2018年5月16日

赤松林太郎先生セミナー 『バッハのいろは』開催しました


赤松林太郎先生による、演奏家が伝える『バッハのいろは』
プレインベンション、インベンション、シンフォニア~本流を学ぶ~

5月11日、ファンタジーホールに於いて、赤松林太郎先生のセミナーを開催いたしました。
県外からもご参加頂き、60名余りの参加者の皆さんが午前、午後の2講座を受講されました。


あんな曲を作れるバッハは天才だし!神だ!と思っていますが、
バロック時代は、なぜこう演奏するのか、それを時代背景、地域性、言語など多方面から、一つずつ解明しながら、それを解りやすく伝えてくださる赤松先生は、凄すぎです。
さすが全国区で大人気の先生です‼️ (スタッフ:森田 里)


受講者の皆様から、たくさんの感想を書いていただきましたので、ご紹介させていただきます。

・一瞬にして中世の時代に連れて行ってくれて、とても面白かったです。

・時代背景を考えて、バロック音楽をを捉える必要があると思いました。

・何時間でも受けたい講座でした。

・すべてわかりやすく、お話に流れがあり、イメージしやすい内容でした。

・レッスンで子供たちに伝えやすいワードがあり、参考になりました。

・曲によってフランス風、イタリア風などの弾き分け方があるのがよく分かりました。

・目からウロコ、己の無知さに落胆しました。

・赤松先生の探求の素晴らしさに脱帽です。

・キリストから通じる調性、拍子など、解釈をする上で土台になることを多く学びました。

・舞曲と宮廷の関係がよくわかりました。

・連続して勉強したいです。


たくさんの方に受講していただきまして、どうもありがとうございました。

皆さんのご希望が多かったので、次回は「インヴェンション講座 全3回」を開催します。
どうぞ、皆様のご参加をお待ち申しております。


20180516004107.jpg 20180516004413.jpg 20180516004612.jpg
  

Report:伊予しおさいステーション 荒木惠子

2018年5月14日

伊予市図書館・文化ホール等開館プレイベント事業「ピティナ・アフタヌーンコンサート」~ピアノデュオ ドゥオールと行く音楽の旅~

2018年4月28日(土)16:00から、松前総合文化センター広域学習ホールにおいて、
伊予市図書館・文化ホール等開館プレイベント事業
「ピティナ・アフタヌーンコンサート」~ピアノデュオ ドゥオールと行く音楽の旅~
を開催いたしました。

ピティナ・伊予しおさいステーションは、
過去10年に渡り伊予市内各小学校に於いて
学校クラスコンサートを実施して参りました。
国内外でご活躍中のピアニストの方々の生の演奏を間近で聴くという体験は、
子供たちにとって「感動」という大きなメッセージとして届いてきたことと思います。
この感動を多くの方にお届けしたいという想いから、
今回のコンサートを企画いたしました。

このコンサートは、来年夏に完成の伊予市図書館・文化ホール等複合新施設開館
プレイベント事業として実施したもので、伊予しおさいステーションは、
地域文化発展のために微力ながらサポートしていきたいと思っています。

演奏頂きましたドゥオールの先生方には、谷川俊太郎さんの詩の朗読をしながら
演奏するという、これまでにない企画に挑戦して頂きました。
また、広瀬弦さんの絵もプログラムに加わり、子供にもイメージしやすく、
見て聴いて楽しい演奏会になりました。
会場が感動の渦に巻き込まれ観客からは「ブラボー!」の連発でした。

【チラシ】


【プログラム】


【会場の様子】


【演奏】


【サイン会】


【スタッフと】


今回のコンサート実施に当たり、地域大手銀行「伊予銀行」より
助成金を頂くことが出来、地域活動に貢献している主旨から、表彰状も頂きました。
実施前には、FM愛媛の番組内でPRのためのお話をさせて頂いたり、
CATVでのCM、実施後は、地元の愛媛新聞にも掲載して頂きましたこと、
心より有難いと思っております。
伊予しおさいステーションは、今後も地域に活力をもたらせることを目指して
歩んでいきたいと願っています。

伊予春季ステップ開催レポート(2018.4.29)

青空広がる連休初めの4月29日(日)、
松前総合文化センター 広域学習ホールに於いて、
ピティナ・ピアノステップ伊予春季地区を開催しました。
今年度より、春秋、年2回の開催になり、春の初開催となりました。

アドバイザーは、永田雅代先生、ドゥオール(白水芳江先生、藤井隆史先生)のお二人、
園児からグランミューズの方まで、全7部、102組の演奏が繰り広げられました。
今回は、ピティナ・ピアノコンペティションのリハーサルの方も多く、
プログラムを4部、5部、6部後半をコンペ組としてまとめました。
参加者の皆さんは、本番さながらの緊張感で
練習のステージを経験することが出来たようです。

トークコンサートは、ピティナ・ピアノコンペティション課題曲紹介コンサート
ということで、ドゥオールの先生方に、ソロ、連弾曲から抜粋で演奏して頂きました。
継続表彰も、5回表彰9名、10回表彰5名、15回表彰4名、20回表彰2名、25回表彰1名、
30回表彰1名、35回表彰1名、合計23名の方が受賞されました。おめでとうございます!
次回の秋季ステップは、2018年10月7日(日)同会場で行います。
翌10月8日(月・祝)は、ブルグミュラーコンクール愛媛大会を実施しますので、
リハーサルを兼ねてのご参加もお待ち致しております。

ピティナ・伊予しおさいステーション

第1部・第2部継続表彰
第3部・第4部・第5部継続表彰
第6部・第7部継続表彰
継続表彰の様子
ドゥオールトークコンサート①
ドゥオールトークコンサート②
トークコンサート プログラム①
トークコンサート プログラム②
アドバイザー 講評

2018年4月25日

伊予春季ステップ開催します(2018.4.29)

♫ ようこそ!!伊予ステップへ ♫

本日はご来場くださいまして誠にありがとうございます。
今年も多くの方々のご参加を頂き、スタッフ一同心より感謝致しております。
 
今年度より新たに春季ステップを追加し、
春と秋、年2回のステップを開催することになりました。
当ステーションの拠点である伊予市に建設中の新ホールも、
オープンが待ち遠しいところですが、今年度はこの開場でのステップ実施となります。
 
参加シールのテーマ、「輝く太陽と波間から響く音楽」の如く、
参加者お一人お一人が、大きなステージでキラキラ輝いて頂きたいと思います。
そして、今日のステップのステージが、今後の「向上」のための
ワンステップとなりますことを心より願っております。
 
皆様との出会いに感謝し、心からの拍手をお送り致します。

          
♫伊予しおさいステーション スタッフ一同♫


(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2017年10月18日

伊予ステップ開催レポート(2017.10.8)

数日前のさわやかな秋が一転、
夏がぶり返したような暑い日となった2017年10月8日(日)

アドバイザーに穂積有紀先生、西本夏生先生、佐久間あすか先生を
お迎えし、伊予ステップを開催いたしました。
今回は11年目のステップ開催で、心機一転、会場を松前総合文化センターに移し、
参加者81組の方々に大きなホールで熱い想いのこもった演奏を繰り広げて頂きました。
継続表彰も、45回の方を筆頭に、5回、10回、15回、20回、25回、30回と揃い、
いろいろな色のキーホルダーや楯を見ることができました。

アドバイザーの佐久間あすか先生&西本夏生先生に、
Piano Duo piaNA(ピアーナ)としての楽しいトークコンサートもして頂きました。
カプースチンの連弾 「シンフォニエッタOp.45第1楽章」に始まり、
西本先生のソロで、今を生きるスペインの作曲家パスクアル・ヒメノの
「6つの演奏会用リズムエチュードより2.プレリア」。
つい体がリズムを刻んでしまうノリノリの演奏でした。

次は、佐久間先生の鍵盤ハーモニカと西本先生のピアノのコラボで、
モンティの「チャルダッシュ」。
ジプシー音楽の持つ特有のテンポの変化や旋律を強烈にアピールして頂きました。
客席に降りて観客の目の前で演奏するサプライズもあり、聴く人はドキドキ!

最後は、カプースチン「ディジー・ガレスピーの"マテンカ"によるパラフレーズ」。
2台ピアノを1台で弾くとどうなるかという発想の下、やってみたらこうなったという、
アクロバティックな演奏で、ピアノを二人で弾く面白さを聴いている人に体感させる
とても楽しいコンサートとなりました。
先生方、ありがとうございました。

伊予ステップは、来年から春、秋の2回開催になります。
また皆様にお会いできる日を楽しみにしております。
ご参加ありがとうございました。

1部・2部継続表彰
3部・4部継続表彰
5部・6部継続表彰
トークコンサート1
佐久間あすか先生&西本夏生先生
トークコンサート2
トークコンサート3
トークコンサート4
トークコンサート5
鍵盤ハーモニカアンサンブル1
鍵盤ハーモニカアンサンブル2
ステージ裏 アナウンス、進行の様子
ステージ裏
受付
集計の様子

2017年10月 4日

伊予ステップ開催します(2017.10.8)

♫ ようこそ!! 伊予ステップへ ♫

本日はご来場くださいまして誠にありがとうございます。
今年も多くの方々のご参加を頂き、スタッフ一同心より感謝致しております。

今回は、ステーション発足11年目、心機一転、新会場での実施です。
昨年出来上がりました合格、参加シールのテーマ、
「輝く太陽と波間から響く音楽」の如く、参加者の皆様には、
大きなステージでキラキラ輝いて頂きたいと思います。

そして、今日のステップのステージが、今後の「向上」のための
ワンステップとなりますことを心より願っております。
皆様との出会いに感謝し、心からの拍手をお送り致します。

♫ 伊予しおさいステーション スタッフ一同 ♫


(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2016年12月16日

2016年度 ピティナ学校クラスコンサートin伊予 実施レポート

ステップの翌日、10月24日(月)、伊予市立郡中小学校音楽室に於いて、伊予しおさいステーション主催、ピティナ学校クラスコンサートを実施しました。
今回は、ステップアドバイザーとしてお越しいただいた宮谷理香先生にお願いしました。


まず初めは、曲の感じが全く違う2曲を演奏し児童の興味を惹き付けました。そして、曲に対するイメージを引き出させるように感想を述べさせました。

・「トルコ行進曲/モーツァルト」...楽しそう。心が弾む感じ。踊り出しそう。
・「ワルツ嬰ハ短調Op.64-2 /ショパン」(1時間目のクラス)...踊っている感じ。
・「愛の夢 第3番/リスト」(2、3時間目のクラス)...しっとりした感じ。美しい音。


ピアノという楽器を知るために、先生から児童達に質問

♪ ピアノは、なぜピアノという名前が付いたのでしょう?

~今からおよそ300年前の1709年にクリストフォリが製作。フォルテからピアノまで出せる楽器ということで「クラビチェンバロ コル ピアノ エ フォルテ」という名前を付けた。長い時を経てだんだん省略され現在の「ピアノ」という名前になる~

強い音を体で感じてもらうため
・「ピアノ協奏曲 イ短調 作品16/グリーグ」冒頭部分の迫力ある演奏。

弱い音で始まる優しく繊細な音色にうっとり。
・「月の光/ドビュッシー」

先生の質問に真剣に考える児童を前に、解答を3択にするなど児童とのやり取りを楽しんでいらっしゃる笑顔がステキでした。


♪ ピアノは何でできているのかな? ピアノの構造を知ろう!

外側は?
「そう!木で出来ている」(扉を叩いた音 コツコツ)
弦の張っている内側の金色の部分は?
「そう!鉄で出来ている。だからピアノは重いよ。」
「たくさんのピアノ線が張られているので木では割れてしまう。鉄で支えているよ。」
「鉄の下に、ピアノの心臓部分である響板があるよ。」

そう言って取り出したのは、手のひらサイズの箱のない小さなオルゴール。
手に乗せて聴いてみても音も小さく聞き取れません。

「実験開始!響板の上に置いてみるね」
あら不思議!大きな音で教室中にオルゴールの音が鳴り響きました。
児童たちは、響板の凄さに目を見開きびっくり、感動!


ピアノの周りを取り囲み、実際に響板を目で確かめたり、内部のハンマーの動き、弦の張り方などを観察しました。

・「ラ・カンパネラ/リスト」
先生の指の動き、表情、息遣いなどをすぐ近くで感じることができました。

それから、先生の伴奏で「翼をください」を合唱。
先生の素敵な伴奏アレンジに児童達も美しいハーモニーで応え、教室が一つの大きな輪になりました。先生の目からは、感動の涙がウルウル。


最後に、先生自身の人生を大きく変えた「ショパン」についてお話しされました。
~ショパンはポーランドに生まれ、20代でパリへ、39歳で亡くなる。戦争により帰国できなかったので、故郷に対してとても強い愛を持っていた作曲家。皆さんも故郷を想う気持ちを大切に!~

・「革命のエチュード/ショパン」

故郷への想いをいっぱい込めて作曲した力強い曲を最後に演奏してくださいました。
先生の演奏は、熱いメッセージとして児童達の心の中に響いたことでしょう。

宮谷理香先生、素敵な時間をどうもありがとうございました。

学校クラスコンサート-9.jpgのサムネール画像 学校クラスコンサート-7.jpgのサムネール画像 学校クラスコンサート-8.jpgのサムネール画像 学校クラスコンサート-5.JPG 学校クラスコンサート-10.jpg 学校クラスコンサート-6.JPG 

Report:伊予しおさいステーションスタッフ 金橋 淳


~回想~

 平成19年より毎年続けてきた学校クラスコンサートも今年で10年目の節目を迎えました。
思い返せばこの10年間、第一線でご活躍のピアニストの方々にお越しいただきました。
児童たちは、その素晴らしい演奏を聴いたり一緒に歌やリコーダーなどの共演をさせて頂く中で、音楽に関心を持ち、素直な感動を味わってくれたのではないかと思います。

