ステップ アーカイブ

2011年3月 3日

千里北ステップ開催します

ご挨拶

ご来場の皆さん、こんにちは。
3月になり、ようやく春めいてまいりました。
本日はPTNAステップ千里北地区へお出でくださいましてありがとうございます。
当地区は、今年でステップ開催6年目になります。
私たちスタッフは、月に1度ピアノ指導法研究会を開き、よりよいレッスンが出来る
ように学習している仲間です。
今日は、アドバイザーの先生からのアドバイスを頂き、また今後の指導に
役立てて行きたいと思っています。
参加者の皆さんは、練習の成果を思い切って発揮してくださいね。
ステキな演奏に出会えますことを楽しみにしています。

(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2013年3月21日

千里3月Ⅰ、Ⅱステップ開催します。

ご挨拶

こんにちは、今年も心ときめく3月に皆さんにお目にかかる事が
出来嬉しく思います。ご参加下さいました皆様方に深くお礼申し
上げます。

このステップに参加した経験を通じて、参加者の皆さんがより
ピアノと、音楽と深い絆で結ばれていく事を期待しています。
スタッフ一同、素敵な1日になりますように運営させて頂きます。

今日が皆さまにとって思い出に残る素敵な一日になりますように。

PTNA北大阪ステーション代表 二本柳 奈津子


(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら 千里3月Ⅰ千里3月Ⅱ

2013年4月 4日

千里Ⅱステップ開催レポート(2013.3.24)

●3月24日(日)
●千里3月Ⅱ地区ステップ
●アドバイザー
岡田将先生・芹澤文美先生・根津栄子先生・根津理恵子先生
(ローテーションにて、うち3名のアドバイス)

前日とは会場を替え、千里ヤマハホールにて開催致しました。
朝10:10~20:30まで8部にわたり合計99組の参加者が熱演されました。

受付も済ませ、早く準備をしてドキドキ出番を待ちます。


コメントを読み上げたり、和やかに演奏出来るようアナウンスも盛り上げます。


集中して演奏!
このステップをお教室の発表会代わりにされたり、
発表会前のリハーサルに活用される方も多いようです。


アドバイザーの先生も真剣に演奏を聴いて、沢山アドバイスして下さいました。
一流の先生方からのアドバイスは宝物です。


講評でも的確なアドバイスを頂き、参加者の皆さんが思わず頷く場面も。
やはり良い演奏をするには良い耳を育てなければなりません。
そして、練習だけではなく、美しいものに触れ、日々の生活の様々な経験を積み重ねて自分の引き出しを増やして音楽の幅も広げてゆきたいものです。


15:20~15:50までは、アドバイザーの根津理恵子先生によるトークコンサートが行われ
ショパンの
♪幻想即興曲Op.66
♪4つのマズルカOp.24
♪アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズOp.22
を演奏して頂きました。

2005年のショパン国際ピアノコンクールのファイナリストに選ばれた根津理恵子先生の演奏は、どこから作り出されたのかわからない程様々な音が、まさに流れる出てくるようで、聴きなれた曲がとても新鮮に聴こえました。
また、その集中力の高さにも圧倒され、客席もグッと聴き入るあっという間の30分間でした。
プロの空気を間近に感じる事で、参加者の皆さんもかなり高揚されて、私たちスタッフも刺激をたっぷり頂きました。
理恵子先生、有難うございました。

この日は20名の継続表彰者が表彰されました。 おめでとうございます。

私事ですが、何十回と舞台の回数を重ねておられる方が立派に演奏されているのを聴き昔に聴いた小さな頃を思い出して目頭が熱くなりました。
「継続は力なり」何があっても舞台に立ち続ける強さは確実にご本人の力となる。
そんな方々を称えるこの継続表彰はとても良い制度です。
ピアノを愛する方々のステップアップの一助となりますよう・・・

2014年3月20日

千里3月Ⅰステップ開催します。

「Spring has come!!」

今年も春がやって来ました。
私たち北大阪ステーション実施のステップは今年で9年目を迎えます。
1回目からずっと3月に実施し、毎年春の訪れをステップと共に感じています。
春のワクワクする感じ。なにか始めたくなる感じ。ステップアップしたくなる感じ。
そんな気持ちを音符に乗せて見て下さい。

今日は参加者の方々が気持ちよく演奏できるように
スタッフ一同、心をこめて運営させて頂きます。
"今日の日が人生の大切な1ページとなる!" 
そんな時間になりますように。

北大阪ステーション 代表 二本柳奈津子


(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2014年4月10日

千里3月ステップ開催レポート(2014.3.23)

千里3月Ⅰ地区は、千里YAMAHAホールにて、アドバイザー 泉ゆりの先生、鈴木弘尚先生、永田雅代先生、二本柳奈津子先生をお迎えいたしまして、103名の方々のご出演を頂きまして開催させて頂きました。
本年度も、幅広い年齢層の皆様にご参加頂きまして本当にありがとうございます。
皆様の音楽に対する 情熱や、感動!
音楽が人の心を癒したり又 癒されたり、音楽を愛し継続する事の素晴らしさを再認識し感慨深い9回目の開催となりました。
泉ゆりの先生の華麗なそして心に深く訴える素晴らしいトークコンサートは、小さなお子様も皆様聞き惚れてトークコンサートの表題でも有り ました~ピアノで音散歩~を楽しませて頂きました。
又、今回北大阪ステーションでは多数の若手新スタッフ加入後初のステップ開催でしたが、ご参加の皆様の"今日の日が人生の大切な1ページ に"なります様に と言う想いを胸に
スタッフ一同、
心を込めて一生懸命 精一杯努めさせて頂きまして、大変清々しい充実感が有りました。
ありがとうございました。

北大阪ステーション 岩本智子

千里3月ステップ 千里3月ステップ 千里3月ステップ 千里3月ステップ 千里3月ステップ 千里3月ステップ 千里3月ステップ 千里3月ステップ 千里3月ステップ 千里3月ステップ 千里3月ステップ
千里3月ステップ 千里3月ステップ

2014年4月17日

千里3月Ⅱステップ開催レポート(2014.3.29)

千里3月Ⅱ地区は、池田市民文化会館イベントスペースにて
アドバイザー大井和郎先生、岡田将先生、江夏祐子先生、松前フサ子先生をお迎えいたしまして、89組の方々のご出演を頂き開催させて頂きました。
千里3月Ⅱ地区の1番の特色と致しましては、ステーション企画の室内楽です。
今回で9回目となりました室内楽は、第1回目より 音登夢としてご活躍のバイオリニスト木村直子先生とチェリスト木村政雄先生の賛助出演を頂戴し今年も21組の室内楽をご共演頂きました。
ステーションでは、約2週間前に木村先生ご夫妻と一度合わせ&レッスンを行って頂いて当日リハーサルと本番と回数を重ねて頂いています。
2週間前の合わせレッスンでは、同じ曲の生徒さんは、同じ曲の他の方のレッスンも聴講致します。そして再度合わせるのですがほぼ全員が1 度目よりも上手にそしてバイオリンとチェロの音を聴けるようになります。
木村先生ご夫妻の音楽に導かれて、子供達の吸収力が、毎年素晴らしいと思います。
1人で弾く事の多いピアノですが、プロのソリストの方々と一緒に演奏して頂ける事によって音楽的に成長するのが良く分かります。
音楽の本当の楽しさに触れる大変良い機会だと思います。
そして、岡田将先生の素晴らしいトークコンサート♪♪♪
岡田先生の演奏は、音楽のスケールが大きくて煌大で芸術の奥深さが、感じられます。
ピアニストの息遣いや奏法を間近で見て聴いて感じる事が出来るトークコンサート♪
本物の音楽を肌で感じる事は、音楽を学ぶなりよりのエネルギーだと思います。
最後に3月23日3月29日と2週続きでの開催は、当ステーション初めての試みでしたがスタッフ皆力を合わせて、ご出演の皆様が気持ち良く演奏して頂ける 様にとの、一心で頑張りました。滞りなく終える事が出来まして、ありがとうございました。 北大阪ステーション 岩本智子

