« 前の記事| 後の記事 »

【開催レポ】新宿コンチェルト地区ステップを開催いたしました

今年も、ゴールデンウィークの真っただ中の2015年5月5日(火)に、新宿区立牛込箪笥区民ホールにてPTNA新宿コンチェルト地区ステップを開催いたしました。

第1部は通常ステップ、第2部はアナリーゼ企画、第3部から第7部までが室内楽、オペラ、コンチェルト、指揮企画など企画で、計33組の方にご参加いただきました。

第2部のアナリーゼ企画参加者には6名の参加をいただきました。事前に分析頂き、添削した楽譜をロビーに終日展示しました。

アナリーゼを演奏に活かすきっかけになればよいと願っています。
休憩後の第3部からはオケとの共演です。オーケストラは当ステーションのサン=オートム室内オーケストラ、指揮は前田陽一朗です。
アドバイザーに今井顕先生、上野優子先生をおむかえしました。頂いた講評は参加者のみなさまにとって貴重なアドバイスになるものと思います。
第5部では小学生2人が木管アンサンブルに挑戦しました。
しっかり他の楽器にも目を配ってアンサンブルできました。
こちらはSaxの演奏。柔らかい音色で会場を魅了しました。
昨年に続いて2回目の指揮体験企画、曲はモーツァルト交響曲第40番第1楽章です。
パガニーニのヴァイオリンコンチェルト 
オペラでは、圧倒的な歌声と演技で魅了されました。
第6部、第7部でピアノコンチェルトを再開、多彩なプログラムで、最後まで素敵な演奏を披露いただきました。
ご参加、ご来場くださった皆様、どうもありがとうございました。

文京アナリーゼステーションでは、今後もアナリーゼ企画や室内管弦楽オーケストラとの企画を行い色々な観点から音楽の力を養っていただき、ご来場の皆様にも楽しんでいただけるステップにしたいと考えています。2015年12月初旬にアナリーゼ企画に特化したステップを、2016年春にはコンチェルト企画中心のステップを開催する予定です。皆様のご参加、ご来場をお待ちします。

※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ文京アナリーゼステーション