« 前の記事| 後の記事 »

田中正也先生「聴いてわかる音楽様式」講座

2017年1月18日(水)10:00~12:30

ピアニスト:田中正也先生による

目からウロコのお話満載!

「聴いてわかる 音楽様式」基礎編講座(全4回)

第3回 ロマン派 を開催いたしました。

tanaka_masaya.jpg

 

♪ バロック・古典・ロマン・近現代 

   それぞれの時代の表現へのアプローチ

ピアノの変遷とともに変化した奏法を検証!

その様式に「ふさわしい演奏」とは?

♪ 各様式の社会・時代背景を学ぶ

 曲の誕生した環境を知ることで

 楽譜の読み方は より充実します。

 

 

19世紀ロマン派の時代には

  作曲家たちが形式にとらわれず自由に作曲するようになりました。

  貴族社会の衰退とともに、演奏会場が 貴族のサロンからコンサート会場へ移り

  また一般家庭でも楽しむようになったいきます。

ロマン派後期には2000人でも入れる大きなホールができ、

  ホールの隅まで届く音が出せるピアノが必要になり、

  ピアノが改良され著しく発展した時代です。

★ピアノ音楽が大輪の花を咲かせ、ショパンやリストのような優れたピアニストかつ作曲家

  登場した頃で、ロシア音楽も遅ればせながら西洋音楽の仲間入りをしました。

tanaka20170118-1.jpg.JPG

tanaka20170118-2.jpg.JPG

 

tanaka20170118-4.jpg.JPG

 

参考曲目を取り上げ 演奏を交え具体的にわかりやすく解説していただきました。

曲目

・シューマン:ピアノソナタ第2番

・バダジェフスカ:乙女の祈り

・ラフマニノフ:道化師

・チャイコフスキー:こどものためのアルバムより ワルツ

・ショパン:ノクターン Op9-2

 ★ 最後に リスト:ラ・カンパネラ を演奏してくださいました!

田中先生 とてもわかりやく楽しいしいお話 そして 素晴らしい演奏ありがとうございました。

ご来場いただきました皆様 ありがとうございました。

次回最終回のご案内

2017年7月19日(水)10:00~12:30

指導者の方だけでなく一般の方にも楽しんでいただける内容です。

是非 ご来場くださいませ。

 

 

※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ名古屋さかえステーション