2018年10月13日

【講座開催】11/9鵜﨑庚一:ショパン/ワルツ選Ⅱより 第3回目(全5回)

鵜﨑庚一「アナリーゼの技法」~″かたち″の理解のために~
ショパン/ワルツ選Ⅱより(全5回)
講座詳細はこちら


より良い演奏表現のために必要な基礎能力を" 音楽体力" と名づけるなら、その体力づくりにはアナリーゼ=楽曲分析が必須です。
難解で取り組みにくい作業ですが、同時に、謎を解きほぐすサスペンスフルな魅力にあふれています。
鵜﨑先生の画期的な"チャート" は、分析がビジュアル的で明快ですので、即、実践的な作業が可能になります。
今回は、ピアノ学習者に必須の「ショパン/ワルツ選Ⅱ」が題材です。
指導に、演奏に生かせるアナリーゼをぜひ体感してください。

第3回目 ショパン:3つのワルツ Op.64 第3番

講師:鵜﨑 庚一
≪東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。フランス国立パリ高等音楽院一等賞首席(フーガ)修了。
国立音楽大学および大学院教授・お茶の水女子大学講師・武蔵野音楽大学講師を歴任。
現在、国立音楽大学名誉教授・日本作曲家協議会会員・日本音楽著作権協会会員。≫

★第3回目開催!
日時:第3回 2018年11月9日(金) 10:30~12:30
会場:ヤマハミュージック 大阪なんば店 2Fサロン
料金:PTNA会員(奈良・千里・堺・神戸中央支部)2,500円
上記以外のPTNA会員3,000円
一般:3,500円
※いずれも1回分講座料金
※税込価格

お申込み・お問合せ:楽譜売場 06-6531-8202

2018年9月22日

【講座開催】10/12鵜﨑庚一:ショパン/ワルツ選Ⅱより 第2回目(全5回)

鵜﨑庚一「アナリーゼの技法」~″かたち″の理解のために~
ショパン/ワルツ選Ⅱより(全5回)
講座詳細はこちら


より良い演奏表現のために必要な基礎能力を" 音楽体力" と名づけるなら、その体力づくりにはアナリーゼ=楽曲分析が必須です。
難解で取り組みにくい作業ですが、同時に、謎を解きほぐすサスペンスフルな魅力にあふれています。
鵜﨑先生の画期的な"チャート" は、分析がビジュアル的で明快ですので、即、実践的な作業が可能になります。
今回は、ピアノ学習者に必須の「ショパン/ワルツ選Ⅱ」が題材です。
指導に、演奏に生かせるアナリーゼをぜひ体感してください。

第2回目 ショパン:3つのワルツ Op.64 第2番

講師:鵜﨑 庚一
≪東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。フランス国立パリ高等音楽院一等賞首席(フーガ)修了。
国立音楽大学および大学院教授・お茶の水女子大学講師・武蔵野音楽大学講師を歴任。
現在、国立音楽大学名誉教授・日本作曲家協議会会員・日本音楽著作権協会会員。≫

★第2回目開催!
日時:第2回 2018年10月12日(金) 10:30~12:30
会場:ヤマハミュージック 大阪なんば店 2Fサロン
料金:PTNA会員(奈良・千里・堺・神戸中央支部)2,500円
上記以外のPTNA会員3,000円
一般:3,500円
※いずれも1回分講座料金
※税込価格

お申込み・お問合せ:楽譜売場 06-6531-8202

2018年9月10日

【講座開催】10/11赤松林太郎:ブルグミュラーコンクール関連講座 第1回目(全4回)

赤松林太郎「ブルグミュラー18の練習曲 全曲マスター講座」
ブルグミュラー18の練習曲、全曲制覇(全4回)
講座詳細はこちら


赤松先生の澄んだ音色で、ブルグミュラーのさらなる魅力を存分に味わえます。
シューマン、ショパンへ向かう架け橋として、学びと感動をお届けします。
解説ポイント
どのようなところに魅力があるのか(曲の構成、和音の特徴をつかむ)
つまずきやすい部分を克服するための練習方法
コンクールでどう弾くか、また、この曲がどんなロマン派の曲に繋がるのか... ほか

第1回目 ブルグミュラー18の練習曲 (1~5番) 

