ステップ アーカイブ

2015年1月21日

【飯能ステップ特別企画】申込のお知らせ。

第一回ピティナピアノステップ飯能地区にて ご用意いたしました特別企画。

「チェリストと夢の競演」はじめの一歩コース
定員となりましたので受付終了させていただきます。


「チェリストと夢の競演」中級コース(大人対象)と
「お話とピアノ演奏 おくむさしのてんぐ」の受付は
先着順1月末日まで。
定員になり次第受付終了となります。

申込いただいた方には順次ご連絡させていただいております。

よろしくお願いいたします。

飯能ミュジークフォレステーション
頓所 裕子




2015年2月18日

【飯能ステップ】特別企画1「チェリストと夢の競演」

6月28日(日)開催の飯能ステップの特別企画1
「チェリストと夢の競演」のチェリストである
マルモ・ササキ先生が来日中でしたので、
多喜先生を一緒に打ち合わせをしました。
64_n.jpg

















マルモ先生は日本人でイタリア国籍、ベルリンに在住。
海外で活躍していらっしゃるチェリストです。
今回、室内楽はじめての子どもたち9名+大人1名、
そして、大人のピアノ学習者と指導者の競演を
快く引き受けてくださいました。

マルモ・ササキ先生のプロフィールはこちら
707718293_n1.jpg











今回、室内楽初めての子どもたちが使うテキストは
こちらの「しつないがくはじめの一歩シリーズ」
DSC_0678_1.jpg
















多喜先生、マルモ先生よろしくお願いします。








2015年3月 9日

【おくむさしのてんぐ】選曲会

3月8日(日)
飯能ステップ特別企画「お話とピアノ演奏」
~おくむさしのてんぐ~
選曲会を行いました。
tengu2.jpg
DSC_0706.jpg



地元飯能市の民話の大きな布芝居にあわせ
それぞれの場面でピアノ演奏をします。

7名の参加者、保護者そして指導の先生方と
場面の前後の文章を読み、
曲を弾いてみてどう感じるか、雰囲気が合うかどうか、
みんなはどう思うかなど確認しながら進めていきました。

tengu1.jpg
この曲だったら、この文章の後の方が良いとか、
担当の子どもたちはこっちの曲の方が弾きたいとか
いろいろな意見を出し合いながらの約2時間。

とても素敵な曲がきまりました。
本番がとても楽しみです。

自分の知っている曲もお話の中に入れると
印象が違ったり、
知らない曲とも出会ったり、
とても有意義な時間となりました。

「チームおくむさし」の通しのリハーサルは6月20日(土)になります。
見学も可能です。
ご希望の方は連絡をお願いします。



2015年4月15日

【飯能ステップ・定員間近】申し込みはお早めに♪

本日、飯能ステップの申し込み欄に

「定員間近」と入りました。


siminnkaikann.jpg

飯能ステップへ参加を考えられている方、
どうぞお早めにお申し込みください。

アドバイザーも3名決まりました。
皆様のお越しをお待ちしております。

adv_c_junko_emoto.jpg    adv_c_suzuki_yumiko.jpg      adv_c_taki_yasumi.jpg
江本 純子先生   鈴木 由美子先生    多喜 靖美先生 

2015年4月16日

【飯能ステップ】締切りました

昨日、「定員間近」の表示が出ましたら、

一日で15件以上のお申し込みがきて

一気に定員締切になりました。

お申し込みくださった皆様

ありがとうございます。

皆様の演奏を楽しみにしております。


2015年5月24日

【重要】曲目変更は5月25日(月)までです。

飯能ミュジークフォレステーションです。

6月28日開催の飯能地区のステップはすでに、定員で締切になっています。

申しこまれている方で、曲目その他情報の変更は5月25日までになります。

よろしくお願いいたします。

皆様の演奏を楽しみにしております。

2015年6月16日

【リハーサルのお知らせ】はじめの一歩

飯能ステップまであと12日

皆様、練習の調子はいかがでしょうか?


特別企画1の「チェリストと夢の競演」のリハーサルのお知らせです。


イタリア在住のマルモササキ先生をお呼びして
9名の小学生の皆さんと共演していただきます。

707718293_n1.jpg
合わせレッスンの指導は多喜靖美先生。


◆2015627日(土) 

◆会場/時間  所沢ミューズ第一練習室 9時~11

   ※聴講可能です。1名1000円 
席に限りがございますので限定8名要予約


 聴講料は当日支払
  FAX042(971)0428 ☎090-7255-8218 頓所まで





2015年6月19日

【リハーサルのお知らせ】大人のチェロチーム

ticorico.jpeg
大人のチェロチームのリハーサルのお知らせです。
聴講募集限定6席

午前中の子どもたちのリハーサルを終えて
私たちは移動します。

私たちも、マルモササキ先生とアンサンブルしたい!ということで
指導者もステージに上がります。
指導は多喜靖美先生。

所沢駅徒歩3分
TicoTico(カフェ)
2015年6月27日(土)
12時からランチ
13時から15時

聴講料金
イングリッシュマフィンプレート
(和風ゴボウバーグかトマト味レンコンバーグを選べます)の
ランチ込で2000円当日支払
先着6名まで 6/23締め切り

希望の方、お問い合わせは

  FAX042(971)0428 ☎090-7255-8218
頓所まで


2015年6月20日

【おくむさしのてんぐ】リハーサル

tengu_riha
選曲会から約2か月。
特別企画「お話とピアノ」
参加する8名の演奏者と
朗読 柳戸陽子さんの
通しリハーサルを行いました。

演奏者は当日、布芝居をじっくり見ることが出来ないので、
一度、お話聴いてもらい
その後、朗読と合わせての演奏
流れなどを確認をしました。

みんなで聴いてみんなで相談して選んだ曲
それぞれがそれぞれの場面で
まるでこのお話のためにずっと前からあったような気がするくらい
ぴったりとイメージに合って、
本当にすてきでした。

一週間後のステップが楽しみです。

奥武蔵のてんぐチームは
ピアノステップ飯能地区
6月28日(日)
第5部に演奏します

ぜひ聴きにいらしてください。



2015年6月21日

【飯能ステップ】特別企画プログラム

ピアノステップ飯能地区♪特別企画プログラムです。
通常のステップの中に組み込まれています。

◆特別企画その1「夢のチェリストとの夢の共演」
海外で活躍するチェリストとのデュオアンサンブルでステップに出演
賛助出演:チェリスト マルモ・ササキ
marumo_n1.jpg
♪大人のチェロ
第2部(11:00~12:00)
13番 浅賀 ひろみ   ベートーヴェン/メヌエット ト長調 
14番 林田 玲奈    フォーレ/夢のあとに
15番 頓所 裕子    フォーレ/シチリアーノ
16番 大原 由紀    ドボルザーク/わが母の教えたまいし歌
17番 古内 奈津子   フォーレ/夢のあとに
 
♪はじめの一歩
第3部(13:00~14:00)
 7番 白洲 ゆり子   バイエル(金子詠美編曲)/不思議なランプ(91番)
 8番 帯刀 優衣    バスティン(多喜靖美編曲)/ハロウィンの魔女
 9番 庄野 沙弥香   ブルグミュラー(松本裕子編曲)/25の練習曲 第5番 無邪気
10番 堀江 優一     ブルグミュラー(松本裕子編曲)/25の練習曲 第4番 子供の集会

16番 横山 陽奏    バイエル(金子詠美編曲)/木陰でおひるね(77番)
17番 林田 竜音    ブルグミュラー(松本裕子編曲)/25の練習曲 第5番 無邪気
18番 関口 凜香    リヒナー(松本裕子編曲)/短い物語
19番 浅野 未空人   中田喜直(多喜靖美編曲)/夕方のうた
20番 岩崎 葵      ギロック(多喜靖美編曲)/秋のスケッチ


◆特別企画その2「お話とピアノ演奏」
飯能の民話「おくむさしのてんぐ」の布芝居と朗読に合わせてステップに出演
賛助出演:朗読 柳戸 陽子

tengu2.jpg

第5部(15:55~16:45)
 7番 櫻井 凜花   佐藤 敏直/灰色、白、そして青
 8番 大原 和佳   わらべうた(大原由紀編曲)/ずいずいずっころばし
 9番 古賀 秋瑛   カバレフスキー/トッカティーナ
10番 柴﨑 優斗    バスティン/雪の朝
11番 佐藤 和美   小原 孝/High Noon
12番 中島 潤榮   中田 喜直/風の即興曲
13番 浅野 久美子  バルトーク/ルーマニア舞曲より第6曲 速い踊り
14番 荻野 優花   湯山 昭/ショートケーキ

2015年6月26日

【飯能ステップ・カウントダウンあと2日】

いよいよ飯能ステップ開催まであと2日となりました。

明日は午前、午後と特別企画のチェロチームのリハーサルになります。

6月28日(日)は
第一部10時~第8部終了20時まで
119名の参加者が演奏をいたします。

参加者の皆様、どうぞ楽しんで演奏してくださいね。

一日中 入場無料です。
特別企画は2部、3部、5部
そして多喜靖美先生とマルモササキ先生のトークコンサートもあります。

飯能市市民会館小ホールへのアクセス

【電車でお越しの方】
入間市駅より約9分
所沢駅より 約25分
池袋駅より 約48分
   (西武池袋線急行利用)
*西武池袋線飯能駅より 徒歩15分

【バスでお越しの方】
*西武池袋線飯能駅北口バス停より
「湯ノ沢」「名栗車庫」「名郷」「赤沢」「中藤(青石橋)」「中沢」「西武飯能日高」行のバス
いずれかに乗車⇒天覧山下 バス停徒歩1分

*バスに乗り時に「このバスは市民会館の近くに行きますか?」と尋ねてください。
10分~15分間隔でバスが出ています。

【車のでお越し方】

カーナビに「飯能市飯能226-2」とご入力の上お越しください。
飯能市市民会館の駐車場が使えます。

20140505.jpg

飯能ステップ開催します

本日はたくさんの皆様にご参加いただき、誠にありがとうございます。
多くの方々のご支援を賜り、ここに「ピアノステップ飯能地区」の第一回を開催できますことを心より感謝申し上げます。
当ステーションは埼玉県に誕生した25番目のステーションです。奥武蔵の自然豊かな地でのステーションに「飯能ミュジークフォレ」(musique-foret仏語で音楽の森)と名付けました。
今回は通常のステップの他、飯能地区だけの特別企画もご用意させていただきました。「夢のチェリストとの共演」「おくむさしのてんぐ」などバラエティに富んだステップとなっております。どうぞ、すてきな音楽の世界をお楽しみください。
本日の開催にあたり、お力添えをくださいましたカワイふじみ野ショップ様、多喜靖美先生、快く共演を引き受けてくださいました、マルモササキ先生、柳戸陽子さん、運営スタッフの方々に、厚く御礼申し上げます。後援くださいました各団体の皆様、生徒さんをご参加くださいました近隣のピアノ指導者の方々、惜しみない応援をしてくださった地元の方々、そして、ピアノを学んでいるお子さんを温かく見守ってくださる保護者の皆様、ピアノを学ぶ大人の方で参加をしてくださる方の勇気に深く感謝いたします。