室内楽

室内楽の様子 室内楽 室内楽

岡田将先生トークコンサート

トークコンサート トークコンサート

継続表彰

継続表彰 継続表彰 継続表彰 継続表彰

2015年3月12日

千里3月Iステップ開催します。

ごあいさつ

北大阪ステーション開催のPTNAステップはちょうど今回で10回目にあたります。
10年間、ピアノを学習される方々に、演奏を発表できる機会を提供するため、
また、ピアノ指導者同士の連帯感を育むため等、多くの目標を掲げつつ、続けて
参りました。
舞台で弾くことは、聴く人にとってもそして演奏する人も成長させてくれる素晴らしい機会です。
10年の間には、たくさんの想い出があります。思わず目頭が熱くなる数々の名演
にも出会えました。
参加者の皆様に気持ちよく演奏して頂け、指導者も学べる機会として定着して参り
ました事を心より感謝申し上げます。
今回より、「ご当地シール」をパスポートに貼らせて頂いております。
このデザインは、演奏の脱力指導に欠かせない"お手玉"が描かれています。
どのようなデザインなのか、どうぞ楽しみにされて下さいね。

北大阪ステーション 代表 二本柳奈津子

 
(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2015年3月20日

千里3月IIステップ開催します。

北大阪ステーション開催のPTNAステップはちょうど今回で10回目にあたります。
10年間、ピアノを学習される方々に、演奏を発表できる機会を提供するため。
また、ピアノ指導者同士の連帯感を育むため、等、多くの目標を掲げつつ、続けて参りました。
舞台で弾くことは、聴く人にとってもそして演奏する人も成長させてくれる素晴らしい機会です。
10年の間には、たくさんの想い出があります。思わず目頭が熱くなる数々の名演にも出会えました。
参加者の皆様に気持ちよく演奏して頂け、指導者も学べる機会として定着して参りました事を心より感謝申し上げます。
今回より、「ご当地シール」をパスポートに貼らせて頂いております。
このデザインは、演奏の脱力指導に欠かせない"お手玉"が描かれています。
どのようなデザインなのか、どうぞ楽しみにされて下さいね。

 
(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

千里3月Ⅰステップ開催レポート(2014.3.14)

千里3月Ⅰ地区は、千里YAMAHAホールにて、アドバイザー落合浩美先生、菊池裕介先生、鈴木弘尚先生、二本柳奈津子先生をお迎えいたしまして、開催させて頂きました。

今回、北大阪ステーションステップは10回目の開催にあたります。
今年もピアノを始めて間もない子供たちから、社会人になってもピアノを楽しんでくださる方々まで 幅広い年齢層の方々90名の演奏を聴かせていただくことができました。
また16名の方が継続表彰されました。おめでとうございます。

講評では菊池先生の
「最上級の演奏の先にある感動、演奏者自身も感動する演奏を求めて日々の努力を。
それで得た力は専門に音楽をやっていく人だけでなく、どんな道に進む人にも大事なものです。」
という内容のお話をいただき、これからのピアノとの向き合い方を改めて考える良いきっかけになりました。

その後の鈴木弘尚先生のトークコンサートでは

・水車小屋と小川  シューベルト=リスト
・ワルツop.64-2 ショパン
・プレリュード  「鐘」  ラフマニノフ
・四季より 10月「秋の歌」 4月「松雪草」 チャイコフスキー
・英雄ポロネーズ  ショパン

というプログラムで演奏くださいました。
前に菊池先生がお話くださった「最上級」を体現された演奏に触れることができ聴き手の心に、より一層響く素晴らしいコンサートとなりました。