講師:赤松 林太郎
≪1990年全日本学生音楽コンクール第1位。
2000年クララ・シューマン国際ピアノコンクール第3位を受賞した際、Dr.J.カイザーより「聡明かつ才能がある」と評された。
その後10以上の国際コンクールで受賞。
神戸大学を卒業後、パリ・エコール・ノルマル音楽院にてピアノ・室内楽共に高等演奏家課程ディプロムを審査員満場一致で取得。
国内各地の主要ホールはもとより、アメリカ、ロシア、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、台湾、コロンビアなどを公演で回る。
キングインターナショナルから《ふたりのドメニコ》、《ピアソラの天使》、《そして鐘は鳴る》、《インヴェンションへのオマージュ》をリリースして各誌で絶賛される。
初の著書《赤松林太郎 虹のように》を道和書院より発刊。
1,000名以上の指導に携わり、多くの受賞者を輩出している。
日本各地で開催される講座でも好評をおさめ、エッセイストとしては新聞や雑誌にも連載を持っている。
第1回よりダヌビア・タレント国際音楽コンクール(ハンガリー)の審査員長を務める。
ピアノを熊谷玲子、M.ヴォスクレセンスキー、F.クリダ、J.ミコー、G.ナードル、Z.コチシュ、室内楽をN.パタルチェツ、C.イヴァルディ、音楽学を岡田暁生の各氏に師事。
一般社団法人日本ピアノ指導者協会評議員、演奏研究委員。
ブダペスト国際ピアノマスタークラス教授、洗足学園音楽大学・大学院客員教授、大阪音楽大学・大学院特任准教授。
赤松 林太郎 オフィシャルウェブサイト >http://rintaro-akamatsu.com/≫

★第1回目開催!
日時:第1回 2018年10月11日(木) 10:30~12:30
会場:ヤマハミュージック 大阪なんば店 2Fサロン
料金:PTNA会員(奈良・千里・堺・神戸中央支部)1講座2,500円、全4講座10,000円
上記以外のPTNA会員:1講座3,000円、全4講座11,000円
一般:1講座3,500円、全4講座13,000円
※税込価格
※定員になり次第参加受付を終了させて頂きます

お申込み・お問合せ:楽譜売場 06-6531-8202

2018年9月 3日

【講座開催】9/21俣野修子:『Musical Reading』 音楽的読譜講座 第1回目(全3回)

俣野修子「Musical Reading」
演奏表現に直結する 音楽的・合理的 読譜力のために(全3回)
講座詳細はこちら


自力で楽譜を読む力は、演奏表現においても、指導においても、非常に重要です。
読譜というと、音の高低や長短に捕らわれがちですが、実は、それだけでは十分ではありません。
初見の段階で、全体を俯瞰し、和声的視点や 構造的視点から読譜(=音楽的読譜)することがとても大切なのです。
まず、音楽的読譜を行うことによって、初期段階でも常に音楽的視点を失わずに、演奏に必要な練習を合理的に行うことができます。
そのため、 作品を一通り演奏できるようになるまでの時間を、圧倒的に短縮することができ、子どもたちも飽きることなく読譜ができます。
また、音楽的読譜 力を養うことによって、作品を読み解く力がアップし、演奏表現を進化させ、深めていくこともできるのです。
講座では、基本的読譜法に加え、読譜時に必要な音楽的視点、そして、音楽的・実践的練習法、その指導法をもお伝えします。

第1回目 読譜リテラシー(拍子・臨時記号)+ 和声的α 

講師:俣野 修子
≪ジュネーヴ音楽院 演奏家課程( post-graduate course )首席修了。
パデレフスキー記念フィリッピネッティ特別賞受賞。
同音楽院在学中より、スイス・フランスで演奏活動を開始。
帰国後は、東京、大阪でリサイタル、NHK FMフレッシュコンサート出演、
日本各地でジョイントリサイタルの他、上村昇氏、奈良場恒美氏、G・バブアゼ氏、
テレマン室内管弦楽団、モーツァルト室内管弦楽団、スロバキア四重奏団、ベルリン弦楽四重奏団等々、内外の音楽家と数多く共演。
近年では、2009年・2011年・2014年・2016年に関西と東京でリサイタルを行い、
『俣野修子 モーツァルトとシューベルトの夕べ』 シリーズや、『楽興の時』 室内楽シリーズも、好評のうちに完結した。
2015年開始のピアノデュオシリーズ 『pianist plus pianist』 も、毎回高い評価を得ている。
また、東京、埼玉において、公開レッスン、読譜初見講座、音楽教室講師対象の指導講座等をシリーズで行う他、
PTNAコンペティションに加え、各地主催の数多くのコンクールの審査員を務める。
現在、京都市立芸術大学において、後進の指導にあたっている。
日本演奏連盟会員、PTNA正会員、JPTA正会員。≫

