« 前の記事|

【実施レポ】2019/07/10 二本柳 奈津子先生セミナー(梅田)

日々のレッスンでも!!コンクールでも!!ポイントを押さえよう♪ 二本柳奈津子先生による ブルグミュラー25の練習曲攻略法 第2回(全2回)
二本柳 奈津子
190710_kyoto_01.jpeg

2019年7月10日(水)にカワイ梅田 コンサートサロンJouer(ジュエ)にて二本柳 奈津子先生をお招きし、「日々のレッスンでも!!コンクールでも!!ポイントを押さえよう♪ 二本柳奈津子先生による ブルグミュラー25の練習曲攻略法」全2回の最終回を開催いたしました。


前回同様、効果的な音色の変化をつけるための教具がずらりと並べなれており、参加者の先生方も開始前から興味津々です。
主な内容としては
・ブルグミュラーを始める目安
・ブルグミュラー25の練習曲より「牧歌」「別れ」「なぐさめ」「貴婦人の乗馬」の分析と指導法
・それらの曲を美しい音で弾くための効果的な練習方法や教具の紹介
・二本柳先生の生徒さんの演奏動画鑑賞
と充実のセミナーでした。

フランス語でL'adieu(別れ)は、「バイバイ、またね」という軽い意味ではなく、「今生の別れ」に使う言葉なのだとか。それを、"昭和の喫茶店で繰り広げられる男女の別れ"になぞらえて表現する先生の説明は、とても分かりやすく、お美しいながらもどこか同じ「関西人」の匂いがして、そのギャップがとても面白かったです。

教具の紹介では、一同感嘆の連続!!親指の動きを速く細やかにするための指人形の使い方、付け根の骨の山をつくるためのおもちゃの三角おにぎり、手首を柔らかく回すためのボールなど、その種類の多さと活用アイデアの素晴らしさに脱帽しました。

最後に、先生の生徒さんのレッスン動画も見せて頂きました。先生のところではブルグミュラーを毎週5曲宿題に出されるとのことで、小学校2年の男の子が華麗にこなしている様子にすごい!の言葉しかありません。さらにコンペ全国大会での完成度の高さに、思わず会場から拍手喝采が起こりました。

先生の豊富なアイデアと日頃のストイックな姿勢、生徒さんの弛まぬ努力によって、このような高いレベルのブルグミュラーになることを知り、本当に有意義な時間となりました。
二本柳先生、充実した2時間をありがとうございました!

※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ京都おいでやすステーション