2018年6月13日

2018年度 コンペ課題曲企画 課題曲コンサート

180527hirama_1.jpg2018年5月26日(土)今治市住民センターにて、平間百合子先生をお迎えして、「2018年度 コンペ課題曲企画 課題曲コンサート」を開催いたしました。

A1からF級までの近現代、A1からE級までのロマン、A1からD級までのクラシック、A1からE級までのバロックを、10時-12時の2時間、休む間も無く次々演奏して下さり、一同大変感動しました。 平間百合子先生の演奏は、聴いているものの心を揺さぶり、皆さん素敵な演奏に聴き入っていました。


演奏するにあたっての心構え、その曲の時代、背景、地理、歴史を知ることの大切さ、その時代の楽器の素材や構造を知って弾く、楽譜を読むことの大切さ、緊張した時の対処法(口を開けると筋肉がほぐれてリラックスできる)など、今後の指導に役立つこともたくさん教えていただきました。


180527hirama_2.jpgバッハにまつわる楽しいクイズ形式の話では、子ども達も身を乗り出し参加していました。小さいから音楽に慣れ親しみ、音楽に興味を持つ心を育てることも指導者の役目だと改めて認識しました。 平間百合子先生、演奏とご指導本当にありがとうございました。
180527hirama_3.jpg

2018年4月20日

2018年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー

180404kuroda_1.jpg2018年4月4日(水)西条市総合文化会館リハーサル室にて、黒田亜樹先生のセミナー「2018年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー」が開催されました。

黒田亜樹先生をお迎えして、子どもたちに伝えたい内容、子どもたちに必要な練習方法をわかりやすく軽快なトークで教えていただき、あっという間の4時間でした。

楽器が扱える子を育てるために大切な練習方法、グルーピングの考え方、ペダルの踏み方や出したい音に対してのタイミング、クレッシェンドの仕方、ザッツについて、トリルが上手に弾ける方法など盛りだくさんの内容を教えいただきました。 亜樹先生が説明会冒頭おっしゃったように、楽器が扱える子を育てること、ピアノが体の一部となり、ピアノを心から楽しめる子を育てるよう、これからも子どもたちと関わっていきたいです。

黒田亜樹先生、ご指導本当にありがとうございました。

2017年5月 1日

【実施レポ】2017年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー(黒田亜樹先生)

170318kuroda_1.jpg2017年3月22日(水)愛媛県総合科学博物館にて、黒田亜樹先生をお招きして「2017年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー」が開催されました。
セミナーでは作曲家の特徴や時代背景、生徒に必要なテクニック指導を教えて頂きました。
黒田先生の軽快な解説と素敵な音楽に、今治支部会員・県内外からの参加者全員感動の4時間となりました。

「大切なのはまず子ども達がピアノという楽器を扱えること」
「その子が一番弾きやすい方法で」
「心を育てて聴く人に届ける」

テクニックの指導においては、弾けないところを回数ではなく1分弾いてみようと促すことでやる気が出る1分練習法や、弾けないところを歌えたら弾けるようになるという方法や、リズムがわかりにくい生徒には音の高低なしで唱えると弾けるようになるという方法があることを教えていただきました。 音色については、木管をイメージしたいときは背筋を伸ばして、弦楽器をイメージしたときは体を伸びやかに動かして、声をイメージしたいときは指を伸ばして、など教えていただき大変参考になりました。
170318kuroda_2.jpg黒田先生の演奏で課題曲が更に魅力的に感じ、まだまだ聴いていたいと思いました。 今年もわかりやすく丁寧な解説を本当にありがとうございました。

2016年6月13日

【実施レポ】2016年度 コンペ課題曲企画 課題曲公開レッスン(財満和音先生)

5月21日(土)今治市中央住民センターにおいて、財満 和音先生をお迎えして「2016年度 コンペ課題曲企画 課題曲公開レッスン」を開催いたしました。
A1~C級、連弾の曲を細かく指導して頂き、生徒もよく理解できたのではないかと思います。
1回でもステージで演奏ができ、ホールでの音の出し方、弾き方なども勉強できたと思うので、この経験を生かし、コンペに向けて、指導者、受講者共に頑張っていきたいと思います。

2014年6月 2日

【実施レポ】2014コンペ課題曲公開レッスンセミナー(田代慎之介先生)

2014年5月24日(土)今治市中央住民センターにて、今治支部 課題曲公開レッスンを開催しました。この度は田代慎之介先生をお招きして各生徒にきめ細やかなご指導を頂きました。

具体的な内容としては、
♪ 様式ごとにあったまとめ方のアドバイス
♪ アウフタクトや裏拍を出し過ぎないこと
♪ 1拍目に対してはやわらかい腕の支えを大切に踏み込んだ音を出すこと
♪ 和音は音をよく選んで役割ごとの音を出すこと 
など、今後取り組みたい課題を教えて頂きました。

