2019年1月10日

【2/3赤松林太郎ピアノリサイタル開催】

国際音楽コンクールの審査長やメディアに出演のピアニスト赤松林太郎 渾身のリサイタル!
リサイタル詳細はこちら


《プログラム》
・チャイコフスキー 「四季」より2月 謝肉祭
・モーツァルト ピアノソナタ第11番KV.331「トルコ行進曲付き」
・シューマン=リスト 献呈
・シューベルト=リスト アヴェ・マリア
・シューベルト=リスト 魔王
・ムソルグスキー 展覧会の絵

※プログラムは、事前の予告なく変更となる場合がございます。


演奏者:赤松 林太郎
≪ピアニスト、指導者として活動中。
現在、ピティナ評議委員、洗足学園音楽大学客員教授、大阪音楽大学特任准教授。
詳しくはこちら


日時:2019年2月3日(日) 13:00 開場 14:00 開演
会場:豊中市立文化芸術センター
入場料:学生:2,000円(税込)
PTNA会員:3,000円(税込)
一般:4,000円(税込)

※会場にて12:30より座席引換をいたします。
※未就学児のご入場は、ご遠慮ください。
※残券が有る場合のみ、当日チケットを販売いたします。


お申込み・お問合せ:ヤマハミュージック 大阪なんば店 鍵盤楽器売場(TEL:06-6531-8203)

2018年12月14日

【講座開催】2019/2/8鵜﨑庚一:ショパン/ワルツ選Ⅱより 第5回目(全5回)

鵜﨑庚一「アナリーゼの技法」~″かたち″の理解のために~
ショパン/ワルツ選Ⅱより(全5回)
講座詳細はこちら


より良い演奏表現のために必要な基礎能力を" 音楽体力" と名づけるなら、その体力づくりにはアナリーゼ=楽曲分析が必須です。
難解で取り組みにくい作業ですが、同時に、謎を解きほぐすサスペンスフルな魅力にあふれています。
鵜﨑先生の画期的な"チャート" は、分析がビジュアル的で明快ですので、即、実践的な作業が可能になります。
今回は、ピアノ学習者に必須の「ショパン/ワルツ選Ⅱ」が題材です。
指導に、演奏に生かせるアナリーゼをぜひ体感してください。

第5回目 ショパン:3つのワルツ Op.70 第2番

講師:鵜﨑 庚一
≪東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。フランス国立パリ高等音楽院一等賞首席(フーガ)修了。
国立音楽大学および大学院教授・お茶の水女子大学講師・武蔵野音楽大学講師を歴任。
現在、国立音楽大学名誉教授・日本作曲家協議会会員・日本音楽著作権協会会員。≫

★第5回目開催!
日時:第5回 2019年2月8日(金) 10:30~12:30
会場:ヤマハミュージック 大阪なんば店 2Fサロン
料金:PTNA会員(奈良・千里・堺・神戸中央支部)2,500円
上記以外のPTNA会員3,000円
一般:3,500円
※いずれも1回分講座料金
※税込価格

お申込み・お問合せ:楽譜売場 06-6531-8202

2018年12月11日

【講座開催】2019/1/25赤松林太郎:ブルグミュラーコンクール関連講座 第4回目(全4回)

赤松林太郎「ブルグミュラー18の練習曲 全曲マスター講座」
ブルグミュラー18の練習曲、全曲制覇(全4回)
講座詳細はこちら


赤松先生の澄んだ音色で、ブルグミュラーのさらなる魅力を存分に味わえます。
シューマン、ショパンへ向かう架け橋として、学びと感動をお届けします。
解説ポイント
どのようなところに魅力があるのか(曲の構成、和音の特徴をつかむ)
つまずきやすい部分を克服するための練習方法
コンクールでどう弾くか、また、この曲がどんなロマン派の曲に繋がるのか... ほか

第4回目 ブルグミュラー18の練習曲 (15~18番) 
講師:赤松 林太郎
≪1990年全日本学生音楽コンクール第1位。
2000年クララ・シューマン国際ピアノコンクール第3位を受賞した際、Dr.J.カイザーより「聡明かつ才能がある」と評された。
その後10以上の国際コンクールで受賞。
神戸大学を卒業後、パリ・エコール・ノルマル音楽院にてピアノ・室内楽共に高等演奏家課程ディプロムを審査員満場一致で取得。
国内各地の主要ホールはもとより、アメリカ、ロシア、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、台湾、コロンビアなどを公演で回る。
キングインターナショナルから《ふたりのドメニコ》、《ピアソラの天使》、《そして鐘は鳴る》、《インヴェンションへのオマージュ》をリリースして各誌で絶賛される。
初の著書《赤松林太郎 虹のように》を道和書院より発刊。
1,000名以上の指導に携わり、多くの受賞者を輩出している。
日本各地で開催される講座でも好評をおさめ、エッセイストとしては新聞や雑誌にも連載を持っている。
第1回よりダヌビア・タレント国際音楽コンクール(ハンガリー)の審査員長を務める。
ピアノを熊谷玲子、M.ヴォスクレセンスキー、F.クリダ、J.ミコー、G.ナードル、Z.コチシュ、室内楽をN.パタルチェツ、C.イヴァルディ、音楽学を岡田暁生の各氏に師事。
一般社団法人日本ピアノ指導者協会評議員、演奏研究委員。
ブダペスト国際ピアノマスタークラス教授、洗足学園音楽大学・大学院客員教授、大阪音楽大学・大学院特任准教授。
赤松 林太郎 オフィシャルウェブサイト >http://rintaro-akamatsu.com/≫

★第4回目開催!
日時:第4回 2019年1月25日(金) 10:30~12:30
会場:ヤマハミュージック 大阪なんば店 2Fサロン
料金:PTNA会員(奈良・千里・堺・神戸中央支部)2,500円
上記以外のPTNA会員:3,000円
一般:3,500円
※いずれも1回分講座料金
※税込価格
※定員になり次第参加受付を終了させて頂きます

お申込み・お問合せ:楽譜売場 06-6531-8202

2018年12月 5日

【リサ・バスティン来日特別講座開催】2019/2/27リサ・バスティン:バスティン オールインワン

バスティンマーク更新講座 忙しい生徒のための新シリーズ~よむ・ひく・かくを1冊で~
バスティン オールインワン
講座詳細はこちら


オールインワンの筆頭著者が語る指導者と生徒への願い!
現代の子ども達は超多忙!
新刊「バスティン・オールインワン」シリーズは、ベーシックスシリーズの「ピアノ」「セオリー(楽典)」「テクニック」「パフォーマンス」の重要な要素を1冊にして、多忙なピアノ学習者が無理なく効率よく学べるように開発された、新しい教本です。
この講座では、ピアノを弾くための総合的な力をバランスよく身に付けるために、オールインワンの指導法や従来のバスティンとの組み合わせ方、伴奏アプリの効果などを、オールインワンの著者リサ・バスティン先生に、新刊開発のエピソードと共にお話しいただきます。
(ピティナ・セミナーレポート実施講座)

☆読譜の基礎を身に付ける:プレリーディング譜で音符の動きを視覚的に学びます
☆可愛いイラストと連弾用パート譜:音楽表現の第1歩!曲想をイメージしながら楽しく連弾
☆生徒の理解度を簡単にチェック:「進度チェック表」「練習メニュー」「ねらい」で指導力アップ


講師:リサ・バスティン
≪4歳より、母親であるジェーン・バスティンの指導のもとピアノをはじめる。
ドレイク大学でピアノ演奏の学士号、アリゾナ州立大学でピアノ教育学の修士号を取得。
現在はニューヨークに在住。
アメリカ国内のみならず世界各地で自著に関する講座を行っている。
「オールインワン」の筆頭著者。≫

通訳:飯田 有抄
≪東京藝術大学、同大学院修士課程修了。
Macquarie University通訳翻訳修士課程修了。
音楽ライターとして様々なメディアに 曲目解説を執筆中。
著書に「ブルグミュラー25の不思議」(音楽之友社)等がある。≫


日時:2019年2月27日(水) 10:30~12:30 (受付10:00)
会場:ヤマハなんばセンターサロン アルモニー(ヤマハ大阪ビル3F)
料金:PTNA会員3,000円
一般:3,500円
※税込価格
※定員になり次第受付を終了させていただきます