ステップ開催10回目になりますが、まだまだ至らぬ部分、改善すべき所がありました。
次の第11回がさらに良いものになるために御出演くださる皆様の素敵な思い出の1ページになりますよう常に「最上級」を求めてスタッフ一同努めさせていただきたいと思います。
ありがとうございました。

2015年3月21日

3月14日(土)千里ステップ 「トークコンサート」レポート

3月14日(土)の千里ステップでは、15:10~15:40 鈴木弘尚先生のトークコンサートが行われました。

個々の先生方の生徒さんたちへの声掛けや、フェイスブックでの宣伝が功を成したのか、
ほぼ満席に近い70名程度の お客さんが集まりました。

プログラムは
1、シューベルト~リスト 「美しき水車小屋の娘」より 水車屋と小川
2、ラフマニノフ プレリュード 「鐘」
3、ショパン  ワルツ 作品64-2
4、チャイコフスキー  「四季」より  10月 秋の歌  4月 松雪草
5、ショパン  英雄ポロネーズ

プロのピアニストの生演奏を聴くのは初めて、というような小さな子供たちも多い中で、
それぞれの曲を 解りやすく説明してくださいました

1曲目の解説は、私自身がスタッフの仕事のため、
"この曲は短調で始まり途中から長調になる"
とおっしゃったことくらいしか 頭に残っていなかったので、調べてみました
シューベルトの三大歌曲集のうちの一つ「美しき水車小屋の娘」は全20曲から成り、、
この「水車屋と小川」は 最後から2番目の曲で
「粉屋と小川」、「水車職人と小川」 と言われることもあるようです。

最初の短調の部分は、愛の苦悩について粉屋が歌い、
長調に転調した部分は 苦悩の枷を逃れた希望を小川が歌う。
最後の部分も長調で、小川に対して粉屋がうたう
    
といった内容の歌詞でした。

歌の内容が解っていたら、演奏の聴き方も違っていただろうなと残念に思うと同時に、
また一つ 少しですが 勉強させていただけた
そんな曲を取り上げてくださったことに 感謝です。

2曲目の ラフマニノフでは
 「真央ちゃんが、バンクーバーオリンピックで使った曲」 との説明に子供たちも きっと納得。
 本物の鐘のような音色にうっとり。

続くショパンは 弾いたことがある、知っている という小さなお客さんも多かったかもしれません。
 素敵な演奏を聴いて、 きっとみんな 「自分とはどこが違うのか?」 と考えさせられたことでしょう。

チャイコフスキーの 「四季」 は 
1月から12月まで 計12曲ですが、 ただ単に 1月、2月・・・というだけでなく"人生そのもの" というお話。
人の一生には生まれて未熟な青い時期から、だんだん成長し円熟して、そしてだんだん衰え枯れてゆく。
そんな思いが この12曲に込められているそうです。
「今日は 晩年に向かって寂しく終わるのではなく、若々しく元気に終わりたい。だから10月を先にひきます」
という演出が 憎い!

最後の英雄ポロネーズは出だしから圧巻でした。
「いつかはこの曲を弾いてみたい」 と思った子供たちも多かったことでしょう
帰っていくお客さん みんな笑顔でした

鈴木先生 素敵な演奏を ありがとうございました。


北大阪ステーション   藤井三恵

DSCF1858.JPG  DSCF1860.JPG

2015年3月31日

3月22日(日)千里3月Ⅱステップ 「トークコンサート」レポート

セミナーやコンサートで大変人気のある赤松林太郎先生のコンサートということで、開演時間前には、たくさんの方が会場にお見えになられ、非常に活気ある雰囲気でした。
演奏も非常に美しく、午前中、ステップで子供たちが演奏していたピアノから、楽器の本来持つ響きを最大限に引き出され、コンペの課題曲の作品一つ一つを、先生の解説と豊潤な響きのピアノで味わうという、とても贅沢で幸せな時間を堪能させて頂きました。
演奏の合間には、先生が実際に訪問された外国での体験、それぞれの国の情景、作品の時代背景などもお話され、作曲家が実際に生き、音、音楽を追い求め続けた生き様を、より身近に、生き生きと感じることができました。
会場のお客様は、小さなお子様からお年寄りの方まで、とても集中して聴いておられ、また、こうした機会がありましたら、是非、先生のコンサートをお聴きしたいと、全ての皆様が思われたことと思います。
このような素晴らしい機会に、心から感謝いたします。

