« 前の記事| 後の記事 »

【布芝居】朗読の柳戸陽子さんに聞くVol.2

2017年6月の飯能ステップの特別企画
「布芝居とピアノ」朗読をしてくださる柳戸陽子さんにお話を伺いました。
前回からの続きです。

音楽と朗読の共通点があるとすれば、どんなことだと、思いますか?と
尋ねてみました。


yanagido _3.jpg 『見えていないはずの、
 情景や風や匂いなどが、
 見えてくるところだと思います。

 ドラマや映画などは、
 すべてがお膳立てされ、
 目の前に見えている・・
 でも、音楽や朗読は見えてない。

 見えない分、見えてないからこそ、
 聞いている一人一人の心の深いところに語りかけ、
 人々の想像力を掻き立て、刺激してくれる・・
 そんなところが似ているのでは?と思います。』

                   《インタビューは続きます》

゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚


「布芝居とピアノ」でのピアノ演奏は
お話のBGMではありません。

お話のイメージをそのまま演奏することで、
朗読と音楽が直接、聴衆の心に届く
そんな企画です。

テキストを読んで、
挿入個所にぴったりの曲を既成の曲の中から
みんなで相談しながら決めていく選曲会もあります。

イメージをもって演奏する良い経験になります。
皆様のご参加をお待ちしております。
onakage_22.jpg「女影の池伝説」布芝居より



参加者受付中 こちらのリンクからどうぞ→参加受付フォーム

【お問合せ】飯能ミュジークフォレステーション
 メール hannomusiqueforet@gmail.com
 電話  090-7255-8218

※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ飯能ミュジークフォレステーション