« 前の記事| 後の記事 »

金子恵先生セミナー「4期・時代別指導法」開催しました!!

金子恵先生セミナー
金子恵先生セミナー
金子恵先生セミナー
金子恵先生セミナー
金子恵先生セミナー
金子恵先生セミナー
金子恵先生セミナー

 6/1(火)10:30より標記講座を伊藤楽器YAMAHAピアノシティ船橋にて開催しました。以下受講者のアンケートから一部を抜粋させていただきご紹介いたします。


  • 子供にとって近現代の曲を弾くのは感覚的につかみやすい点もあると思います。バロックやクラシックをきちんと学ぶことがピアノ(音楽)の基礎になると思いました
  • とても優しく丁寧に教えていただきました。クラシック音楽の音楽史を話しながら興味を持たせて教えていきたいと思います。バロック、古典は何となくつまらなそうな感じなので色々と話しながら指導していきます。
  • 初見のトレーニングとしての音列カードはぜひ取り入れてみます
  • 実際に演奏してくださった曲は既にレッスンで使った曲が多かったのですがどれもとても美しく生徒とやり直したい気持ちになりました
  • 幼児から小学校低学年までの間に音楽表現の基本から読譜力、脱力、打鍵法などとやることがたくさんあって教師としての力量が問われているのだと実感しました。せっかくピアノを習っているならいろんな時代の音楽に触れさせてあげてその生徒さんの幅を広げてあげたいなと思います
  • わかりやすい説明で大変参考になりました。楽譜をただ弾くだけでなく時代を考えて弾くことがどんなに重要かわかりました。最後の手と指のアドバイスもありがとうございました
  • バロック期の作品をきちんと学ぶことの大切さを改めて感じました。私自身はチェンバロを弾く体験をしたことがあるのですが生徒たちにも体験する機会があると良いのかなと思いました。テーマ以外でも日ごろのレッスンにすぐに役立つお話し、とても良かったです
  • 時代別に曲をあげて弾いてくださったことがわかりやすかったです。特にバロック(チェンバロ奏法)のお話を伺ってピアノでの奏法の注意点は参考になりました
  • 古典派の曲は普段使っている曲、テキスト以外あまり弾かせていない事に気付きました。テキストの選択も改めて考えて進めていこうと思います。最後にトリルの指導法、小指についてのお話も参考になりました
  • 脱力を子供に伝える難しさを実感しているので今後も指導に活かしたいと思います
  • 子供の個性を見ながら4期をまんべんなく取り入れていきたいと思った。トリルの弾き方をとても丁寧に教えてくださり早速生徒に伝えたい。1巻、2巻に引き続き3,4巻についても講座を開いていただきたいです
  • 演奏をまじえての時代別の奏法が聞けて良かったです

受講者の皆様、アンケートにご協力をいただき誠にありがとうございました。

そして金子先生! 2002年3月のコンペ課題曲説明会以来、伊藤楽器での8年ぶりの講座!! ありがとうございました!!!


※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ船橋支部