支部講師からも活発に質問が出て、的確なアドバイスを頂きました。
今後コンペに向けてご指導頂いた内容を活かし、生徒、講師共に向上していきたいです。

(Rep:ピティナ今治支部 松木こずえ)

2014年2月17日

第8回入賞者記念コンサートのお知らせ

チラシ/第8回入賞記念コンサー (1).pdf

【第8回ピティナ ピアノコンペティション 入賞者記念コンサート】
日時:2014年3月8日(土) 13:00開演(12:30開場)
場所:今治市中央住民センター 4F大ホール
入場料:1000円(全席自由)

幼児から高校生・グランミューズまで、昨年夏のコンペ入賞者が心を込めて精一杯演奏いたします。
コンペが終わって夏からの一回り成長した姿を、みなさまご覧ください。

また、ゲスト演奏には全国各地でデュオのコンサートを開催しご活躍なさっている<ピアノデュオ ドゥオール(藤井隆史先生&白水芳枝先生)>をお迎えいたします。
先生方には2013年度の今治コンペ課題曲公開レッスンに加え、西条ステップでもトークコンサート&アドバイザーとしていらしていただき、大好評でした。
再び今治で、今回は2台ピアノの演奏もしていただけるとのことで、今治支部一同、心待ちにしております。

みなさまのたくさんのご来場を心よりお待ちしています。

2013年7月15日

今治地区予選開催しました

2013年6月22日、23日の2日間にわたって今治地区予選を開催しました。
今年も他県からの参加者が多く、どの級もハイレベルな演奏が続きました。

DSCN1455.JPG
5人の審査員の先生方も一人一人に熱心に講評を書いてくださいました。長時間にわたっての審査ありがとうございました。

また、演奏が終わると少し気が和らいだのか、参加者がロビーでにぎわっていたので、昨年の反省もふまえ、「審査中です。お静かに。」とバリィさんのイラスト付きのプラカードも作成しました。
DSCN1472a.JPG

プログラムにもバリィさんが登場するなど、コンペでありながら今治の和やかな雰囲気の中で無事2日間を終えることが出来ました。
DSCN1464.JPG

日頃の成果を発揮できた子、悔いが残ってしまった子、などさまざまでしたが、みんないい経験になったと思います。
出場されたみなさまの今後のご活躍を祈っております。


今治支部 広報係

2013年6月 7日

【実施レポ】コンペ課題曲公開レッスン(藤井隆史先生 白水芳枝先生)

平成25年5月25日(土)藤井隆史先生白水芳枝先生をお招きして、コンペ課題曲
公開レッスンを行いました。
A1級、B級、初級連弾Aと比較的小さな生徒を対象
としたレッスンでしたが、
場面や情景など、小さな子にもわかりやすい表現で指導
していただきました。

これを機に私たち指導者も生徒もコンペに向けて一層がんば
りたいと思います。

(Rep:ピティナ今治支部

2013年1月 9日

【開催レポート】学校クラスコンサートin西条

2012年12月6日(木)
西条市立西条小学校の5,6年生を対象に、学校クラスコンサートを開催しました。

プログラムなど詳細はこちら♪
日時:2012年12月6日(木)
9:25~10:10 6年生
10:25~11:10 5年生
会場:西条市立西条小学校 音楽室
演奏:木藤麻衣子(フルート)、原瀬万梨子(ヴァイオリン)、秋月慶子(ピアノ)

プログラム♪
・チャイコフスキー/「眠れる森の美女」からワルツ
・メンデルスゾーン/「歌の翼」による幻想曲
・ショパン/エチュードop.10-8「黒鍵」
・ジュナン/ヴェニスの謝肉祭の主題による幻想曲
・ブラームス/ハンガリー舞曲第5番  
・S.ジョプリン/エンターティナー
・アニメメドレー 「ミッキーマウスマーチ」「星に願いを」「さんぽ」「崖の上のポニョ」
   
<共演しよう!>
6年生「チム・チム・チェリー」
5年生「大切なもの」

演奏は、10月の泉川小学校に引き続き、新居浜市の秋月慶子先生(写真中)、松山市の木藤麻衣子先生(写真右)、同じく松山市の原瀬万梨子先生(写真左)のおなじみ3名で行われました。
DSCN0791.JPG

今回は2ステージとも、音楽室に100名強の生徒が入り、あっという間にステージのできあがりです。
DSCN0770.JPG DSCN0737.JPG DSCN0773.JPG