この学校クラスコンサートも、10年の節目に合わせて今年で一旦終了です。

今回は最後の企画に花を添えるように、伊予市教育委員会から、「いよし新図書館・文化ホール・交流施設 会館プレ事業」として、このピティナ学校クラスコンサートを取り上げて頂きました。
10年間、地域に音楽を広めるためのボランティア活動として「ピティナ学校クラスコンサート」を続けてきましたが、やっとその活動が認められたようで、大変有難く嬉しく思っています。
今後は、ステーション活動が地域貢献に繋がるように、違う形で継続して実施出来ればと思っています。

 これまでご協力頂きました学校関係者の皆様、伊予市教育委員会の皆様に、この場をお借りして心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

伊予しおさいステーション代表 荒木 惠子


「ステーションだより」に取り上げて頂きました。
ステーションだより 記事2016年11月.jpg

2016年11月10日

伊予ステップ開催レポート(2016.10.23)

10月23日(日)伊予ステップが開催されました。
参加者123名、また今年も多くの皆様にご参加いただきありがとうございました。
継続表彰者も36名と、多くの方が表彰されました。
今回は、ピティナ創立50周年、ステーション創立10周年、それぞれの節目の年を祝し、ステーション企画として「逢えてよかったね」を合唱しました。
贅沢にもアドバイザーの林苑子先生の伴奏に合わせ、ステージと会場が一体となり素敵な時間を共有できました。
また、宮谷理香先生のトークコンサートも、曲のイメージを引き出すトークと演奏で、聴衆を感動の渦に巻き込みました。
今年は、10周年の記念にご当地シールも新たに作成し、大いに盛り上がったステップとなりました。

2016ステップアドバイザー
2016ステップ継続表彰 第1~3部
2016ステップ継続表彰 第4,5部
2016ステップ継続表彰 第6,7部
2016ステップ継続表彰 第8部
2016伊予ステップ トークコンサート 宮谷理香 先生
ご当地シール 決定版
合唱「逢えてよかったね」

2016年10月20日

伊予ステップ開催します(2016.9.19)

♫ ようこそ!! 伊予ステップへ ♫

本日はご来場くださいまして誠にありがとうございます。
今年も多くの方々のご参加を頂き、スタッフ一同心より感謝致しております。

今年はピティナ50周年の記念の年ですが、伊予しおさいステーションも
創立10周年の節目の年になります。そこで50周年協賛企画としまして、
宮谷理香先生のトークコンサートの後、「逢えてよかったね」の合唱を
させて頂くことに致しました。会場の皆様も、ぜひご一緒にお声を
合わせて頂ければ嬉しいです。

また、10周年に合わせてご当地シールも作成いたしました。ステーション名
「しおさい」にふさわしく「輝く太陽と波間から響く音楽」をテーマに
素敵な「合格、参加シール」が出来上がりました。どうぞお楽しみに!

参加者の皆様には、今日のステップのステージで日頃の練習成果を存分に
発揮して頂き、ステージ経験の感動が今後の「向上」のためのワンステップと
なりますことを心より願っております。

皆様が気持ちよくステージをお楽しみ頂けますよう、スタッフ一同精一杯
お手伝いさせて頂きたいと思います。どうそ皆様の温かい拍手をよろしく
お願い致します。

♫ 伊予しおさいステーション スタッフ一同 ♫


(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2016年6月 4日

黒田亜樹先生 コンペ課題曲公開レッスン実施レポート

黒田亜樹先生  コンペ課題曲公開レッスン実施レポート

公開レッスン写真4.jpgのサムネール画像

公開レッスン写真3.jpgのサムネール画像のサムネール画像

公開レッスン写真7.jpg

 


5月29日(日) アオノホールに於て、伊予しおさいステーション主催、黒田亜樹先生による2016年度コンペ課題曲公開レッスンを実施致しました。昨年の公開レッスンに引き続き、今年度もイタリアを拠点にピアニストとして、また指導者としてご活躍中の黒田亜樹先生をお迎えすることができました。
 コンペ予選日程も近づいていることもあり、ピティナ会員の方々や親子での聴講の方もたくさん見受けられ、いよいよコンペティションが始まるという意気込みの伝わる雰囲気の会場となりました。
時間の都合上、近現代のみの課題曲レッスンとなりましたが、A1級2名、B級3名、C級2名、D級2名、連弾プレ初級一組の方々が、本番さながらの緊張感を持ってレッスンを受けられました。
黒田先生は、各課題曲のポイントはもちろんのこと、各生徒さんのテクニック的な弱点などをすばやく見つけてくださり、それをどう改善するかなど的確にアドバイスしてくださいました。
 受講生の皆さんのレッスンを通して、他の曲のレッスンにも使える色々な練習方法の紹介など、細かなアイディア満載の公開レッスンとなりました。黒田先生に心より感謝致します。

伊予しおさいステーションスタッフ  森田 里


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ伊予しおさいステーション