ロシアン奏法による導入指導セミナー  <旭堂楽器店>
(2017-07-19 17:21:28) by ピティナ京都アトリヱステーション


ロシアン奏法に基づく導入指導セミナーを旭堂楽器店サンホール にて開催いたしました。 遠くは神戸、船橋からもお越しいただき、はじめてロシアン奏法を学ぶという方 が半分以上いらっしゃいました。  お話しは松田紗依先生の20代の留学時代のものから。練習によって腱鞘炎を患った 後に出会った方が、ウラジミール・アシュケナージ氏の奥様のご親友であったこ と。そのご縁で、ロンドンに渡りロシアン奏法を学ばれ、帰国後に、日本の子供 にも親しみやすく、使いやすいようなテキストを作るため、作曲をはじめられました。 ソビエトのような国家事業としての演奏家育成という高いハードルではなく、 どの子でもピアノを楽しみながら演奏できるようにとの思いから、自身で作曲し 、手書き楽譜で指導をはじめられたそうです。 それが現在のロシアン奏法による松田先生の著書「ピアノレッスン」シリーズ(カワイ出版)につながっています。 ロシアン奏法では、「遠くまで届く 美しいまろやかな音色で一音を弾くために」 はじめの1音を弾く時から"語るような、うた心ある音色"で弾く事をめざしま す。 まず、受講者の方お一人ずつに、3の指でドの音を、いつもの弾き方で「心をこ めて」弾いてもらいます。弾く方によって色々な音色が出てくるところが興味深 いところです。 松田先生は、お一人ずつの姿勢、手のフォーム、手首や肘の位置など 細かく指導されます。そしてもう一度弾いてみると、まろやかに響く音に変わっ ていきます。みなさんとても真剣に、熱心に取り組まれていました。 その後は、初めてピアノを習う生徒さんを指導される際に、大切にされていること のお話し。初めてのレッスンの日に「ピアノは特別素敵な楽器である」と説くこ と。それを弾ける満足感を子供に与えるということは、その後のピアノとの向き 合い方の芯になる言葉だと思いました。 また、宿題として、「美しいと思うものを見つける。触れる」という提案や、 「自然をこころの目で見る」など、ピアノを弾く前に、感性を豊かにすることを 大切にされているところが、お稽古という枠を超えて人生を豊かにするヒントの ようで印象的でした。 一音の大切さについて、2時間たっぷりお話しいただきました。 美しい音楽は、美しい一音の連なりでできています。 どうやって意思のある音をつくるか、フレーズを作っていくのか、 そのヒントは、「初めての一音から大切に弾くことから始まる」いうことが 大変よくわかりました。
<画像:sIMG_0575.jpg>

次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る

Powered by
MT4i 3.0.6