2020年2月29日

20'課題曲セミナーは中止

 2020年3月8日(日)9:50〜11:50  岩手公会堂で開催予定の課題曲セミナーは中止とさせていただきます。鈴木弘尚先生を講師としてお招きし予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた政府の方針に準拠して開催を中止とさせていただきます。
 既に申し込みをされておいでの方で、ご連絡先が分かる方には中止の連絡をさせていただきました。ご連絡先が分からない方は、ホームページにてご確認をお願いしたいと存じます。
 開催を楽しみにされていた皆様にはご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

2020年2月23日

二本柳奈津子先生セミナー終了しました

~導入期からできる美しい音色と読譜力を育てるレッスン~

IMG_0744.jpg IMG_0745.jpg IMG_0746.jpg

 2020217()、盛岡市のカワイミュージックスクールにて二本柳奈津子先生のセミナーが開催されました。会場に入ると、机に並べられた様々な可愛らしいグッズに目を惹かれます。これらを、導入期の指導に特に大切な2つのこと「①テクニックと②読譜」のために、どう使用するかを驚きと笑いの連続の中で実践していただきました。

IMG_0761.JPG IMG_0762.JPG IMG_0763.JPG

 ①について先生が大切にされている腕の脱力、指先の意識、耳を拓くこと、リズム感など・・・。おてだま・ボール・脱力人形などを使って手首や腕が柔らかくなることで音が伸びやかになり、、半分に切ったスーパーボウルに指先をのせることで、押しつけるタッチが美しいレガート奏法に変わったり、、など驚くことばかりです。また、L21の容器が7度の幅であったり、ゴムを伸ばす瞬間を拍の裏に数えたりと、ピアノから離れていてもできる工夫も数多くありました。

 IMG_0765.JPG

 ②の読譜に関しては、先生のご著書「ラインとハンドサイン」とバスティンのピアノパーティーを使用して、鍵盤の高低や位置を理解し、自分で楽譜を読めるためのヒントをたくさんいただきました。

こうした力を導入期につけることにより、子どもたちの多彩な美しい音色で、表情豊かな演奏につながっていくことがイメージでき、ピアノの魅力をより実感できた気持ちです。また印象的だったお話しのひとつが、子どもたちの身体能力が退化しているということです。現代の日常生活のなかで手や身体の筋力を使う場面が減少し、おてだまのキャッチボールもできない子が多いとか。最後に、受講生からもそのような内容や読譜の時期などの質問が次々にありました。

 実際の場面で、どの教材をどのタイミングでどう組み合わせたら良いかというアドバイスをいただき、レッスンですぐに取り入れることができそうな、有意義な時間でした。

 振り返るとあっという間の二時間でしたが、楽しく盛りだくさんの内容で、笑顔と素敵なピアノの音色に包まれたセミナーでした。

 二本柳先生、ありがとうございました!

岩手支部 村木貴美子

19'ステップ終了しました

2020年2月16日 盛岡市民ホール(マリオス)小ホールにて、盛岡地区ピティナ・ピアノステップが終了しました。今年度は80組の参加者で、ご自身がピアノ伴奏に編曲されて歌とのアンサンブルで参加されたステージが印象的でした。講評では「音楽には空間がある。日頃から空間を大切に、響きを大切にして練習してほしい。このホールは、良い音を出せば出すほど応えてくれるホールです。」とのアドバイスをいただきました。

IMG_0735.jpg   IMG_0736.jpg

IMG_0738.jpg

 鯛中卓也先生のトークコンサートでは"音と心"ーロマン派の音楽を中心にーと題して演奏してくださいました。響きの良いホールで響きを楽しむ曲からのスタートでドビュッシー「月の光」、空高く、ポツンと光輝いている星の様にショパン「ノクターン」、心の対話メンデルスゾーン「デュエット」、スケールの大きなオペラワーグナー/リスト「イゾルデの愛の死」と、先生の実直なお人柄と多彩な響きを楽しむコンサートでした。

 ご参加いただきました皆様、有難うございました。スタッフ一同来年もお待ちしております。

 第1.2部IMG_0730.jpg 第3.4部IMG_0740.jpg

 第5.6部IMG_0741.jpg

2020年2月 9日

20'課題曲セミナー

下記の通り課題曲セミナーが決定しました。お申込みはTEL又はFAXでも可能です。

沢山のご参加をお待ちしております。

鈴木弘尚.jpg

2019年6月21日

第43回ピティナ・ピアノコンペティション終了しました

 2019年6月16日(日)盛岡市民文化ホールにて第43回ピティナ・ピアノコンペティション盛岡地区予選が終了しました。今年は87組102名の参加者でした。
 例年よりゆっくりの開始時間で、余裕をもって参加者の皆さまをお迎え出来ました。入賞された皆様、おめでとうございました。

A1,連弾初,連弾中級
奨励賞
1.jpeg

優秀賞
2.jpeg


B,C級
奨励賞
3.jpeg

優秀賞
4.jpeg


D,E,F級 Yカテゴリー
優秀賞
5.jpeg


2019年3月25日

19'課題曲セミナー 終了しました

 2019322日(土)13時半~ 岩手県民会館 リハーサル室にて、鈴木弘尚先生によります「課題曲セミナー♪ピアノ&トーク♪」が行われました。


今回の受講生は53名と岩手支部開催最多の参加人数でした。親子での受講者も多く、楽譜を持参して熱心に勉強されていました。


 演奏形式にてお願い申し上げたところ、"ラフマニノフ「鐘」"の演奏から開催されました。いきなりの大曲で会場は、まろやかでありながらも力強い豊かな響きに包まれました。それからA1級、B級の演奏とレクチャーがありました。その後、またもや飛び入りで"天空の城ラピュタ"を演奏してくださり、私達にリラックスタイムを進呈してくださいました。オーケストレーションを想像させる様々な響きの演奏で、とても贅沢なリラックスタイムでした。先生は休憩されず、C級D級の演奏とレクチャーが続きました。