飯能ミュジークフォレステーション 代表 頓所 裕子


(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2015年6月28日

【飯能ステップ】本日開催

いよいよ今日、
飯能ステップ 飯能市民会館小ホールにて開催です。

siminnkaikann.jpg

プログラムに載せましたご挨拶文を
こちらでも紹介させていただきます。



多くの方々のご支援を賜り、
ここに「ピアノステップ飯能地区」の第一回を開催できますことを心より感謝申し上げます。

当ステーションは埼玉県に誕生した25番目のステーションです。
奥武蔵の自然豊かな地でのステーションに
「飯能ミュジークフォレ」(musique-foret仏語で音楽の森)と名付けました。

今回は通常のステップの他、飯能地区だけの特別企画もご用意させていただきました。
「夢のチェリストとの共演」「おくむさしのてんぐ」など
バラエティに富んだステップとなっております。 
どうぞ、すてきな音楽の世界をお楽しみください。

 本日の開催にあたり、お力添えをくださいましたカワイふじみ野ショップ様、
多喜靖美先生、快く共演を引き受けてくださいました、マルモササキ先生、柳戸陽子さん、
運営スタッフの方々に、厚く御礼申し上げます。

後援くださいました各団体の皆様、
生徒さんをご参加くださいました近隣のピアノ指導者の方々、
惜しみない応援をしてくださった地元の方々、
そして、ピアノを学んでいるお子さんを温かく見守ってくださる保護者の皆様、
ピアノを学ぶ大人の方で参加をしてくださる方の勇気に深く感謝いたします。

飯能ミュジークフォレステーション 代表 頓所 裕子

2015年7月 1日

【飯能ステップ】開催報告♪

初開催の 飯能ステップ
2015年6月28日(日)

118名(1名欠席でしたので)のみなさんの演奏が
午前10時から夜8時まで繰り広げられました。

夢であった地元開催。

生徒さんから、
「違うところで習っている、同じクラスのお友だちもステップでるの」とか、
「出番は午後なんだけれど、午前に同級生が出るから聴きにくるんだ~」という
お話を聞いて、地元だからできるのねとうれしく思っていました。

スタッフ15名、そして、カワイふじみ野ショップから4名の方が駆けつけてくださったので、
滞りなく進めていくことが出来ました。

step3.jpg


コミュニケーション用紙を書いたジュニアにはかわいい消しゴムをプレゼント。
みんなお友だちに一生懸命書いてくれて、
用紙が夕方には無くなってしまいました。

もらった子どもたちは、嬉しそうに何度も読んでいる姿も。

コミュニケーションカードを書く参加者s.jpg

スタッフもみなさん明るく暖かく参加者に接してくださいました。
「スタッフの方に声をかけてもらって、きんちょうがとけました」という
アンケートの書き込みもありました。

演奏前の点呼の様子s.jpg

そして、8名の継続表彰。
小学4年生の参加者が
「私の住む飯能でステップが開催されて、
ここで表彰を受けられてうれしい」
コメントをしてくれて、本当に開催して良かったと思いました。

継続表彰1.jpg  継続表彰2.jpg

継続表彰3.jpg  継続表彰4.jpg
*アドバイザーは 多喜靖美先生、星野明子先生、鈴木由美子先生、江本純子先生
♪マルモササキ先生もご一緒に

また、プログラムに協賛広告をいただいていたおかげで、
参加者の関係者以外にもたくさんの方が、足を運んでくださり、
会場はいつもお客さんがたくさんいました。

本当にうれしく思いました。

そして、飯能ケーブルテレビや文化新聞社からも取材に来てくれました。


特別企画、トークコンサートの記事は また改めて。

とり急ぎ、開催報告でした。


Rep 飯能ミュジークフォレステーション 頓所 裕子

2015年7月 4日

【飯能ステップ】特別企画レポその1はじめの一歩

飯能ステップの特別企画1
チェリストと夢の競演のはじめの一歩コース
marumo_n1.jpg

参加応募者9名、小学生2年生~6年生まで
使用テキストはこちら。
普段ソロで弾いている曲そのままにチェロやヴァイオリンのオブリガートが付いています。
今回はこの中から、チェロの曲を皆さんそれぞれ選んでの演奏。

はじめの一歩リハ1.jpeg


♪6月27日(土)
ステップ前日のリハーサルに集まりました

多喜靖美先生の「チェロってどんな楽器?」から始まり、
マルモ先生にチェロをケースから出すところからみせて頂きました。
中はどうなっているの?とみんなでのぞかせてもらいました。

はじめの一歩リハ2.jpeg  はじめの一歩リハ3.jpeg

ひとりずつ合わせの練習。
アイコンタクト、曲の初めの呼吸、バランスなどなど。
多喜先生やマルモ先生の一言のアドバイスでみんなの演奏が変わっていきます。

はじめの一歩リハ4.jpeg はじめの一歩リハ5.jpeg

そして、翌日の本番。
みんな前日の演奏より何ランクもアップした演奏を聴かせてくれました。

はじめの一歩1.jpg

一流のプロの演奏家と同じステージに立ち、
その、雰囲気を肌で感じた子どもたち、
なんてすごい事なんでしょう。
マルモ先生のパワーに引き上げられた感じでした。

これは、CDを何十回聞いても、コンサートへ行って客席で聞いていても解らない
生の演奏家の空気に触れられたのです。
本当に素敵な経験をしましたね♪


kids team_1.jpg

Rep: 頓所 裕子

2015年7月 5日

【飯能ステップ】特別企画レポその2 大人のチェロチーム

飯能ステップ特別企画

指導者もチェリストと夢の競演♪

ベルリンから来日するマルモササキ先生と、
私たちもぜひ一緒のステージに立ちたい!と
私を含む指導者5名が手を挙げました。

前日のリハーサルは、午前中のはじめの一歩が終わった後、
移動して、グランドピアノのある所沢のカフェで。

マルモチェロチームリハ.jpg

それぞれ、多喜先生やマルモ先生の指導を胸に、
明日を思い描いての記念撮影。

そしてステップ当日。

ステージに上がった私たちは、
自分自身の演奏も、そして、ほかの指導者の演奏も
前日よりずっとずっと素晴らしくなっているのを実感しました。

運営をしながら、生徒さんのお世話をしながら挑戦した私たち。
でも、本当に楽しかったです。

マルモ先生、多喜先生、ありがとうございました♪

マルモチェロチームステップ.jpg



Rep:頓所 裕子

2015年7月 8日

【飯能ステップ】特別企画レポ その3 おくむさしのてんぐ

飯能ステップ特別企画
「お話とピアノ演奏」

今回は飯能の民話の「おくむさしのてんぐ」(市川栄一作)の絵本を
忠実に大きな布芝居にしたものを
飯能市立富士見小学校図書ボランティアリールの会から
貸していただきました。

朗読もリールの会の柳戸陽子さんにお願いをしました。

選曲会で2時間かけてみんなで選んで決めた曲(選曲会についてはこちら)を
それぞれ演奏者が持ち帰り、練習、
1週間前のリハーサル(こちら
そして本番を迎えました。

okumusasi_2.jpg

朗読と布芝居の場面に合わせて、
8名の演奏者がフリーステップで演奏しました。

とっても素敵な世界を作ってくれました。


okumusasi_1.jpg

演奏後の記念写真です。

Rep: 頓所 裕子


2015年7月15日

【飯能ステップ】メディアに紹介されました♪

2015年6月28日(日)に開催いたしました 飯能ステップ

地元ケーブルテレビや地元の新聞に紹介されました。


《飯能ケーブルテレビの放送》

steptv.jpg

《文化新聞》

文化新聞s.jpg
《奥武蔵エリア新聞》

okumusasieria1s.jpegokumusasieria2s.jpeg
Rep:頓所 裕子



2015年11月10日

【飯能ステップ】2016決定!

2016年6月26日(日)
飯能市市民会館小ホールにて
第2回 飯能ステップを開催いたします。

今回はSK-EXを運び込みます。
どうぞ、みなさん、弾きにいらしてくださいね。

オプション企画もあります。

決まり次第告知いたします。
いましばらくお待ちください。

sk-ex.jpg

2016年1月 9日

【飯能ステップ・特別企画】お話とピアノ

2016年6月26日(日)に
飯能市市民会館で行われる飯能ステップの
特別企画「お話とピアノ」のお知らせです


♪お話と音楽が合わさることで、
   より演奏が、ステージが生き生きとしていく体験を、
   ご一緒にしませんか?

◆特別企画 お話とピアノ『にじいろのさかな』
   1995年に発売されいまなお人気の高い「にじいろのさかな」の
   大型布芝居と朗読に合わせて場面ごとにピアノ演奏を入れます。
   この布芝居は飯能市内の小学校図書ボランティアの方々が著作権を取って
   作成した貴重なものです。
   
   共演朗読は柳戸陽子さん
   
   フリーステップ3分で参加。
   
   飯能特別企画要項と申込書はこちら



*特別企画料金にステップ参加料が別途かかります。

お問い合わせは
飯能ミュジークフォレステーションまで。

mailto:hannomusiqueforet@gmail.com

2016年2月 1日

【参加者募集中】特別企画お話とピアノ


後、数名受け付けられます。

お話の場面にピアノ曲を選んで弾くことで
イメージを持って演奏する勉強になります。
そして、みんなで一つの作品を作り上げる楽しみも♪
昨年は小学2年生からグランミューズの方まで幅広い年齢の方が参加されました。
ご自身のレベルでの演奏ですので
興味のある方はぜひお問い合わせください。

◆特別企画 お話とピアノ『にじいろのさかな』
   1995年に発売されいまなお人気の高い「にじいろのさかな」の
   大型布芝居と朗読に合わせて場面ごとにピアノ演奏を入れます。
   この布芝居は飯能市内の小学校図書ボランティアの方々が著作権を取って
   作成した貴重なものです。
   
   共演朗読は柳戸陽子さん
   
   フリーステップ3分で参加。
   
   飯能特別企画要項と申込書はこちら



*特別企画料金にステップ参加料が別途かかります。

お問い合わせは
飯能ミュジークフォレステーションまで。

mailto:hannomusiqueforet@gmail.com

2016年2月 9日

【飯能ステップ】SK-EXを持ち込みます♪

2016年6月26日(日)に

第二回ピティナピアノステップ飯能地区を開催いたします。

今回は開催にあたり
飯能市市民会館に常設しているピアノではなく
(株)河合楽器製作所の多大なるご支援により
SK-EXを小ホールに運び込んでの開催となります。

SCN_0001_1.jpg
SK-EXは浜松国際コンクールで
9回目の開催となった昨年秋、
予選から一貫して「カワイSK-EX」を演奏した
アレクサンデル・ガジェヴさんが見事優勝。
ガジェヴさんは、カワイSK-EXを音色が
より豊かだと評価。
自分の音の広がりを聴衆に聴いてもらうために
このピアノを選んだとのことです。
ファイナリスト3名がSK-EXを選択。
アレクセイ・メリニコフさんが第3位、
フロリアン・ミトレアさんが第4位と室内楽賞、
三次予選でこのピアノを弾いた
日本人の三浦謙司さんが奨励賞をそれぞれ受賞しました。
  《カワイホームページより》


このSK-EXを飯能ステップで演奏してみませんか?

