« 前の記事| 後の記事 »

柏の葉ステップ開催レポート(2019.2.24)

今年も、梅のほころぶころ、「第二回柏の葉ステップ」が行われました。 ジュニア部門が70組、グランミューズ部門は13組。 そして、室内楽ステップ参加の4組、女声コーラスグループの1組、が加わり、とても華やかなステップになりました。

チーフアドヴァイザーをお引き受けくださった松本明先生は、話されるトーンは静かでしたが、"音楽、ピアノへの熱い思い"が伝わる、温かさが印象的でした。

作曲家の糀場富美子先生は、作曲家の視点から、曲の構成、その曲の持つリズムのとらえ方、和声の移り変わりを分かりやすくお話しくださいました。

ピアニストの橋場多恵子先生は、室内楽ステップの準備やリハーサルからご指導くださり、ステップ当日のトークコンサートも実演していただき、音楽のすばらしさを生で味あわせてくださいました。

継続表彰のかたも増えまして、参加者ご本人もご家族も、とても喜んでおられる光景は印象深いものがありました。

柏の葉ステーションは、まだ歩き始めたばかりですが、集まった指導者会員がとても明るく前向きです。終演後は、お互い労をねぎらいながらも、これからも良いものをして行きましょうと、笑顔で解散しました。

代表 高橋淑子

継続表彰の皆さん
参加者の皆さん
室内楽ステップリハーサル 松村さん
糀場先生とシエルマルディ
※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事


カテゴリ



QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ柏の葉ステーション