《当日の曲目》
ピティナコンペティション課題曲から

1.スカルラッティ:ソナタ K.9/L.413
2.チマローザ:ソナタ第37番変ホ長調
3.W.A.モーツァルト:ドンジョバンニから「メヌエット」
4.マイカパル:春
5.シューベルト:即興曲変ト長調OP.90-3
6.バルトーク:ルーマニア民俗舞曲より 第6番
7.ピアソラ:アディオスノニーノ
8.ピアソラ:リベルタンゴ(山本京子 編曲)

2016年3月11日

千里3月ステップ開催します(2016.3.13)

日毎にのどかになり、春色が濃くなるのを感じるのが幸せなこの季節に、
こうして、今年もこの緑あふれる会場でステップを開催させて頂くことが出来ますこと感謝申し上げます。
私たち北大阪ステーションスタッフは、参加者の皆さんに気持ちよく弾いて頂けるステップを目指して
運営を続けております。
初回より、いつも温かい眼差しで子供たちと共演してくださいます「音登夢」の二人の先生方には
今年も先日丸2日間音楽の喜び、アンサンブルの楽しさをお導き頂きました。
レッスンを通じて子供たちはスポンジのような吸収力で、みるみると成長しその姿は感動的です。

今日は皆さん、ステージを楽しんでください!
ご自分の時も、そして他の参加者の演奏も!!
今日、ここに集う皆さんとのご縁を大切に、素敵な一日にしましょう。
私たちスタッフも、大いに楽しみたいと思うのです。
さあ!ステップがはじまります!!

北大阪ステーション代表  二本柳奈津子


(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2016年3月31日

千里3月ステップ開催レポート(2016.3.13)

3月13日(日)に池田市民文化会館に於いて、北大阪ステーションのステップが開催されました。 まだ寒さが残り、雨模様のお天気となりましたが、会場は熱気で溢れて、可愛い就園前のお子様から一般の方々まで幅広い年齢層で102組の方々にご参加頂きました。

アドバイザーの先生方は、関本昌平先生、永井雅子先生、そしてドゥオールの白水芳枝先生、藤井隆史先生の4人の先生方です。

トークコンサートでは、ドゥオールの先生方のピアノ&トーク♪ピアノデュオで、「動物の謝肉祭」全曲の演奏をして頂きました。会場が満席となり、曲層により緊張感や癒し、そしてうっとり...など、多彩な音色に心の奥底まで浸透してきました。

又、北大阪ステーション恒例となりましたピアノトリオでは、音登夢の先生方に共演をして頂き、バイオリンとチェロの素敵な弦の音色が響き渡り、客席では音楽を満喫された事と思います。


ソロ演奏の他には、親子でのデュオや師弟の鍵ハモ演奏などもあり、終始和やかな雰囲気の中、プログラムが進行され、継続表彰では大勢の方々に賞状とキーホルダー、盾が授与されました。

とても充実した北大阪ステーションのステップを終える事が出来ました。先生方には温かい講評を頂きありがとうございました。

来年も沢山の方々に参加して頂けるよう、お待ち申し上げます。


北大阪ステーション 松井奈美

2017年3月 9日

千里3月ステップ開催します(2017.3.12)

ご挨拶

本日は、PTNAステップ千里3月地区へご来場いただき、ありがとうございます。
毎年、3月にステップを主催させて頂き、ステップとともに春の訪れを感じております。
初回開催以来、こちらの陽射しの溢れる会場で参加される皆様のサポートをさせて頂き、継続して参加されている方の成長をとても嬉しく見守らせて頂いております。
本日は、素晴らしい継続をされていらっしゃる方も登場されます。「継続は力なり」とはよく言ったものだと、歳を重ねるたびに実感しております。

