« 前の記事| 後の記事 »

演奏家が伝える四期の名曲集 第2回

宮崎1.png2017年6月15日(木)、西村楽器micc本店(Eルーム)にて赤松 林太郎先生による〈演奏家が伝える「四期の名曲」を弾くために?上級を目指す方へのプラチナレター?〉セミナー2回シリーズの第2回目が開催されました。

前回のバロック?古典の復習から今回ロマン?近現代へと繋げてのお話でした。 バスティン「ピアノ名曲集」第3巻?第5巻の教材を使い、四期の時代特徴を曲を通じて時代背景や表現につながるポイントや練習法、子供達にありがちな演奏をどのようにしたら上手く曲が仕上がるか等、指導のポイントとなることを色々な角度から展開されました。 近現代についても赤松先生の豊富な知識と様々に弾き分けられる演奏を織り交ぜながら、学術的な枠組みにとらわれない自由な形式の作品や作曲家の国民性、文化等、ユーモアたっぷりに説明され、各時代の特徴を踏まえた上で楽譜を読み解き、より深い演奏表現につなげていく事がいかに大切かを学んだセミナーでした。
宮崎2.pngセミナー終了後は、スタインウェイサロンにて赤松林太郎先生によるミニコンサートもあり、充実した2時間を過ごさせて頂きました。

Rep:ピティナ宮崎支部 明石淳代

※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ宮崎支部