2019年3月27日

【セミナー実施レポ】春の音楽探検 -色んな音楽で活躍する楽器たち-

2019年3月17日(日)に広島文化学園大学 広島 長束キャンパス 本館5F 音楽講義室(0501教室)にて末永 雅子先生をお招きし、「春の音楽探検 -色んな音楽で活躍する楽器たち-」を開催いたしました。

講師の末永雅子先生に全体の説明を受けた後「打楽器の部屋」「黒い楽器(オーボエとクラリネット)の部屋」「フルートの部屋」「ユーフォニアムの部屋」「トランペットの部屋」「ポピュラー音楽楽器(ドラム、ベース)の部屋」の6つの部屋を探検して回りました。大人、子ども合わせて45名の参加者は2チームに分かれて、それぞれの部屋を順番に回り、「探検案内人(広島文化学園大学の23名の学生さんたち)」にそれぞれの楽器の音の出る仕組み、音域や音色などの特徴をわかりやすく説明して頂きました。また、すべての楽器の演奏も聴かせて頂き、普段ピアノ以外の楽器にふれあう機会が少ない子どもたちは、興味津々で聴いていました。

各楽器のお部屋では、仕組み等のお話しを聞いた後、実際に楽器に触らせて頂いたり、ストローで作ったリードなどを用いて音を出す体験などをしました。トランペットのお部屋では、実際にトランペットを吹きたい人を募ると、「ぼくも!私も!!」と希望者が殺到。ジャンケンに勝ち残った4名がチャレンジしました。顔を真っ赤にしながら、必死に音を出そうとする姿が可愛らしく、微笑ましかったです。

今回は、広島文化学園大学と学生さんたちのご協力もあり、大学内のお部屋を多く使い、大変沢山の楽器を使わせて頂いた、とても贅沢な講座となりました。子どもたちが大学の中を探検し、多くの楽器に触れあい、音楽を専門に学んでいる学生さんたちと触れ合えたのは、大きな経験となると思います。ここから、子どもたちがそれぞれの探検を続けてくれることを願っています。

Rep:村井 文

2019年2月28日

広島安佐南ステップ開催レポート(2019.2.24)

2019年2月24日(日)広島文化学園大学 音楽ホールにて、今回で14回目の広島安佐南地区ピティナ・ピアノステップを開催しました。

今回もヴァイオリンとピアノの共演や2台ピアノでのご参加など、93組の参加者の方に演奏を楽しんで頂きました。アドバイザーとして、清水恵子先生、多田真理先生、松浦友恵先生にお務めいただきました。先生方には大変丁寧にコメントを書いて頂き、参加された皆さんはとても喜んでおられました。

また、多田真理先生には「音で奏でる生き物の世界」と題したトークコンサートをお願いいたしました。子どもたちはピアノのすぐ近くで演奏を聴かせて頂き、楽しいお話しや素敵な演奏を間近で楽しむことが出来ました。今年もコンサートは満席で、子どもさんから大人の方まで、とてもたくさんの方に楽しんで頂くことができました。

ピアノステップと同時開催しているステーション企画の「チャレンジ!音楽理論!!」も今年で4回目の開催となります。今回は32名の方にご参加いただき、みなさん同キャンパス内の教室で真剣に受験されました。

今年もこうしてアットホームなステップを開催することが出来ましたのも、アドバイザーをお務めくださいました先生方、ご参加くださいました皆様、ご指導してくださいました先生方のおかげとスタッフ一同心より感謝いたしております。この場をお借りし、お礼を申し上げます。

2台ピアノでのご参加者も♪
アドバイザーの先生方からの講評
チャレンジ!音楽理論!!
 午後の部
チャレンジ!音楽理論!!
 午前の部
トークコンサート 今年も満席です♪
トークコンサート 子どもたちは
すぐ近くで聴かせて頂きました♪
トークコンサート①
トークコンサート②
トークコンサート③
第1部・第2部 継続表彰 
第3部・第4部 継続表彰
第5部・第6部 継続表彰

2019年2月20日

広島安佐南ステップ開催します(2019.2.24)

♪広島安佐南地区ステップへようこそ♪

2005年度からスタートした広島安佐南地区ピアノステップも
おかげさまで今年で14回目の開催となりました。
これまで、たくさんの方々にご参加いただき、
毎年休むことなく開催することができましたのも、
皆様のご理解とご協力のおかげと、スタッフ一同感謝いたしております。
第1回目から毎回続けて開催しておりますトークコンサートも、
今年はアドバイザーの多田真理先生に~音で奏でる生き物の世界~
と題したコンサートをしていただきます。
楽しいお話しや素敵な演奏を、みなさまどうぞお楽しみに♪
また、2015年度より始めました、ステーション企画「チャレンジ!音楽理論!!」
と題した音楽理論のテストも今回で4回目の開催となります。
ピアノ演奏の上達はもちろん、さらに広い音楽の知識を
身に着けて頂ける場になれば、と願っております。
それでは、本日のステップが、みなさまの心に残る楽しいステップになるよう、
スタッフ一同、心をこめてサポートして参ります。
                       