2016年2月10日

【飯能ステップ】特別企画夢の室内楽体験♪

2016年6月26日(日)に
飯能市市民会館で行われる飯能ステップの
特別企画「夢の室内楽体験」のお知らせです


♪プロの弦楽器奏者の方と室内楽体験しませんか?

 デュオやトリオなど他の楽器とのアンサンブル体験は
  いつも弾いている「ピアノ」の深い理解へつながります。

また、プロの方とステージに上がることで一緒の空気を感じることは
 ステージでの演奏パフォーマンスアップにつながります。

チェリストはマルモササキ先生

marumo_n1.jpg

ヴァイオリニストは守屋真琴先生
moriya_makoto.jpg


参加申し込みは3月1日9時からFAXまたはメールで先着順となります。


要項はこちらです。

飯能特別企画2016_夢の室内楽.pdf

kids team_1.jpg

2016年3月 1日

【飯能ステップ・特別企画】夢の室内楽体験参加者受付開始

2016年6月26日(日)に行われる飯能ステップでの特別企画

チェリストやヴァイオリニストと一緒にステージに立てる

「夢の室内楽体験」

の受付開始いたしました。
先着順で定員で締切ます。

まだ若干名参加可能です。

詳しくはこちら⇒


2016年3月13日

【飯能ステップ】特別企画選曲会終了!

2016年6月26日(日)に飯能市市民会館にて開催される
ピティナピアノステップ飯能地区の
特別企画「お話とピアノ」の選曲会を行いました。

今年の大型布芝居は「にじいろのさかな」

年長さんから大人の方までの参加者5名が、
それぞれの場面に合う曲を3曲持ち寄り、
音出ししながらプレゼン。

保護者や家族の皆さん聴いている全員で
挙手による多数決で決めていきました。

すんなり決まってしまう曲もあれば、
意見が分かれ決戦投票を行う曲も。

最後に布芝居を見ながら通して音出しをしてみました。

今日も、曲の持つ力、お話の持つ力に
感動しました。

当日は柳戸陽子さんの朗読で演奏いたします。

皆様どうぞ聴きにいらしてくださいね。

DSC_1988.jpg

2016年5月 1日

【飯能ステップより】参加者の皆様へ

4月21日に締め切りを待たずに定員となりました。
多数の皆様の参加申し込み、
ありがとうございます。

参加される皆様へご案内いたします。

◆申し込み内容を変更なさる場合は
 2016年5月23日(月)までにお願いいたします。
 詳しくはHPをご覧ください→クリック

◆23ステップの課題曲は繰り返ししません。
 また、参加者や指導者の判断で抜粋やカット、編曲はできません。
 23ステップの課題曲と自由曲についてはこちら→クリック

◆23ステップの自由曲は規定時間内であれば繰り返し可能です。
 たとえば『ブルグミュラーのアラベスク』を課題曲で演奏する場合は繰り返ししませんが、
 自由曲で演奏する場合は規定時間内であれば繰り返しありで演奏できます。

◆フリーステップはステージに上がって降りるまでの時間です。
 1分弱の余裕をもって演奏してください。くわしくはこちら→クリック

◆フリーステップで自作曲、自編曲を演奏なさるときは楽譜を受付に提出してください。
 詳しくはステップ参加要項2016 13ページ 参加要項PDF

◆特別企画に参加の皆様は前日6月25日にリハーサルがあります。
 タイムスケジュールが決まり次第ご連絡いたします。

皆様の演奏を心より楽しみにしております。
SK-EXの弾き心地をどうぞ心行くまで堪能してください。

飯能ミュジークフォレステーション

2016年6月10日

【飯能ステップ】参加票発送いたしました。

ピティナピアノステップ飯能地区開催まであと2週間となりました。

参加票も発送され、プログラム、時間割りもHPにアップされています。

参加票は参加者のところのみ発送されますので
指導者の先生へ、記載しました連絡事項をここに載せます。

【参加票連絡事項】
・足台はM-60 をご用意しております。
・女子用更衣室として「楽屋6」をお使いください。
・写真・動画の撮影は演奏者の関係者のみ。
撮影の際は無音カメラなど音が演奏の邪魔にならないようご配慮お願いいたします。
・著作権の関係で第4部の「にじいろのさかな」の布芝居の写真や動画はインターネットに投稿することはご遠慮ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

飯能ミュジークフォレステーション
スタッフ一同

2016年6月11日

【飯能ステップ】地元の皆さんに応援をいただいております。

2016年6月26日(日)
埼玉県飯能市の飯能市市民会館で開催される
ピティナピアノステップ飯能地区
地元の方々の応援をいただいております。

今年もプログラムには23の団体から
協賛広告をいただきました。

ありがとうございました。

これからもピアノを習う子どもたちの未来のために
ステーションとしてできることを頑張りたいと思います。

*i*sh美容室

*浅見美富行政書士

*イーストコート(ライブハウス)

*イーズパッション(レストラン)

*いながきしんいち(シンガーソングライター)

*カフェアリス

*カフェブラウン

*カフェ美杉

*カレーラ飯能(リンパマッサージ)

*河合楽器製作所 カワイシゲル

*カワイふじみ野ショップ

*気風堂(額装写真)

*健康教室すらっと(ストレッチ教室)

*SANEの会(NPO法人エクアドルの子どものための友人の会)

*松林堂(和菓子屋さん)

*滝長(魚屋さん)

*天金(日本料理)

*肉のすだ(お肉屋さん)

*にこにこハウス(レストラン)

*飯能自動車学校

*FlowerFarm Strawberry (お花屋さん)

*ベリーダンス ミスリーナゆきえ

*無尽蔵(ラーメン屋さん)

(五十音順敬称略)


2016年6月15日

【飯能ステップより】参加者の皆様へ

6月26日(日)は
第一部9時40分~第8部終了20時まで
129名の参加者が演奏をいたします。

参加者の皆様、どうぞ楽しんで演奏してくださいね。
・受付後ロビー集合場所に演奏順に並んでから係りの誘導でホール内に入ります。
 その際、賛助出演で演奏なさる方、
 足台やイスの調整をなさる指導者の方、保護者の方もご一緒にお並びください。
・進行の関係上、ステージでの花束などの手渡しはご遠慮ください。
・赤いピティナステップパスポートをお持ちの方、参加票と一緒にお持ちください。
・コメントも忘れずに書いてきてください。

一日中 入場無料です。
特別企画は2部、3部、4部、6部です。
そして多喜靖美先生(ピアノ)とマルモササキ先生(チェロ)、守屋真琴先生(ヴァイオリン)の
トークコンサートもあります。

飯能市市民会館小ホールへのアクセス

【電車でお越しの方】
入間市駅より約9分
所沢駅より 約25分
池袋駅より 約48分
   (西武池袋線急行利用)
*西武池袋線飯能駅より 徒歩15分

【バスでお越しの方】
*西武池袋線飯能駅北口バス停より
「湯ノ沢」「名栗車庫」「名郷」「赤沢」「中藤(青石橋)」「中沢」「西武飯能日高」行のバス
いずれかに乗車⇒天覧山下 バス停徒歩1分

*バスに乗り時に「このバスは市民会館の近くに行きますか?」と尋ねてください。
10分~15分間隔でバスが出ています。

【車のでお越し方】

カーナビに「飯能市飯能226-2」とご入力の上お越しください。
飯能市市民会館の駐車場が使えます。

20140505.jpg

2016年6月19日

【飯能ステップ】36ページのプログラム

2016年6月26日(日)に開催されます
飯能地区のステップのプログラムが
開催荷物と一緒に届きました。
DSC_2471.jpgのサムネール画像のサムネール画像



後援数、広告数ともに トップだとのこと。
そしてプログラムページ数は36ページになりました。
下が普通のプログラム
上が飯能地区のプログラムです。

IMG_20160618_200650.jpgのサムネール画像


地元の皆様が近隣のピアノ学習する子どもたちの未来のためにと
協力してくださったからです。

このプログラムを手にしたアドバイザーの先生から
『こんなプログラムは初めてです!
 広告がどれもアットホームな感じで飯能の皆さんの温かさが伝わって来ます』

とお言葉をいただきました。

参加者の方々は飯能市だけでなく、近隣からいらしてくれます。

どうぞ、飯能の空気の中で気持ちよく演奏できますよう
スタッフ一同、準備をしてお待ちしております。



2016年6月22日

ステップ運営マニュアル『飯能編』

第二回ピィテナピアノステップ飯能地区開催まであと4日となりました。

今回当日お手伝いしてくださるスタッフは
カワイふじみ野ショップ様からの応援3名に加えて
ピアノ指導者その他地域の方9名、
私たちステーションスタッフを合わせると総勢17名で運営していきます。

本当は事前に数回集まって会場の動線や各場所の確認をしたいところですが、
みなさんレッスンやお仕事をお持ちですので、
なかなか集まることができません。

そこで、情報を共有、なるべくお手伝いがしやすいように
飯能ミュジークフォレステーションでは
グーグルドライブにフォルダを作り、
皆さんで閲覧して意見を述べたり、わからないところを質問したり
事前にクラウド上で会議を繰り返しています。

DSC_2482.jpg

今回は運営マニュアル当日編も
飯能のお手伝いするのに合うように作り替えました。

DSC_2472.jpg

特に全体の雰囲気を決める司会は大切なお仕事。

司会原稿は第8部まで
行ったり来たりページをめくることのないようにスタッフの古内奈津子先生が
すべてセリフを書き出してくださり、
20ページを超える超大作となりました。

ダカーポ、ダルセーニョ、1
カッコ、リピートなどをすると
間違いが起こりやすくなりますし、
司会者自身が落ち着いてできるようにとの配慮です。

準備は着々と整っていきます。。

後は当日、会場に参加者の皆様をお迎えするのを楽しみにしております。

お天気になりますように!





