« 前の記事|

eラーニングコンテンツを活用した勉強会を開催しました

気持ち良い秋晴れの日、11月のバス研はコンサートサロンレゾナンスにて、「e-ラーニングを活用して指導の幅を広げよう!」を行いました。
第1部は、5月21日東音ホールにて収録されたパーフェクトセミナー、根津栄子先生著「チェルニー30番~小さな30の物語」を使った「チェルニー30番って難しい?-楽しく練習曲を指導するための大事なコツ!-」をレゾンナンスの大画面で、メンバー皆で拝見させて頂きました。これは11月7日、e-ラーニング公開されたばかりのホカホカのコンテンツで、なおかつ根津先生が映像と同時に補足してくださり感動!
私はこのセミナーは以前拝見したものでしたが、何回拝見しても勉強になり、新しい発見があったり、忘れていた大事なことを再認識させて頂いたり、素晴らしい内容が盛りだくさんです。それをバス研のみんなでパブリックビューイングのように大画面で観させて頂き、とても楽しく充実したひとときでした。
第2部はピティナの田口翔先生がたくさんのe-ラーニングのコンテンツをご紹介してくださり、素晴らしい映像と内容にワクワクし、また教室経営のコンテンツまであり驚きました。
そして、移動中でもe-ラーニングを聴くことができるオーディオタイムというアプリを教えてくださり、早速入手致しました。
e-ラーニングは年会費を払えば取り放題、BGMにもなり、パブリックビューイングもできる素晴らしい学び方法だと思いました。
説明の後、コンペ審査員、ステップアドバイザーでいらっしゃる田口先生にフランス留学のお話を伺い、スペインの国境に近い村の明るい太陽の光、大きな雲がかかったときの暗さとの対比などをお話しされた後、南仏の作曲家セヴラックの二輪馬車を演奏してくださいました。
穏やかなご性格の田口先生の情熱的な演奏にうっとりし、フランスの景色を思い浮かべながら聴かせて頂きましたが、アンコールをしなかったことが悔やまれます。
 そして本部からいらした福田成康専務理事がe-ラーニングへの情熱を語られ、つねに新しいものへ挑戦を続けられるお話に感動いたしました。
このような素晴らしい企画を考えてくださり、またお忙しいところ、おいで頂きました福田専務理事、河上紗安香様、田口先生、本当にありがとうございました。
ちば市川バス研はこれからもワンチームで楽しく研鑽してまいります。  バス研副代表 塩屋比呂美

※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ市川フレンドステーション