« 前の記事| 後の記事 »

19'課題曲セミナー 終了しました

 2019322日(土)13時半~ 岩手県民会館 リハーサル室にて、鈴木弘尚先生によります「課題曲セミナー♪ピアノ&トーク♪」が行われました。


今回の受講生は53名と岩手支部開催最多の参加人数でした。親子での受講者も多く、楽譜を持参して熱心に勉強されていました。


 演奏形式にてお願い申し上げたところ、"ラフマニノフ「鐘」"の演奏から開催されました。いきなりの大曲で会場は、まろやかでありながらも力強い豊かな響きに包まれました。それからA1級、B級の演奏とレクチャーがありました。その後、またもや飛び入りで"天空の城ラピュタ"を演奏してくださり、私達にリラックスタイムを進呈してくださいました。オーケストレーションを想像させる様々な響きの演奏で、とても贅沢なリラックスタイムでした。先生は休憩されず、C級D級の演奏とレクチャーが続きました。


全体に繋がる四期の弾き分けについてワンポイントでお話をしてくださいました。

バロック・・それぞれの声部の弾き分け、左右によって異なるフレーズの山を弾き分け

      る。単語レベルで表現する事が求められる。

クラシック・・テンポの柱は一定だが、全部が全部メトロノームが刻むテンポではな

       い。フレーズの最初・最後は若干緩む。

ロマン派・・フレーズが長く先に先に流れて行く事が最も大切。タッチは忍び足の様

      に、腰を落として重心を移動する感覚。

近現代・・それぞれの曲でキャラクターが違う。自分が好きな曲、弾いてみたい曲を選

     ぶ事が大切。


多曲に渡り演奏とレクチャーを有難うございました。

そして、予定時間を超過しての意欲的なセミナーに感謝申し上げます。


※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ岩手支部