2018年2月13日

砥部ステップ開催レポート(2018/2/4)

2月4日(日)雪が降る寒い日でしたが、交通の影響もなく、
無事砥部地区ステップが開催されました。
今回は、4人のアドバイザーの先生方が来て下さいまして、
砥部地区ステップでは、初めてのローテーションとなりました。
会場の広さ、響きの良さを感じて下さいました。

参加された皆さんも、それぞれ思いはありますが、心地よく演奏していました。
今回、スタッフの谷口先生が継続表彰20回を受賞されました。
生徒の皆さんも目標となり、きっと続けて参加してくれることでしょう。

また来年も同じ時期に開催しますので、
是非、響きの良い、大きなホールで演奏して下さい♪
参加をお待ちしています。

<トークコンサート>
砥部ステップ第1回にアドバイザーとして来てくださった田中克己先生に、
午前、午後と2回トークコンサートをして頂きました。
午前は、「鳥」を題材にして生徒さんが弾いている身近な曲を演奏して下さいました。
色々な鳥の鳴き声が聞こえてきました。

午後は、「風」を題材にして、色々な風吹く様子を言葉にしたり、
演奏で表現して下さいました。
楽しい中にも、音楽の要素である色々なリズムや、
ハーモニーの違いなどを伝えて下さいました。
また是非演奏して頂きたいです♪

2011年12月 2日

【実施レポ】ピアノの構造と音の出し方(岳本恭治先生)

blog_111114matsuyama_takemoto.jpg2011年11月14日(月)アオノホールにて 岳本 恭治先生に
よるセミナーが行われました。
最初にピアノの構造を、楽しく、分かりやすく説明して下さいました。
知っているようで知らなかった事が多く、演奏のための技術や知識
ばかり先行しがちですが、もちろん大切なことではありますが、
構造や響きの作り方を知っているとさらに技術が磨かれていくように思いました。
納得して教えられる、確信をもって伝えられるようにも感じました。

また、綺麗な響きを作るテクニックも話して下さいました。
どうしても指を動かして演奏しようと教えてしまいますが、鍵盤を動かすタイミングや 
フレーズの取り方などで楽に演奏できるようになる方法も説明してくださり、皆さん熱心に
聞いていました。実際にどうのように練習すれば良いか、また、腕の使い方や手の形の
大切な部分など細かく指導して下さりすぐに役立つ内容で、充実したセミナーでした。

(Rep:ピティナ松山椿ステーション 宮内さよ子)

2011年11月22日

砥部ステップ開催レポート(2011/11/13)

11月13日(日)砥部地区ステップが開催され、95組の方が参加して下さいました。初めて参加するかわいい幼稚園児の演奏や、3人6手連弾をされたマダム達の演奏もありました。マルマルモリモリを歌って踊った姉妹に サックスの演奏、ピアノと打楽器のアンサンブルなど様々なジャンルの演奏があり最後まで飽きない内容になりました。また音大受験生の迫力ある演奏などがあり アドバイザーの先生方は大変だったと思いますが 細かく講評を書いて下さいまして参加された方々もとても喜んでいました。
トークコンサートでは 岳本恭治先生の実験コーナーがあり ミニオルゴールを使ってピアノの楽器のどの場所がよく響くのか、どのように音を響かせると綺麗な音になるのかなど 楽しく、おもしろく話してくださいました。
小さい音を一生懸命聴こうと、皆さん、ものすごく集中されていて、開場全体が一体感に包まれていました。小さなお子さんもいたのですが、熱心に聞いていて、このような意識が演奏会を聴く姿勢につながっていければ良いなと思いました。

2007年10月18日

ようこそ!松山椿ステーションへ!

ステーションを立ち上げて 今年度で 5年目になります。
この記念すべき年度にブログも出来て、いろいろと、情報発信できることに
楽しみを感じています。
ステップの様子も たくさん載せて見たいです。

スタッフ一同楽しみにしています.
よろしくお願いします。


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ松山椿ステーション