レポート アーカイブ

2014年3月13日

あざみ野ステップ開催レポート(2014.3.8)

2014年3月8日(土)、今年も98名の参加者をお迎えしてのあざみ野地区ステップが無事に終了しました。この地区に毎年感じる教育熱心さ、マナーの良さ、気品あるステージ等、スタッフ一同感動をたくさんいただいたと感謝の言葉を聞いております。また秋山徹也先生のワンポイントレッスンからJ.S.Bach作品へのご教示、想像以上に喜ばれました。トークコンサートの、奏法によるニュアンスの違いも反響が多く嬉しく感じております。6手やデュエット、ギター等、多彩な演奏を聴けたことも特筆すべきことと、指導に当たられている先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。

ひびき♪あおばステーション代表 西畑久美子

あざみ野ステップ

2015年3月 5日

あざみ野ステップ開催レポート(2015.2.28)

第5回あざみ野地区ステップが盛況に終了しました。
昨年の5月からステーション勉強会でのバロックダンスやチェンバロレッスンを開催し、バロック時代の作品へのアプローチの方法をステーション先生方と一緒に学ばせて頂きました。
秋からはスピネットを代表西畑の自宅にお借りして奏法に悪戦苦闘した半年間でした。
その集大成である記念のステップとなったと思います。
楽器チェンバロという楽器そのものの特性が、楽器により弦の弾き方が楽器ごとに違いますし、タッチを調節してもグランドピアノのように音質を変えられず、イネゲルの調節がとても難しく感じました。

参加者のチェンバロ演奏については、村井頌子先生による事前レッスンにより初心者の方にも美しい音色を実現出来た事。
ステップポイントが200回を越える参加者等、素晴らしい演奏が多く多岐に渡る演奏を味わえたステップとなりました。

久保田チェンバロ工房様のご協力に寄り、チェンバロを開演10時から夕方までの長い時間、ステージにチェンバロとグランドピアノの両方の楽器を披露出来た事も特筆すべきことと思います。
また、トークコンサートにおきましては村井頌子先生がペアのダンスをご披露くださるとのこと、作品として踊曲を弾くのでなくダンスの伴奏として弾く難しさ、呼吸、テンポ、アーティキュレーション、イネゲルの付け方等々苦しい日々が続きました。
が、コンサートを終えてみると、半年前には見えなかったもの、聴けなかったこと、感じられなかった事が感じられるようになり、参加者のチェンバロ演奏の仔細なタッチの差や、音質の違いが物凄くわかる耳をもてるようになったことを感じました。

「学ぶこと」が、成長のきっかけになることを身をもってまた感じたステップでした。

久保田工房様、村井先生に心から感謝の想いでおります!

2016年11月 9日

ひびき♪あおばステーションの勉強会を開催しました。

講師には黒川ちとし先生をお迎えし、タイトルは「ワンランク上のピアノ指導を目指して」盛り沢山な内容に、参加 者皆さんから「う~ん、成る程」感嘆のお声が沢山上り更に各項目の詳しい内容についてのセミナー開催をして頂き たいというお声を多く聞かれました。

黒川ちとし先生はコンペティション全国大会に沢山の生徒さんを出されていらっしゃるのですが、導入から読譜に強 くなるための指導法や、曲が高度になっても無駄が無い密度の濃いlessonを実現できる方法等、、ピ アノの先生なら誰もが知りたくなるような魅力のあるセミナーを展開して頂きました!

黒川ちとし先生は、ご自身のステーション勉強会ではご同様の内容をお話されているが、他のステーションでのセミ ナーは初めてとのこと。

【グッズを一斎使わずピアノの先生なら誰もが持っている教材を使われて、音楽の王道を行く指導法】に参加者全員 の先生の感嘆、感動を得られたセミナーになったという感を強く持ちました!

ひびき♪あおばステーションでは、黒川ちとし先生のセミナー第2段を考えております!次回も乞うご期待です!
ひびき♪あおばステーション


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナひびき♪あおばステーション