★第1回目開催!
日時:第1回 2018年9月21日(金) 10:30~12:30
会場:ヤマハミュージック 大阪なんば店 2Fサロン
料金:PTNA会員(奈良・千里・堺・神戸中央支部)1講座2,500円、全3講座7,500円
上記以外のPTNA会員:1講座3,000円、全3講座8,000円
一般:1講座3,500円、全3講座9,500円
※税込価格

お申込み・お問合せ:鍵盤楽器売場 06-6531-8203

2018年8月27日

【講座開催】9/14鵜﨑庚一:ショパン/ワルツ選Ⅱより 第1回目(全5回)

鵜﨑庚一「アナリーゼの技法」~″かたち″の理解のために~
ショパン/ワルツ選Ⅱより(全5回)
講座詳細はこちら


より良い演奏表現のために必要な基礎能力を" 音楽体力" と名づけるなら、その体力づくりにはアナリーゼ=楽曲分析が必須です。
難解で取り組みにくい作業ですが、同時に、謎を解きほぐすサスペンスフルな魅力にあふれています。
鵜﨑先生の画期的な"チャート" は、分析がビジュアル的で明快ですので、即、実践的な作業が可能になります。
今回は、ピアノ学習者に必須の「ショパン/ワルツ選Ⅱ」が題材です。
指導に、演奏に生かせるアナリーゼをぜひ体感してください。

第1回目 ショパン:3つのワルツ Op.34 第1番 "華麗なるワルツ" 

講師:鵜﨑 庚一
≪東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。フランス国立パリ高等音楽院一等賞首席(フーガ)修了。
国立音楽大学および大学院教授・お茶の水女子大学講師・武蔵野音楽大学講師を歴任。
現在、国立音楽大学名誉教授・日本作曲家協議会会員・日本音楽著作権協会会員。≫

★第1回目開催!
日時:第1回 2018年9月14日(金) 10:30~12:30
会場:ヤマハミュージック 大阪なんば店 2Fサロン
料金:PTNA会員(奈良・千里・堺・神戸中央支部)2,500円
上記以外のPTNA会員3,000円
一般:3,500円
※いずれも1回分講座料金
※税込価格

お申込み・お問合せ:楽譜売場 06-6531-8202

2018年7月19日

【講座開催】8/25(土) フンメル博士のワクワク楽しいピアノ実験教室

お子さま特別体験企画!
フンメル博士のワクワク楽しいピアノ実験教室
講座詳細

ピアノの仕組みって面白い!
お子さま特別体験企画です。小学生以下のお子さまは無料!
この機会に、ピアノの仕組みを知って、ピアノの楽しさを広げてください!


実験1 ピアノの歴史、先祖はどんな形をしていたのだろう?
実験2 不思議な鍵盤の実験!分解もするよ!
実験3 黒いレンジャー部隊~ペダルの実験~
実験4 弾いていないのにピアノの中から聴こえる不思議な音!
実験5 調律の体験コーナー

講師:岳本恭治(たけもと きょうじ)
≪武蔵野音楽大学ピアノ科、国立音楽院ピアノ調律科卒業。
英国トリニティ大学・ディプロマを最優秀で取得。
演奏活動と共に「ピアノ構造学・改良史・奏法史」
「ピアノ教師でもあった大作曲家たちの指導法」等、数々のセミナーを行う。
「国際フンメル賞」受賞。著書に「ピアノ大全」「江戸でピアノを」、
楽譜「フンメル作品集」「リスト・3つのカンパネッラ」他、多数。
現在、日本フンメル協会会長、国際フンメル協会名誉会員、
国立音楽院講師、全日本ピアノ指導者協会(PTNA)正会員。≫


日時:2018年8月25日(土)14:00~16:00(受付:13:45)
会場:ヤマハミュージック 大阪なんば店 2階サロン
参加料:1名様 1,000円(税込) ご家族3名まで2,000円(税込)
4名以上の場合、1名に付きプラス500円(税込)
※定員になり次第参加受付を終了させて頂きます

お申込み・お問合わせ:鍵盤楽器売場 06-6531-8203

2018年6月29日

【講座開催】7/13三舩優子:演奏の表現力を高める方法 第3回目(全3回)

三舩優子 コンサートピアニストに聞く!
演奏の表現力を高める方法 ~ギロックの楽曲を題材にして~(全3回)
講座詳細はこちら


ピアノを演奏する上でもっとも大切なものは「表現力」です。
楽譜をどう読み解き、どうイメージを膨らませどう表現するか。
コンクールで審査される主要ポイントもそこにあります。
こうした「表現力」は、初歩の段階から養うことが大切です。
表現力を身に付けさせるために子どもたちにどのような指導をすればよいのか、コンサートで活躍する「表現のプロ」から学びます。
一流ピアニストによる、大変貴重なセミナーです。ぜひご参加ください!

