« 前の記事| 後の記事 »

ピティナ課題曲セミナー開催(黒田亜樹先生)

3月16日、岩手連絡所では、黒田亜樹先生をお招きして、2008年度ピティナ課題曲セミナーを開きました。会場のマリオスリハーサル室では、40数名の受講者が、先生のピアノを取り囲むようにして、熱心にその説明に耳を傾けました。

080316morioka2.jpg080316morioka.jpg

 A2級からD級までの課題曲の説明と演奏があり、一同先生の素敵な演奏に聴き入りました。バロックから近現代までのタッチや奏法、ペダルの踏み方など細かな説明があり、受講者はその説明を聞き漏らすまいと、楽譜を見ながらペンを走らせていました。以下に教えて頂いたことのいくつかを具体的に記してみます。

バロック・・・出版社により奏法に迷いが!
・ 長すぎるスラーのある音型は少しタッチを軽くすると解決する。
・ オクターブでとんでいる2つの音はつなげない方が無難。
・ 4つの音がある場合は2つか3つのグループに分けてみる。

古典・・・構成を知ることが大切!
・ ソナタ形式を表現するには、これをドラマのように見立て、主人公・相手役などに置き換えること、展開部ではドラマチックに、再現部では一件落着になる。
・ テンポの中で遊べるようなアゴーギクにすること。
・ リピート(繰り返し)はロマン派のショパンのスケルツォなどへ引き継がれるものなので、コンクールとは関係なくても弾いてみるとよいこと。

ロマン派・・・テンポンの脈をしっかりと!
・ タランテラについて、毒蜘蛛のイメージがありますが、実際にはそれとは関係がなく、結婚式などで踊られる楽しいダンスを映したもので、恐ろしい曲ではないということ。
・ 堅いスタッカートは近現代に近くなるため少し柔らかめにすること。

近現代・・・バロックからロマン派までを総括して!
・ フランスの曲はペダルちょっとだけ踏むようにすること。
・ バスティン先生の曲をアレンジして演奏されることで、足りない和声を補い曲のイメージをふくらませること。

 D級の説明をされる頃にはもう時間も超過しており、演奏主体となりましたが、黒田先生の音色にしばし聴き入り満足でした。先生の気さくなお人柄もありユーモアをまじえてのイタリアのお話なども興味深いものでした。小さい生徒さんへの伝え方やスケールに取り入れてのタッチの違いをみにつける練習法など、普段のレッスンにすぐ生かせる方法も教えて頂き、大変勉強になりました。

 以上、セミナーの内容の一部を簡単に記してみましたが、黒田先生による今回のセミナーはとても有意義なものでした。今後もまた違ったテーマでのセミナーをして頂くことを期待しています。

Rep.角田ちか子


※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ岩手支部