ステップ アーカイブ

2017年5月26日

印西きおろしステーション誕生しました。

まぶしい真夏の週末から一転、低気圧がやってきました。
うっとうしい5月25日、木曜日の朝。
いよいよ印西きおろしステーションの船出です。

伊藤楽器千葉ニュータウン中央センターではPTNA船橋支部から伊藤楽器の
田口さんと岡田さんが朝からテキパキと会場設営。
受付の配布資料を前に、果たして人が来てくれるのか不安がよぎりますが、
10:00を過ぎると一人、また一人と受付名簿の〇がふえていきます。
私以上に不安そうな顔もあれば、中には見慣れた顔も。
一人ひとりのこの場での出会いや再会がうれしいです。

PTNAってなんだろう?STEPってどうやって選曲するの?スタッフになるには?
・・・みなさんそれぞれの思いを抱いて集まってくださるはず。
朝から何本も電車を乗り継いで来てくださった方、遅延や渋滞に青ざめてながら到着された方、
みなさん来てくださってありがとうございます。

そんな緊張気味のみなさんを前に、気さくな問いかけで開始前からあたたかい
雰囲気を作ってくださっていたのは本日の講師、本多昌子先生です。
先生の語りかけはみなさんの心をギュッとわしづかみ。
こうしてPTNAピアノステップ説明会&印西きおろしステーション発足会のスタートです。

まず田口さんからPTNAと船橋支部のあゆみ、
そして印西きおろしステーション発足のいきさつを。
PTNAの岩山有子さんからはPTNAについて、STEPについてわかりやすい説明を。

後半は本多先生によるレクチャーです。
ピアニストとして、指導者として長年ご活躍の先生が、11年目の杉並ステーション代表
として語られるステップやステーションの意義は、私たちの心にまっすぐに響きます。

生徒にとって
・発表会とは違い、講評をもらえるステージでの演奏体験で自分を磨く場
(ある時は発表会や本番のリハーサルとしてさらに良いホールで。)
・他の演奏を聴くことの刺激
・複数選曲での、違いをわかった演奏。コンペの「四期」も含め。

指導者にとって
・お金の徴収が不要
・自分の本箱にない曲のアイデアがもらえる
・指導者自身の参加が増えている
・ステーションの輪からさまざまな企画、セミナー、研究、情報交換ができる・・・

具体的に弾いてくださったモーツァルトやバルトークの1フレーズがなんと説得力のある
美しい音たちだったこと!聴き惚れてしまい、せっかくのシャッターチャンスを逃してしまいました!

今日の出会いをきっかけに、11月26日(日)印西市文化ホールのステップに向けて
着実に動いていこうと思います。今回欠席でも、まだまだ当日のスタッフ募集していますよ、
どうぞお申し出くださいね。

2017年11月22日

印西ステップ開催します(2017.11.26)

ごあいさつ

「印西市文化ホールでPTNAピアノステップがあればいいのになぁ...」
この思いが叶うこととなりました。
さまざまなめぐり合わせを経て、まさか自分が代表として、
ここにごあいさつ文を載せることになるとは思ってもみませんでしたが。

新しいステーションの立ち上げと初のステップ開催。
果たして集まるのだろうかという心配も杞憂に終わり、本日を迎えることができました。
参加を決めてくださった方、聴きに来てくださった方々、本当にありがとうございます。

豊かな里山にあふれた旧地区と、
発展を続けるニュータウン地区の混在が独特の文化を生み出している印西市。
このホールと、最寄り駅「木下(きおろし」」が新たなピアノ文化の拠点として
これからも発信を続けていけるよう、スタッフ一同、心を込めてお手伝いいたします。

今日のステージが大きな思い出、大きな一歩となり、
これからのピアノ人生の糧になりますように。


印西きおろしステーション代表 小林めぐみ


(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2017年12月 7日

印西ステップ開催レポート(2017.11.26)

気持ちの良い秋空の広がる11月26日。この日がいよいよやってきました。

場所は千葉県の印西市文化ホール。最寄り駅はJR木下(きおろし)!

初開催にして70組の参加に、スタッフの気持ちもふくらみます。

まるで、この日このホールで弾くことを狙い待ちしていたかのような16名の継続表彰者を含め、初めて参加する方や久しぶりの方、大切な試験を控えた方...が思い思いの音色を奏でました。

昼休みのあとは、指から宝石の音を紡ぎだす中川京子先生のコンサートです。

ショパン マズルカ イ短調 Op.68-2 遺作
ショパン アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ

それまでも十分スタインウェイD274は美しかったのですが、いよいよ「ここまで多彩に...」とため息が出るような輝きががホールいっぱいに広がりました。
中川先生、ぜひまたこのホールで宝石の音を振りまいてくださいね。

中川先生とともにアドバイザーを務めてくださったのは穂積有紀先生と桑原昌子先生です。あたたかい講評とメッセージをありがとうございました。
ピアノを大切に思う私たちにとって先生方の言葉はこれからもずっとピアノと関わっていくための大きな道しるべとなりました。

出演者のみなさま、これからもこの時期の恒例イベントとして印西ステップをどうぞよろしくお願いいたします。




過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ印西きおろしステーション