さあ、今日もたっぷり音楽を楽しみましょう♪
今日は、遠慮しないで気持ちを素直に音にして表現してみませんか?
きっと、もっとピアノが楽しくなるはずです。
思いっきりのピアノを会場いっぱいに奏でてみてください。
実は私も、ステップ初参加・・・ワクワクドキドキ楽しみます。


北大阪ステーション代表
二本柳奈津子


(当日のプログラムより)
⇒スケジュール・プログラムはこちら

2017年3月23日

千里3月ステップ開催レポート(2017.3.12)

今回も感動の千里ステップとなりました。参加された皆さまの素敵な演奏でホールを響かせてくださいました。

中でも今回の感動の一つは、岡田将先生のトークコンサート。
トークは少なめにされて、次から次へと渾身の演奏をしていただきました。
会場は熱気に包まれました。

さらに音登夢(おとむ)の木村直子先生(ヴァイオリン)木村政雄先生(チェロ)との室内楽。
23組も演奏していただきました。
普段はなかなかできない経験です。
さらに継続表彰は30名。
100回の方も、おめでとうございます。

おまけに北大阪ステーションを主催してます千里バスティン研究会の有志メンバーで、鍵ハモ隊として初めて参加させていただきました。


2018年3月14日

千里3月ステップ開催します(2018.3.18)

ご挨拶

今年も、この会場でステップを開催することが出来ました。
3月になり、日ごとに春の足音が近づき、
そしてステップの日が訪れるのを感じる日々でした。
参加の皆さん方が、気持ちよく演奏していただけるようにスタッフ一同今日一日、
一生懸命サポートさせて頂きます。
大好きなピアノを今日は思いっきりステージを楽しんで弾いて下さいね。
それぞれの本番の経験は、これからのピアノ人生の糧になると思います。
アドバイザーの先生方が心を込めて参加者ひとりひとりに
アドバイスを書いてくださいます。
これは、宝物ですね!
そして、時間が許す限り他の参加の皆さんの演奏を聴いてください。
ピアノを愛する者同士、いっぱいの拍手をしましょう。

今日の一日が、皆さんにとって思い出の一日になりますように。

                       
北大阪ステーション


(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2018年3月26日

千里3月ステップ開催レポート(2018.3.18)

2018年3月18日、池田市民文化会館イベントスペースにて、
ステップ千里3月地区を開催いたしました。
当日は晴天の中100名を超えるたくさんの参加者を迎え、
様々な熱演を聴くことができました。
プログラムは第1~8部の構成で行われ、
終了時間は20時30分過ぎとなる長いプログラムとなりましたが、
ステップ初参加の方から受験生の方までそれぞれ練習の成果を発揮され、
また、個人の目標を達成するため一生懸命演奏する姿に、
会場は常に大きな拍手で包まれていました。
アドバイザーには岡田 将先生、川口 みさき先生、後藤 育慧先生、鈴木 弘尚先生を
お迎えし、ローテーションでアドバイスをいただきましたが、それぞれとても丁寧で
適切な内容でコメントをご記入いただき、出演者は今後の演奏に生かせる事と思います。

第3部終了後には岡田将先生によるトークコンサートが開催されましたが、
会場で準備していた席では座りきれないほどの人が集まり、
急遽椅子を2度追加するほど熱気に包まれたコンサートとなりました。
しかし、それ以上に熱気があったのは岡田先生の演奏で、
ピアノがもつ繊細さ、喜怒哀楽、大胆さ、すべてが表現され、
聴いていた沢山の出演者、聴衆も圧倒されていたようで、
ピアノをより好きになるきっかけになったかと思います。

また来年、沢山の出演者の熱演が聴ける事を楽しみにしております。
参加お待ちしております。



過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ北大阪ステーション