« 前の記事| 後の記事 »

【実施レポ】初級指導から取り込めるロシアピアニズム(奈良井巳城)

170313narai_1.jpg 2017年3月13日月曜日 奈良井巳城先生による 「初級指導から取り込めるロシアピアニズム」のセミナーが開催されました。

モスクワ音楽院で学ばれた奈良井先生が、ロシアの小品を使って 表現のための体の使い方、指1本1本のコントロールで音色の作り方、 などをレクチャーくださいました。


メロディーに豊かなニュアンスをつけるためのアイデアや、ウナコルダを踏んだ時の 「ウナコタッチ」の作り方、音色を作るためのレッスングッズなど 奈良井先生がレッスンの中で工夫されているアイデアをたくさん教えて頂きました。

さらに、子供たちがレッスンや発表会・コンクールなどでよく使用 するカバレフスキーの小品 を1曲づつ解説くださり、今後のレッスンの参考になりました。

受講生の先生方から、タッチ指導法、音色を作る指導法について、さらに深く学びたいという声が 多くあがりました。


Rep:千里バスティン研究会(北大阪ステーション) 中嶋宏美
※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ北大阪ステーション