« 前の記事| 後の記事 »

神楽坂バロックステップ開催レポート(2017.6.4)

天井の高い大理石に囲まれた、ヨーロッパの宮殿コンサートのように残響が多い、
音楽之友ホール。
ベーゼンドルファー97鍵の響きは豊かで、
大人の演奏には深いウィーンの響きを感じました。

クラヴィコード企画には5名参加、全員が耳を澄ませてバロック時代の雰囲気を味わい、
グランドピアノとの異いに歴史を感じたひとときでした。
金子一朗先生のトークコンサートでも、2つの楽器を使っていただきました。
お子さんから中高生、大人迄、準備の行き届いたレベルの演奏が続き、
後半は平均律を16名がすばらしく弾かれました。

グランミューズ17名中、100回以上継続表彰が3名、
記念撮影では、ステージ上合計表彰500回以上が並びました。
バロックステップ10周年にふさわしい演奏と、協力いただいた皆様に感謝致します。
1,2部の継続表彰
第3部クラヴィコード
7、8部のグランミューズ参加者。
継続表彰が計500回超えです。
金子一朗先生のトークコンサート
音楽之友社前に、トークコンサートのポスターを。神楽坂通行の方々に向けて。
※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ目白カンタービレステーション