« 前の記事| 後の記事 »

第2回に向けて、長谷川先生からメッセージが届きました!!

第2回のベートーヴェン講座と公開レッスンがいよいよ来週4月3日(金)に迫りました。
長谷川先生は膨大な時間を費やされ、講座に向けて準備をして下さっています。先生からメッセージが届きました!!

 春休みのこの時期、長谷川先生の講座をご一緒に勉強しませんか?たくさんの皆様のご来場をお待ちしています。お申し込みはこちらまでFAX 047−335−0338 TEL047-332-4637


第2回の講座を開くにあたりまして

 前回の講座にはお忙しい中、沢山の方がいらして下さり心から感謝いたしております。ありがとうございました。
 ベートーベンのピアノソナタは新約聖書にも例えられるほど偉大で、私たちには永遠の課題です。第1回を終えてみて、私のような浅学の身ではとても手に負えない事をますます痛感しました。
しかし、せっかく私に貴重な勉強の機会を与えて下さった主催者の御意向を無駄にしないためにも、勇気をだして今回も頑張ります。
 
 さて第2回は、第1回に時間切れで出来なかった、『悲愴』各楽章の具体的練習方法をまずご紹介します。その次にベートーベンの中期のソナタの概略と、作品57の「熱情」ソナタを通して具体的に、彼がどのようにして壮大な宇宙を作り出そうとしたか分析を試みます。
この作品は全てのピアニストにとって憧れであり、ベートーベンのピアノソナタの象徴とも言える作品なので、私を含めてピアノを弾かれたり御指導される方には、とりわけ関心が高いと思います。

今回は作品の構成と共に、演奏者から見てピアニスティックな面でベートーベンがいかに革新的な試みをしたかを、実際の演奏を通して皆さんと一緒に考えてみたいです。
 前回の反省から、今回は私の門下生の三宅菜津子さんにアシスタントをお願いして、出来るだけ能率良く進めてまいります。また前回好評だった公開レッスンも行います。
新年度を迎えて何かと慌ただしい毎日をお過ごしと存じますが、今回もいらして頂ければ幸いです。何卒よろしくお願いいたします。

                 2009年03月25日    長谷川 淳

※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ市川フレンドステーション