に加えまして、初企画オーケストラとともに「第九を歌おう」を初開催いたします。合唱団員(特に男声)を現在募集してします。初心者のご参加も大歓迎です。どうぞお気軽にお問合せください。要項はこちら

2015年は、5月5日にアナリーゼ&コンチェルトステップ、12月にはアナリーゼ企画を含んだステップを開催する予定です。文京アナリーゼステーションでは、今後も、みなさまのご参加・ご来場をお待ちいたします。

2015年2月26日

【開催レポ】2014上野⒓月地区ステップ開催いたしました(2014.12.27)

2014年12月27日台東区生涯学習センターミレニアムホールにて、2014上野12月地区ステップを開催いたしました。
通常のステップ、文京アナリーゼステーション恒例のアナリーゼ企画、コンチェルト企画に加え、今回はステップでは初めての企画となるベートーヴェンの交響曲「第九」合唱付き第四楽章を演奏しました。ソリスト、室内管弦楽オーケストラ(前田陽一郎指揮 サン=オートム室内オーケストラ)、合唱団と総勢97名での第九合唱は圧巻で、会場は温かくも迫力のあるハーモニーで満たされました。合唱には初心者からプロの演奏家まで幅広い層からご参加いただき、これまでピアノステップに馴染みのなかった方々にもステップという場を知っていただけ、音楽の輪を広げるきっかけとなりました。

2014上野12月ステップ
2014上野12月ステップ
第1部の熱演
2014上野12月ステップ
95回の継続表彰
2014上野12月ステップ
アナリーゼサロン
2014上野12月ステップ
2014上野12月ステップ
2014上野12月ステップ
第九ゲネプロ
2014上野12月ステップ
2014上野12月ステップ
2014上野12月ステップ
2014上野12月ステップ
オペラアンサンブル
2014上野12月ステップ
ショパンピアノ協奏曲第2番より
2014上野12月ステップ
ショパンピアノ協奏曲第1番より
2014上野12月ステップ
ステップ初企画 ベートーヴェン第九「合唱」
2014上野12月ステップ
2014上野12月ステップ
2014上野12月ステップ
総勢97名がミレニアムステージで共演しました
2014上野12月ステップ

文京アナリーゼステーションでは、独自の恒例企画である「アナリーゼ企画」に加え、室内管弦オーケストラによる「コンチェルト企画」、「指揮体験企画」などを今後も開催してまいります。次回は、2015年5月5日(火・祝)に新宿コンチェルト地区ステップを牛込箪笥区民ホールにて開催いたします。「コンチェルト企画」は多数のお申込みを頂きました。ありがとうございます。現在「アナリーゼ企画」の参加者を引続き募集中です。5月5日は室内管弦楽オーケストラとのコンチェルトの熱演が繰り広げられると思います。皆様のご来場をお待ちいたします。

2015年4月10日

PTNA入賞者記念コンサートに当ステーションのサン=オートム室内オーケストラが出演しました

2015年3月21日(土 祝日)に第一生命ホールで行われた第38回PTNAピアノコンペティション入賞者記念コンサートに、文京アナリーゼステーションのサン=オートム室内オーケストラがこれまでで最多の人数となる48名の編成で出演いたしました。

3月開催のPTNA入賞者コンサートとして初の試みとなるコンチェルト演奏で、第1部の最後にG級金賞小竹島紗子さんとベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番「皇帝」より第1楽章を、第2部の最後を飾る特級グランプリ山崎亮汰さんとチャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番全楽章を協演いたしました。


当日の様子は以下ご覧ください。
  


サン=オートム室内オーケストラは2008年以降、毎年文京アナリーゼステーション主催のコンチェルトステップに出演しています。2014年12年27日には、ステップ史上初の「第九合唱」も演奏いたしました。今年も5/5(火 祝日)に牛込箪笥区民ホールにて開催する新宿コンチェルト地区ステップに登場し、ピアノコンチェルトの他に、ヴァイオリンコンチェルト、声楽アンサンブル、などを協演します(オーケストラは24名編成)。参加者による指揮でのモーツァルトの交響曲も予定されています。詳細はこちらをご覧ください。


入賞者コンサートでお楽しみいただいたオーケストラを、新宿コンチェルト地区ステップでもお楽しみください。ステップ参加者とオーケストラとの協演にご興味のあ
る方はもちろん、音楽鑑賞を堪能していただける一日となっていると思います。是非皆様お誘いあわせの上、ご来場いただけますと幸いです。