PTNA 広島せせらぎステーション スタッフ一同


(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2018年8月31日

【セミナー実施レポ】夏休み音楽探検―ピアノをめぐる作曲家たち―

2018年8月26日(日)に広島文化学園大学 広島長束キャンパス 本館5階 音楽講義室(0501教室)にて末永 雅子先生をお招きし、「夏休み音楽探検―ピアノをめぐる作曲家たち―」を開催いたしました。

今回のセミナーのチラシには、作曲家のイラストが描いてあり、子どもたちはみんな「これはバッハだね!」「このおひげの作曲家は誰だろう・・・?」と、セミナーで答え合わせをするのをとても楽しみにしていました。

講座ではまず、ピアノをめぐる13人の作曲家について、それぞれの曲を演奏して頂いたり、どんな時代に、どんな楽器を使って作曲をしていたか・・・など、お話しして頂きました。

180826_hiroshima_3.jpg

子どもたちは、みんな作曲家1人につき1枚のレポートを書き、完成すると作曲家のイラストシールを貼っていきます。「バッハが死んで、バロック時代は終わった。」「ベートーヴェンの時代は、ピアノが発達した。前期・中期・後期で曲の感じが違う。」などと、とても良く話を聞いて、レポートを完成させていました。自分だけの立派な作曲家ノートの完成です。

また、ピアノが音を鳴らす仕組みについてもお話ししてくださいました。鍵盤から先の仕組みはどうなっているか、構造を見せて頂いたり、実際に弦やハンマーを手に取って触ってみたり・・・。子どもたちはみんな興味津々でした。

次は、「ピアノで音を鳴らすと、どれだけの振動があるのか」の体験です。ピアノの下にもぐって音を聞いたり、ピアノの弦の上にピンポン玉をたくさん置いて、ジャーン!!と弾くと、ピンポン玉がピョーン!!と飛びはねて、みんなビックリ!!口々に「弦って、こんなに振動してるんだね~!」と驚いていました。

そして、鍵盤楽器の歴史についても学びました。今回は、チェンバロとクラヴィコードをお借りし、ピアノとはどんなところが違うのか、その仕組みや音色を比べ、実際にみんな楽器を触らせて頂きました。初めは、少し照れながら、遠慮しがちに触っていた子どもたちも、その音色の美しさに、どんどんいろんな曲を弾き始めましたが、きちんとバロック時代の曲を選択して演奏していたのには驚かされました。

多くの作曲家についてや、音楽の歴史、ピアノの構造・・・。一度に全て覚えるのは難しいことかもしれませんが、その中の一つでも心に残り、興味の窓口を見つけてくれれば、子どもたちは自ら「探検」を続けてくれると信じています。

Rep:村井 文

2018年3月12日

広島安佐南ステップ開催レポート(2018.3.4)

2018年3月4日(日)広島文化学園大学 音楽ホールにて、
今回で13回目の広島安佐南地区ピティナ・ピアノステップを開催しました。

今回もヴァイオリンとピアノの共演や2台ピアノでのご参加など、
91組の参加者の方に演奏を楽しんで頂きました。
アドバイザーとして、保坂千里先生、橋本晃一先生、天本みどり先生に
お務めいただきましたが、保坂先生、橋本先生の作曲・編曲された曲を
演奏する参加者も多く、ご本人からのアドバイスをとても喜んでおられました。

また、第1回目から毎年続けて開催しておりますトークコンサートは、
橋本晃一先生にお願い致しました。
橋本先生には、ご自身の曲をたくさん演奏して頂き、
子どもさんから大人の方まで、とてもたくさんの方が楽しまれていました。

ピアノステップと同時開催しているステーション企画の
「チャレンジ!音楽理論!!」も今年で3回目の開催となります。
今回は33名の方にご参加いただき、
みなさん同キャンパス内の教室で真剣に受験されました。

今年もこうしてアットホームなステップを開催することが出来ましたのも、
アドバイザーをお務めくださいました先生方、ご参加くださいました皆様、
ご指導してくださいました先生方のおかげとスタッフ一同心より感謝いたしております。
この場をお借りし、お礼を申し上げます。