お申込み・お問合せ:楽譜売場 06-6531-8202

2018年11月25日

【講座開催】12/6赤松林太郎:ブルグミュラーコンクール関連講座 第3回目(全4回)

赤松林太郎「ブルグミュラー18の練習曲 全曲マスター講座」
ブルグミュラー18の練習曲、全曲制覇(全4回)
講座詳細はこちら


赤松先生の澄んだ音色で、ブルグミュラーのさらなる魅力を存分に味わえます。
シューマン、ショパンへ向かう架け橋として、学びと感動をお届けします。
解説ポイント
どのようなところに魅力があるのか(曲の構成、和音の特徴をつかむ)
つまずきやすい部分を克服するための練習方法
コンクールでどう弾くか、また、この曲がどんなロマン派の曲に繋がるのか... ほか

第3回目 ブルグミュラー18の練習曲 (11~14番) 

講師:赤松 林太郎
≪1990年全日本学生音楽コンクール第1位。
2000年クララ・シューマン国際ピアノコンクール第3位を受賞した際、Dr.J.カイザーより「聡明かつ才能がある」と評された。
その後10以上の国際コンクールで受賞。
神戸大学を卒業後、パリ・エコール・ノルマル音楽院にてピアノ・室内楽共に高等演奏家課程ディプロムを審査員満場一致で取得。
国内各地の主要ホールはもとより、アメリカ、ロシア、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、台湾、コロンビアなどを公演で回る。
キングインターナショナルから《ふたりのドメニコ》、《ピアソラの天使》、《そして鐘は鳴る》、《インヴェンションへのオマージュ》をリリースして各誌で絶賛される。
初の著書《赤松林太郎 虹のように》を道和書院より発刊。
1,000名以上の指導に携わり、多くの受賞者を輩出している。
日本各地で開催される講座でも好評をおさめ、エッセイストとしては新聞や雑誌にも連載を持っている。
第1回よりダヌビア・タレント国際音楽コンクール(ハンガリー)の審査員長を務める。
ピアノを熊谷玲子、M.ヴォスクレセンスキー、F.クリダ、J.ミコー、G.ナードル、Z.コチシュ、室内楽をN.パタルチェツ、C.イヴァルディ、音楽学を岡田暁生の各氏に師事。
一般社団法人日本ピアノ指導者協会評議員、演奏研究委員。
ブダペスト国際ピアノマスタークラス教授、洗足学園音楽大学・大学院客員教授、大阪音楽大学・大学院特任准教授。
赤松 林太郎 オフィシャルウェブサイト >http://rintaro-akamatsu.com/≫

★第3回目開催!
日時:第3回 2018年12月6日(木) 10:30~12:30
会場:ヤマハミュージック 大阪なんば店 2Fサロン
料金:PTNA会員(奈良・千里・堺・神戸中央支部)2,500円
上記以外のPTNA会員:3,000円
一般:3,500円
※いずれも1回分講座料金
※税込価格
※定員になり次第参加受付を終了させて頂きます

お申込み・お問合せ:楽譜売場 06-6531-8202

2018年11月 9日

【講座開催】12/7鵜﨑庚一:ショパン/ワルツ選Ⅱより 第4回目(全5回)

鵜﨑庚一「アナリーゼの技法」~″かたち″の理解のために~
ショパン/ワルツ選Ⅱより(全5回)
講座詳細はこちら


より良い演奏表現のために必要な基礎能力を" 音楽体力" と名づけるなら、その体力づくりにはアナリーゼ=楽曲分析が必須です。
難解で取り組みにくい作業ですが、同時に、謎を解きほぐすサスペンスフルな魅力にあふれています。
鵜﨑先生の画期的な"チャート" は、分析がビジュアル的で明快ですので、即、実践的な作業が可能になります。
今回は、ピアノ学習者に必須の「ショパン/ワルツ選Ⅱ」が題材です。
指導に、演奏に生かせるアナリーゼをぜひ体感してください。

第4回目 ショパン:2つのワルツ Op.69 第2番

講師:鵜﨑 庚一
≪東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。フランス国立パリ高等音楽院一等賞首席(フーガ)修了。
国立音楽大学および大学院教授・お茶の水女子大学講師・武蔵野音楽大学講師を歴任。
現在、国立音楽大学名誉教授・日本作曲家協議会会員・日本音楽著作権協会会員。≫