〔第3回目 実践編〕
~魅力的な演奏をするためには~
・公開レッスン有り(出演者未定)

講師:三舩優子
≪幼少期をNYで過ごす。桐朋学園大学在学中、日本音楽コンクール第1位。同大学を主席卒業後、ジュリアード音楽院へ留学。
91年にアメリカデビューを果たし高評を得る。帰国後は、リサイタルはもとより国内外の主要オーケストラとも共演を重ね、その活動は海外にも及ぶ。
これまでにCDアルバムを多数発表、いずれも好評を博す。
ワークショップやアウトリーチ活動にも力を注いでいる。
バロックから現代作品までレパートリーは広く、シャープなタッチからは、気品と色彩感にあふれた音色が放たれる。
華のあるダイナミックな演奏で観衆を魅了しつづける、日本を代表するピアニストのひとりである。
京都市立芸術大学非常勤講師。≫

★第3回目開催!
日時:第3回 2018年7月13日(金) 10:30~12:30
会場:ヤマハミュージック 大阪なんば店 2Fサロン
料金:PTNA会員(奈良・千里・堺・神戸中央支部):2,500円
上記以外のPTNA会員:3,000円
一般:3,500円
※いずれも1回分講座料金
※税込価格

お申込み・お問合せ:鍵盤楽器売場 06-6531-8203
当日の欠席ご連絡先:ミュージックアベニューなんば TEL 06-6531-8095

2018年6月 9日

【講座開催】6/28三舩優子:演奏の表現力を高める方法 第2回目(全3回)

三舩優子 コンサートピアニストに聞く!
演奏の表現力を高める方法 ~ギロックの楽曲を題材にして~(全3回)
講座詳細はこちら


ピアノを演奏する上でもっとも大切なものは「表現力」です。
楽譜をどう読み解き、どうイメージを膨らませどう表現するか。
コンクールで審査される主要ポイントもそこにあります。
こうした「表現力」は、初歩の段階から養うことが大切です。
表現力を身に付けさせるために子どもたちにどのような指導をすればよいのか、コンサートで活躍する「表現のプロ」から学びます。
一流ピアニストによる、大変貴重なセミナーです。ぜひご参加ください!

〔第2回目 実践編〕
・4期の各スタイルに適した表現方法
・ピアノは「弾く」のではなく「聴く」
・出したい音色を作るための奏法とは? etc.

講師:三舩優子
≪幼少期をNYで過ごす。桐朋学園大学在学中、日本音楽コンクール第1位。同大学を主席卒業後、ジュリアード音楽院へ留学。
91年にアメリカデビューを果たし高評を得る。帰国後は、リサイタルはもとより国内外の主要オーケストラとも共演を重ね、その活動は海外にも及ぶ。
これまでにCDアルバムを多数発表、いずれも好評を博す。
ワークショップやアウトリーチ活動にも力を注いでいる。
バロックから現代作品までレパートリーは広く、シャープなタッチからは、気品と色彩感にあふれた音色が放たれる。
華のあるダイナミックな演奏で観衆を魅了しつづける、日本を代表するピアニストのひとりである。
京都市立芸術大学非常勤講師。≫

★第2回目開催!
日時:第2回 2018年6月28日(木) 10:30~12:30
会場:ヤマハミュージック 大阪なんば店 2Fサロン
料金:PTNA会員(奈良・千里・堺・神戸中央支部):2,500円
上記以外のPTNA会員:3,000円
一般:3,500円
※いずれも1回分講座料金
※税込価格

お申込み・お問合せ:鍵盤楽器売場 06-6531-8203
当日の欠席ご連絡先:ミュージックアベニューなんば TEL 06-6531-8095

2018年6月 8日

【講座開催】6/22鵜﨑庚一:ショパン/ワルツⅠより 第5回目(全5回)

