« 前の記事| 後の記事 »

松本和将先生 「ピアノ演奏のための楽曲構築力」 講座

2014年11月19日(水)10:00~12:00

松本和将先生による テクニック講座シリーズ

ピアノ演奏のための楽曲構築力

「イメージから演奏へ・・・音楽の組み立て方」講座を開催いたしました。

201411191.JPG

今回 ショパン バラード第1番 を 題材として 演奏を交え 解説していただきました。

演奏・・・楽譜に書かれていることを再現しますが

「音符を鍵盤に置き換える」だけでなく 楽譜の向こう側を読み 演奏することです。

楽譜に書かれていることを把握し イメージすることです。

まず 曲全体の調性を把握しましょう。

そして調性の変化を知り 和声・和音の性質を理解しましょう。

201411194.JPG

バラード第1番は g-moll で始まり g-moll で終わります。

他の作曲家による g-moll の作品に触れてみると 調性の雰囲気がよくわかります。

例 → チャイコフスキー:四季より舟歌、バッハ:平均律から など

小品を弾いてみると良いでしょう。

201411192.JPG

楽曲の調性、和声など分析することも大切ですが "音"の響きを心から感じることが大切です。

短調の場合 → 悲しい など

長調の場合 → 喜び 

調性を知ったり、和音の響きを感じたり することで より イメージしやすくなります。

イメージ・・・

短調から長調へ変化する場合 例:暗闇からの解放、苦悩からの解放 など

自然や心の変化に置き換えてみるのも良いでしょう。

イメージすることで どういった音色で演奏したいのか? 考えることができますから

「自分で考えて練習する」ことができるようになります。

201411195.JPG

松本先生の素晴らしい演奏による解説で より具体的にわかりやすくなりました。

講座後半は モデル演奏者によるレッスン形式でお話していただきました。

モデル1.JPG

モデル3.JPG

モデル4.JPG

モデル演奏:今飯田桃那さん

松本先生 素晴らしい演奏、お話 ありがとうございました。

今飯田桃那さん ありがとうございました。

 

※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナNagoyaさかえステーション