« 前の記事| 後の記事 »

広島安佐南ステップ開催レポート(2015.3.8)

2015年3月8日(日)広島文化学園大学 音楽ホールにて開催しました。
2005年よりスタートした広島安佐南地区ピアノステップは、今年10回目の開催を記念し、多喜靖美先生、谷口賢記先生、地元広島のヴァイオリニスト高松寛子先生、チェリストの吉長孝穂先生にご協力いただき、室内楽ステップを企画いたしました。

ステップ前日、室内楽で参加する18組の参加者は、多喜靖美先生によるとても細やかで楽しいレッスンを受け、翌日の本番を迎えました。
ステップ本番では、105組の参加者によるソロ、室内楽、2台ピアノの演奏と、大変ステキな演奏を聴かせて頂きました。

今年はトークコンサートも室内楽コンサートです。
多喜先生のピアノ、谷口先生のチェロによるデュオの演奏に続き、ヴァイオリンの高松先生にも加わって頂いてトリオの演奏や、多喜先生の楽しいお話に、参加者の皆様も、ご来場の皆様も楽しい時間を過ごすことができました。

昨年8月、広島の安佐南区は大変大きな災害に遭いました。
ステップの開催どころか、通常のレッスンをすることさえ難しかった時期を乗り越え、こうして無事10回目の安佐南地区ピアノステップを開催出来ましたのも、ご協力くださいました多喜靖美先生、谷口賢記先生、高松寛子先生、吉長孝穂先生、アドバイザーをお務めくださいました小嶋浩子先生、お力添えくださいました多くのピティナ会員の先生方、広島文化学園大学、そして、ご参加くださいました皆様に、この場をお借りし、お礼を申し上げます。

継続表彰
継続表彰
継続表彰
表彰 谷口先生
講評 小嶋先生
初めてのトリオに挑戦!
チェロの音をよく聴いて・・・
多喜先生・谷口先生・高松先生によるトークコンサート
トークコンサートは満席です♪
※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ広島せせらぎステーション