★第4回目開催!
日時:第4回 2018年12月7日(金) 10:30~12:30
会場:ヤマハミュージック 大阪なんば店 2Fサロン
料金:PTNA会員(奈良・千里・堺・神戸中央支部)2,500円
上記以外のPTNA会員3,000円
一般:3,500円
※いずれも1回分講座料金
※税込価格

お申込み・お問合せ:楽譜売場 06-6531-8202

2018年11月 8日

【公開録音コンサート開催】12/13小塩真愛:ピティナ・ピアノ曲事典 公開録音コンサート

名録音誕生を応援するチケットレス・後払い方式のコンサート
小塩真愛「ロシア・ピアノ作品の彩り」
コンサート詳細はこちら


ヤマハグランドピアノサロン大阪では、「ピティナ・ピアノ曲事典公開録音コンサート」を実施いたします。
今回は大阪出身の若手注目ピアニスト、小塩真愛さんに演奏頂きます。

《プログラム》
バッハ=ラフマニノフ:無伴奏ヴァイオリンパルティータ第3番
チャイコフスキー:「四季」より
スクリャービン作品 ほか

ピアノ:CFX 
調律:横山俊介(ヤマハ株式会社 ピアノアーティストサービス東京)
 

演奏者:小塩 真愛
≪大阪府出身。4歳よりピアノを始める。東京藝術大学、同大学院卒業。
ピティナピアノコンペティション全国決勝大会において、E級金賞、G級銅賞、特級銀賞、聴衆賞受賞。
第3回ピティナ福田靖子賞選考会において奨励賞受賞。
受賞派遣として、ハワイ・アロハ国際ピアノフェスティバルにて招待演奏。
イタリア・ヴァルセシア国際コンクールJr.D部門2位受賞。マウロ・パオロ・モノポリ国際コンクール2位受賞。皇居内桃華楽堂にて御前演奏。
これまでに藝大フィル、東京シティフィル、ドナウ交響楽団、プーリアフィルハーモニカ、他オーケストラと共演。
その他、多数のソロリサイタルや演奏会に出演。藝大室内楽定期演奏会やJTが育てるアンサンブルシリーズに出演するなど、室内楽の活動にも積極的に取り組む他、多数の海外音楽アカデミーにて選抜演奏会に出演。
これまでに、二本柳奈津子、岡原慎也、黒田亜樹、椋木裕子、赤松林太郎、青柳晋の各氏に師事。
現在、ザルツブルグ・モーツァルテウム音楽大学留学中、ジャック・ルヴィエ氏に師事。≫


日時:2018年12月13日(木) 10:30 開場 11:00 開演
会場:ヤマハグランドピアノサロン大阪 (ヤマハ大阪ビル3F)
入場料:後払い方式(終演後にお好きな金額をお決めください)
※税込価格
※事前のご予約が必要です
※定員になり次第受付を終了させて頂きます
※曲目は一部変更になる可能性があります。ご了承ください。


《お申込み・お問合せ》
FAX申込:FAX申込用紙に必要事項記入の上、直接ピアノ指導協会(ピティナ)までお送りください(03-3944-8838)
TEL申込:03-3944-1583(公開録音コンサート担当
ウェブ申込: www.piano.or.jp/concert/public より、公演名をお選び頂き、必要事項をご記入ください    

2018年10月25日

【講座開催】11/16俣野修子:『Musical Reading』 音楽的読譜講座 第3回目(全3回)

俣野修子「Musical Reading」
演奏表現に直結する 音楽的・合理的 読譜力のために(全3回)
講座詳細はこちら


自力で楽譜を読む力は、演奏表現においても、指導においても、非常に重要です。
読譜というと、音の高低や長短に捕らわれがちですが、実は、それだけでは十分ではありません。
初見の段階で、全体を俯瞰し、和声的視点や 構造的視点から読譜(=音楽的読譜)することがとても大切なのです。
まず、音楽的読譜を行うことによって、初期段階でも常に音楽的視点を失わずに、演奏に必要な練習を合理的に行うことができます。
そのため、 作品を一通り演奏できるようになるまでの時間を、圧倒的に短縮することができ、子どもたちも飽きることなく読譜ができます。
また、音楽的読譜 力を養うことによって、作品を読み解く力がアップし、演奏表現を進化させ、深めていくこともできるのです。
講座では、基本的読譜法に加え、読譜時に必要な音楽的視点、そして、音楽的・実践的練習法、その指導法をもお伝えします。