2015年5月21日

【開催レポ】新宿コンチェルト地区ステップを開催いたしました

今年も、ゴールデンウィークの真っただ中の2015年5月5日(火)に、新宿区立牛込箪笥区民ホールにてPTNA新宿コンチェルト地区ステップを開催いたしました。

第1部は通常ステップ、第2部はアナリーゼ企画、第3部から第7部までが室内楽、オペラ、コンチェルト、指揮企画など企画で、計33組の方にご参加いただきました。

第2部のアナリーゼ企画参加者には6名の参加をいただきました。事前に分析頂き、添削した楽譜をロビーに終日展示しました。

アナリーゼを演奏に活かすきっかけになればよいと願っています。
休憩後の第3部からはオケとの共演です。オーケストラは当ステーションのサン=オートム室内オーケストラ、指揮は前田陽一朗です。
アドバイザーに今井顕先生、上野優子先生をおむかえしました。頂いた講評は参加者のみなさまにとって貴重なアドバイスになるものと思います。
第5部では小学生2人が木管アンサンブルに挑戦しました。
しっかり他の楽器にも目を配ってアンサンブルできました。
こちらはSaxの演奏。柔らかい音色で会場を魅了しました。
昨年に続いて2回目の指揮体験企画、曲はモーツァルト交響曲第40番第1楽章です。
パガニーニのヴァイオリンコンチェルト 
オペラでは、圧倒的な歌声と演技で魅了されました。
第6部、第7部でピアノコンチェルトを再開、多彩なプログラムで、最後まで素敵な演奏を披露いただきました。
ご参加、ご来場くださった皆様、どうもありがとうございました。

文京アナリーゼステーションでは、今後もアナリーゼ企画や室内管弦楽オーケストラとの企画を行い色々な観点から音楽の力を養っていただき、ご来場の皆様にも楽しんでいただけるステップにしたいと考えています。2015年12月初旬にアナリーゼ企画に特化したステップを、2016年春にはコンチェルト企画中心のステップを開催する予定です。皆様のご参加、ご来場をお待ちします。

2015年12月17日

【開催レポ】2015巣鴨アナリーゼ地区ステップを開催いたしました(2015.12.6)

2015年12月6日巣鴨・東音ホールにて、2015巣鴨アナリーゼ地区ステップを開催いたしました。優れた演奏をめざして曲の分析を行い、分析内容を演奏に反映させられたかどうかを体験・確認するステージとして始めた「アナリーゼ企画」も今回で14回目となりました。ご参加・ご来場くださった皆様に感謝申し上げます。
♪ アナリーゼしてみよう(入門篇) ♪
2015年11月15日(日)に事前ワークショップを開催しました。アナリーゼを実際に体験し、ゼロから分析楽譜を作成していただきました。
♪ アナリーゼサロン(分析楽譜展示)♪
ロビーではアナリーゼ企画にご参加頂いた13名の分析楽譜を終日展示して、皆さまにご覧いただきました。
♪実施事務局企画「アナリーゼのすすめ」♪
お昼休みには、実施事務局企画「アナリーゼのすすめ」を開催し、アナリーゼの意義や手法についての簡単な解説をいたしました。
♪ アナリーゼギャラリー(分析楽譜をスクリーンへ投影) ♪
アナリーゼ企画ご参加者の演奏中には分析楽譜をスクリーンに投影いたしました。観客の皆様には、分析楽譜をみながら演奏を聴いていただきました。
また、最後の2部は中学生から大学生の参加者の方々の大変素晴らしい演奏が続き、アドバイザーの先生方の熱も更に高まりました。
文京アナリーゼステーション 今後の予定です。
2016年5月5日(木・祝)上野学園石橋メモリアルホールにて、上野コンチェルト地区ステップ(仮称)を開催予定です。アドバイザーには播本枝未子、横山幸雄各先生をお迎えする予定で、当ステーション主催のコンチェルト企画としては10回目となる記念ステップです。
お昼休みには同ホールにてピティナコンペティション入賞者によるピアノコンチェルトのコンサートも予定されております。
是非、皆様のご参加、ご来場をお待ちしております。
(企画参加要項は後日発表、2016年1月下旬の申込開始を予定しております)

2016年5月13日

上野コンチェルトステップ開催レポート(2016.5.5)

2016年5月5日(木 祝) 上野学園 石橋メモリアルホールにて、ステップアドバイザーに江口文子先生、横山幸雄先生をお迎えし、上野コンチェルト地区ステップを開催いたしました。午前中は2台ピアノによるコンチェルト企画、お昼休みは特級グランプリやコンチェルト部門入賞者によるピアノコンチェルトコンサート、午後からはオーケストラとのコンチェルト共演企画とまさに「コンチェルトの日」となりました。
ご参加・ご来場くださった皆様に感謝申し上げます。来年もコンチェルト企画を行う所存ですので、多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

2016年12月 5日

【開催レポ】2016巣鴨アナリーゼ地区ステップを開催いたしました(2016.11.27)

