お知らせ アーカイブ

2011年12月31日

流山あかつきステーション設立

流山あかつきステーションは、2011年、未曾有の東日本大震災の年に立ち上げられました。
深く大きな悲しみの中で、音楽こそが大きな慰めや支えになることがあります。
物質的生産は出来ませんが、音楽の目に見えない力こそが、今、必要とされているのではないでしょうか。


千葉県の北西部、いわゆる"千葉の角(つの)"を構成するこの地域は、「おおたかの森駅」の名前でも知られるように、空にはおおたかが舞う自然に恵まれた地域です。
多くのみなさまと交流し、ご一緒に学んでいきたいと思っております。

                  流山あかつきステーション代表  田代 稚惠美

2012年1月 7日

ステップ説明会 開催

明けましておめでとうございます。
不安な年の幕開けですが、みなさまの心に少しでも希望の光を照らしていけるよう、地道に活動をしたいと思っております。
どうぞ、みなさまがたのたくさんのお力をお貸し下さいますように、お願い致します。

[ステップ説明会]

日時:2012年3月16日(金)10:00 〜 11:40
       (流山市中110番地 つくばエクスプレス線 流山セントラル駅徒歩3分)
講師:林 苑子先生


上記のようにステップ説明会を開催致します。
林苑子先生をお迎えして、ステップとはどういうものか、ステップの利用の仕方、参加方法など過去の実例も入れてお話し頂きます。
どうぞ、奮って、ご参加下さい。お待ちしております。
                           流山あかつきステ―ション

2012年6月28日

流山ステップ開催します

ご挨拶

流山の地で初のステップです。
昨年の大震災以来、地震にそれまで以上に過敏に反応する子ども達の姿が見られます。
被災地ではないこの地の子ども達でさえ、心に負った傷が大きいのでしょう。

今こそ音楽が必要な時代です。
音楽は人々が感情を共有していく支えになると信じています。
時として「言葉」より大きな力を持つ「音楽」で心を癒し、多くの人たちとの絆を深めて
いくステップへと発展させていきたいと思っております。

ステップという「芽」が出るまでにも本当にたくさんの方々のお力をお借りしました。
今後とも、そのお力をお借りしながら、流山の地で、大きな根を張り、幹を育て、枝を
伸ばしていけるよう努めてまいります。

流山あかつきステーション 代表 田代稚恵美

(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2013年6月27日

流山ステップ開催します

ごあいさつ

第二回目の流山地区ステップを迎えます。
ステップを開催することになるのなら、その中で是非トークコンサートを!と思っておりました。

音楽を学ぶ人達にとって、素晴らしい演奏を実際に聴くことから得るものは
計り知れないと感じております。
どうぞ、今年も、鈴木弘尚先生の繊細さと大胆さを併せ持つ演奏を存分に
お聴き下さい。

ステップの度に、どんなアドバイザーの先生にお会いできるのか、
参加者の方はどんな表情をしながら、どういう演奏をなさるのか、
楽しみにしております。

今年もたくさんの方々に巡り合わせて頂けましたことを心よりの慶びに
存じております。

流山あかつきステーション 代表 田代稚恵美


(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2014年6月26日

流山ステップ開催します

ご挨拶

第3回目の流山地区ステップを迎えます。
今回も、沢山の方々にご参加頂き、有難うございます。

音楽を学ぶ上で、自分の演奏を聴いて頂くこと、また、他の方の演奏を聴くことは、一番大事なことではないかと思います。
「音楽の演奏というのは、とにかく、人に聴いてもらわないとだめなのです。」と、舘野泉さんは、右半身不随になった今も、左手のピアニストとして活躍しておられます。

私共ステーションスタッフ一同、参加された方々に実り多き学びの場をご提供出来るようにと心を込めて準備をしてまいりました。
超人的スケジュールの中、調整して下さった赤松林太郎先生、遠路お越し下さるアドバイザーの先生方にも心から感謝申し上げます。

