コンサート アーカイブ

2009年12月 4日

11/16親学レクチャー&コンサート(小倉郁子先生 松田紗依先生)

2009年11月16日(月)、小倉郁子先生、松田紗依先生による『親学レクチャー&コンサート「子育ての中に音楽を」-情緒と感性をはぐくむために-』のセミナーが、メルパルク京都・7階スタジオ2で開かれました。

★まずは、お話に沿って松田紗依先生が作曲されたレオ=レオニ作の絵本「スイミー」『ちいさな かしこい さかなの はなし』を、松田先生のピアノ演奏と小倉郁子先生の朗読で聴かせていただきました。とってもあたたかなメロディーで、情景が目の前に広がり、お話が、そのまま朗読するよりもストレートに心に伝わってきました。音楽によって、朗読する人も、より文章に感情移入できるし、また演奏する方も、お話によってさらに表現の幅が広がると思います。これはぜひ、レッスンや発表会などでも取り入れていきたいと思いましたし、我が子に読み聞かせをする時にも、ピアノの音色を効果的に利用できたらと思いました。

★講座の最後にも、同じく松田紗依先生が作曲された「フレデリック」レオ=レオニ作をピアノと朗読で聞かせていただき、みなさん、あたたかな気持ちになって帰っていかれたようです。朗読用BGMシリーズとして、CDにしていただきたいという声が多数ありました。(スイミーはすでにMUSSEより楽譜が販売されております。)

★「スイミー」の朗読コンサートに続いて、小倉郁子先生によるレクチャーという2部構成でした。「ピアノ学習は情操教育である」ということは、漠然とはわかっているつもりでしたが、具体的に 、テクニックをマスターする過程で、反復力、判断力、思考力、応用力、集中力、忍耐力が育ち、曲のイメージ作りをすることで、観察力、想像力、追求心、思考力、読解力が育つし、ステージで演奏することで、美的感覚、センス、バランス感覚、構築力、想像力、運動能力など、実に様々な力が育つという事をお話いただきました。

このお話は、ピアノ指導者としても、あらためて気の引き締まる思いがしました。それとともに、ピアノを学ぶ子をもつ親として子供と関わっていく場合、親も本気で子供と関わっていかないとダメだということを感じました。そして子供と一緒に真剣に向き合うことで、子供に達成感や成功体験を味あわせ、それが親子の絆につながっていくということをお聞きし、親としては、反省することばかりで、少々耳が痛い話でした。

小倉先生の豊富な体験から話される大変説得力あるお話には参加者一同うなずいており、しっかり心にきざまれて帰られたようです。 

「親が妥協したらおしまいです。子供が乗り越えられるまで、一緒にがんばりましょう」とおっしゃったことを、今後も胸において、我が子と関わっていきたいと思います。
小倉郁子先生、松田紗依先生、すばらしいセミナーをありがとうございました。

2010年1月29日

第15回 西日本京都地区ピティナヤングピアニストコンサート

20100129kyoto.jpg

2012年10月23日

西日本京都地区 入賞記念コンサート【急募】

京都支部主催の【西日本京都地区 入賞記念コンサート】が
2013年2月2日(土)に京都コンサートホール・小ホール(ムラタ)にて開催されます。

出演対象者は2012年度、西日本京都地区本選の入賞者
及びグランミューズ京都地区予選を通過し、決勝大会において受賞された方、
また、京都支部会員にて、他地区で予選通過し、本選の入賞者等が出演されます。

現在少し余裕がありますので、京都コンサートホールで演奏したい!という希望者で、
他地区で本選奨励賞、優秀賞、全国大会出場された方も受け付けています。

希望者は、京都支部まで至急ご連絡ください。案内状を送らせていただきます。

 ☆ 出演希望の締切は10/31です

連絡・お問い合わせ  京都支部:TEL 075-231-4127(辻)

詳しくはコチラ2012入賞者コンサート詳細.doc

申し込み用紙はコチラ2012入賞者コンサート申込用紙.doc



過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ京都支部