レポート アーカイブ

2016年10月 2日

根津栄子ピアノ指導法講座 開催いたしました!

チェルニー30番で子どもたちの心を開花!
~もっと弾きたい!だから育つ指導法~
2016年9月27日(火)10:30より島村楽器ピアノショールーム市川コルトンプラザ店フォレストホールにて根津栄子先生をお招きし、「ツェルニー30番~30のちいさな物語」を使用した講座を実施いたしました。
無題.jpgたくさんの教材や小物を使って楽しく分かりやすくレクチャーくださいました!IMG_5704-s.jpgのサムネール画像

2017年6月20日

6/11根津栄子先生によるピティナ・ピアノコンペティション課題曲公開レッスン開催レポート

2017年6月11日(日)島村楽器ピアノショールーム市川コルトンプラザ店 FOREST HALLにて根津栄子先生によるピティナ・ピアノコンペティション課題曲セミナーを開催いたしました。
IMG_6247 (2)-s.jpg
A1級~C級までの8名の方が受講されました。舞台袖からの歩き方や舞台上でのお辞儀から始まり、演奏の姿勢、腕の動き、手首の動き、指の動きを小さなお子様にも分かりやすく細かな表現でのご指導でした。先生が椅子に座わり、受講生の方に離れて客観的に見せ、良い姿勢は一音一音変わってくることを繰り返し説明してくださいました。受講生皆さんの演奏はしっかりと弾き込まれ、とても素晴らしい演奏の方ばかりでしたが、先生のレッスンで細かいニュアンスやタッチがどんどん変わっていき更に演奏に深みや輝きが増していくのには本当に驚きました。

2017年7月 6日

ピティナ・ピアノコンペティション課題曲公開レッスン

市川1.JPG2017年6月11日(日)島村楽器ピアノショールーム市川コルトンプラザ店 FOREST HALLにて根津栄子先生によるピティナ・ピアノコンペティション課題曲公開レッスンを開催いたしました。
A1級~C級までの8名の方が受講されました。舞台袖からの歩き方や舞台上でのお辞儀から始まり、演奏の姿勢、腕の動き、手首の動き、指の動きを小さなお子様にも分かりやすく細かな表現でのご指導でした。先生が椅子に座わり、受講生の方に離れて客観的に見せ、良い姿勢は一音一音変わってくることを繰り返し説明してくださいました。受講生皆さんの演奏はしっかりと弾き込まれ、とても素晴らしい演奏の方ばかりでしたが、先生のレッスンで細かいニュアンスやタッチがどんどん変わっていき更に演奏に深みや輝きが増していくのには本当に驚きました。
参加された皆様の素敵な感想をご紹介いたします。
♪先生のレッスンはとても魅力的で皆さんみるみる綺麗な音になっていき、感動しました。
♪コンペが近づくにつれて、課題曲を仕上げることばかりにいっぱいになり音楽の基本的な指導がうすくなってきてしまっていました。本日のご指導を今後に役立つように努力して参ります。
♪指の形、姿勢が音色に直結することがよく分かり良かったです。
♪短い時間で深く詳しくポイントをお話し頂きとても参考になりました。
♪情景が目に浮かんでくるような表現で説明をされていてとても勉強になりました。
♪先生の優しいお言葉遣いの中に的確なポイント、音楽への厳しさと愛情を感じました。

Rep:ピティナ市川支部 矢島敦子

2017年10月 3日

9/28(木)松下恵子先生講座 本気でとりくむ譜読み指導開催レポート

松下恵子先生講座 本気でとりくむ譜読み指導講座 開催いたしました!
9/28(木)10:30より松下恵子先生による 本気でとりくむ譜読み指導講座がおこなわれました。当日は18名の方にご参加いただき、楽しい講座となりました。
松下先生が実際に使用されている教材やご自身で作られた教材を使用して、生徒役の先生と普段のレッスンの様子を再現して頂きました。
IMG_6693.jpg   IMG_6695.jpg
先生の穏やかなお話と、楽しいレッスンで終始会場は笑いが絶えませんでした。
先生自身が作られた教材は大変分かりやすく、ご参加の皆様も真剣にご覧になっていました。
また次回の講座のご参加もお待ちいたしております。
IMG_6697.jpg

2018年6月22日

根津栄子先生 課題曲公開レッスン開催レポート

根津栄子先生によるピティナ・ピアノコンペティション課題曲公開レッスンを開催いたしました‼ご指導くださいました根津栄子先生、ご参加下さいました皆様、ありがとうございました‼
DSC_0075.JPGのサムネール画像 IMG_7568.pngのサムネール画像

2018年6月16日(土)島村楽器ピアノショールーム市川コルトンプラザ店 FOREST HALLにて根津栄子先生によるピティナ・ピアノコンペティション課題曲公開レッスンを開催いたしました。
A1級~C級までの8名の方が受講されました。舞台袖からの歩き方や舞台上でのお辞儀から始まり、演奏の姿勢、腕の動き、手首の動き、指の動きを小さなお子様にも分かりやすく細かな表現でのご指導でした。先生が椅子に座わり、受講生の方に離れて客観的に見せ、良い姿勢は一音一音変わってくることを繰り返し説明してくださいました。受講生皆さんの演奏はしっかりと弾き込まれ、とても素晴らしい演奏の方ばかりでしたが、先生のレッスンで細かいニュアンスやタッチがどんどん変わっていき更に演奏に深みや輝きが増していくのには本当に驚きました。

【参加された皆様の素敵な感想をご紹介いたします】
♪ピアノの弾き方はもちろんですが、良い姿勢から良い音が生まれる事や、弾く前のあいさつ(私の演奏を聴いて下さい・聴いてくれてありがとうございます)の大切さを教えて頂きました。
♪指の形など自宅の練習で子供にどう教えたら良いのか分からなかったのですが、グッズを使ったご指導はとても分かりやすかったです。
♪予選一週間前に気を付けるところを整理できて本当に良かったです。
♪リラックスして弾けるご指導、お声掛けがとても素晴らしかったです。

♪。・♪。・♪。・♪。・♪。・♪。・♪。・♪。・♪。・♪。・♪。・♪、・♪。・♪。・♪。・♪。・

公開レッスンでご使用いただいたスタインウェイB211をレンタル頂けます。
ステップ、コンクール、発表会前の集中練習や先生とのレッスンに是非ご利用ください。
お申込み、お問合せは
<島村楽器ピアノショールーム市川コルトンプラザ店>
〒272-0015 千葉県市川市鬼高1-1-1ニッケコルトンプラザダイエー棟4F
TEL047-320-4590

2018年7月18日

ノクターン150年の歴史・レクチャー&コンサート 開催レポート

ノクターンレクチャー&コンサート開催

7月1日 ピアニスト佐藤勝重さんによるノクターン150年の歴史・レクチャー&コンサートが島村楽器ピアノショールーム市川コルトンプラザ店にて開催されました。佐藤さんの解説は大変分かりやすく、楽しいトークと共に会場は梅雨時期の湿り気を一掃するような素敵な時間が流れました。

●第1章 ノクターンの始まりとサロン文化
DSC_0107ミニ2.jpg
ノクターンというジャンルはまだ150年と歴史が浅いのですが、古くはベートーベンやモーツァルトのソナタにもノクターン形式の曲があるそうです。ベートーヴェンソナタ悲愴第2楽章など、確かにノクターンを彷彿させる旋律ですね。
ショパンのバラードやスケルツオの曲中にも同様に、「ノクターン」は存在している・・実際に演奏して頂き納得です。

●第2章 伴奏音からみる作品比較 ~共鳴し合った作曲家たち~
ノクターンの伴奏は、主に分散和音形と和音の転回形の2タイプで形成されています。伴奏によって曲想が全く感じの違う曲になるということで、佐藤さんが和音の転回形伴奏のノクターンOp.9-2(ショパン)を分散和音形の伴奏で演奏されました。
現代でも「ノクターン」といえば「ショパン」なのは伴奏にも理由があったのですね。とても印象に残る伴奏が多くの人の心を今もなお魅了し続けています。お料理に例えれば、ショパンは色々な調理法を熟知していた、というところだそうです。

●第3章 継承そして発展するノクターン

数々の大物作曲家たちがこぞってショパンをリスペクトしています。中にはノクターンを模倣しているのではと疑ってしまうような曲もあるのだそうです。でもそれも後々の世の中に聴き継がれる大事な役割を果たしています。現代では大問題になってしまいそうなエピソードも、ノクターンの発展に貢献していたのですね。
ショパン以外の様々なノクターンを演奏して頂きました。中でも「ショパン先生」は、コンサートにお越しの日下部満三先生の作曲された作品で、会場はとても盛り上がりました。
最後のプログラム、スクリャービン・左手のための小品より「ノクターン」Op.9-2は、とても左手だけで演奏されているとは思えない素晴らしい演奏でした。

観客からの拍手の後、アンコール ~ ショパン・ノクターン嬰ハ短調 "遺作"
image3アンコール.jpg


●コンサート終了後、ショールームのピアノ"ザウター"で演奏して頂きました。
IMG_4079ザウター.jpg
スタインウェイとはまた異なる味わい深い音色が、ショールームに響き渡りました。

●最後に、根津先生、日下部先生、スタッフと記念撮影
IMG_4072集合.jpg
佐藤さん、素敵な演奏とレクチャー、本当にありがとうございました。またぜひ当店で演奏して頂ける日を楽しみにしております。全国各地の演奏会でご多忙中と存じますのが、今後も益々のご活躍をスタッフ一同お祈り申し上げます!



過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ市川支部