« 前の記事| 後の記事 »

赤松林太郎徹底講座シリーズ★バッハ平均律第5回目★

received_1991007281128007.jpeg
福岡県 太宰府市 KAWAIショップにて開講

第5回目の講座は『5声を2本の手で弾きこなす!』弾くことが、大きな課題である平均律一巻第4番の復習から始まりました。
(美しいカラーコピーの資料配布★)

バッハの鍵盤楽器作品の中でわずか2曲しかない5声。(もう一曲は一巻第22番)作品がつくられた時代や楽器を理解した上で、現代のピアノで21世紀の演奏にすることが大切です。バッハ自身の考えを洞察しなければ、本来の作品と違ったものになってしまいます。
この講座では赤松先生ならでは、各地を実際にまわられたレッスンでのあるある演奏や、審査のときの残念ポイントなど、ユーモアなトークでわかりやすく音楽の構造をしっかり学ばせていただけます。福岡春日ステーションでは、平均律全曲講座開講を赤松先生にお願いしておりますので、各回のポイントをレポートに記しておきたいとおもいます。

【平均律第一巻第4番のプレリュード】
●バッハ自身の苦悩を訴え宗教色で彩られる。内省的。
●この作品には『歌う』という表情があり、調声感がとても大事である。コーラスで実際に声で歌ってみると表現しやすい!声でSとBの音域をだすのは大変ですね(-_-;)
●4分の6はゆるやかな3拍子である。
●バッハの時代は即興的に装飾がつけられていたので、いかに装飾するかが大事である。(装飾なしで、もともとはつくられていたが、表現を豊かにするために自身が20年して後に書き出したのが現在の楽譜です。)
●保続音に十分な音量と音質を。
●アルペッジョが鋭いと雰囲気がこわれる。

【第4番フーガ】
●苦悩、苦痛、罪をせおう曲。×ポップ○どんよりな曲。
●バッハが自分のイニシャル(BACHにそった音階)を神に捧げ、イエスキリストの奉仕者だと音でいっている。主題だけをみても、楽譜上で音のならびが十字架になっていて、痛ましさの表現が不自然な音程関係の減4度に。このフーガの中で二回減4度が完全4度におきかえられ、半音階進行【passus duriusclus】で神の苦しみをバッハも感じている。赤松先生はヨーロッパにいくと、三位一体(父 神、子 キリスト 聖霊)の像がありますよね。くるくるロールケーキみたいな。と、おっしゃっていました  (o^∀^o)‼

バッハの作品には、注意深くアーテュキレーションを施す必要があり、記号によって音楽のきれめや、ブレスなど楽曲に生命をあたえます。動く音を一生懸命弾くあまりに、長い音がみじかくなり音価がまもれなくなる(-_-;)
保続音がないと、きれいな音になってしまうので、音価が大事です。特に4番は、当時の楽器の限界の音量が要求されるため、チェンバロや、クラヴィコードでは、減衰したら打鍵しなおさないとならず、19世紀のベートーベン時代の奏法にならぬよう区別し、5声ともひびきわたるようにペダルを使うとよいです。

【第5番プレリュード】
●4分の4実は!2分の2(*_*)。ビート感が大事。
●バロック時代では、メトロノームがなかったので健康な男性の心音ではないかと。(80くらい)
●リズムからエッセンスをひろう!×エチュード。
●背骨、臓器がみえないと音楽にならない。×イカやタコ
●ベースは、和声感をかんじて、指先をかたくして、手首をかためたオルガンスタッカートで、ひびかせる。

今期のB課題曲のレインドロップスや、昨年課題曲のタンポポの四分、八分音符のスタッカートのひきわけを例にあげて、下手真似を上手にしてくださいました(;_;)。

【第5番フーガ】
コンクールなどでよく使われる曲ですが、ふてんが甘い‼3連符にならぬよう。タイで指導するとよいそうです。ショパンの幻想曲と、『ゆーきーのふーるまーち♪』を並べて弾いてくださいました。私も生徒さんが、ヨーロッパの方と弦合わせワークショップで、『線路は続くよ♪』の、ふてんを『ノー!』と叫ばれたとき、日本の歌を日本の感覚で弾いてはならぬと思い知りました。あちらからきいたら、ふてんをヘンテコ3連符で弾いて!と、同じことだなぁと(*_*)。

第5回目も楽しく難しい平均律を学ばせていただき、とても充実した二時間となりました。赤松先生、ハードスケジュールのなか、はるばる九州までご足労頂きありがとうございました!参加してくださる熱心な先生方、赤松先生、心より御礼申あげます。
第6回は6/20(火)10:00からです。
第5番の資料配布で、第5番の復習から始まります❗
みなさまのご参加、心よりお待ちしております。received_1991007261128009.jpeg






※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ福岡春日ステーション