「チャレンジ!音楽理論!!」午後の部
いよいよスタートです!
「チャレンジ!音楽理論!!」午後の部
テストについての説明も
みんなきちんと聞けました♪
「チャレンジ!音楽理論!!」午前の部
みんな真剣です!
「チャレンジ!音楽理論!!」午前の部
問題が配られます!
アドバイザーの先生方には一番
後ろの席でお聴き頂きました♪
お友だちの演奏も、
応援しながら聴きます♪
トークコンサートはいつも満席です!
ドキドキしながら順番を待ちます!
ドキドキするけど、
いっぱい楽しんでね!
橋本晃一先生のトークコンサート♪
子どもたちはすぐ近くで
聴かせていただきました♪
今回は7組の方が
2台ピアノで参加されました♪
参加者91組のうち
継続表彰受賞者は28名!!
第1部・第2部の講評
第1部・第2部継続表彰受賞者
第3部・第4部継続表彰受賞者
第5部・第6部継続表彰受賞者

2018年2月28日

広島安佐南ステップ開催します(2018.3.4)

広島安佐南地区ステップへようこそ♪
2005年度からスタートした広島安佐南地区ピアノステップも
おかげさまで今年で13回目の開催となりました。
これまで、たくさんの方々にご参加いただき、
毎年休むことなく開催することができましたのも、
皆様のご理解とご協力のおかげと、スタッフ一同感謝いたしております。

また2015年度より始めました、ステーション企画「チャレンジ!音楽理論!!」
と題した音楽理論のテストも今回で3回目の開催となります。
ピアノ演奏の上達はもちろん、さらに広い音楽の知識を身に着けて頂ける
場になれば、と願っております。

また、第1回目から毎回続けて開催しておりますトークコンサートも、
今年はアドバイザーの橋本晃一先生にお願いしております。
楽しいお話しや素敵な演奏を、みなさまどうぞお楽しみに♪

それでは、本日のステップが、みなさまの心に残る楽しいステップになるよう、
スタッフ一同、心をこめてサポートして参ります。


PTNA 広島せせらぎステーション スタッフ一同


(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2017年9月11日

【実施レポ】演奏を楽しむためのバロックダンスセミナー(浜中康子先生、岩淵恵美子先生)

2017年8月27日(日)広島文化学園大学 音楽ホールにて浜中康子先生、岩淵恵美子先生をお招きし、「演奏を楽しむためのバロックダンスセミナー」という題で講座が開催されました。受講者募集開始からお申し込みが殺到したため、開催日3週間前に受付を締め切らせて頂きましたこと、大変申し訳なく思っております。この場をお借りしお詫び申し上げます。

開催日は夏休み最後の日曜日にもかかわらず小学生の参加者も多く、会場は満席でした。また、普段のセミナーと違い、参加者にはピアノの先生以外にも、小学生-大学生までの学生、古楽器愛好家や演奏者、バロックダンス愛好家の方などがご参加くださり、お会いする機会の無かった方たちとのお話しも楽しかったです。

第1部、第2部では、浜中康子先生にバロックダンスをご指導頂きました。まずは、バロックダンスの歴史などについてお話し頂き、実践では、初めにプリエやエルヴェの基本的な動きを、そしてブレ、ガヴォット、メヌエットのステップを教えて頂きました。舞曲を演奏することの多い子どもたちや先生方も、実際に舞曲の流れに乗ってステップを踏むのは難しかったですが、浜中先生の丁寧なご指導で、小学生や初心者の参加者も後半は随分上手に踊っておられました。

第3部では、学んだダンスを演奏に生かすために、岩淵恵美子先生にご指導頂きました。演奏に使うのは二段鍵盤のチェンバロです。制作者の難波修さんにその構造について説明をして頂き、続いて小学2年生から一般の方まで19名の方が、フランス組曲、イギリス組曲、パルティータなどのメヌエット、ブレ、ガヴォット、サラバンドを実際に演奏しました。

初めてチェンバロを演奏する方は、ピアノとの違いに戸惑っておられましたが、その美しい音色を楽しみながら気持ちよく演奏されていました。バロックヴァイオリンで演奏をしてくださった方もあり、会場の皆さんもとても楽しんでおられました。また、演奏者の舞曲に合わせて浜中先生が踊ってくださり、第1部・2部でお話し頂いた、拍の感じ方や、ダンスの動きと音楽の強拍のずれについてなど、とても分かりやすかったです。

一度のセミナーで、ステップをマスターするのは難しいですが、それぞれのダンスの特徴などを理解し、演奏に生かすことの大切さをあらためて感じました。「また開催して欲しい!」という声もたくさん頂いておりますので、浜中先生、岩淵先生には、是非また広島へお越し頂き、セミナーを開催して頂きたいと思っております。

Rep:広島せせらぎステーション 村井 文

2017年3月23日

広島安佐南地区ステップ開催レポート(2017.2.26)

