« 前の記事|

第4回 二本柳先生バスティンピアノベーシックス指導法講座

4月17日

二本柳先生によるバスティンメソード・ピアノ指導法講座も4回目となりました。
前回につづき、ベーシックスシリーズ①のテクニック本から入りました。1曲1曲は短く、ただ弾くだけではサッサッとすすめるように思いますが、二本柳先生のレッスンの仕方を聞いて、とても大事なテクニックが各曲にあることに気付かされます。
特に1~9ページにそのテクニックが集中しているので、特に編入されてきた生徒には丁寧に、、、など、すすめていく上でのポイントもとても助かります。
そして、ベーシックス②のピアノに入り、生徒にとって特に難しい曲や音階を弾くときの1の指の動き、連続スタッカートの弾き方など、すべて先生がピアノで理想的な音色・弾き方、また、悪い例をたくさん弾き、私達が聴くことができるのはとても嬉しいことです。
バスティンを使っていない生徒にもレッスンできることばかりで自分自身のレッスンも楽しくなってきます。

毎回本当に楽しく聴講しているので、あと4回の講座で終わると思うと残念ですが、最後まで参加したいと思います。
(川田麻子・記)

※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ越谷北ステーション