2018年12月21日

第2回PTNAピアノステップ印西地区 無事終了しました

IMG_0112.JPG
再びこの日がやってきました。
スタッフ集合から1部受付開始までの慌ただしい50分間はあっという間です。
そして...
IMG_0135.JPGIMG_0134.JPGIMG_0132.JPG
一年ぶりのこの感覚を思い出しつつスタッフも夢中です。
IMG_0136.JPGIMG_0137.JPG
順調な出だしの1部終了後、ロビーでは参加者のみなさんが一生懸命書いてくれました。
ありがとう!
IMG_0138.JPG
楽屋では集計スタッフが大忙しです。細かい手作業でパスポートを仕上げます。
IMG_0145.JPG
IMG_0140.JPGIMG_0144.JPG
アドバイザーの今川裕代先生、西村元希先生、羽石彩子先生と。
IMG_0141.JPG
ピアニスト今川裕代先生のトークコンサートです。
五感を研ぎ澄ませて行うアドバイザーの仕事は激務です。
それを感じさせない涼しげなトークと熱い演奏が印西市文化ホールに響き渡りました。
IMG_0142.JPG
~今川先生演奏曲~
シューマン:子供の情景より「トロイメライ」
ドビュッシー:映像第2集より「金色の魚」
リスト:パガニーニ第練習曲より「ラ・カンパネラ」
IMG_0149.JPGIMG_0150.JPGIMG_0151.JPG
今年もスタッフ参加です!
IMG_0147.JPGIMG_0124.PNG
IMG_0148.JPG
(前列右から)アドバイザーの今川先生、羽石先生、西村先生、
温かい言葉とアドバイスをありがとうございました。
今年は暖冬かと思いきや、ホールを出ると師走の寒さが突然にやってきた印西市でした。
"平成最後の"印西ステップは昨年に引き続き笑顔で終えることができました。
来年は12/8(日)です。どんな年号で第3回目を迎えるのでしょうか?



2018年12月 7日

2018印西ステップ直前準備会で

まだまったりと楽しんでいた先日の「準備会の準備」でしたが、いよいよ今日は「準備会!」です。
前回の記事で掲載できなかった写真とともにご覧ください。カレーにポトフ、ガレットと日替わりメニューが楽しみなランチです。スムーズなステップ運営のための単調な準備作業も、
しゃべくりながら楽しいひとときになりました。

JR木下(きおろし)駅前も華やかなお出迎えです。ステップ当日はぜひ駅前ロータリーをご覧ください。南口も北口もキレイですよ~。



2018年12月 5日

印西ステップ開催します(2018.12.9)

ごあいさつ

昨年から始まった印西ステップは、さらにたくさんの方々の参加で
2回目を迎えることができました。
1年前、「気持ちよく弾けました」とあちこちから聞こえてきた声を励みに、
今年もスタッフ一同はりきっています。
そして参加された方々が来年も再来年もぜひまた印西市文化ホールで弾きたい、
聴きたい、弾いてみたいと思っていただければ幸いです。
 
ステップ恒例のトークコンサートには
ピアニストの今川裕代(いまがわ ひろよ)先生をお迎えしました。
シューマン、ドビュッシー、リストの作品を通した
華やかなピアニズムをお楽しみください。
 
今日、この印西市文化ホールからピアノの輪がさらに広がりますように。


印西きおろしステーション代表 小林めぐみ


(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2018年11月23日

印西ステップ 近づいています。


2018印西ステップ 近づいています。

いよいよ本格的な準備が始まりました。

とその前に、まずはピアノで楽しんでからにしましょう、というわけで千葉の軽井沢M先生の教室での恒例「Kステーションコンサート」。曲はスタッフ自ら印西ステップで弾く曲だったり、ホームコンサート用クリスマス連弾曲だったり、陰謀(?)で数日前にこれ弾いといて~と突然渡された(おしゃれな)曲だったり・・・。でもやっぱり緊張するんです。回を重ねても。それが楽しいんです。

今日のカフェランチはポトフ。(初めての方へ:ここはカフェでもあるんです)前回のカレーランチもご覧ください。

おや、ステップ準備の話し合いはどうなったのでしょう?次回につづく。

2018年9月20日

2018印西ステップに向けて

7月の連弾勉強会から2か月。
酷暑の季節を終えて9/12に再び集った場所は前回と同じく「千葉の軽井沢」、M先生の教室です。なんとカフェも併設されている夢のような場所。こだわりスパイスのカレーランチが楽しみでたまりません!!

もちろんメインは12月9日「第2回印西ステップの打ち合わせ」&この日のためにメンバー宅を行き来して演奏をみがいた「Kステーションコンサート」です。その程よい緊張を越えなければたどり着けない美味しいカレー!

♪ G.ガーシュウィン/大宝博編(連弾) ピアノ協奏曲へ調
♪ 寺田尚彦(連弾)             ピアノ連弾のための組曲 14ひきのあさごはん
♪ G.ビゼー/平田もも子編(連弾)   Carmen
♪ W.A.モーツァルト(ソロ)        ピアノソナタヘ長調 K.332

やっぱり仲間との音楽は楽しい。一人よりふたり、二人より三人、四人、五人・・・
これからも恵まれた印西文化ホールでのステップを軸に、私たちも音楽を楽しみたいという思いがふくらんだ充実の(美味しい)ひとときでした。

そして11月5日〆切の印西ステップは、日々申し込み数が増えています。
このままでは昨年以上に早い〆切になりそうな気配です。お急ぎください!

(文責:K.M.)

IMG_0006.jpg

2018年7月 5日

連弾勉強会

表示

表示

表示

表示


昨年発足した、印西きおろしステーション

先日、初の勉強会を開催いたしました。


会場は、M先生のお教室。

まるで軽井沢のような場所でのお勉強会でした。(県内です)


ステップにむけて練習しはじめた曲を披露したり、コンペの課題曲を弾いたり、初見大会をしてみたり。


有名な作曲家さんだけでなく、現代の邦人の作曲家の作品も素敵な曲がたくさんあるんだなぁ

銀河がテーマの曲は、こんなフレーズがよく使われるのかぁ


など、いろんな発見がありました。


記念すべき第1回の勉強会。

私たちのステーションらしく(?)

和やかな雰囲気のお勉強会でした。

人と合わせるって楽しい!


次回の勉強会は9月。

12月のステップに向けて、動きだしているころと思います。

2017年12月 7日

印西ステップ開催レポート(2017.11.26)

気持ちの良い秋空の広がる11月26日。この日がいよいよやってきました。

場所は千葉県の印西市文化ホール。最寄り駅はJR木下(きおろし)!

初開催にして70組の参加に、スタッフの気持ちもふくらみます。

まるで、この日このホールで弾くことを狙い待ちしていたかのような16名の継続表彰者を含め、初めて参加する方や久しぶりの方、大切な試験を控えた方...が思い思いの音色を奏でました。

昼休みのあとは、指から宝石の音を紡ぎだす中川京子先生のコンサートです。

ショパン マズルカ イ短調 Op.68-2 遺作
ショパン アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ

それまでも十分スタインウェイD274は美しかったのですが、いよいよ「ここまで多彩に...」とため息が出るような輝きががホールいっぱいに広がりました。
中川先生、ぜひまたこのホールで宝石の音を振りまいてくださいね。

中川先生とともにアドバイザーを務めてくださったのは穂積有紀先生と桑原昌子先生です。あたたかい講評とメッセージをありがとうございました。
ピアノを大切に思う私たちにとって先生方の言葉はこれからもずっとピアノと関わっていくための大きな道しるべとなりました。

出演者のみなさま、これからもこの時期の恒例イベントとして印西ステップをどうぞよろしくお願いいたします。


2017年12月 2日

初ステップ、終わりました!

「楽しかったです。」
スタッフのみなさんからの感想です。

「初ステップとは思えません!」
アドバイザーの先生からのお言葉です。

「スタインウェイ、気持ちよく弾けました!」
学生スタッフ兼出演者の感想です。弾き終えた笑顔が素敵でした。

小さな反省点や改善点ははたくさんありますが、みんな笑顔で終わることができました。
名カメラマンスタッフT野先生のライブ感あふれる写真がたくさんあるのにアップできません!
本部に助けを求めて、近日中に公開いたしますのでお楽しみに...

専属プロデューサーの伊藤楽器田口様、
きめ細かな調整を妥協せずに行ってくださった調律師海野様、
それぞれの思いを込めて5月の説明会でスタッフに名乗り出てくださったみなさん、
出演してくださった70組のみなさん、
あたたかいアドバイスをくださった桑原先生、穂積先生、
素晴らしい演奏を披露してくださった中川先生。
みなさんのおかげです。ありがとうございました。

来年は12月9日にホールが取れました!
ピアノだけではなく、さまざまなアンサンブルや歌やリトミックや...待ってます。
そして、出ることに意義がある!を信じて、スタッフ出演者を推奨いたします。
いっしょに音楽しましょう。

1年後、平成最後の印西ステップはどんな笑顔が待っているのでしょうか?

2017年11月22日

印西ステップ開催します(2017.11.26)

ごあいさつ

「印西市文化ホールでPTNAピアノステップがあればいいのになぁ...」
この思いが叶うこととなりました。
さまざまなめぐり合わせを経て、まさか自分が代表として、
ここにごあいさつ文を載せることになるとは思ってもみませんでしたが。

新しいステーションの立ち上げと初のステップ開催。
果たして集まるのだろうかという心配も杞憂に終わり、本日を迎えることができました。
参加を決めてくださった方、聴きに来てくださった方々、本当にありがとうございます。

豊かな里山にあふれた旧地区と、
発展を続けるニュータウン地区の混在が独特の文化を生み出している印西市。
このホールと、最寄り駅「木下(きおろし」」が新たなピアノ文化の拠点として
これからも発信を続けていけるよう、スタッフ一同、心を込めてお手伝いいたします。

今日のステージが大きな思い出、大きな一歩となり、
これからのピアノ人生の糧になりますように。


印西きおろしステーション代表 小林めぐみ


(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ印西きおろしステーション