2017年2月26日(日)広島文化学園大学 音楽ホールにて、今回で12回目の広島安佐南地区ピティナ・ピアノステップを開催しました。

今回も、109組という大変多くの参加者の方に演奏を楽しんで頂きました。
2台ピアノでのご参加や、ヴァイオリンとピアノの共演など、演奏者のみでなく、ご来場者の皆様にも楽しんで頂くことができました。

また、第1回目から毎年続けて開催しておりますトークコンサートは、佐藤展子先生にお願い致しました。
演奏して頂く曲についての物語や、作曲者についてなど、とても興味深いお話をして頂き、子どもさんから大人の方まで、お話と演奏に引き込まれました。

昨年より開催しております、ステーション企画「チャレンジ!音楽理論!!」も50名の方にご参加いただき、同大学内の教室で真剣に受験されました。
今回は、初めてリスニングテストも導入いたしましたが、小学校1年生から中学生まで、とても楽しんで受けて頂いたようでした。

今年もこうしてアットホームなステップを開催することが出来ましたのも、アドバイザーをお務めくださいました佐藤展子先生、福留真循先生、村上紀子先生はじめ、ご参加くださいました皆様、ご指導してくださいました先生方のおかげとスタッフ一同心より感謝いたしております。
この場をお借りし、お礼を申し上げます。


2台ピアノによるご参加♪
いまからテストが始まります
トークコンサート
佐藤先生の楽しいお話♪
トークコンサートは満席です!
佐藤展子先生によるトークコンサート
第1部・第2部 継続表彰
第3部・第4部 継続表彰
第5部・第6部 継続表彰

2017年2月23日

広島安佐南ステップ開催します(2017.2.26)

広島安佐南地区ステップへようこそ♪

2005年度からスタートした広島安佐南地区ピアノステップも
おかげさまで今年で12回目の開催となりました。
これまで、たくさんの方々にご参加いただき、毎年休むことなく
開催することができましたのも、皆様のご理解とご協力のおかげと、
スタッフ一同感謝いたしております。

また昨年より始めました、ステーション企画「チャレンジ!音楽理論!!」と
題した音楽理論のテストも今回で2回目の開催となります。
今回は、リスニングテストにもチャレンジして頂きます。
ピアノの演奏はもちろん、さらに広い音楽の知識を身に着けて頂ける場になれば、
と思っております。

また、第1回目から毎回続けて開催しておりますトークコンサートも、
今年はアドバイザーの佐藤展子先生にお願いしております。
楽しいお話しや素敵な演奏を、みなさまどうぞお楽しみに♪

それでは、今日のステップも、みなさまの心に残る楽しいステップになるよう、
スタッフ一同、心をこめてサポートして参ります。

PTNA 広島せせらぎステーション スタッフ一同

(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2016年3月10日

広島安佐南ピアノステップ開催レポート(2016.2.28)

2016年2月28日(日)広島文化学園大学 音楽ホールにて、今回で11回目の広島安佐南地区ピティナ・ピアノステップを開催しました。

ステップに初めて参加される方から毎年続けてご参加頂いている方まで、105組の参加者のみなさまが、本当にステキな演奏を聴かせてくださいました。

また、第1回目から毎年続けて開催しておりますトークコンサートは、高田有莉子先生にお願い致しました。先生自作のカワイイパネルを使った楽しいトークコンサートに、子どもさんから大人まで引き込まれました。

そして今回初の試みとして、ステーション企画「チャレンジ!音楽理論!!」を同大学内にて同時開催いたしました。ステップ参加者はもちろん、一般の方にもご参加いただける「音楽理論テスト」です。小学1年生から中学2年生までの52名の方にご参加頂きました。
ステップ参加者は、1日のうちにピアノの演奏と音楽理論のテスト受験があり、大変かと思いましたが、どの参加者もそれぞれを楽しんでおられるようで、大変感心しました。

今年もこうしてアットホームなステップを開催することが出来ましたのも、アドバイザーをお務めくださいました後藤れい子先生、高田有莉子先生、直井文子先生はじめ、ご参加くださいました皆様、ご指導してくださいました先生方のおかげとスタッフ一同心より感謝いたしております。この場をお借りし、お礼を申し上げます。


カワイイパネルを使ってのトークコンサート
ギターでの参加者も♪
トークコンサート。すぐ近くで聴かせていただきました♪
トークコンサートは満席です♪
午前の部①
午前の部②
午後の部①
午後の部②
後藤れい子先生 講評
高田有莉子先生 講評
高田有莉子先生によるトークコンサート
次はどんなイメージかな。
第1部・第2部 継続表彰
第3部・第4部 継続表彰
第5部 継続表彰
第6部・第7部 継続表彰
直井文子先生 講評

過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ広島せせらぎステーション