« 前の記事|

上野コンチェルトステップ開催レポート(2017.5.5)

2017年5月5日(金・祝)上野学園石橋メモリアルホールにて、ステップアドバイザーに播本枝未子先生、若林顕先生をお迎えし、2017上野コンチェルト地区ステップを開催いたしました。

2 台ピアノコンチェルト (第 1 部・第 2 部)
スタインウェイフルコンサートピアノ2台による、豪華なピアノコンチェルト企画です。
モーツァルト《ピアノ協奏曲第 20 番 第 1 楽章》
モーツァルト《ピアノ協奏曲第 23 番 第 1 楽章》
ベートーヴェン《ピアノ協奏曲第 3 番 第 1 楽章・第 3 楽章》
ショパン《ピアノ協奏曲第 1 番 第 2 楽章》
プロコフィエフ《ピアノ協奏曲第 3 番 第 1 楽章》


ピティナ・ピアノコンペティション入賞者による 記念コンチェルトコンサート(13:00~14:00)
第40回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ・コンチェルト部門第1位入賞者が、文京アナリーゼステーションのサン=オートム室内オーケストラと共演しました。昨年に引き続きピティナ本部との共催です。入賞者のみなさま、素晴らしい演奏をありがとうございました。
ベートーヴェン《ピアノ協奏曲第 2 番 第 1 楽章》(渡邉 奏さん)
ラフマニノフ《ピアノ協奏曲第 1 番 第 1 楽章》(古海 行子さん)
ラフマニノフ《パガニーニの主題による狂詩曲》(尾崎 美空さん)


オーケストラとのコンチェルト共演(第 3 部・第 4 部・第 6 部・第 7 部)
オーケストラによる、恒例のコンチェルト企画(14:10~20:00)です。2008年に初開催して今年で10年目(11回目)の開催です。
モーツァルト《ピアノ協奏曲 第 23 番》第 3 楽章
ベートーヴェン《ピアノ協奏曲第 1 番》第 2 楽章
ショパン《ピアノ協奏曲第 1 番》第 1 楽章・第 3 楽章
ショパン《華麗なる大ポロネーズ》
シューマン《ピアノ協奏曲》第 1 楽章
ラフマニノフ《ピアノ協奏曲 第 2 番》第 1 楽章
ラヴェル《ピアノ協奏曲 ト長調》第 1 楽章
ガーシュイン《ラプソディー・イン・ブルー》(2 名演奏)
(演奏順不同 写真掲載順とは異なります)


通奏低音の響きにつつまれたレチタティーボを演奏
声楽のご参加はこれまでもありましたが、モテトの演奏はコンチェルトステップとしては初めてでした。通奏低音の響きにつつまれたレチタティーボがホールに心地よく響きました。
モーツァルト モテト《躍れ、喜べ、汝幸いなる魂よ》
複数楽章/全楽章通して演奏する参加者が増えました(第 6 部・第 7 部)
モーツァルト《ピアノ協奏曲 第20番》第1楽章・第3楽章
ラヴェル《ピアノ協奏曲 ト長調》全楽章
プロコフィエフ《ピアノ協奏曲 第2番》全楽章
指揮者うちあわせ⇒2 度のリハーサル⇒本番 を体験できるコンチェルト企画です
オーケストラとのコンチェルト企画は、指揮者との打合せにはじまり、東音ホールでのオーケストラとのリハーサル、前日の石橋メモリアルホールでの通しリハーサルを経て、ステップ当日の本番をむかえる企画です。タイトなリハーサルスケジュールの中、本番ではみなさま素晴らしい演奏をありがとうございました。
厳しくも温かいアドバイスをくださりステップを盛り上げてくださいました播本枝未子先生、若林顕先生に感謝申し上げます。
文京アナリーゼステーションは、2007 年のアナリーゼステップ初開催から、通算19回のステップを開催してまいりました(アナリーゼステップ14回・コンチェルトステップ11回 両企画同時開催あり)。オーケストラとの共演を体験していただけるこの企画を今後も可能な限り続ける所存です。皆様のご参加をお待ちしたいと存じます。

文京アナリーゼステーション
サン=オートム室内オーケストラ(指揮 前田陽一朗)
※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ文京アナリーゼステーション