2016年6月23日

飯能ステップ開催します(2016.6.26)

ご挨拶

 本日はたくさんの皆様に、ご参加、ご来場いただき、誠にありがとうございます。
 多くの方々のご支援を賜り、ここに第二回ピアノステップ飯能地区を開催できますことを心より感謝申し上げます。
 今回は株式会社河合楽器製作所様、そしてカワイふじみ野ショップ様のご協力によりSK‐EXという素晴らしいフルコンサートグランドピアノを会場に運び入れることができ、たくさんの皆様にこのピアノで演奏していただけることを本当にうれしく思っております。
 今回も特別企画として、ヴァイオリニスト・チェリストと共演できる「夢の室内楽体験」、大きな布芝居に合わせて朗読と共演する「お話とピアノ」をご用意し、バラエティーに富んだステップとなりました。
 本日の開催にあたり、お力添えをくださいました多喜靖美先生、快く共演を引き受けてくださいましたマルモササキ先生、守屋真琴先生、柳戸陽子さん、後援をくださいました各団体の皆様、開催当日まで惜しみない応援をしてくださいました地元の方々、そして当日の運営をお手伝いくださる皆様に心より御礼申し上げます。
 また、本日のステージに生徒さんを 送り出してくださった指導者の皆様、日々の練習を見守ってくださっているご家族の皆様に深く感謝いたします。
 どうぞ今日一日、すてきな音楽の世界をお楽しみください。

飯能ミュジークフォレステーション   代表 頓所 裕子
スタッフ 浅賀ひろみ 林田玲奈 古内奈津子 大原由紀
(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2016年7月 7日

飯能ステップ開催レポート

2016年6月26日(日)
飯能市市民会館小ホールにて
第二回のステップを無事開催いたしました。

今回は株式会社河合楽器製作所様とカワイふじみ野ショップ様のご協力とお力添えのおかげで、
SK-EXという素晴らしいピアノを搬入してのステップとなりました。
当日の参加者129名、一人の欠席者もなく、
全員が演奏することができて本当にうれしく思いました。

アドバイザーは多喜靖美先生、黒川ちとし先生、高波真美先生、高田有莉子先生の
4名の先生方のローテーションでした。
IMG_0905.jpg

通常ステップのほか、
室内楽企画やお話とピアノなどの企画のステップも行いました。
(別途レポートいたします)

地元ケーブルテレビの取材カメラも来てくださいました。
DSC_2561.jpg

15時15分からのトークコンサートは
アドバイザーの多喜靖美先生と
室内楽企画の共演者であるヴァイオリンの守屋真琴先生
チェロのマルモササキ先生による室内楽コンサートでした。
IMG_0862.jpg
♪ピアノ&チェロ
ラフマニノフ:ヴォカリーズ
シルコット:サラバンド(コンペC級課題曲)

♪ピアノ&ヴァイオリン♪
メラルティン:うた(コンペA1級課題曲)

♪ピアノトリオ♪
ロシェロール:ピアノトリオ第3番「センチュリー・ミュージック」


そして今回、継続表彰を受けられた方々
中には小学6年生で20回という男の子も。

みなさん、おめでとうございました。

継続表彰2016.jpg
継続表彰_1.jpg
IMG_8117_1.jpg

スタッフの皆さんのおかげで
参加者の方々からは
「あたたかい雰囲気のステップですね」と
言われることが多かったです。

12時間近く、笑顔で動いてくださったスタッフの皆さんに感謝いたします。

そして、どの部もたくさんの地元の方々が聞きに来て下さって
いつもホール内は人がたくさんでした。

後ほど特別企画などのレポもいたしますので、
お楽しみに。

飯能ミュジークフォレステーション

代表 頓所 裕子



飯能ステップ開催レポート ピアノ編

第二回飯能ステップのために
株式会社河合楽器製作所様とカワイふじみ野ショップ様のご協力により
飯能市民会館に搬入していただいた

シゲルカワイSK-EXの50号機
DSC_2501.jpg

前々回のショパンコンクールで使用されたピアノだそうです。

ピアノはステップ前日の朝、専用のトラックに乗って飯能へ到着。
DSC_2506.jpg
小ホールに運び込まれました。
DSC_2495.jpg

DSC_2498.jpg
そして調律中・・・
DSC_2507.jpg

その気品のある音と響き。
柔らかな音色。
演奏する方々も聴いている方々も
この音を楽しんて頂けました。

ステップ当日のアンケートから

*ステキなピアノで弾けて良かったです

*素晴らしいピアノを弾く機会に恵まれた!

*ふつうのよりすこし音がちがうのがわかりました。

*シゲルカワイのすばらしい音が聞けました。この地区でよかったです。

*ピアノがすばらしい!

*今日はとても素敵なピアノで弾かせていただき、ありがとうございました。

*ショパンコンクールで使われたピアノを弾くことができるなんて!
 すばらしい機会をありがとうございました。

*ふつうのよりすこし音が違うのが分かりました。

*ピアノがとってもすてきな音でした。




2016年7月 8日

飯能ステップ開催レポート 特別企画室内楽編

2016年6月26日(日)に飯能市市民会館で行われました
第二回の飯能ステップでは
ピアノライフを豊かにする特別企画を2つ、ご用意いたしました。

そのひとつが室内楽です。

◆特別企画1「夢の室内楽体験」
チェロとヴァイオリンとの室内楽を体験しませんか?
ヴァイオリニスト、チェリストとの共演でフリーステップ参加するものです。

昨年に続きチェリストのマルモササキ先生
そして今年はヴァイオリニスト 守屋真琴先生をお迎えしました。
前日のレクチャーレッスン付きリハーサルのご指導は多喜靖美先生。

DSC_2556.jpg

今年は20名の子どもたちの参加申し込みがありました。

前日、市民会館小ホールのステージの上で、
2つのグループの別れて
レクチャーと合わせのリハーサル。
多喜靖美先生のご指導で
マルモ先生、守屋先生にご協力いただき、弦楽器とピアノの違いから説明していただきました。
DSC_2514.jpg

付き添いのご家族の方々も一緒に・・・
DSC_2524.jpg

そして、迎えた本番。
前日のリハーサルより、みなさんレベルアップして
ヴァイオリンやチェロの音をよく聴いて演奏していました。
昨年もそうでしたが、子どもたちの吸収力はすごいです。
この経験がソロの演奏にきっと活かせると思います。

IMG_8088s.jpgIMG_8110.jpg


私たち指導者も頑張りました。
遠方から参加してくださった先生、
そして、スタッフをしながら、
自らも演奏に参加した先生方、
もちろん、私も演奏させていただきました。

この瞬間だけは
運営のことも指導のことも少し脇にどけて
ヴァイオリンとチェロとのアンサンブルを楽しみました。
IMG_8075s.jpg

このステージから
学ぶことは本当にたくさんあって本当に勉強になりました。

飯能ミュジークフォレステーション
頓所 裕子

飯能ステップ開催レポート 特別企画お話とピアノ編

2016年6月26日に開催されました飯能ステップでは
ピアノライフを豊かにする特別企画を2つ、フリーステップでの参加で
人数限定でご用意いたしました。

◆特別企画1「夢の室内楽体験」についてのレポートはこちら→クリック

そしてもうひとつ

◆特別企画2「お話とピアノ」
「にじいろのさかな」の大きな布芝居に合わせて、
その場面場面でフリーステップ3分で参加♪


ピアノ曲に限らず、色々な曲には作曲家たちの想いが込められています。

もちろん演奏する私たちは、その想いをくみ取りますが、
その他に、音から色々な想像を繰り広げることもできます。

お話しの情景に合わせて曲を選び、ストーリとともに演奏をしていくと、
これまで持っていた曲のイメージからさらに想像が膨らみ、
まるではじめからこのお話に合わせて作られたような曲ではないか?と錯覚するほどです。

お話と音楽が合わさることで、より演奏が、ステージが生き生きとしていく体験を
してほしい。そんな思いを込めた特別企画でした。

使用した布芝居は飯能市内の双柳小学校の図書ボランティアの方々が
著作権の許しを得て作成した大きな布芝居があります。
絵本をそのまま忠実に大きな布芝居に仕上げたものです。

今回ご好意でお借りすることができました。
ただし、作成するときに出版社と作者との約束で
インターネットなどに動画や写真を掲載しないという項目が入っています。

ここでお見せできないのが残念です。

さて、今回のにじいろチームは小学生から大人の方まで5名。

お申込みいただいて、テキストをお渡しし、どの場面で弾いてみたいか選んでいただき、
選曲会には3曲持ってきてもらい、プレゼンして、
みんなで聴いたり相談したり、意見を出したりして曲を決めていきました。

選曲会の様子はこちら→クリック

前日に小ホールで通しのリハーサル。
朗読は 飯能市内でいろいろ活躍中の柳戸陽子氏
y_yanagito.jpg

当日はみんなそれぞれの場面で
イメージを膨らませて演奏してくれました。

IMG_0837s.jpg

飯能市内そして近隣にはまだ、布芝居がありますので、
また来年も続けていきたいと思っております。

どうぞお楽しみに。

飯能ミュジークフォレステーション
頓所 裕子


飯能ステップ開催レポート 番外編

2016年6月26日に開催された
第二回飯能ステップ

IMG_20160618_200755.jpg

後援の団体の数は文部科学省の他 河合楽器製作所を始め
県や市、そして各教育委員会、商工会、ケーブルテレビなど13団体よりいただきました。
プログラムの表紙は文字がいっぱい並びました。

協賛広告は23団体。13ページが広告のページとなりました。

飯能市内のお店などから多くの広告をいただいたので、
チラシやポスターの掲示をお願いできました。

そのおかげで、どの部にもたくさんの地元の方が聴きに来てくださっていました。

昨年に続いて、ステップコミュニケーションカードを書いてくれた方に
かわいい消しゴムをプレゼントしました。
314531_LL1.jpg
子どもたちがメッセージを通じて音楽のお話しができたら
そんなきっかけを作りたいと考えました。