全体に繋がる四期の弾き分けについてワンポイントでお話をしてくださいました。

バロック・・それぞれの声部の弾き分け、左右によって異なるフレーズの山を弾き分け

      る。単語レベルで表現する事が求められる。

クラシック・・テンポの柱は一定だが、全部が全部メトロノームが刻むテンポではな

       い。フレーズの最初・最後は若干緩む。

ロマン派・・フレーズが長く先に先に流れて行く事が最も大切。タッチは忍び足の様

      に、腰を落として重心を移動する感覚。

近現代・・それぞれの曲でキャラクターが違う。自分が好きな曲、弾いてみたい曲を選

     ぶ事が大切。


多曲に渡り演奏とレクチャーを有難うございました。

そして、予定時間を超過しての意欲的なセミナーに感謝申し上げます。


2019年2月24日

石井なをみ先生セミナー終了しました

 2019年2月18日(ステップ翌日)10時半 カワイ楽器店にて石井なをみ先生によります"バッハが教えてくれること!"と題してセミナーが行われました。
先生はこのセミナーを通して私達に『音楽を奏でよう!』と伝えてくださいました。
    R1001761.jpg
 新しい曲を勉強する時一般的には、まず音を読むのが当たり前だが、まず曲がどうなっているのか?を考える。
1.構成を考える。何調か?何拍子か?テンポはどうなのか?
2.どんなキャラクターにするのか?テンポでキャラクターが随分変わる。
3.小、中、大(ゼクエンツ)

 構成を考えるなかで、調性・カデンツ・転調を見つけ分析するが、その分析したものが響きとなって表れているのか?例えばF:明るくて華やか、平和  B:喜びの調 C:白、何にでも染まるetc・・・それをチェックするのが我々の仕事。
 演奏する際は、分析したものが本人が自分の頭でしっかりと理解し誘導(ナビ)しないと出来ない。1小節ずつをしっかり覚える。キャラクター、和音、色合いの変化など。曲に番号を付けて練習するのも効果的。それらの変化によって、自分はどう思うか?何を表現したいのか?を音にする。その音を演奏する事により感情が生まれ、感性が育つ。
 これらの事を《インベンション第1番・第13番》《シンフォニア第6番》を使って具体的にレクチャーしてくださいました。

 自分で考えて弾く事が何より大切。それが音楽的アプローチに繋がる。技術的アプローチではいけない。
 音楽を創って表現する事が求められる!!と感じたセミナーでした。石井なをみ先生、有難うございました。

2019年2月23日

2019ステップ終了しました

 2019年2月17日(日)マリオス小ホールにて18年度盛岡ステップが開催されました。
今年は77組の参加で行われました。例年積雪により交通機関の乱れが心配されますが、今年は雪もなく穏やかな天候での開催でした。
 
R1001746.jpg
ステージでは子供達の集中した演奏が続きました。
アドバイザーの先生からは「盛岡地区の皆さんは、音楽を楽しんで演奏している。とても好感が持てました。」との嬉しい講評をいただきました。

トークコンサートでは、伊集院紀子先生の演奏を楽しみました。それぞれの曲目の響きが映像となって現れてくる表情豊かな演奏でした。伊集院先生有難うございました。


R1001743.jpg  R1001742.jpg

継続表彰では、70回表彰でクリスタルの盾を授与された参加者がいらっしゃいました。会場にあるボードから継続証明書を取ると、作曲者からのお祝いメッセージが現れます。作曲者
の名前は分かったかな?表彰された皆様、おめでとうございました。

来年の参加もお待ちしております。
スタッフ一同

第1部
R1001749.jpg


第2部
                                         R1001752.jpg                       

第3部 
R1001754.jpg            


第4部          
R1001756.jpg 


第5部・6部
R1001759.jpg

                                        


2019年2月14日

盛岡ステップ開催します(2019.2.17)

ご挨拶

 平成年号最後の年の第11回ピティナ・ピアノステップは、77組の参加者を迎え盛岡会場で開催されます。アドバイザーの先生方、出演する子供達を支えて下さるご家族の方々、又 ステップを支援
して下さる企業の方々、有難うございます。
 スペインの小説家セルバンテスが「音楽のあるところ、そこに悪は存在する能(あた)わず」と書いている言葉が思い出されます。
失敗を恐れずに楽しい気分で演奏をし終えた後「参加してよかった」と満足感を味わうことが出来ます様にと願っております。スタッフ一同応援しております。

岩手支部長  佐藤 靖子

(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2018年6月24日

第42回ピティナ・ピアノコンペティション終了しました

 2018年6月17日(日)盛岡市民文化ホールにて第42回ピティナ・ピアノコンペティション盛岡地区予選が終了しました。76組85名の参加者で、例年より若干少ない人数での開催でした。今年は盛岡にて、予選会と同じホールで地区本選が開催されます。優秀賞に輝かれた皆様、地区本選をお待ちしております。入賞された皆様、おめでとうございました。

A2級.A1級.連弾 奨励賞

R1001731.jpg


A2級.A1級.連弾 優秀賞
R1001733.jpg


B級.C級 奨励賞
R1001735.jpg



B級.C級 優秀賞
R1001737.jpg


D級.E級.F級 奨励賞・優秀賞

R1001739.jpg


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ岩手支部