« 前の記事| 後の記事 »

スオミ・ピアノ・スクール -監修者・ピアニスト舘野泉氏を迎えて-

2019年2月14日(木)にカワイ表参道コンサートサロンパウゼにて先生をお招きし、「スオミ・ピアノ・スクール -監修者・ピアニスト舘野泉氏を迎えて-」を開催いたしました。

初めに久保春代先生より、「スオミ」の生まれたフィンランドの教育についてのお話がありました。
自然のきびしいフィンランドでは、助け合いの精神や自然に対しての謙虚さ、長い冬を乗り切るためにいつも先のことを考えて生活をする、つまり長い目で物事を見るということが求められます。そのことが教育にも反映されているそうです。

国立音楽大学シベリウスアカデミーの教育システムでは
●学生をひとりの芸術家の卵としてみる
●教え込むのではなく、自ら学ぶのを助ける
➡実践的な勉強の場を設けている(プロのオーケストラを指揮する、実際に子どもを指導する...etc.)
●現代音楽を積極的に取り入れている
●人間工学に基づいた身体の使い方を学ぶ

といった特徴を挙げられました。

これは「スオミ」の
●子どもの心を大切にする
●教材そのものが芸術性豊かな世界をつくっている
●初歩から現代曲、現代奏法を取り入れている。
●身体工学もメソードに取り入れている
(その他、理論、即興、文化、自然など)

という特徴にも重なるものがあります。

この教本が舘野泉先生によって日本に紹介されたのはもう30年ほど前になります。たくさんの新しい教本が毎年生まれていますが、どんなに時代が変わっても立ち戻るべき根本的なことがこの「スオミ」にはおさえられているとのことです。


この後、"音楽への旅立ち"からテキストを1ページずつめくり、演奏を交えながら解説されました。
また巻が進むにつれて、らせん階段のように少しずつむずかしいことを勉強していくようにできている例として、『即興演奏』の課題では"音楽への旅立ち"の「おや、いろいろなおとがきこえますね」、第1巻の「ゆめのくにぐにへ」、第2巻の「犬の夢」を、『現代音楽』では"旅立ち"の「うちゅう」、第1巻の「きり」、第2巻の「薄明り」(12音技法)が取り上げられました。他のテキストには見られない「スオミ」ならではの作品、久保先生の素敵な演奏でその魅力がより伝わってきました。また『脱力』についても"旅立ち"P.15、第1巻P.16、第2巻P.18のイラストが描かれたページが紹介されました。「絵があったら通りすぎるわけにはいきませんね。」とおっしゃったように、大切なことが繰り返し身につけられるようになっているようです。

後半はいよいよ舘野先生にご登場いただき、久保先生との対談となりました。
舘野先生がなぜ「スオミ」を日本に紹介しようと思われたのかという久保先生のご質問に「僕は教則本というものを子どもの時にやったことがなくて、つまらないものだと思っていたんですよ(笑) そしたらこのスオミを見ると、子どもと先生が話し合って音楽の道を開いていくようにできている。選択肢が広がる本だと思ったわけです。」とお答えくださいました。
スオミが大切にしている「脱力」については、高校に進まれた頃、もっと弾けなければだめだと思うようになり、身体もガチガチになってしまった時期があったとのこと。運良く高2の時にコハンスキー先生にレッスンを受けることになり、それまで身体が縛られていたのが魔法がとけるように生き返った感じがして嬉しかったというエピソードをお話し下さいました。

またスポーツ選手の身体の動き、使い方がとても参考になるとおっしゃって、スピードスケートやテニスの大坂選手を例に挙げられました。
「舘野先生の若いピアニストへの演奏のアドバイスがいつも素晴らしいのですが」というお問いかけには、「常に自分の音楽ができるように。 弾いている姿を見ながら、最初の音楽にうまく乗れれば...」ということを考えられているそうです。
「教えようとすると欠点を直そうとするが、良いところを見つけ、共感する」というお言葉は私たち指導者が心に刻んでおきたいものだと思いました。

最後に「サムライ」(光永浩一郎作曲)と「赤とんぼ」(山田耕筰作曲、梶谷修編曲)を演奏して下さいました。心の底までしみわたる素晴らしい演奏に会場は深い感動に包まれ、セミナーが終了いたしました。

受講された皆さんから「感動で涙が出ました。」「遠かったけど無理して来て本当に良かった!」「スオミの本はやはり素晴らしいですね。」と次々にお声をかけていただきました。また「これからスオミを勉強していきたい」という熱いお声も多くいただきました。

190214_omotesando_6.jpg

このセミナーの続きとして、5月9日(木)伊藤楽器 船橋イトウミュージックシアターにて、「スオミ」第1巻、第2巻を中心としたセミナーを開催いたします。舘野泉先生をセミナーにお迎えできるのは極めて特別なことですが、初めての連続での企画となりました。
この日、感銘を受けたという受講者の方から早速お申込みをいただいております。

Rep:浜本 多都子

※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナちば若葉ステーション