たくさんの子どもたちが一生懸命お友だちの演奏を聴いて書いてくれたので、
コミュニケーション用紙が足りなくなる事態に・・・

もらった子どもたちのうれしそうに読む姿もかわいかったです。

そして今回、初使用の無線機
inkam.jpg

開催した市民会館の控室にモニターが無く、
進行が分かりにくく、昨年とても不便を感じたので、
今年は思い切って3台無線機をレンタルしました。

ちょっとFBIの気分でしたが(笑)
進行で困った時、指示をすぐに伝えられるのがとてもありがたかったです。

夜のお食事&打ち上げはスペイン料理。
DSC_2594.jpg
たくさん食べてたくさん笑いました。

皆様、お疲れ様でした。
本当にありがとうございました。


飯能ミュジークフォレステーション

頓所 裕子

2016年11月23日

2017年飯能ステップ開催決定

2017年6月25日(日)
飯能市市民会館 小ホールにて
第3回ピティナピアノステップ飯能地区を開催いたします。

siminnkaikann.jpg

step3.jpg

今回も

飯能だけの特別企画を2つご用意いたします。

どうぞお楽しみに♪


【2017特別企画1】布芝居とピアノ

第一回飯能ステップから行っております、特別企画のうちのひとつ

「布芝居とピアノ」

大きな布芝居を朗読に合わせてピアノ演奏をします。
(フリー3分で参加)

okumusasi_2.jpg
    (2015年『奥武蔵のてんぐ』のステージの様子)


今回は埼玉県日高市立図書館より
日高市に伝わる民話「女影の池伝説」の
布芝居をお借りして行うことになりました。
日高市立図書館写真.jpg
             (日高市立図書館)

女影の池表紙.jpg
                (布芝居の表紙)

要項はこちら→2017年_飯能ステップ特別企画_布芝居とピアノ_募集用チラシ.pdf
申し込み開始は2017年1月5日となります。

ご参加お待ちしております。

【お問合せ】飯能ミュジークフォレステーション
 メール hannomusiqueforet@gmail.com
 電話  090-7255-8218




2016年12月 4日

特別企画『布芝居とピアノ』の布芝居ってなぁに?

飯能ステップの特別企画に必ずある
「布芝居とピアノ」

この布芝居っていったいどんなものなのでしょう?

布芝居は布でつくられた大きな紙芝居のようなものです。
一枚一枚手作りで
刺繍、アップリケ、パッチワーク、または水彩絵の具などで描かれています。
大きな物なので使用するときには大人が2名で両脇に立ち、めくっていきます。

絵本から起こす場合は出版社に著作権申請を出し許可をいただいて制作します。

2017年飯能ステップで使用する「女影の池伝説」は
埼玉県日高市立図書館の布の絵本製作ボランティアとして活動している
「布の絵本ポコ・ア・ポコ」の皆さんが
奥武蔵の民話から絵を起こして制作したものです。

布芝居一枚目には
舞台となる池(現在の仙女ヶ池)に自生している
モウセンゴケも丁寧な刺繍で描かれています。
表題は元市役所の職員の方で書道をなさっている方が
毛筆で書いたものを丁寧にアップリケで再現しているそうです。
 女影の池表紙.jpg DSC_0348_a.jpg

要項はこちら→2017年_飯能ステップ特別企画_布芝居とピアノ_募集用チラシ.pdf
申し込み開始は2017年1月5日となります。

ご参加お待ちしております。

【お問合せ】飯能ミュジークフォレステーション
 メール hannomusiqueforet@gmail.com
 電話  090-7255-8218


2016年12月 6日

特別企画「布芝居とピアノ」のステージはどのように行われるのでしょう?

飯能ステップで行う特別企画「布芝居とピアノ」は
どのようにおこなうのでしょうか?

ステージには通常のステップのように中央にピアノ
ステージ下手に朗読者 上手に布芝居がおかれます。

okumusasi_2.jpg
   (2015年の布芝居 おくむさしのてんぐ)

演奏者は朗読の合間にピアノに座って待機。
曲の挿入個所で演奏します。


お話の流れの中での演奏なので、途中でのお辞儀や拍手はありません。
朗読、布芝居、演奏者が一体となってひとつの作品となります。

最後に演奏者がそろってステージに立ち、お辞儀と拍手となります。
okumusasi_1.jpg

「布芝居とピアノ」ではピアノ演奏はBGMではなく、
朗読、布芝居、演奏それぞれが独立していて
そして一体となります。

年齢もレベルも問いません。

今年も朗読は柳戸陽子さんにお願いしました。

一緒にステキな民話の世界を作る音楽体験をしてみませんか?

要項はこちら→2017年_飯能ステップ特別企画_布芝居とピアノ_募集用チラシ.pdf
申し込み開始は2017年1月5日となります。

ご参加お待ちしております。

【お問合せ】飯能ミュジークフォレステーション
 メール hannomusiqueforet@gmail.com
 電話  090-7255-8218





2017年1月 3日

【2017特別企画1】布芝居とピアノまもなく募集開始

2017年6月25日(日)に開催される
飯能ステップの特別企画
布芝居とピアノの募集を1月5日より開始いたします。
飯能ステップでの布芝居とピアノの企画は今回で3回目。

フリーステップでの個々の参加でありながら、
布芝居を通して一つの作品として作り上げる
とても楽しい企画です。

今回は飯能市のお隣の日高市立図書館より
日高市に伝わる民話をもとに製作された布芝居をお借りして行います。

DSC_0350=1.jpg
馬の手綱部分は紐を編んで作ったそうです。

onakage3=1.jpg戦いの場面の旗の棒は菓子折りの紐を使ったとか。

布もリサイクルで集められたものから作っているそうです。

隅々まで手作りで丁寧に作られた美しい布芝居に
イメージを託して曲を選び演奏することで、
曲に対する向き合い方が変わってきます。

皆様もご参加をお待ちしております。

要項はこちら→2017年_飯能ステップ特別企画_布芝居とピアノ_募集用チラシ.pdf
申し込み開始は2017年1月5日となります。

ご参加お待ちしております。

【お問合せ】飯能ミュジークフォレステーション
 メール hannomusiqueforet@gmail.com
 電話  090-7255-8218

2017年1月12日

【布芝居】朗読の柳戸陽子さんに聞くVol.1

2017年6月25日に開催される飯能ステップでの特別企画
「布芝居とピアノ」の朗読をお願いした柳戸陽子さん。

飯能ステップでの朗読共演は今回で3回目になります。

先日打ち合わせの際にお話を伺いました。
数回に分けてご紹介していこうと思います。


yanagido_1.jpgすでに、「女影の池伝説」のテキストを柳戸さんにはお渡ししてあります。

柳戸さんはテキストを読み込んで、いらっしゃるそうで、
何度も読み込み、録音をして聞き直し
「起承転結が分かるような語りになっているか」
「聞き取りにくい言葉はないか」とチェックをしているとのこと。

ピアノの演奏でもよくやることを、朗読でもなさるのですね。

そして、『朗読の時に気を付けている事は?』と伺ってみました。
 

   その時、その時の「主役は誰なのか?」という事を、
 いつも一番に考え、気をつける様にしています。

 今回で言えば、主役は「ピアノ」
 そして、二番目が「布芝居」。

 私は、あくまでも、そのピアノと布芝居を飾ってあげる"額縁"だと思っています。

 その作品にとって、どのような額縁に入れてあげる事が、作品が一番引き立つのか?
 常にその事を意識して読むようにしています。 《続く》

onakage1_s.jpg

美しく、悲しい物語「女影の池伝説」
その中の1曲を担当してフリーステップで弾きながら
みんなで一つの作品に作り上げていく・・・

そんなすてきな企画です。

皆様のご参加をお待ちしております。

要項はこちら→2017年_飯能ステップ特別企画_布芝居とピアノ_募集用チラシ.pdf

参加者受付中 こちらのリンクからどうぞ https://goo.gl/forms/fwpv82C3jMPbodNH2

【お問合せ】飯能ミュジークフォレステーション
 メール hannomusiqueforet@gmail.com
 電話  090-7255-8218

2017年1月15日

【布芝居】朗読の柳戸陽子さんに聞くVol.2

2017年6月の飯能ステップの特別企画
「布芝居とピアノ」朗読をしてくださる柳戸陽子さんにお話を伺いました。
前回からの続きです。

音楽と朗読の共通点があるとすれば、どんなことだと、思いますか?と
尋ねてみました。


yanagido _3.jpg 『見えていないはずの、
 情景や風や匂いなどが、
 見えてくるところだと思います。

 ドラマや映画などは、
 すべてがお膳立てされ、
 目の前に見えている・・
 でも、音楽や朗読は見えてない。

 見えない分、見えてないからこそ、
 聞いている一人一人の心の深いところに語りかけ、
 人々の想像力を掻き立て、刺激してくれる・・
 そんなところが似ているのでは?と思います。』

                   《インタビューは続きます》

゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚


「布芝居とピアノ」でのピアノ演奏は
お話のBGMではありません。

お話のイメージをそのまま演奏することで、
朗読と音楽が直接、聴衆の心に届く
そんな企画です。

テキストを読んで、
挿入個所にぴったりの曲を既成の曲の中から
みんなで相談しながら決めていく選曲会もあります。

イメージをもって演奏する良い経験になります。
皆様のご参加をお待ちしております。
onakage_22.jpg「女影の池伝説」布芝居より



参加者受付中 こちらのリンクからどうぞ→参加受付フォーム

【お問合せ】飯能ミュジークフォレステーション
 メール hannomusiqueforet@gmail.com
 電話  090-7255-8218

2017年2月10日

【布芝居】朗読の柳戸陽子さんに聞くVol.3

2017年6月の飯能ステップの特別企画
「布芝居とピアノ」朗読をしてくださる柳戸陽子さんにお話を伺いました。
 
Vol.1 はこちら  Vol.2はこちら 

今年、飯能ステップでの朗読共演は3回目ですが、
今回の日高市に伝わる「女影の池伝説」はいかがですか?


yanagido _2.jpg
女影の池伝説は、一昨年の「おくむさしのてんぐ」と同じ
市川栄一先生の作品なのですが、

おくむさしより、時代色が濃く、物語の内容も壮大で・・

正直、難しい作品を選んできたなと、
頭を抱えています(笑)

和を意識しすぎると、講談のようになってしまい、

ピアノと合わせることや、
ピティナという場所のことも考えると、
どのように読むのがベストなのか・・

子どもへの絵本の読み聞かせの時は、
演じすぎてしまわず、子どもに「想像の余地」を与える読み方を
するように心掛けているのですが、

今回は、大きなステージでピアノを交えての朗読ですので、
あまり単調になりすぎてもいけないし、
かと言って、ピアノの邪魔になってもいけない。

その、さじ加減も難しいなと思っています。

゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚

onakage5.jpg
音楽は物を
伝えることができません。
「リンゴ」と思って演奏しても
聴いている人に「リンゴ」が
伝わりません。

でも、そのかわりに音楽は感情を
つたえることができます。

イメージをもって演奏したものは
必ず聞いている人の心に何かを
届けてくれます。


お話の場面に合わせて演奏することで、
イメージをもって曲を伝えることのよい経験ができます。

そして、既成の曲でありながら、
まるでこのお話のこの場面のために存在しているかのようになるのが不思議です。

*::*::*::*::*::*::*::*::*::*::*::*::*

特別企画「布芝居とピアノ」の参加者は定員となりましたので締め切りました。

皆様どうぞ会場で素晴らしいコラボレーションをお楽しみに。



2017年2月23日

【2017特別企画2】 ケンハモ隊♪まもなく募集開始

2017年6月25日(日)に開催される
飯能ステップの特別企画2
「キミも鍵盤ハモニカのスターだ!」の
参加者募集を 2017年3月3日金曜日9時より開始いたします。

昨年11月に朝日新聞(デジタル版こちら)にも取り上げられた
  鍵盤ハーモニカ!


