セミナー アーカイブ

2017年8月 4日

【実施レポ】素敵な出会いの教室にしたい、エネルギッシュなピアノ指導を学ぶ 藤原亜津子先生

7月24日(月)に西村楽器大淀センターにて、藤原亜津子先生によるセミナーを開催致しました。藤原亜津子先生には、2015年から、バスティンパーティ、ベーシックスの指導法という形で宮崎へ10回ほどセミナーに来て頂いていますが、今回は、前日はステップのアドバイザー、翌日にセミナー講師として2日間お越し頂きました。
「音楽が人生の友となるように」「修行は分量です」「努力の歴史を残す」「グッズは目的へのスタート」等々、藤原先生の語録には、どれも心に響きます。

さらに今回は、御自身が地域音楽振興という位置から音楽教育指導者としてのあり方を話して頂きました。教師としての50数年、進化しさらにそのことを深く知ろうとする「深化」、さらに新しい情報を得て進む「進化」、その先は何があるのだろうとわくわくする。そのような精神でかかわってゆく事で生徒さんやいろんな方にたくさんの感動を頂いたと話されていました。
セミナーの後半、現在レッスンされている生徒さんの成長されていく様子のDVDを見せて頂いたのですが、どんな小さな生徒さんにもていねいな言葉でお話しされて、絶対におこらない、やさしい愛のある言葉でお話しされる姿、そして生徒さん達も発表会、コンサートでは表情豊かに美しい音色で音を奏でる様子は、藤原先生が私達に伝えたいことを実践されているのだと改めて思います。

最後に紹介して頂いた、藤原先生が発表会のプログラムの「はじめに」にのせられる言葉 ・・・「ピアノは指で語るドラマ。皆さんの今の力で精一杯ドラマを奏でてくれます。自分を深めることの大切さ、そしてそれが楽しいと感じる自分を作る事が成長する言葉だと思います。」・・・

今回のセミナーでの先生からのいちばんのメッセージだと思います。藤原先生、どうもありがとうございました

2017年10月12日

はじめてのギロック講座 第3回

170914imano_1.jpg2017年9月14日 西村楽器micc本店にて、今野万実先生をお招きし「全3回 はじめてのギロック講座 第3回」 を開催致しました。

『普段のレッスンでいかにステキな音を出すか』 ご挨拶とともに投げかけて頂いたこのテーマを、 「はじめてのギロック」「こどものためのアルバム」 から抜粋し演奏のポイント(レガート・スタッカート・ バランス・響き・ペダリング・重心・表情etc)を 細かく説明して頂きました。 そのたくさんの情報量にメモするスピードが追い つかないほどでしたが、時折こぼれる今野先生の溢れる 想いやレッスンでのエピソード(笑いもあり)・ コンクールでの子供たちへの声かけ・どれも熱いお言葉 で、終始、心が揺さぶられセミナーが終わるころには 感動で涙が溢れそうになりました。

170914imano_2.jpgギロックの音楽・・・それは優しい風の吹くよう。 こんなステキなテキストを使って、五感に訴えるレッスン、脳を目覚めさせるレッスン、音の温度、感度を 育てるレッスン...学びはこれからも続きますが今野先生の思いを胸に子供たちや自分の成長につなげていきたいと思います。 また、最後に先生がおっしゃった100歳まで元気でレッスン・まずは先生たちが元気でいることが大切! 今野先生のご健康とご活躍を願うと共に、また元気を頂けるセミナーでお会いできる日を楽しみにしております。
今野先生、ありがとうございました。

Rep:宮崎サンサンステーション・宮崎バスティン研究会 甲斐 水貴



過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ宮崎サンサンステーション