« 前の記事| 後の記事 »

第12回勉強会

11月29日(水)は、第12回ステーション勉強会でした。

テーマは
「いろいろな時代の楽曲の指導について ~古典派②」


初めに、前回時間がなくてできなかった
T先生によるテキスト紹介から始めました。

田村智子・岩瀬洋子著
「ハロー 音楽ドクター BOOK 4」
の説明や
「森の夜明け」
「ピアノスプラッシュ」
「ピアノの広場」
などの紹介をしていただきました。

半音や全音を
初めに鍵盤だけで
ゲーム感覚で覚えてしまう方法は、
3、4歳の生徒さんにも良さそうです。

早速レッスンで
やってみようと思います。


その後はメインの古典派の楽曲について。

前回途中で終わった
クレメンティのソナチネの第2楽章から。

原典版(ほとんどスラーはありません)と
当時の奏法を考慮して書かれた校訂版や
従来からある校訂版では、
スラー以外にもいろいろ違っています。

生徒さんは従来からの校訂版を
使っていることが多いかもしれませんが、
指導する時には
奏法を選んだ方がいい場合もあるでしょう。


そして、モーツァルトのソナタ Op.545

やはり原典版は頭に入れておきたいですね。

表現方法が大きく変わってきます。
image6.png

7月はロシアピアノ奏法の勉強会になります。

※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナちば若葉ステーション