Cko_s.jpg
飯能ステップでは
プロのピアニストでもあり鍵盤ハーモニカ奏者の
菅谷詩織先生をお迎えして
ケンハモ隊を結成。
団体登録でみんなでステージに
上がる企画を作りました。




みなさんも鍵盤ハーモニカのグループアンサンブルを体験しませんか?
小学1年生から大人まで、年齢を超えて楽しみましょう!

「鍵盤ハーモニカグループアンサンブル」企画要項はこちら
「鍵盤ハーモニカグループアンサンブル」企画 お申込みフォームはこちら
 申込受付は、3月3日(金)9時からとなります。(先着順です)
楽譜サンプル→ 

皆様のご参加をお待ちしております。

お問い合わせは
飯能ミュジークフォレステーション
090‐7255‐8218 頓所まで

hannomusiqueforet@gmail.com

2017年2月24日

【ケンハモ】共演の菅谷詩織先生に聞くVol.1

2017年6月25日に開催される
飯能ステップでの特別企画2
「キミも鍵盤ハーモニカのスターだ!」
共演と指導をお願いした菅谷詩織先生。

ケンハモについて伺ってみました。

DSC_0603_s.jpg
左:頓所       右:菅谷詩織先生

鍵ハモの魅力は何ですか?

なかなか小学校の授業では注目されないですが、
吹き方によってはアコーディオンやバンドネオン、
はたまた笙やバグパイプを思わせる、
個性的で、カッコかわいい、
艶のある音色が魅力のひとつです。

ほかの吹奏楽器は音を出すまでに一苦労ですが、
鍵盤ハーモニカはそのハードルが低いので、
まるで歌うかのような自然な演奏がすぐにできるようになります。

おんなじように鍵盤のついた楽器ですが、
ピアノにはできないヴィブラートなどの表現も可能です!
sozai_43507.png

みなさんも鍵盤ハーモニカのグループアンサンブルを体験しませんか?
小学1年生から大人まで、年齢を超えて楽しみましょう!

「鍵盤ハーモニカグループアンサンブル」企画要項はこちら
「鍵盤ハーモニカグループアンサンブル」企画 お申込みフォームはこちら
 申込受付は、3月3日(金)9時からとなります。(先着順です)
楽譜サンプル→ 

皆様のご参加をお待ちしております。

お問い合わせは
飯能ミュジークフォレステーション
090‐7255‐8218 頓所まで

hannomusiqueforet@gmail.com

2017年3月 2日

【ケンハモ】共演の菅谷詩織先生に聞くVol.2

2017年6月25日に開催される
飯能ステップでの特別企画2
「キミも鍵盤ハーモニカのスターだ!」
共演してくださる
菅谷詩織先生にインタビュー第二弾です。

:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

Cko_1.jpg
C子先生が
ケンハモにハマったきっかけは何ですか?

----------------

私が音楽の道に進みたい!と
思ったのは高校選びのとき。
でもそのときの相棒は
サックスでした。

高校はサックスで受験したのですが、
そのあと
「サックスってひとりで練習していても
 和音とか出せないからさみしいな...」と
思ってしまい、高校2年でピアノに転向しました。

そうすると今度は
「ピアノってビブラートとかつけられないし
 さみしいな...」と思い始め...。

そんな高校3年生の終わりに
鍵盤ハーモニカに出会い、
すぐに大好きになりました。

ハマったきっかけはそのときの運命の(?!)出会い。 偶然です!

sozai_43507.png

みなさんも鍵盤ハーモニカのグループアンサンブルを体験しませんか?
小学1年生から大人まで、年齢を超えて楽しみましょう!

「鍵盤ハーモニカグループアンサンブル」企画要項はこちら
「鍵盤ハーモニカグループアンサンブル」企画 お申込みフォームはこちら
 申込受付は、3月3日(金)9時からとなります。(先着順です)
楽譜サンプル→ 

皆様のご参加をお待ちしております。

お問い合わせは
飯能ミュジークフォレステーション
090‐7255‐8218 頓所まで

hannomusiqueforet@gmail.com

2017年4月10日

【2017特別企画2】 ケンハモ隊♪ 参加者受付中

2017年6月25日(日)に開催される
飯能ステップの特別企画2
「キミも鍵盤ハモニカのスターだ!」の
参加者、あと若干名受付中です。

cko_3.jpg
飯能ステップでは
プロのピアニストでもあり鍵盤ハーモニカ奏者の
菅谷詩織先生をお迎えして
ケンハモ隊を結成。

団体登録でみんなでステージに
上がる企画を作りました。

みなさんも鍵盤ハーモニカの
グループアンサンブルを体験しませんか?

小学1年生から大人まで、
年齢を超えて楽しみましょう!

親子参加も歓迎します♪
お母様、お父様もどうぞ。




「鍵盤ハーモニカグループアンサンブル」企画要項はこちら
「鍵盤ハーモニカグループアンサンブル」企画 お申込みフォームはこちら


2017年5月18日

【飯能ステップより】参加者の皆様へ

2017年6月25日の
ピティナピアノステップ飯能地区に参加される皆様へ
ご案内いたします。

申し込み内容を変更なさる場合
 2017年5月22日(月)までにお願いいたします。
 詳しくはHPをご覧ください→クリック

23ステップの課題曲は繰り返ししません。
 また、参加者や指導者の判断で抜粋やカット、編曲はできません。
 23ステップの課題曲と自由曲についてはこちら→クリック

23ステップの自由曲は規定時間内であれば繰り返し可能です
 たとえば『ブルグミュラーのアラベスク』を
 課題曲で演奏する場合は繰り返ししませんが、
 自由曲で演奏する場合は規定時間内であれば
 繰り返しありで演奏できます。

フリーステップはステージに上がって降りるまでの時間です。
 1分弱の余裕をもって演奏してください。くわしくはこちら→クリック

フリーステップで自作曲、自編曲を演奏なさるときは
 楽譜を用意してください。
 当日提出を求められることもあります。
 詳しくはステップ参加要項2017 13ページ 参加要項PDF

特別企画に参加の皆様は前日6月24日にリハーサルがあります。
 タイムスケジュールは連絡済です。
 まだ連絡を受け取っていらっしゃらない方はお知らせください。

゚+o。。o+゚+o。。o+゚+o。。o+゚+o。。o+゚+o。。o+゚+o。。o+゚+o。。o+゚+o。。o+

皆様の演奏を心より楽しみにしております。
SK-EXの弾き心地をどうぞ心行くまで堪能してください。

飯能ミュジークフォレステーション

2017年5月20日

【飯能より】SK-EXを搬入いたします!

前回に続き、今回の飯能ステップでも
河合楽器製作所様のお力添えにより
飯能市市民会館小ホールに
SK-EXを搬入いたします♪

今回のSK-EXは、76号機で
昨年のシドニー国際ピアノコンクールにて、
3位入賞者が弾いて下さいましたピアノだそうです。

詳しい記事はこちらをご覧ください→クリック

「このSK-EXはブリリアントかつパワフルで多彩な音色を持ち、
軽くソフトな部分を弾く際には、とても軽快優美で魔法がかったようでした」

とこの記事のコメントにあります。

楽しみですね

今回参加なさらない方も
ぜひこの音を聴きにいらしてください。
ステップは一日入場無料です。

飯能市市民会館小ホール

所在地: 埼玉県飯能市大字飯能226-2

アクセス: 西武池袋線飯能駅より徒歩約15分

飯能駅北口 国際興業バス乗り場より「湯の沢・名栗車庫・名郷・上赤沢・中藤(青石橋)・中沢・西武飯能日高」行きのいずれかに乗車し「天覧山下」下車、徒歩1分。

2017年6月21日

飯能ステップ開催します(2017.6.25)

本日はたくさんの皆様に、ご参加、ご来場いただき、誠にありがとうございます。

多くの方々のご支援を賜り、ここに第三回ピティナ・ピアノステップ飯能地区を
開催できますことを心より感謝申し上げます。

今回も昨年に続き、株式会社河合楽器製作所様、そしてカワイふじみ野ショップ様の
ご協力によりSK‐EXという素晴らしいフルコンサートグランドピアノを会場に
運び入れることができ、たくさんの皆様にこのピアノで演奏していただけることを
本当にうれしく思っております。

今回は特別企画「布芝居とピアノ」として、お隣、日高市の民話を取り上げ、
布芝居と朗読・ピアノのコラボレーションをお楽しみいただきます。
また、鍵盤ハーモニカの奏者と共演できる「君も鍵盤ハーモニカのスターだ!」では
鍵盤ハーモニカの新しい魅力を感じていただけると思います。

本日の開催にあたり、快く共演を引き受けてくださいました柳戸陽子さん、
菅谷詩織先生、後援をくださいました各団体の皆様、
開催当日まで惜しみない応援をしてくださいました地元の方々、
そして当日の運営をお手伝いくださる皆様に心より御礼申し上げます。

また、本日のステージに生徒さんを送り出してくださった指導者の皆様、
日々の練習を見守ってくださっているご家族の皆様に深く感謝いたします。

どうぞ今日一日、飯能の自然の中で、すてきな音楽の世界をお楽しみください。


飯能ミュジークフォレステーション
代表    頓所 裕子
スタッフ  浅賀 ひろみ、林田 玲奈、古内 奈津子、大原 由紀


(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2017年6月30日

2017年飯能ステップ開催レポート1

2017年6月25日(日)
第3回ピティナピアノステップ飯能地区が無事に終了いたしました。

126組のエントリー(1組欠席)で
特別企画を2つ行い、トークコンサートを入れての進行でしたが、
スタッフの運営力で遅れもなく終了しました。
プログラムにサポーターとして広告を載せてくださった地元の皆様のおかげで
来場者も多く、とてもにぎわったステップとなりました。

