« 前の記事| 後の記事 »

中井正子先生・・・モーツァルト ソナタと幻想曲

2013年12月18日(水)10:00~12:00

中井正子先生による テクニックシリーズ④

「モーツァルト ソナタと幻想曲」 を開催いたしました。

曲目

・ソナタ K331「トルコ行進曲付」全楽章

・ソナタ K330、333 第1楽章

・幻想曲 K397

1312181.JPG

このシリーズ講座は、2011年カワイ表参道において開催されました。

開催レポート・・・・

http://kawai-kmf.com/concert-info/2011/05.09-10.19/09.08report/

 

中井先生による演奏を交えた解説は 大変わかりやすく 演奏も楽しんでいただけます。

ソナタ K330 は、"小鳥のさえずり" が想像できますね・・・

モーツァルトを演奏する上で オペラを聴いてみるのも参考になりますので 

是非 聴いてみてください・・・

1312182.JPG

モーツァルトの演奏では 指の独立も重要なポイントです。

指の独立・・・・ただ単に動くことではなく 役割を果たすことです。

役割・・・常に自分の音を聴くことで どう聴こえるのか?考えてみましょう。

1312183.JPG

朝から雨で足元が悪い中 ご来場いただきましてありがとうございました。

 

次回は、2014年6月11日(水)10:00~12:00 開催いたします。

テーマ・・・

ショパン 即興曲、小犬のワルツ、別れのワルツ、バラード第1番 (予定)

ロマン派のテクニックについて お話していただきます。

 

 

 

 

 

※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナNagoyaさかえステーション