2019年7月17日

【実施レポ】2019/07/10 二本柳 奈津子先生セミナー(梅田)

日々のレッスンでも!!コンクールでも!!ポイントを押さえよう♪ 二本柳奈津子先生による ブルグミュラー25の練習曲攻略法 第2回(全2回)
二本柳 奈津子
190710_kyoto_01.jpeg

2019年7月10日(水)にカワイ梅田 コンサートサロンJouer(ジュエ)にて二本柳 奈津子先生をお招きし、「日々のレッスンでも!!コンクールでも!!ポイントを押さえよう♪ 二本柳奈津子先生による ブルグミュラー25の練習曲攻略法」全2回の最終回を開催いたしました。


前回同様、効果的な音色の変化をつけるための教具がずらりと並べなれており、参加者の先生方も開始前から興味津々です。
主な内容としては
・ブルグミュラーを始める目安
・ブルグミュラー25の練習曲より「牧歌」「別れ」「なぐさめ」「貴婦人の乗馬」の分析と指導法
・それらの曲を美しい音で弾くための効果的な練習方法や教具の紹介
・二本柳先生の生徒さんの演奏動画鑑賞
と充実のセミナーでした。

フランス語でL'adieu(別れ)は、「バイバイ、またね」という軽い意味ではなく、「今生の別れ」に使う言葉なのだとか。それを、"昭和の喫茶店で繰り広げられる男女の別れ"になぞらえて表現する先生の説明は、とても分かりやすく、お美しいながらもどこか同じ「関西人」の匂いがして、そのギャップがとても面白かったです。

教具の紹介では、一同感嘆の連続!!親指の動きを速く細やかにするための指人形の使い方、付け根の骨の山をつくるためのおもちゃの三角おにぎり、手首を柔らかく回すためのボールなど、その種類の多さと活用アイデアの素晴らしさに脱帽しました。

最後に、先生の生徒さんのレッスン動画も見せて頂きました。先生のところではブルグミュラーを毎週5曲宿題に出されるとのことで、小学校2年の男の子が華麗にこなしている様子にすごい!の言葉しかありません。さらにコンペ全国大会での完成度の高さに、思わず会場から拍手喝采が起こりました。

先生の豊富なアイデアと日頃のストイックな姿勢、生徒さんの弛まぬ努力によって、このような高いレベルのブルグミュラーになることを知り、本当に有意義な時間となりました。
二本柳先生、充実した2時間をありがとうございました!

2019年5月29日

【セミナー実施レポート】日々のレッスンでも!!コンクールでも!!ポイントを押さえよう♪ 二本柳奈津子先生による ブルグミュラー25の練習曲攻略法 第1回(全2回)

令和に元号が変わり新しい時代への期待がふくらむ2019年5月15日(水)にカワイ梅田 コンサートサロン"ジュエ"では、京都バスティン研究会主催で二本柳 奈津子先生をお招きし、「日々のレッスンでも!!コンクールでも!!ポイントを押さえよう♪ 二本柳奈津子先生による ブルグミュラー25の練習曲攻略法 第1回(全2回)」が開催されました。


 講師の二本柳奈津子先生は、ピティナ・ピアノコンペティションをはじめ、様々なコンクールで入賞者を多数輩出、指導者賞、トヨタ指導者賞、特別指導者賞を受賞し、たくさんの個性 あふれる生徒を育てていらっしゃる先生で、研究会では特に導入からまんべんなく育て上げる指導法をぜひお聞きしたいとの要望をもとに、導入段階の指導法とブルグミュラーに焦点をあてて お話しいただきました。
初歩の導入段階についての指導法としてテキストに入るまでに押さえておくべきポイントについてのお話は、どの段階のテキストにも必要なことで目からうろこのお話ばかりでした。

①基本的な腕の使い方と指先づくり一無駄な力の入らない動きと指先の意識をお手玉で確認。 (このほかに、マラカス、ピアノでリボン、玉ヒモなどの教具紹介もあり)
傾いたり、水平に寝てしまいがちな小指のタッチは、スーパーボールなどを使って付け根の関節 (屋根)を支える手の形を作る。
低反発のぬいぐるみなどをゆっくり握ったりはなしたりすることで手の内側を鍛えておくと、ゆ っくり打鍵できて打鍵スピードを微調整できるようになる。
このことはテクニックの中でも最も大切というお話でたいへん印象に残りました。

②レガートの奏法一指先にかかる重みを移動させる感覚を計量種で目に見える形で体感する。 (デンデン太鼓、ふわふわのぬいぐるみ、低反発のクロワッサン、ニギッ太郎)
また、一瞬「キュン!」とするような一拍目のハーモニーを感じられる感覚を育てる、楽想記号が理解できて、曲のあちこちに見える情景や、情緒や感情を感じ取れる生徒を育てたい!とおっ しゃる先生の力強い言葉は強く共感をよび、この瞬間皆さんも引き込まれ会場の空気が熱くなる のを感じました。

③スタッカートの奏法一響きのある余韻を作るタッチ(両手の指先を打ち合わせたときに当たる「コツコツ」という音が、明るい響きのある音)になるような打鍵を目指す。(カスタネット、 合わせたスーパーボール)
 この「ゆびさきの意識」を育てる言葉かけ、音色を作るための言葉かけ、グッズを使い目先をかえた具体的な指導法はここに書ききれないほどで豊富な種類と量にたいへん感激し、今から さっそく使いたいと思わせるものでした。
様々な楽しそうな教具はテキストのテクニック指導につながることを実感し、何のために使うのか目的と目標のはっきりした言葉かけは「奈津子逆算マジック」というほかはありません。

1回目の今回は、ブルグミュラーの中でも、比較的に取り上げられることの少ないことから指導 に悩むことの多い4番、7番、18番、24番を中心に解説していただきました。
第2回目では、逆に取り上げられることの多い曲が中心でこちらも楽しみにしています。


Rep:原 晴子

2017年6月27日

京都夏季ステップ開催レポート(2017.6.11)

6月11日(日)京都おいでやすステーションによるステップが
京都市京都堀川音楽高校で開催されました。
堀川音楽高校のホールということもあり71組の申し込みがありました。

特にフリーステップで演奏された方が多く、バラエティーに富んだ曲目が並び
1日通してちょっとした演奏会のプログラムのようでした。

毎回大好評、恒例の男の子の部では、12組の参加があり
元気にのびのびと演奏されている姿が印象的でした。

アドバイザーでお越ししていただいた
杉浦日出夫先生・長井進之介先生・本田真貴子先生には、
長時間にもかかわらず最後まで笑顔で審査していただき心から感謝いたします。


京都おいでやすステーション 平松 優子

2016年9月29日

【実施レポ】今野万実ギロック3回シリーズ講座 はじめてのギロック(第3回)(今野万実先生)

160902imano_01.png 2016年9月2日(金)京都・ノイエムジークにて今野万実先生をお招きし、「はじめてのギロック3回シリーズ講座」の最終回が開催されました。
今日も「はじめてのギロック」と、先生の新刊「指づくり、音づくり、耳づくり」を併用しながら、たっぷりと音の作り方についてお話いただきました。



曲を弾き始める時には、鼻でブレスをして始めるだけでなく「眉ブレス」を使うと良いとのことで、受講者全員で眉ブレスの練習!

確かに顔の表情まで変わるので、一音目から出る音が変わることに一同納得。
曲に入る前にイメージをしっかり持って演奏することの大切さを再確認しました。

160902inamo_02.png また本日も先生ご愛用の「円クッション」が大活躍!
曲中のフレーズの方向性を確かめつつ、実際にクッションを使って手首を動かす方向を決めます。
3回目ともなると受講者も使い方をより良く理解できました。
体重を指先に乗せる際も、上半身を前後に傾けるよりも弧を描くようにするほうが良いとのことで、実際に受講者がピアノの前に座って演奏しながら、今野先生が直々に体重の乗せ方を指導してくださいました。(想像以上に自然と指先に体重がかかりびっくり!)

今野先生語録より:「言葉と言葉かけに心を配ること」
「当たり前のことを繰り返し、繰り返し、一生言い続ける」
「一瞬でもできたら、すかさず大げさに褒める」。

改めて指導者としての今野先生の熱意に感銘を受けました。
本日で一応最終回ということでしたが、「また先生のパワーを頂きたい!」という声が沢山上がり、さらに継続してセミナー開催を検討したいという意見で一致いたしました。
終了後のランチ会もアットホームな雰囲気の中、充実した時間となりました。

今野先生、お忙しい中3回も京都にお越しいただき、ありがとうございました!



Rep:ピティナ京都おいでやすステーション 上田明美(京都バスティン研究会)

2016年6月30日

京都夏季ステップ開催レポート(2016.6.19)

2016年6月19日(日)
右京ふれあい文化会館ホールで69組の皆さんの熱演が繰り広げられました。
コンクール、学校での実技試験前ということで、熱のこもった演奏が440席のホールに響いて、ご来場のお客様も、出演者の方も心地良く楽しんでいただいている様子が伝わってきました。
トークコンサートの佐野隆哉先生の演奏も、繊細な一音から始まり、先生がピアノの魅かれたきっかけの幻想即興曲での締めくくりは、会場の皆さんも綺麗なだけでない、ショパンの人生のドラマも垣間見るような音色に心打たれた方が多かったようでした。
また今回の3人のアドバイザーの先生方の講評は、ご自身のピアノの演奏の道を目指していくことになたきっかけや、ピアノや音楽を好きになった体験をお話くださったり、幼い段階や、高校・大学での段階でのピアノを続けていくことへの気持ちの育て方など、先生方の経験談を通して温かく深いお話が印象的でした。

2016年6月16日

京都夏季ステップ開催します(2016.6.19)

ご挨拶

本日は、ピティナピアノステップ京都夏季にお越しくださいまして、ありがとうございます。
京都おいでやすステーションもスタートして11年になり、ピアノを学習する皆さまにすっかり愛され、今年も69組の方にご参加いただきます。
初めてステージに立つ小さな方から、学習の節目として受け続けて下さる方、コンクールや受験のリハーサルとして利用される方、大人のピアノ愛好者の方など、たくさんの方々に、それぞれの思いを胸に今日のステージを利用して頂けることを嬉しく思っています。
毎年好評の「男の子の部」も、参加者同志の交流が広がっているのを伺うたびに元気をいただきます。
今日のこの広いホールで、どうか気持ちよく、ご自分らしいステージを楽しんで頂き、皆様の心に残る一日になることを願っています。
また来年も6月に、ここふれあい文化会館でピアノステップを予定しております。会場に関するご感想などお寄せ頂けましたら幸いです。
次回のご参加を心よりお待ちしております。


(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2016年3月11日

【実施レポ】今野万実 ギロック講座 第一回(今野 万美先生)

2016年2月1日(月)京都市JR桂川駅近くのスタジオNeue Musik(ノイエムジーク)にて今野万実先生をお招きし、「今野万実 ギロック講座 第一回」という題で講座が開催されました。

3回シリーズの第1回でしたがまずは導入期の指づくりよりお話が始まりました。 クリップ、トングなどテーブルいっぱいのカラフルなグッズの正しい使い方、注意点、言葉かけなどを丁寧に説明して下さいました。 グッズが楽しいだけでなく指づくり、またピアノ演奏へのつなげ方が素晴らしいと思いました。 こだわりポイントに先生の追求の深さを感じました。 実際のレッスンのDVDを見ながらのお話では、先生の言葉かけに感心しました。30分のレッスンをいかに効率よく また大事なことを伝えるか...自分のレッスンを振り返り深く反省。

後半は今回のシリーズのテーマである「はじめてのギロック」よりまず導入の曲より一曲ずつ細かく解説して下さいました。 テキストにイラストを書き込んだりフレーズの山を鉛筆で塗ったりレッスンのヒント満載でした。

あっという間の2時間。終わると同時に早くも2回目のセミナーが楽しみになるようなセミナーでした。

Rep:京都おいでやすステーション 白井和子

2015年9月 1日

当日の写真を一挙に掲載!京都夏季ステップ

7月26日に行われた京都夏季ステップの様子を写真でご覧ください!

PTNAおいでやす2015_ページ_1.jpg
PTNAおいでやす2015_ページ_2.jpg
PTNAおいでやす2015_ページ_3.jpg

2015年7月23日

京都夏季ステップ開催します

ピティナ・ピアノステップ京都夏季地区にご参加、ご来場いただき、誠にありがとうございます。京都おいでやすステーションは、今回で10周年を迎えることができました。これもひとえに、ピアノを愛する皆様のおかげと、スタッフ一同、深く感謝しております。
今回企画のステージは、♪ドラムとのアンサンブル体験♪です。ドラムの内田伸吾先生とのアンサンブルに加え、ドラム演奏体験にも大きなご声援をお贈りください。
参加者同士の交流が生まれている♪「イケメンの部」♪(男子の部)もお楽しみに!
作曲家で編曲も多く手がけていらっしゃる♪「春畑 セロリ先生によるトークコンサート」♪春畑先生と内田先生のアンサンブルは今回限り!こちらもお聴き逃しなく!
そして♪今回の使用ピアノ♪は、タカギクラヴィア様より持ち込みしていただいたスタインウェイです。赤坂の日本コロムビア第1スタジオで、数多くの名盤に使用されたハンブルクの響きを楽しんでいただけましたら嬉しいです。
本日のステージが、皆様の心に深く響くひとときになりますようスタッフ一同心より願っています。

京都おいでやすステーション代表 平松 優子


(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2015年3月19日

★京都夏季ステップ ドラムアンサンブル企画のご案内

7月26日に開催します、ピティナ・ピアノステップ京都夏季地区では、あらたにドラムを加えたピアノ演奏体験企画を実施いたします。
ご希望の方は、おもにポピュラー曲の演奏に、ドラム奏者の先生によるドラム演奏を加えていただくことが可能です。この機会にぜひご参加ください。

・別途、講師謝礼、リハーサル料を含む参加料金(5,000円)が必要です。
・ドラムを付けた演奏で出場ご希望の方は、前日夜間に15分~20分、当日昼休憩時間にリハーサルがあります。
・選曲については、自由ですが、基本的に課題曲ポピュラー一覧からの選曲をお勧めいたします。
申し込み時に、ステーション宛に楽譜と、リハーサルの効率化のため、できるだけ演奏の音源の送付をお願いいたします。

※参加についての詳細は、ステーションまでお問い合わせください。
PTNA Dr & Purc-page-001.jpg   Piano & Drums.JPG

ステップの詳細情報・お申込みはこちらから。

過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ京都おいでやすステーション