« 前の記事| 後の記事 »

赤松林太郎徹底講座シリーズ★バッハ平均律第6回目★

2017年9/12(火)10:00-12:00★第7回目平均律講座(第Ⅰ巻Ⅵ~)★
福岡太宰府カワイショップ  ルーチェにて開講致します!
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
⬇⬇⬇第6回目6/20平均律第Ⅰ巻5番の内容をレポート致します(^-^)⬇⬇⬇
第5番のプレリュードは、ピアノを習いはじめた9歳の息子(ヴィルヘルム  フリーデマン)の教育のためにバッハが書いた作品です。技巧的ではなく小さな会話のように2度音程の3つの音で上下し、2つの違う表情で表現する曲です。
バッハの研究者であったブゾーニは(彼の版はロマン派っぽいアーテュキレーション)弟子たちにこの5番プレリュードを、ショパンエチュードOp.25-2→ショパン「葬送」Op.35のフィナーレの練習に使っていたのではないだろうか。。。音楽教育にかかせないバッハの作品の奥深さと音楽の歴史を魅力あるトークで楽しくレクチャーして下さるので、難しい平均律をとても楽しく学ぶことができます。(*´∇`)
フーガの予告となるプレリュードは、フーガの情報がたくさんつまっています。バッハ作品の「なぜ?」を、ピアニストである赤松先生ならでは演奏事例をたくさん弾いてくださるので、参考書ではわかりにくい内容も美しい音とともに紐とかれていきます。

バッハ自身も何度も楽譜をかきなおしていることや、版によって装飾が違っていることなど、演奏の解釈はたくさんあります。それぞれの楽譜(版)にそれぞれの想いがあるためバッハを演奏するにあたり、一度決めたパターンを最後まで一貫して弾くことが大事です。やってはならないタブー!を知っておく必要があります。大事な要素として【拍感】メトロノームのない時代の基本のテンポ設定。【調声感】平均律において24作品全てそれぞれ異なる調を探求。【トリル】装飾的、保続的、旋律的があることを覚えておくと演奏の手助けになります。

♪第5番プレリュードのポイント⬇⬇
🔘拍子→音楽が拍によって鼓動する。
※平均律Ⅰ巻では29回も4分の4を使っている!(二巻では16回も!)
昔は4分の4をCと記しメトロノームがない時代は健康な人間の心拍を基本のテンポ設定とする→左手8分音符レッ♪(表 ドッ)レッ♪(裏 クン)ファッ♪(表 ドッ)レッ♪(裏 クン)(°∀°)
同じ拍の刻みのなかで半分になるか二倍になるかシンプルなテンポ設定→Allegro Adagio軸
🔘アルペジオ→4分音符はふさわしいおもさで。8分音符は速度をかえて弾くこと。
🔘シンコペーション→和音を強調するためにある。
🔘オルガンスタッカート→左手8分は長めのスタッカートで、指先をたて、しなやかに。
    (短いスタッカートは手首をかためて、鍵盤のそこをはうようなタッチで。)
🔘オルゲルプンクト(オルガンポイント)→緊張感をもたらす持続低音ラーー(の上にのる)

♪第5番フーガのポイント⬇⬇
赤松先生からの手書き資料は何声かが消されてありました。何声か確定するまでは、それぞれ自己紹介し、テーマが終わったら静かにすること。コンクールなどで、ネズミが走り回っているような演奏をよく耳にするそうですが、しっかり打鍵し、音圧がいる曲だとおっしゃっていました。
※「フーガ」は2声以上の主題の多声部で作曲され、主題の模倣により構成されています。
曲の冒頭に示された主題に続き、その主題の模倣である応答が示されます。
※曲の冒頭にだされた主題が形をかえずに完全に模倣されること→真正応答
※調声が変になるのをふせぐために音程進行がかわること→定調応答【調声的応答】
🔘フランス風序曲(インヴェ14みたいに切らずに弾く。)
→スタッカートせず関節に力をいれ、指スタンプのようにゆっくり離すタッチで。
🔘符点→ルーズになりがちなのでスラーはしない。(符点が三連音符にならないように。)
🔘音価を守る→協和音か不協和音かわからなくなるので、きちんと保持する。
🔘パターンを決める→三小節めは、弾き方が二通りあるがどちらにしても一貫すること。
🔘アナバシス→さいご上昇、エネルギーをためfでおわる。

♪第6番プレリュードのポイント⬇⬇
バッハが自宅で夜にチェンバロで作曲したのではないかと思われる曲。
🔘左手が木魚にならないように(-_-;)和声を感じて弾く。
🔘機械的に指を動かし、指を立てて弾く。
🔘音型に従い抑揚をつける。(真ん中ふくらみ、むくみ禁止)
🔘オルゲルプンクト→半音階→ピカルディ\(^-^)/

♪第6番フーガのポイント⬇⬇
死ぬ瞬間のような曲(/_;)/~~バッハの音楽は和声の意味を考えた演奏でなければ
ならない。例)愛がテーマのⅡ番 ハ短調→厳格でありながら悲しさもある。
🔘ニ短調→シリアス(厳粛に)おもおもしく。
🔘トリル→旋律的

第6回目平均律講座では、コンクールでもよく演奏される平均律第5番を90分(タッチまで)ノンストップで解説いただきました。第6番プレリュード&フーガは30分となりましたので(;-;)続きは9/12(火)第7回目平均律講座で!お問い合わせは吉田まで(090-5789-0782)
※第6番の手書き資料は赤松先生から配布予定、平均律テキストを各自お持ち下さい!
二時間みっちり大変お勉強になる講座です!ご受講こころより、お待ち申し上げています。FB_IMG_1505127947500.jpgFB_IMG_1505127973298.jpg




※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ福岡春日ステーション