« 前の記事|

前橋秋季ステップ開催レポート(2018.11.04)

2018年11月4日、前橋テルサに於いて前橋秋季ピティナピアノステップが行われました。 秋晴れの紅葉の中連休中にもかかわらず、黒川ちとし先生、白石照男先生、長井進之介先生、永井祐子先生の4人のアドバイザーをお迎えし、116組の参加をローテーションで講評を頂戴致しました。 先生方の講評も指導者として改めて思い出させて頂き再認識させていただく内容で心を新たに致しました。 長井進之介先生にはトークコンサートをお願い致しました。没後100記念年ということで、ドビュッシーをお取り上げ戴きましたが、少し早めに始める事ができたので予定には無かった生誕120年のガーシュインの「甘く歌って」を第1曲目に。ドビュッシーは、月の光 と シチリー風タランテラを。 今月15日にこれから楽譜が発売される千原英喜作曲「星月夜」より<瑠璃色のワルツェット><クリスタル・ロンドレット><チェンジング・ワールド>をご披露頂きました。どの曲の演奏も曲の背景や色が見える様な演奏で感動の世界でした。最後にジャズ風にアレンジされた<星に願いを>も素敵な夜空が見えました。 参加者の中には若いパパやママと幼い出演者との連弾あり、(指導者である)おばあちゃまとお孫さんの連弾あり、ファミリーで楽しむ姿が魅力的でもありました。 今回もスタッフの中の3人が演奏をされました。仕事をしながらステージで長い時間のソロ演奏をされる努力にいつも頭が下がります。昨年までの4回は6人のアドバイザーをお迎えしてのA,Bのローテーションでスタッフは休憩無しで動きましたが、今回は休憩を挟むことが出来てスタッフからは良かったという声もあがっておりました。諸々の問題も沢山含むステーションですが今年度も無事にステップが開催出来ました事、ピティナ本部の皆さまとステーションスタッフの皆様のお力添えあっての事と深く感謝申し上げます。

※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ前橋ピュア!!ステーション