« 前の記事| 後の記事 »

飯能ステップ開催レポート 特別企画お話とピアノ編

2016年6月26日に開催されました飯能ステップでは
ピアノライフを豊かにする特別企画を2つ、フリーステップでの参加で
人数限定でご用意いたしました。

◆特別企画1「夢の室内楽体験」についてのレポートはこちら→クリック

そしてもうひとつ

◆特別企画2「お話とピアノ」
「にじいろのさかな」の大きな布芝居に合わせて、
その場面場面でフリーステップ3分で参加♪


ピアノ曲に限らず、色々な曲には作曲家たちの想いが込められています。

もちろん演奏する私たちは、その想いをくみ取りますが、
その他に、音から色々な想像を繰り広げることもできます。

お話しの情景に合わせて曲を選び、ストーリとともに演奏をしていくと、
これまで持っていた曲のイメージからさらに想像が膨らみ、
まるではじめからこのお話に合わせて作られたような曲ではないか?と錯覚するほどです。

お話と音楽が合わさることで、より演奏が、ステージが生き生きとしていく体験を
してほしい。そんな思いを込めた特別企画でした。

使用した布芝居は飯能市内の双柳小学校の図書ボランティアの方々が
著作権の許しを得て作成した大きな布芝居があります。
絵本をそのまま忠実に大きな布芝居に仕上げたものです。

今回ご好意でお借りすることができました。
ただし、作成するときに出版社と作者との約束で
インターネットなどに動画や写真を掲載しないという項目が入っています。

ここでお見せできないのが残念です。

さて、今回のにじいろチームは小学生から大人の方まで5名。

お申込みいただいて、テキストをお渡しし、どの場面で弾いてみたいか選んでいただき、
選曲会には3曲持ってきてもらい、プレゼンして、
みんなで聴いたり相談したり、意見を出したりして曲を決めていきました。

選曲会の様子はこちら→クリック

前日に小ホールで通しのリハーサル。
朗読は 飯能市内でいろいろ活躍中の柳戸陽子氏
y_yanagito.jpg

当日はみんなそれぞれの場面で
イメージを膨らませて演奏してくれました。

IMG_0837s.jpg

飯能市内そして近隣にはまだ、布芝居がありますので、
また来年も続けていきたいと思っております。

どうぞお楽しみに。

飯能ミュジークフォレステーション
頓所 裕子


※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ飯能ミュジークフォレステーション