流山あかつきステーション代表  田代稚恵美


(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2015年6月26日

流山ステップ開催します


第4回目の流山地区ステップを迎えます。
お陰さまで、年々、参加申し込みの締切日が早くなっております。
3年前に流山で芽吹いた小さな木は、多くの方々のお育てにより、少しずつ大地に根を伸ばしているようです。

「音楽はやっぱり受け身になってするもんじゃないよ。
いつでも自分がするものだよね。」

と、作曲家の武満徹氏は小澤征爾氏との対談の中で語っています。
勇気を持ってステップのステージへの一歩を踏み出すこと ー それによって、参加された方々の音楽のみならず、人生の新しい頁が開かれますことを心より願っております。

今回もまた、遠路お越し下さるアドバイザーの先生方や素晴らしいピアニスト 泉ゆりの先生に大きなお力をお借りしながら、一瞬一瞬を大切にステップを進めてまいります。
スタッフ一同、心からの感謝を込めて。

流山あかつきステーション代表   田代稚恵美

(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2016年6月30日

流山ステップ開催します(2016.7.5)

ごあいさつ

熊本地震で被災されたみなさまに心からのお見舞いを申し上げます。

2011年、東日本大震災直後の不安な状況の中、それまでより愛おしむようにピアノを
弾こうとする子供たちの姿がありました。

当たり前と思っていたことの有難さに気づき、抗いようのない自然の脅威に対して無垢に祈り、失われたものへの鎮魂の思いを無意識の中にピアノを弾くという行為に重ねているのが見えました。
それが、流山あかつきステーション立ち上げの原動力になりました。お陰様で、5回目のステップを迎えます。

今年も、例年のように、素晴らしいアドバイザーの先生方をお迎えしてステップが
開催できる有難さをしみじみ感じております。

5回目の節目に、流山ステップ初年のトークコンサートピアニスト、佐藤展子先生に
再度のお出ましをお願い致しました。

熊本の一日も早い復興をお祈りしながら、みなさまとの出会いの一瞬を大切に、そして
学び多き場所になりますように、スタッフ一同心をこめて進行させて頂きます。


流山あかつきステーション代表   田代稚恵美

(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2017年6月21日

流山ステップ開催します(2017.6.25)

ご挨拶

「流山ステップはレベルが高いので、参加するのはまだ早い」
というお声をよく耳にします。
私の門下ばかりが参加しているわけではありませんので、
まずは近隣の先生方に拍手をお送りします。

しかし、そうでしょうか。
「いつか参加できるように」ではなく、まず第一歩を踏み出してください。
その中で、きっと感じることがあるはずです。転けてもいいのです。
そこから立ち上がるときに、きっと、なにかつかみ取れるものがあるはずです。
流山ステップを、みなさま方の「飛躍の場」にしてください。
スタッフ一同、そんな思いで、みなさま方を応援しています。

今回は、昨年の熊本地震でご自宅も被害を受けながら、いち早く立ち上がって
全国の音楽愛好家を勇気付けに飛び回られた厚地とみ子先生をお迎えしております。
ピアニスト上野優子先生のトークコンサートも
みなさまと聴かせて頂くことを楽しみにしております。


流山あかつきステーション代表 田代稚恵美


(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2018年6月20日

流山ステップ開催します(2018.6.24)

ご挨拶
   
7回目の流山ステップを迎えます。

ピアノは他の習い事と違って、すぐに上達を目にすることは難しいです。
だからこそ、辛抱や努力、ご家族の理解や協力が欠かせません。
そんな道程のみなさまに、飛躍するためのヒントを少しでも掴み取って
頂けるステージになるようにと、心を込めて準備を進めてまいりました。

トークコンサートピアニストの大嶺未来先生は2013年より
ラフマニノフの全曲演奏を手がけ、2016年に独奏曲を「奏破」されました。
その演奏や姿勢から、また、多くの刺激を頂けることと思います。

今回も素晴らしいアドバイザーの先生方をお迎えする喜びを噛み締めながら、
みなさま方の演奏を楽しみに聴かせて頂きます。


流山あかつきステーション  田代稚恵美


(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら



過去の記事


カテゴリ



QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ流山あかつきステーション