2016年11月27日巣鴨・東音ホールにて、岡田敦子先生、今川裕代先生をアドバイザーにおむかえして、2016巣鴨アナリーゼ地区ステップを開催いたしました。今年は文京アナリーゼステーション開設して10周年、優れた演奏をめざして曲の分析を行い、分析内容を演奏に反映させられたかどうかを体験・確認するステージとして始めた「アナリーゼ企画」も今回で15回目となりました。ご参加・ご来場くださった皆様には誠に感謝申し上げます。

今回新たな企画を3つ実施いたしました。

新企画①:音楽理論検定トライアル(初級向)
ピティナ・ピアノ指導者ライセンス筆記試験の問題形式に準拠したオリジナル問題を終日サロンで実施いたしました(当日のみの配布です)。



新企画②:演奏につなげるアナリーゼクイズ「ソナチネ篇」
ソナチネ第1巻の第9番を題材に「演奏につながるアナリーゼクイズ」をお昼休みにホールで実施いたしました。

新企画③:演奏につなげるアナリーゼクイズ「フーガ篇」
15:30よりサロンにてJ.S.バッハ 平均律クラヴィーア曲集 第2巻より、第6番と第24番のフーガを取り上げたクイズを実施いたしました(当日配布のみ)。





恒例のアナリーゼ企画: 
アナリーゼ企画ご参加者の方の分析楽譜をサロンに終日展示し、自由に分析楽譜をご覧いただきました。またご演奏中スクリーンに分析楽譜を投影して演奏と一緒に分析内容をお楽しみ頂きました。



ステップ後半も熱演が続きました
アドバイザーの先生方からは各講評時間とも具体的、かつ温かいアドバイスを多くの時間を割いて頂き、参加者の方からはたくさんの感謝のフィードバックを頂きました。先生方どうもありがとうございました。

来年冬もアナリーゼをテーマにしたステップを開催させて頂く所存です。
アナリーゼというと難しくきこえるかもしれませんが、いい演奏の一助となるようなアナリーゼ企画を充実させられるよう、ステーション一同精進して来年お待ちいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

文京アナリーゼステーション 次回開催ステップのご案内です。
2017年5月5日(金・祝)上野学園石橋メモリアルホールにて、上野コンチェルト地区ステップを開催予定です。2台ピアノコンチェルト企画とオーケストラとのコンチェルト企画を実施します。
またお昼休みには同ホールにてピティナコンペティション入賞者によるピアノコンチェルトのコンサートも予定されております。
是非、皆様のご参加、ご来場をお待ちしております。
(ステップお申込開始は2017年1月16日11時を予定しております)。

2017年5月10日

上野コンチェルトステップ開催レポート(2017.5.5)

2017年5月5日(金・祝)上野学園石橋メモリアルホールにて、ステップアドバイザーに播本枝未子先生、若林顕先生をお迎えし、2017上野コンチェルト地区ステップを開催いたしました。

2 台ピアノコンチェルト (第 1 部・第 2 部)
スタインウェイフルコンサートピアノ2台による、豪華なピアノコンチェルト企画です。
モーツァルト《ピアノ協奏曲第 20 番 第 1 楽章》
モーツァルト《ピアノ協奏曲第 23 番 第 1 楽章》
ベートーヴェン《ピアノ協奏曲第 3 番 第 1 楽章・第 3 楽章》
ショパン《ピアノ協奏曲第 1 番 第 2 楽章》
プロコフィエフ《ピアノ協奏曲第 3 番 第 1 楽章》


ピティナ・ピアノコンペティション入賞者による 記念コンチェルトコンサート(13:00~14:00)
第40回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ・コンチェルト部門第1位入賞者が、文京アナリーゼステーションのサン=オートム室内オーケストラと共演しました。昨年に引き続きピティナ本部との共催です。入賞者のみなさま、素晴らしい演奏をありがとうございました。
ベートーヴェン《ピアノ協奏曲第 2 番 第 1 楽章》(渡邉 奏さん)
ラフマニノフ《ピアノ協奏曲第 1 番 第 1 楽章》(古海 行子さん)
ラフマニノフ《パガニーニの主題による狂詩曲》(尾崎 美空さん)


オーケストラとのコンチェルト共演(第 3 部・第 4 部・第 6 部・第 7 部)
オーケストラによる、恒例のコンチェルト企画(14:10~20:00)です。2008年に初開催して今年で10年目(11回目)の開催です。
モーツァルト《ピアノ協奏曲 第 23 番》第 3 楽章
ベートーヴェン《ピアノ協奏曲第 1 番》第 2 楽章
ショパン《ピアノ協奏曲第 1 番》第 1 楽章・第 3 楽章
ショパン《華麗なる大ポロネーズ》
シューマン《ピアノ協奏曲》第 1 楽章
ラフマニノフ《ピアノ協奏曲 第 2 番》第 1 楽章
ラヴェル《ピアノ協奏曲 ト長調》第 1 楽章
ガーシュイン《ラプソディー・イン・ブルー》(2 名演奏)
(演奏順不同 写真掲載順とは異なります)