地元ケーブルテレビと埼玉新聞の記者の方が取材に来てくださいました。

DSC_1507_crop_734x555-550x416-220x166.JPG

前日に(株)河合楽器製作所様とカワイふじみ野ショップ様のご協力により
運び込まれたシゲルカワイSK-EX 76号機。

昨年のシドニー国際ピアノコンクールにて使用された経歴を持つこのピアノは
昨年の50号機とも違う音色を持ち、
演奏する参加者の方々も、聴きに来られた方々にも楽しんでいただけたことと思います。

 17-06-25-10-47-51-364_photo-1376x1032-550x413-220x165.jpg

参加125組のほとんどがジュニアでした。
長時間に渡り、アドバイスを書き続けてくださったアドバイザーの先生方に感謝します。


CIG_IMG001.jpg   
1,2部の講評は 松本裕子先生

CIG_IMG002.jpg   
継続表彰 5回2名 10回2名 15回1名

CIG_IMG003.jpg
3,4部の講評は日吉明美先生
 
CIG_IMG004.jpg
継続表彰 5回3名  10回1名
CIG_IMG005.jpg
5、6部の講評は菊池芙由美先生

CIG_IMG006.jpg
継続表彰 5回1名 10回1名

CIG_IMG007.jpg
7,8部の講評は長井進之介先生

CIG_IMG008.jpg
継続表彰 5回1名

指導者として生徒を送り出し、運営スタッフとして動きながら、
演奏もしてくださったA先生、H先生、お疲れ様でした。

特別企画のレポートは後ほどUPいたします。

飯能ミュジークフォレステーション
頓所 裕子





2017年12月23日

【ピアニストのためのアンサンブルレッスン】共同開催します!

世界で活躍しているチェリストと一緒に
アンサンブルのピアノについて学びましょう。

ピアニストのウララ・ササキ先生チェリストのマルモ・ササキ先生の姉妹で
静岡県にて開催された「アンサンブルピアニスト講座」が、
今回は飯能ステップとの共同企画として実現しました。

チェロとのアンサンブルレッスンを通してアンサンブルピアニストに求められることを知り、
なにを考えどう練習していくべきかを学びませんか?

ピアノだけのレッスン回ではよりきめ細やかなアドバイスを受けることで
ピアニストとしてのレベルアップも目指します。

最後に飯能ステップのステージで成果発表します。

詳しくはこちらをごらんください。


特別企画3.pdf

受付開始は12月26日(火) 21時より
先着7名までです。

申し込みはこちらから

問い合わせ

PTNA飯能ミュジークフォレステーション       
代表 頓所 裕子
      TEL:090-7255-8218       
 E-mail: hannoumusiqueforet@gmail.com

2017年12月28日

【布芝居とピアノ】2018年は「999ひきのきょうだい」

2018年6月10日(日)に開催される
飯能ステップの特別企画
『布芝居とピアノ』の募集を
2018年1月15日より開始いたします。
飯能ステップでの布芝居とピアノの企画は今回で4回目。

フリーステップでの個々の参加でありながら、
布芝居を通して一つの作品として作り上げる
とても楽しい企画です。

今回の布芝居は2005 年に子どもゆめ基金助成を受け、
著作権の了解を得て作られた「999 ひきのきょうだい」
かわいくユーモラスな布芝居とのステージです。

朗読の共演者は第一回のステップからお願いしています柳戸 陽子さん。
高校卒業後、漫画「ガラスの仮面」のモデルになった劇団(鳥獣戯画)に所属。
退団後は「ひらけ!ポンキッキ ファミリーコンサート」や「小学校演劇教室」などで
全国を廻る経験を持つ方のすばらしい「朗読」と合わせます。

参加要項はこちらをご覧ください。
2018年_飯能ステップ_布芝居募集チラシ3.pdf

◆ お問い合わせ ◆
PTNA 飯能ミュジークフォレステーション 代表 頓所 裕子
Tel. 090-7255-8218 E-mail : hannomusiqueforet@gmail.com

【ピアニストのためのアンサンブルレッスン】残席1名!

先日ご案内しました
「ピアニストのためのアンサンブルレッスン」
特別共同企画。 詳しくはこちら
残席1名となっています。

Urara Sasaki2SS.jpg

ウララ・ササキ先生よりメッセージです。

「ピアノを弾く人、教えるひとにこそ、
 受けてほしいレッスンです。
  音楽を奏でる本質を学びましょう」


問い合わせ

PTNA飯能ミュジークフォレステーション       
代表 頓所 裕子
      TEL:090-7255-8218       
 E-mail: hannoumusiqueforet@gmail.com

2018年1月 2日

【ピアニストのためのアンサンブルレッスン】定員になりました。

参加募集しておりました
ウララ・ササキ先生(ピアニスト)
マルモ・ササキ先生(チェリスト)と
飯能ステップの共同企画
【ピアニストのためのアンサンブルレッスン】は
定員となりました。

飯能ミュジークフォレステーション
頓所裕子

2018年1月 6日

【ピアニストのためのアンサンブルレッスン】聴講できます。

2018年飯能ステップ特別共同企画の
ウララ•ササキ先生、マルモ•ササキ先生の姉妹による
「ピアニストのためのアンサンブルレッスン」は
参加者以外の方も有料で聴講できます。

参加者以外の聴講料
午前3レッスン3000円
午後4レッスン4000円
一日5000円

会場:入間市文化創造アトリエ・アミーゴ
ホール
1/25(ピアノ&チェロ) 2/22(ピアノのみ)

会場未定
4/26 5/24(両日ピアノ&チェロ)

1名50分レッスン
9:30〜3名
12:00〜お昼休み
13:00〜4名
16:30終了予定

飯能ミュジークフォレステーションへ
連絡の上、当日払いとなります。


hannomusiqueforet@gmail.com

曲目は近日中にお知らせいたします。

2018年2月 3日

【布芝居とピアノ】申し込み締め切り間近

2018年飯能ステップ特別企画のひとつ

「布芝居とピアノ」

okumusasi_2.jpg
       2015年「おくむさしのてんぐ」の様子

今年は「999ひきのきょうだい」です。

お話と音楽のコラボは、最近プロの演奏家や役者さんが
取り上げる機会が増えてきました。

音楽とお話という聴覚に訴える2つの世界の相乗効果で、
世界がぐっと広がる体験をされたこともあるかと思います。


飯能ステップの『布芝居とピアノ』では、
小さいお子さんにも実際にそれを体験していただける珍しい企画です。

この場面に合う音楽は何かな...?
私はこう思うけどみんなは?
これはあんまり合わないかなと思ったけど、やってみたらぴったり!!

こういう体験を通じて、音楽の世界をもっと広く想像し、
捉える力をつけていくことができます。

音楽に合わせてお話を作ってみようよ!

というアプローチは、レッスンの中でされたことがあるかもしれませんが、
その逆、この場面に合う音楽ってどんな感じかな。。?
と考えるのも楽しいものです。

毎回選曲会に参加する私たちスタッフ、もう、毎度毎度驚いてばかり!

この曲が!こんな風に聞こえる!この場面のために作曲されたみたい!!


この感動をぜひ皆さまにも味わっていただきたいです。

もちろん、大人の方も大歓迎です
過去にも大人の参加者はたくさんいます。

大人も子供も一緒になって同じステージで1つのものを作り上げることができる素敵な企画です。

ご参加をお待ちしております。

     《飯能ミュジークフォレステーション 古内奈津子 記》

☆彡。.:・*゚☆彡。.:・*゚☆彡。.:・*゚☆彡。.:・*゚☆彡。.:・*゚


参加要項はこちらをご覧ください。

参加申し込みはこちらから

◆ お問い合わせ ◆
PTNA 飯能ミュジークフォレステーション 
 E-mail : hannomusiqueforet@gmail.com

2018年6月 6日

飯能ステップ開催します(2018.6.10)

本日はたくさんの皆様に、ご参加、ご来場いただき、誠にありがとうございます。
多くの方々のご支援を賜り、ここに第四回目を迎えられたこと、
そして昨年に続き株式会社河合楽器製作所様、
そして大宮ショップ様のご協力によりSK‐EXという
素晴らしいフルコンサートグランドピアノを会場に運び入れることができ、
たくさんの皆様にこのピアノで演奏していただけることを
本当にうれしく思っております。

今回も特別企画として、チェリストと共演できる「夢のチェリストとの共演」、
大きな布芝居に合わせて朗読と共演する「布芝居とピアノ」をご用意し、
バラエティーに富んだステップとなりました。 
また、「ピアニストのためのアンサンブルレッスン」では1月よりウララササキ先生、
マルモササキ先生のご協力をいただいて企画ができたことをうれしく思います。

本日の開催にあたり、快く共演を引き受けてくださいました
マルモササキ先生、柳戸陽子さん、後援をくださいました各団体の皆様、
開催当日まで惜しみない応援をしてくださいました地元の方々、
そして当日の運営をお手伝いくださる皆様に心より御礼申し上げます。
また、本日のステージに生徒さんを 送り出してくださった指導者の皆様、
日々の練習を見守ってくださっているご家族の皆様に深く感謝いたします。

そして皆様のこれからの人生がずっと音楽とともにありますよう
心から願ってこのステップを開催させていただきます。
どうぞ今日一日、すてきな音楽の世界をお楽しみください。


飯能ミュジークフォレステーション   代表 頓所 裕子
スタッフ 浅賀ひろみ 林田玲奈 古内奈津子 大原由紀


(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2018年6月13日

2018飯能ステップ開催レポート1

6月10日(日)関東地方に近づく台風5号の影響で
あいにくの雨のなか
第4回ピティナステップ飯能地区を開催いたしました。

お越しいただいたアドバイザーの先生方
平間百合子先生
福山奈々先生
吉田緑先生
ササキウララ先生
2018AD.jpg

エントリー118組中2組欠席で116組の参加者のアドバイスを
8部に渡って書いてくださいました。

通常ステップの他に
特別企画3つ(レポートは別にアップします)
トークコンサートをはさみ
9時30分~20時までのステップとなりました。

ウララササキ先生とチェリストのマルモササキ先生のトークコンサートは素晴らしく
参加者のお父様お母様が感動のあまり涙したと伺いました。

T_2.jpg

T_1.jpg


今年の継続表彰者は19名
5回から25回までの方々が表彰されました。
中学生で25回表彰の参加者も
スタッフをしながらステージに立って継続表彰を受けた指導者もいました。
また、兄弟で一緒に表彰(5回と10回)
指導者と生徒で同時表彰(25回)もありました。
表彰4.jpg


