« 前の記事| 後の記事 »

【実施レポ】2017年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー(黒田亜樹先生)

170318kuroda_1.jpg2017年3月22日(水)愛媛県総合科学博物館にて、黒田亜樹先生をお招きして「2017年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー」が開催されました。
セミナーでは作曲家の特徴や時代背景、生徒に必要なテクニック指導を教えて頂きました。
黒田先生の軽快な解説と素敵な音楽に、今治支部会員・県内外からの参加者全員感動の4時間となりました。

「大切なのはまず子ども達がピアノという楽器を扱えること」
「その子が一番弾きやすい方法で」
「心を育てて聴く人に届ける」

テクニックの指導においては、弾けないところを回数ではなく1分弾いてみようと促すことでやる気が出る1分練習法や、弾けないところを歌えたら弾けるようになるという方法や、リズムがわかりにくい生徒には音の高低なしで唱えると弾けるようになるという方法があることを教えていただきました。 音色については、木管をイメージしたいときは背筋を伸ばして、弦楽器をイメージしたときは体を伸びやかに動かして、声をイメージしたいときは指を伸ばして、など教えていただき大変参考になりました。
170318kuroda_2.jpg黒田先生の演奏で課題曲が更に魅力的に感じ、まだまだ聴いていたいと思いました。 今年もわかりやすく丁寧な解説を本当にありがとうございました。

※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ今治支部