第3回目 読譜リテラシー(声部)+ ポリフォニックα 

講師:俣野 修子
≪ジュネーヴ音楽院 演奏家課程( post-graduate course )首席修了。
パデレフスキー記念フィリッピネッティ特別賞受賞。
同音楽院在学中より、スイス・フランスで演奏活動を開始。
帰国後は、東京、大阪でリサイタル、NHK FMフレッシュコンサート出演、
日本各地でジョイントリサイタルの他、上村昇氏、奈良場恒美氏、G・バブアゼ氏、
テレマン室内管弦楽団、モーツァルト室内管弦楽団、スロバキア四重奏団、ベルリン弦楽四重奏団等々、内外の音楽家と数多く共演。
近年では、2009年・2011年・2014年・2016年に関西と東京でリサイタルを行い、
『俣野修子 モーツァルトとシューベルトの夕べ』 シリーズや、『楽興の時』 室内楽シリーズも、好評のうちに完結した。
2015年開始のピアノデュオシリーズ 『pianist plus pianist』 も、毎回高い評価を得ている。
また、東京、埼玉において、公開レッスン、読譜初見講座、音楽教室講師対象の指導講座等をシリーズで行う他、
PTNAコンペティションに加え、各地主催の数多くのコンクールの審査員を務める。
現在、京都市立芸術大学において、後進の指導にあたっている。
日本演奏連盟会員、PTNA正会員、JPTA正会員。≫

★第3回目開催!
日時:第3回 2018年11月16日(金) 10:30~12:30
会場:ヤマハミュージック 大阪なんば店 2Fサロン
料金:PTNA会員(奈良・千里・堺・神戸中央支部)2,500円
上記以外のPTNA会員:3,000円
一般:3,500円
※いずれも1回分講座料金
※税込価格

お申込み・お問合せ:鍵盤楽器売場 06-6531-8203

2018年10月21日

【講座開催】11/19赤松林太郎:ブルグミュラーコンクール関連講座 第2回目(全4回)

赤松林太郎「ブルグミュラー18の練習曲 全曲マスター講座」
ブルグミュラー18の練習曲、全曲制覇(全4回)
講座詳細はこちら


赤松先生の澄んだ音色で、ブルグミュラーのさらなる魅力を存分に味わえます。
シューマン、ショパンへ向かう架け橋として、学びと感動をお届けします。
解説ポイント
どのようなところに魅力があるのか(曲の構成、和音の特徴をつかむ)
つまずきやすい部分を克服するための練習方法
コンクールでどう弾くか、また、この曲がどんなロマン派の曲に繋がるのか... ほか

第2回目 ブルグミュラー18の練習曲 (6~10番) 

講師:赤松 林太郎
≪1990年全日本学生音楽コンクール第1位。
2000年クララ・シューマン国際ピアノコンクール第3位を受賞した際、Dr.J.カイザーより「聡明かつ才能がある」と評された。
その後10以上の国際コンクールで受賞。
神戸大学を卒業後、パリ・エコール・ノルマル音楽院にてピアノ・室内楽共に高等演奏家課程ディプロムを審査員満場一致で取得。
国内各地の主要ホールはもとより、アメリカ、ロシア、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、台湾、コロンビアなどを公演で回る。
キングインターナショナルから《ふたりのドメニコ》、《ピアソラの天使》、《そして鐘は鳴る》、《インヴェンションへのオマージュ》をリリースして各誌で絶賛される。
初の著書《赤松林太郎 虹のように》を道和書院より発刊。
1,000名以上の指導に携わり、多くの受賞者を輩出している。
日本各地で開催される講座でも好評をおさめ、エッセイストとしては新聞や雑誌にも連載を持っている。
第1回よりダヌビア・タレント国際音楽コンクール(ハンガリー)の審査員長を務める。
ピアノを熊谷玲子、M.ヴォスクレセンスキー、F.クリダ、J.ミコー、G.ナードル、Z.コチシュ、室内楽をN.パタルチェツ、C.イヴァルディ、音楽学を岡田暁生の各氏に師事。
一般社団法人日本ピアノ指導者協会評議員、演奏研究委員。
ブダペスト国際ピアノマスタークラス教授、洗足学園音楽大学・大学院客員教授、大阪音楽大学・大学院特任准教授。
赤松 林太郎 オフィシャルウェブサイト >http://rintaro-akamatsu.com/≫

