« 前の記事| 後の記事 »

♪奈良井巳城先生【ハノンクリニックVol.1】開催レポート♪

9月14日(月)汐留ベヒシュタインサロンにて、

奈良井巳城先生ハノンセミナー【ハノンクリニックVol.1】を開催いたしました。

先生のお話と演奏を生でお伺いできる久しぶりの対面セミナー

オンラインでは得られない充実感に満ちたお時間となりました。

IMG_8715.JPG

第1回目の今回は、ピアノという楽器の歴史のお話から始まり

☆ハノンピアノ教本「The Virtuoso Pianist」の成り立ち

ハノン先生について

日本のピアノ奏法・ロシアピアニズムについて

楽器や作曲家のお写真を次々と見せていただきながら

興味深いお話をお伺いしたのち

いよいよハノンピアノ教本の徹底解剖へ!!

指の独立・離鍵の意識・柔軟な指の拡張・・・・など

体得できる大きく6つに分類された目的別に、何番を練習すれば良いか

ぱっと見てわかる表を先生が配布して下さり

そこにお話を伺いながら記入していくことで、ハノン教本の内容が

驚くほど整理されていきます。

タッチの感覚を得る為の練習方法や重量奏法の練習

ピアノの構造に基づいた取り組み方のお話

手の骨のつくりにも目を向けてのご説明もいただき

様々な観点から理解し取り組むこと

取り組ませることの大切さも感じました。

今回、先生がご用意くださった資料がとにかく素晴らしく

特にNo.1〜20についてのトレーニング分布表は

受講の皆さんに大好評!

左右の5指について、鍛えたい指に対応している曲の番号がわかる表です。

早速その日のレッスンから役に立ちました!

その後、分布表とブルクミュラーの曲を用いて

「この部分の練習には何番が有効か」という探し方も教えていただき

具体的な練習方法も体験することができました。

導入期のお子さんの指導方法から先生ご自身のご体験に基づく高度なお話まで

受講の皆さんのご質問にも丁寧にお答え下さり

2時間があっという間の有意義でとても楽しいセミナーでした。

受講者の皆さんからも

「先生ご自身が楽しそうにお話ししてくださって、その内容もとてもわかりやすい」

「いただいた資料がとても役に立った」

「徹底的なハノンの分析に驚いた」

「自分のためにも生徒のためにも、もう一度ハノンを見直してみようと思った」

などのご感想をいただきました。

IMG_8716.JPG

ステップなどステージ経験の場が多く、コンクールも盛んな現在、

指導の現場では、曲を仕上げることに時間を取られ、

基礎の鍛錬が疎かになっていることもあるのではないでしょうか。

確かな基礎があってこそ成り立つ自由な表現を求め

その有効な練習方法について、引き続き皆さまとご一緒に

学んでいきたいと思っております。

第2回は10月12日(月)10:30〜12:30

汐留ベヒシュタインサロンにて開催いたします。

次回はスケール・アルペジオについてのお話をお伺いします。

お申し込みは以下のページ

https://seminar.piano.or.jp/detail/10000811

もしくは、市川ソレイユステーション

ichikawa.soleil@gmail.com

090-2626-0669

にて、お受けいたします。

なお、第3回の日程が変更になっております。

旧日程 11月16日(月)新日程 11月2日(月)

お時間と場所は変更ございません。

皆さまのご参加、心よりお待ちしております!

※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ市川ソレイユステーション