今回も素敵な演奏を聴かせてくれ、生徒たちも熱心に聞き入っている様子でした。

最後はみんなで合唱♪ 
DSCN0750.JPG
西条小学校は合唱が大変盛んで、今年のNHK合唱コンクールで全国大会3位の銅賞に輝いただけあって、歌声がとても素晴らしかったです。

終了後は写真を撮ったり握手をしたりと、和気あいあいな雰囲気で和やかでした。
DSCN0780.JPG DSCN0779.JPG

3名の先生方、お疲れ様でした!
先生方の演奏は、きっと小学生のみんなの心に響いたことでしょう。
今治支部では、これからも東予地区の音楽・文化発展のために、学校クラスコンサートを継続して開催していきたいと思っています。

(今治支部広報係)

2012年11月 6日

【開催レポート】学校クラスコンサート

2012年10月31日(水)
新居浜市立泉川小学校の4年生を対象に、学校クラスコンサートを開催しました。

プログラムなど詳細はこちら♪
日時:2012年10月31日(水)
9:30~10:15 4年松組
10:35~11:20 4年竹組
11:30~12:15 4年梅組
会場:新居浜市立泉川小学校 音楽室
演奏:木藤麻衣子(フルート)、原瀬万梨子(ヴァイオリン)、秋月慶子(ピアノ)

プログラム♪
・チャイコフスキー/「眠れる森の美女」からワルツ
・メンデルスゾーン/「歌の翼」による幻想曲
・ショパン/エチュードop.25-11「木枯らし」
・ジュナン/ヴェニスの謝肉祭の主題による幻想曲
・ブラームス/ハンガリー舞曲第5番  
・アニメメドレー 「ミッキーマウスマーチ」「星に願いを」「さんぽ」「崖の上のポニョ」
・日本の四季メドレー「故郷」「花」「夏の思い出」「赤とんぼ」「雪」   
<共演しよう!>
一つの明かりで -ココロ プロジェクト-

泉川小学校は秋月先生(今治支部所属)の母校であり、昨年もこの3名の先生方によるクラスコンサートを開催しました。今回2度目ということで、先生方や生徒たちも昨年以上に楽しみにしてくださっていたようです。
演奏は、昨年同様に、新居浜市の秋月慶子先生(写真中)、松山市の木藤麻衣子先生(写真右)、同じく松山市の原瀬万梨子先生(写真左)の3名で行われました。
集合.JPG

ソロの演奏では、演奏の前にそれぞれの楽器説明をして下さいました。
DSCN0683.JPG
ピアノの秋月先生は、ショパンの「木枯らし」のエチュードを披露。普段は蓋が閉まっていて見ることができないピアノの内部も見られて、児童たちは大興奮!秋月先生の指の動きの速さを間近で見られて喜んでいました。

DSCN0691.JPG
木藤先生は、ヴェニスの謝肉祭の主題による変奏曲を演奏。この変奏曲では、フルートのいろいろな技法が出てきて、特に最後の変奏では、非常に速いタンギングが出てくるため、木藤先生は「どうやったらタンギングを速くできるでしょうか?」と必殺技を教えてくださいました。児童も目をまん丸くして見て聴いていました。とてもエレガントな音色にうっとり聴き惚れていました。

DSCN0693.JPG
続く原瀬先生は、ブラームスのハンガリー舞曲第5番を演奏。ヴァイオリンの楽器本体や弓の素材についてや、ハンガリー舞曲は和音が多々出てくるので、ピアノよりもはるかに少ないたった4本しかない弦でどうやってその和音を弾くかなどを細かく説明して下さいました。とてもエネルギッシュな演奏でした。


DSCN0680.JPG  DSCN0695.JPG
ソロの前後は、アンサンブルでの演奏でした。クラシックからアニメメドレーまで幅広いジャンルの音楽を演奏してくださり、児童たちの知っている曲も出てきてみんな大変喜んでいました。


最後はお決まりのみんなで共演です!
今回は、音楽会が近いということもあり、音楽会で演奏予定の合唱曲「一つの明かりで」を共演しました。
はじめに、合唱曲を楽器で演奏するとどうなるかな?と先生方だけで演奏♪
すると、合唱曲の旋律にはないフルートの即興アレンジが加わり、生徒たちも「わぁ~」とうっとり。
そしていよいよ、みんなで合唱です。通常のピアノ伴奏に加え、フルートとヴァイオリンが加わり豪華になって、みんないつも以上に心を込めて歌っていました。みんなで演奏することで、音楽室には喜びと感動で包まれました。
DSCN0700.JPG  DSCN0704.JPG


3名の先生方、連続3ステージお疲れ様でした!
先生方の演奏は、きっと小学生のみんなの心に響いたことでしょう。
今治支部では、これからも東予地区の音楽・文化発展のために、学校クラスコンサートを継続して開催していきたいと思っています。

(今治支部広報係)



過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ今治支部