★第2回目開催!
日時:第2回 2018年11月19日(月) 10:30~12:30
会場:ヤマハミュージック 大阪なんば店 2Fサロン
料金:PTNA会員(奈良・千里・堺・神戸中央支部)2,500円
上記以外のPTNA会員:3,000円
一般:3,500円
※いずれも1回分講座料金
※税込価格
※定員になり次第参加受付を終了させて頂きます

お申込み・お問合せ:楽譜売場 06-6531-8202

【講座開催】10/25俣野修子:『Musical Reading』 音楽的読譜講座 第2回目(全3回)

俣野修子「Musical Reading」
演奏表現に直結する 音楽的・合理的 読譜力のために(全3回)
講座詳細はこちら


自力で楽譜を読む力は、演奏表現においても、指導においても、非常に重要です。
読譜というと、音の高低や長短に捕らわれがちですが、実は、それだけでは十分ではありません。
初見の段階で、全体を俯瞰し、和声的視点や 構造的視点から読譜(=音楽的読譜)することがとても大切なのです。
まず、音楽的読譜を行うことによって、初期段階でも常に音楽的視点を失わずに、演奏に必要な練習を合理的に行うことができます。
そのため、 作品を一通り演奏できるようになるまでの時間を、圧倒的に短縮することができ、子どもたちも飽きることなく読譜ができます。
また、音楽的読譜 力を養うことによって、作品を読み解く力がアップし、演奏表現を進化させ、深めていくこともできるのです。
講座では、基本的読譜法に加え、読譜時に必要な音楽的視点、そして、音楽的・実践的練習法、その指導法をもお伝えします。

第2回目 読譜リテラシー(リズム・音型・楽語)+ 構造的α 

講師:俣野 修子
≪ジュネーヴ音楽院 演奏家課程( post-graduate course )首席修了。
パデレフスキー記念フィリッピネッティ特別賞受賞。
同音楽院在学中より、スイス・フランスで演奏活動を開始。
帰国後は、東京、大阪でリサイタル、NHK FMフレッシュコンサート出演、
日本各地でジョイントリサイタルの他、上村昇氏、奈良場恒美氏、G・バブアゼ氏、
テレマン室内管弦楽団、モーツァルト室内管弦楽団、スロバキア四重奏団、ベルリン弦楽四重奏団等々、内外の音楽家と数多く共演。
近年では、2009年・2011年・2014年・2016年に関西と東京でリサイタルを行い、
『俣野修子 モーツァルトとシューベルトの夕べ』 シリーズや、『楽興の時』 室内楽シリーズも、好評のうちに完結した。
2015年開始のピアノデュオシリーズ 『pianist plus pianist』 も、毎回高い評価を得ている。
また、東京、埼玉において、公開レッスン、読譜初見講座、音楽教室講師対象の指導講座等をシリーズで行う他、
PTNAコンペティションに加え、各地主催の数多くのコンクールの審査員を務める。
現在、京都市立芸術大学において、後進の指導にあたっている。
日本演奏連盟会員、PTNA正会員、JPTA正会員。≫

★第2回目開催!
日時:第2回 2018年10月25日(木) 10:30~12:30
会場:ヤマハミュージック 大阪なんば店 2Fサロン
料金:PTNA会員(奈良・千里・堺・神戸中央支部)2,500円、全3講座7,500円
上記以外のPTNA会員:1講座3,000円、全3講座8,000円
一般:1講座3,500円、全3講座9,500円
※税込価格

お申込み・お問合せ:鍵盤楽器売場 06-6531-8203


過去の記事


カテゴリ

  • レポート


QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ奈良支部