レポート アーカイブ

2010年11月12日

レポート「導入から響きにこだわるピアノレッスン」(二本柳奈津子先生)

blog_101104koshigaya_nihony.jpg2010年11月4日(木)10:00-12:00、浦和コミュニティセンター多目的ホールにて、二本柳奈津子先生による「導入から響きにこだわるピアノレッスン」と題したセミナーが開かれました。

バスティンのテキストを使用して、美しい音で音楽的に弾く為の具体的な導入や、やる気の出る魅力のある教室作り、そしてビデオで実際の子供の演奏を紹介して多数の会員の先生方は良い講座でした、とお話しておりました。

二本柳奈津子先生、どうもありがとうございました。

2015年4月 9日

【実施レポ】2015年度 コンペ課題曲セミナー(平間百合子先生)

2015年3月27日(金)、カワイ川口コンサートサロン川口総合文化センターリリア4階カワイ川口ショップにて『2015年度ピティナ・ピアノコンペティション課題曲セミナー ~2015年度ピティナ・ピアノコンペティションの課題曲の指導・演奏ポイントを演奏付きでアドバイス~』が開催されました。
10:00~12:00 A1級 C級 を、13:00~15:00 B級 D級を取り上げていただきました。

ピティナコンペティションにて2012年A1級金賞・2013年C級金賞・連弾 初級B金賞はじめ、これまでに連弾上級.A1.B.C.E.Jr.G各金賞、D銀賞など、全国大会93名を輩出した平間 百合子先生が課題曲をご紹介してくださいました。A1級~D級までのバロック・古典・ロマン・近現代曲を中心に取り上げ演奏付き曲の魅力を引き出す指導の仕方を学びました。

【セミナーの内容】
  • 音の出し方、タッチにより音色を変えるために年齢に即した言葉がけで伝える工夫を感じました。
  • ピアノ導入期であるからこそ耳を鍛えることの大切さを確認しました。
  • 曲の題名からのイメージに即した演奏力を引き出すレッスン、作曲家の背景を理解した演奏につながる言葉がけについて細かく指示をいただきました。
  • アナリーゼや曲の構成についてもお話がありビバルディの四季を代用しカッコウにつき、どんなイメージを持ち作曲されたか、わかりやすいセミナーでした。
【受講者からのコメント】
平間先生の音楽への知識の高さ、それを私たち指導者に伝えるボキャブラリーの豊富さが、平間先生の生徒様にも豊かに伝わるのだと深く感銘致しました。受講者のだれもが平間先生のセミナーに集中し世界観に染まった貴重な時間でした。そして誰もが先生のピアノ演奏(Shigeru Kawai)にうっとり聞き惚れておりました。
明日からのレッスンに、やる気と、取り組み方に新鮮な気持ちを与えてくださいました 平間 百合子先生 に感謝いたします。

Rep:3ステーション協賛
ピティナ川口キューポラステーション(代表 鈴木)、ピティナ越谷北ステーションステーション(代表 吉村)、ピティナさいたまプリムローズステーション(代表 湯本)
記載者 川口キューポラステーション 事務局 八木 都

2016年1月 6日

武蔵浦和ステップ開催レポート(2015.12.28)

2015年12月28日武蔵浦和地区ステップ無事に終わりました。
暮れのお忙しい時期に大阪より勢志佳子先生、二本柳奈津子先生、東京より重松万里子先生、埼玉より大道寺錬太郎先生にお越し頂きまして、貴重なアドバイスを頂きました。
今回も小さいお子様からグランミューズの方まで71名の方が一生懸命演奏してくださいました。特にグランミューズの方の演奏が素晴らしくアドバイザーの先生方も関心しておられました。
当日の演奏で色々と反省点はあるかと思いますが、100回の練習より1回のステージといわれるほど貴重な経験をしてくださいました。
どうぞ今日の経験を生かし次回も是非参加してください。演奏楽しみに致しております。

2016年3月24日

【実施レポ】2016年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー(赤松林太郎先生)

3月16日(水)武蔵浦和コミュニティーセンターサウスピア9階 多目的ホールにて、2014年特級銅、2015年特級銀賞を輩出、各地でのセミナートークコンサートが好評の赤松林太郎先生による「2016年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー」を開催しました。

課題曲の時代背景から楽器、文化に対しての細部にこだわりのご説明と、素晴らしいピアノ技術、アナリーゼ、タッチの在り方をセミナーで話して下さり、大変大勢の皆様にご参加頂き、ご好評を賜りました。
赤松先生、ご参加下さった皆様、ありがとうございました。

川口キューポラステーション
越谷北ステーション
さいたまプリムローズステーション


Rep:川口キューポラステーション 八木 都

2016年11月14日

【実施レポ】赤松林太郎先生による徹底講座シリーズ バロック・シンフォニア講座Vol.2(赤松林太郎先生)

2016年10月20日(木)10:00〜12:00 カワイ川口ショップ・コンサートホールにて赤松林太郎先生をお招きし、「赤松林太郎先生による徹底講座シリーズ  バロック・シンフォニア講座Vol.2」という題で講座が開催されました。
ピティナ川口キューポラステーション、ピティナ越谷北ステーション、 ピティナさいたまプリムローズステーション
3ステ協賛代表  鈴木慶子先生 吉村節子先生  湯本 早百合先生のもと、満席100人以上の皆様にご来場賜り、盛況に終わりました。

赤松先生の講座は、アナリーゼから、作曲家の時代背景、音楽史の奥深さ、奏法の解釈から、演奏までが興味深く構成されている内容で必見でした!!

赤松 林太郎先生ありがとうございました!!
バッハの宇宙が広大に感じられるための実践セミナー いよ、いよ、次回は vol.3最終回、2017/02/08(水)です。

2017年1月10日

越谷12月ステップ開催レポート(2016.12.27)

2016年12月27日越谷12月地区ステップ無事終りました。
暮れのお忙しい時期に沖縄より糸数ひとみ先生・東京より西川美知子先生、三輪昌代先生・山梨より山本雅一先生にお越し頂きまして、貴重なアドバイスをしていただきました。今回も80組の方に演奏して戴きましたが、初めてのステップの方や、中学生で日々忙しいとか、久し振りのステップだったりと、緊張された演奏が多かったように思いました。そんな中、今回初めてプレ導入や親子での連弾など小さなお子さんが楽しんで演奏してくださったのは大変良かったと思います。
皆さん貴重な経験だったと思います。また今日のステップが次に継りますよう次回も参加お待ち致しております。

2017年2月16日

【実施レポ】赤松林太郎 先生徹底講座シリーズ ‐バロックシンフォニア編‐(赤松林太郎先生)

170208akamatsu_1.jpg 【日時】
2017年2月8日(水)10:00-12:00
【ピティナ・セミナー】
赤松 林太郎 先生徹底講座シリーズ -バロックシンフォニア編-
【場所】
カワイ川口ショップ・コンサートサロン
【共催】
ピティナ川口キューポラステーション
ピティナ越谷北ステーション
ピティナさいたまプリムローズステーション

170208akamatsu_3.jpg赤松林太郎先生は、ピアニスト、エッセイスト -日本全国はもちろんのこと、ハンガリーを拠点として幅広く、ご活躍です。
- その 赤松林太郎 先生の講座 -
バッハインヴェンションとシンフォニア講座vol.3が修了いたしました。

1685年3月生まれのJohan Sebastian Bachの、真髄を、語る先生のセミナーは、今回3回とも、大勢のピアノの先生が、いらして下さいました。
赤松先生のセミナーの人気の高さは、計り知れません。

例えば、高音を弾く際に響きを持続させる弾き方が何故必要か!
物理的な音程の解説は、分かりやすく。

インヴェンションに引き続き、シンフォニアは、《シン=同時に フォン=音》 
【同時に音を出す】
3声の、非和声音が入ることにより、人間の感情、ネガティヴさを表現する形により一層移る。
テーマからパッセージへ経過する際の奏法と、理論、アナリーゼ、細やかな解説に、気がつくと広大なバッハの宇宙を赤松先生が、広げてくださる現実があります。
深く頷きながら、まだまだ先生の講座を受けたいと再確認致しました。
赤松林太郎先生ありがとうございます。


Rep:八木 都


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ越谷北ステーション