通奏低音の響きにつつまれたレチタティーボを演奏
声楽のご参加はこれまでもありましたが、モテトの演奏はコンチェルトステップとしては初めてでした。通奏低音の響きにつつまれたレチタティーボがホールに心地よく響きました。
モーツァルト モテト《躍れ、喜べ、汝幸いなる魂よ》
複数楽章/全楽章通して演奏する参加者が増えました(第 6 部・第 7 部)
モーツァルト《ピアノ協奏曲 第20番》第1楽章・第3楽章
ラヴェル《ピアノ協奏曲 ト長調》全楽章
プロコフィエフ《ピアノ協奏曲 第2番》全楽章
指揮者うちあわせ⇒2 度のリハーサル⇒本番 を体験できるコンチェルト企画です
オーケストラとのコンチェルト企画は、指揮者との打合せにはじまり、東音ホールでのオーケストラとのリハーサル、前日の石橋メモリアルホールでの通しリハーサルを経て、ステップ当日の本番をむかえる企画です。タイトなリハーサルスケジュールの中、本番ではみなさま素晴らしい演奏をありがとうございました。
厳しくも温かいアドバイスをくださりステップを盛り上げてくださいました播本枝未子先生、若林顕先生に感謝申し上げます。
文京アナリーゼステーションは、2007 年のアナリーゼステップ初開催から、通算19回のステップを開催してまいりました(アナリーゼステップ14回・コンチェルトステップ11回 両企画同時開催あり)。オーケストラとの共演を体験していただけるこの企画を今後も可能な限り続ける所存です。皆様のご参加をお待ちしたいと存じます。

文京アナリーゼステーション
サン=オートム室内オーケストラ(指揮 前田陽一朗)

2017年12月 6日

巣鴨アナリーゼステップ開催レポート(2017.12.3)

2017年12月3日巣鴨・東音ホールにて、日比谷友妃子先生、梅根恵先生を
アドバイザーにおむかえして、2017巣鴨アナリーゼ地区ステップを開催いたしました。
優れた演奏をめざして曲の分析を行い、
分析内容を演奏に反映させられたかどうかを体験・確認するステージとして始めた
「アナリーゼ企画」も今回で16回目となりました。
ご参加・ご来場くださった皆様には誠に感謝申し上げます。

今年も以下の様々な企画を実施いたしました。
◆音楽理論検定トライアル(初級向)
ピティナ・ピアノ指導者ライセンス筆記試験の問題形式に準拠した
オリジナル問題を終日サロンで実施いたしました(当日のみの配布です)。

◆演奏につなげるアナリーゼクイズ「ソナタ篇」
モーツァルトのピアノソナタKV.545第1楽章を題材に
「演奏につながるアナリーゼクイズ」をお昼休みにホールで実施いたしました。

◆演奏につなげるアナリーゼクイズ「フーガ篇」
14:00よりサロンにてJ.S.バッハ 平均律クラヴィーア曲集 第1巻より、
第13番と第19番のフーガを取り上げたクイズを実施いたしました(当日配布のみ)。

◆恒例のアナリーゼ企画
アナリーゼ企画ご参加者の方の分析楽譜をサロンに終日展示し、
自由に分析楽譜をご覧いただきました。
またご演奏中スクリーンに分析楽譜を投影して
演奏と一緒に分析内容をお楽しみ頂きました。

アドバイザーの先生方からは温かく的確なアドバイスをたくさん頂きました。
先生方どうもありがとうございました。

来年も巣鴨アナリーゼステップで、入門篇から応用篇まで対応した
アナリーゼステップを開催する所存です。
いい演奏につながるアナリーゼ企画を充実させられるよう、
ステーション一同精進してお待ちいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。


文京アナリーゼステーション 今後の開催ステップのご案内です。

◆本郷1月地区ステップ
2018年1月8日(月・祝)サン=オートムホールにて本郷1月地区ステップを開催します。
今後年に数回サン=オートムホールにて本郷地区ステップを開催する予定です。
本郷地区ステップではご希望の方にはアナリーゼ企画もご用意いたします。

◆上野コンチェルト地区ステップ
2018年5月5日(土・祝)上野学園石橋メモリアルホールにて、
上野コンチェルト地区ステップを開催します。
オーケストラとのコンチェルト企画を実施いたします。
またお昼休みには同ホールにてピティナコンペティション入賞者による
ピアノコンチェルトのコンサートも予定されております。

是非、皆様のご参加、ご来場をお待ちしております。
(ステップお申込開始は2018年1月15日11時頃を予定しております)。


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ文京アナリーゼステーション