表彰3.jpg


表彰2.jpg

表彰1.jpg

今回のステップを陰で支えてくださったスタッフの皆さん
ダウンロード-300x200.jpeg
最後まで笑顔で華麗に動いてくださったおかげで
定刻通りに開催することができました。

参加者の方々から
愛情と感動のステップでしたという感想をいただきました。

開催までにたくさんの力添えをくださった
地域の方々にも心から感謝いたします。

ありがとうございました。

        代表 頓所 裕子


2019年1月22日

【飯能特別企画】締め切り

追加で募集していた
特別企画『布芝居とピアノ』の参加者が
定員になりましたので
締め切らせていただきました。

当日は無料で観覧できますので
どうぞ皆様、足をお運びください。

2019年1月27日

【夢の室内楽体験♪】2019飯能ステップ

2019年6月23日(日)に行われます
第5回飯能ステップでの特別企画

「夢の室内楽体験♪」

今年はヴァイオリン、チェロとのデュオに加えて
初心者のためのトリオもご用意いたしました。

ピアノは1人で演奏することが圧倒的に多いので
子どものうちから
こういったアンサンブルの体験をしていくことで
演奏力、音楽力の幅が広がります。

ヴァイオリンは「いまさら聞けないヴァイオリンの常識」の執筆者でもあり
ピアノ講師のための室内楽講座や
子ども受け室内楽レクチャー講座も開催している河合左余子先生

そしてチェロは音楽教育へ室内楽導入のセミナーを各地で開催していらっしゃる
安大登志子先生です。



参加要項はこちら→クリック

参加募集開始は2019年2月1日から
先着順にて承ります。


皆様のご参加を楽しみにしております。



2019年3月 3日

【飯能特別企画】選曲会

2019年6月23日(日)に開催される
ピアノステップ飯能地区の
特別企画「布芝居とピアノ」

今年のお話は「おまえうまそうだな」

作者と出版社の許諾を得て
あそびあーとこども劇場いるまが作成した布芝居です。

参加者8名がそれぞれ本を読み
自分の演奏する場面に合いそうな曲を
3曲選んできて
選んだ理由、そして音出しをしてみんなで聴きます。

_20190303_192030.JPG
音出しは本人だったり、
スタッフだったり。

15516116939230.png

曲の題名も作曲者も伏せて
聴いてもらい、印象や感想
意見を言ってもらいます。

「この曲のこんなところが合うと思った」
「終わり方が次の場面につながる」
「左手と右手のやり取りが ティラノサウルスとウマソウの感じがする」
などなど・・・

はじめは黙っていたこどもたちも
次第に自分の意見を言うようになってきて
楽しい選曲会となりました。


15516096385290.jpg

最後に多数決で決めていきます。

決まった曲を各自、練習します。

今日のみんなの意見や感想を考え、
イメージをさらに膨らませながらの練習は
きっと楽しいことと思います。


15516082981000.png

今回の「ウマソウ」チーム
ステップ参加時に小学1年生からグランミューズまで
みんなで一体となって
一つの作品を作り上げていくのは
ピアノは1人で弾くことが多いので
貴重な機会ですし。
協力しあって演奏をつなげていくの経験する良い機会となります。

6月の本番が楽しみです。



2019年5月27日

【飯能ステップ】アドバイザー決定しました

第5回飯能ステップのアドバイザーの先生方が決定しました。

皆さんの演奏を聞いて、
良いところ、工夫するとさらによくなる所など直筆で書いてくださいます。

参加者の皆様お楽しみに

15589460438970.jpg

2019年5月28日

【飯能ステップ】トークコンサート♪

トークコンサートのポスターと、チラシが届きました。

2019年6月13日(日)
14:45~15:00まで
佐野隆哉先生による
無料のコンサートです。

15590091208510.jpg

2019年6月19日

飯能ステップ開催します(2019.6.23)

本日はたくさんの皆様に、ご参加、ご来場いただき、誠にありがとうございます。
 多くの方々のご支援を賜り、ここに第五回ピティナ・ピアノステップ飯能地区を開催
できますことを心より感謝申し上げます。
 今回も昨年に続き、株式会社河合楽器製作所様、そしてカワイ大宮ショップ様のご協力
によりSK‐EXという素晴らしいフルコンサートグランドピアノを会場に運び入れること
ができ、たくさんの皆様にこのピアノで演奏していただけることを本当にうれしく思って
おります。
 今年も特別企画として、布芝居に合わせて朗読と共演する「布芝居とピアノ」では、
著作権の許諾を得て「NPO法人あそびあーと☆こども劇場いるま」が製作した布芝居
「おまえうまそうだな」とのステージとなります。また、弦奏者と共演できる「夢の室内
楽体験♪」ではデュオに加え、トリオのステージを用意いたしました。
 本日の開催にあたり、5回目の朗読を共演してくださる柳戸陽子さん、快く共演を承諾
してくださいました、川合左余子先生、熊原彩先生、本当にありがとうございます。
そして、後援をくださいました各団体の皆様、開催当日まで惜しみない応援をしてくださ
いました地元の方々に心より御礼申し上げます。
 また、本日のステージに生徒さんを送り出してくださった指導者の皆様、日々の練習を
見守ってくださっているご家族の皆様に深く感謝いたします。皆様の人生が音楽とともに
豊かで楽しいものとなりますよう、これからも地元での活動を続けていきたいと思って
おります。
 どうぞ今日一日、飯能の自然の中で、すてきな音楽の世界をお楽しみください。

           飯能ミュジークフォレステーション   代表 頓所 裕子
                                スタッフ 一同


(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2019年6月23日

2019飯能ステップ 無事終了

15613017175984.jpg
2019年6月23日
第5回飯能ステップ、
アドバイザーに、松田映子先生、佐野隆哉先生、千葉周平先生をお迎えして
無事に開催いたしました。
110組欠席無しの参加でした。

15612999730450.jpg
前日、搬入したSK-EX 119号機
クリアでいてやわらかな音を会場に届けてくれました。



15613000204961.jpg

スタッフの皆様。
一日、笑顔で運営を支えてくれました。



15613001382072.jpg
地元で飯能ステップをサポートしてくださっている
滝長さんのお弁当で元気に働きました。



詳細のレポートは
日を改めていたします。

開催の日まで
ご協力くださった皆様に感謝いたします。
そして参加くださった皆様、
また来年あのステージでお会いしましょう!

飯能ミュジークフォレステーション
頓所 裕子


2019年6月24日

2019飯能ステップ レポ1 継続表彰

5回目の開催の飯能ステップでの継続表彰表彰は
ステップ開催5回の中で最多の22名が表彰されました。

中でも5回目の表彰が多かったのは
第1回から続けての参加が実を結んだこと。
また、コンペを受けたりして、
表彰が15,20回のダブル表彰になると言う
珍しいケースもありました。


30回表彰の参加者もいて、
初めての参加者も5回目表彰の参加者も保護者の方も
この先に繋がるものが見ることができたと思います。


表彰2019-1

表彰2019-2

表彰2019-3


表彰2019-4

表彰された皆様、おめでとうございました。


5年前には
導入や基礎1,2の参加者が多かったのですが
今回はその子達が大きくなり、小学校高学年から中学生になっていて、
忙しい中でもステップに参加してくれたことを嬉しく思いました。
この先の5年後が楽しみです。


飯能ミュジークフォレステーション
頓所 裕子

2019飯能ステップ レポ2特別企画~布芝居とピアノ

今年も特別企画で「布芝居とピアノ」を行いました。

絵本の作者と出版社から著作権の許諾を得て作成された大きな布芝居。

今回は「おまえうまそうだな」
父の日が近かったので、
アンキロサウルスの赤ちゃんとテイァラノサウルスの
かわいくて暖かい父親愛のお話。

朗読は 柳戸陽子さん

前日のリハーサルでは選曲会以来集まる「ウマソウチーム」の皆さんたち。

朗読に合わせる前に、ピアノだけの通し練習。
それぞれたくさん練習してきたのでしょう。
ちょっと固い顔をしながらも一生懸命弾いていました。

そして柳戸陽子さんの朗読を入れての通しリハーサル。
照明のタイミングや演奏者の動きのチェックをしました。

朗読が入った途端、
豊かな演奏になっていくのが分かりました。

迎えた飯能ステップ本番。

2019布-3
小学一年生から大人の方までみんながチームになって
お話の世界を作ってくれました。
もともとある曲(このお話のためのオリジナル曲ではない)のに
まるでこの場面のために作曲された曲のように感じてしまいます。

特別企画布2019-2

一緒のステージで演奏した子どもたちは
普段は違う小学校に通っています。
今回この企画で知り合い、憧れのお姉さんができたり、
お友だちになったり。

大人の方お二人はステップデビューでした。
昔、ピアノを習っていたけれどと
参加を決意してくださり、
場面に合わせて演奏してくれました。

色々な相乗効果や化学反応が起こる特別企画。
今年もみなさんの心に刺激を作れたかと思います。

飯能ミュジークフォレステーション

頓所 裕子


2019飯能ステップ レポ3特別企画~夢の室内楽体験

飯能ステップの特別企画はいつも2つです。
1つは「布芝居とピアノ」2019のレポはこちらです

そして「アンサンブル」
第1回目は チェロと「はじめの一歩」
第2回目は チェロとヴァイオリン そしてトリオ(グランミューズ限定)
第3回目は ケンハモとアンサンブル
第4回目は チェロと子どもたちの「はじめの一歩」&「ピアニストのためのアンサンブル講座」

今回の5回目には今までデュオだけだった子どもさんたち(若いグランミューズの参加者も)に
トリオ体験を
用意いたしました。


ヴァイオリンは川合左余子先生
チェロは熊原彩先生

前日の土曜日には
演奏の前に、ヴァイオリンやチェロの構造、
どう響くのか、ピアノはどこが響くのかなど
実際に楽器に触らせていただき体感してから
合わせの練習をしました。


2019室内楽-1

リハーサルで川合先生の言葉がけに
参加者の演奏が変わっていくのが分かりました。


そして本番。

2019室内楽-4


2019室内楽-5

2019室内楽-2

2019室内楽-3

みなさん、すてきなステージでした。

普段ピアノを練習していると人と合わせるのは連弾くらい。
弦楽器と合わせることで耳が開いていったり
音楽でのコミュニケーションの方法を学ぶことができ、
それがまたピアノのソロ演奏に成長を促します。

参加者の変化していく様子を見ていると
この企画をやって良かったと
思いました。

飯能ミュジークフォレステーション
頓所 裕子




過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ飯能ミュジークフォレステーション