鵜﨑庚一「アナリーゼの技法」~″かたち″の理解のために~
ショパン/ワルツIより(全5回)
講座詳細はこちら


より良い演奏表現のために必要な基礎能力を" 音楽体力" と名づけるなら、その体力づくりにはアナリーゼ=楽曲分析が必須です。
難解で取り組みにくい作業ですが、同時に、謎を解きほぐすサスペンスフルな魅力にあふれています。
鵜﨑先生の画期的な"チャート" は、分析がビジュアル的で明快ですので、即、実践的な作業が可能になります。
今回は、ピアノ学習者に必須の「ショパン/ワルツ選1」が題材です。
指導に、演奏に生かせるアナリーゼをぜひ体感してください。

第5回目 ショパン:2つのワルツ Op.69 第1番(WN47) "別れ" 

講師:鵜﨑 庚一
≪東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。フランス国立パリ高等音楽院一等賞首席(フーガ)修了。
国立音楽大学および大学院教授・お茶の水女子大学講師・武蔵野音楽大学講師を歴任。
現在、国立音楽大学名誉教授・日本作曲家協議会会員・日本音楽著作権協会会員。≫

★第5回目開催!
日時:第5回 2018年6月22日(金) 10:30~12:30
会場:ヤマハミュージック 大阪なんば店 2Fサロン
料金:PTNA会員(奈良・千里・堺・神戸中央支部)2,500円
上記以外のPTNA会員3,000円
一般:3,500円
※いずれも税込価格

お申込み・お問合せ:楽譜売場 06-6531-8202

2018年5月15日

【講座開催】5/30二ツ森 比呂志 ピアノ指導者講座「ピアノと生徒の"いま"」

二ツ森 比呂志 ピアノ指導者講座「ピアノと生徒の"いま"」
講座詳細はこちら

いま、レッスンの現場では、いろいろな変化が起こっています。
生徒・保護者・ピアノ、その変化に対応しながら、
大切なことを見失わないようにしなければなりません。
この変化の中で、生徒の音楽性を伸ばすための指導と
練習のポイントはどのようなことなのか。
指導者の皆様と共に「ピアノの"いま"と生徒の"いま"」を考える2時間です。

◆ピアノの基本構造の再確認
 弦楽器・打楽器・鍵盤楽器・多弦共鳴楽器としてのピアノ。
 ピアノの基本構造を再確認することで、指導の方向性を定めましょう。

◆演奏法のちがいと特徴
 指導者として知っておきたい、グランドピアノ・アップライトピアノ・電子ピアノの演奏法と特徴

◆生徒の音楽性を伸ばす
 コンクールで成長、ステージでの達成感のための指導と練習のポイント
 ・そのままにしてはいけない生徒の演奏はこんな演奏
 ・練習方法
 ・練習環境

◆質疑応答
 ピアノ指導Q&A


講師:ピアニスト,株式会社ヤマハミュージックジャパン ピアノスタッフ
二ツ森 比呂志 (ふたつもり ひろし)
≪武蔵野音楽大学器楽科有鍵楽器専修ピアノ科卒業。在学中より演奏活動を行い、東京、札幌、室蘭、岩内、柏崎ほか各地でリサイタル、ソロコンサートを開催し好評を博す。「札幌現代音楽展」参加の後、チェコの作曲家「マルティヌー室内楽作品展」を主催。「ステラ五重奏団」の30年の演奏活動のほか、N響シュトス弦楽四重奏団とも度々共演し主要なピアノ五重奏曲を奏破。「ピアノらしい演奏」を提唱し、各地でコンクール、オーディションの審査員を務める。アドバイスレッスンでは、ピアノの構造原理から奏法を導く独自の視点で、導入期から専門家まで多くの生徒を指導。独奏からアンサンブルまで視野に入れたレッスンは多彩な演奏を生む指導として定評がある。広いピアノの知識で
内外の各種ピアノ事情に詳しく、室内楽ワークショップ等も精力的に行っている。ピアノをロナルド・カヴァイエ、ヤン・ホラーク、作曲・理論を木村雅信、小倉朗、指揮を佐久間龍也の各氏に師事。ヤマハミュージックジャパン ピアノスタッフ。≫

★詳細
日時:2018年5月30日(水) 10:30~12:30
会場:ヤマハミュージック 大阪なんば店 2Fサロン
料金:無料 ※要予約
定員:70名まで

お申込み・お問合せ:鍵盤楽器売場 06-6531-8203


過去の記事


カテゴリ

  • レポート


QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ奈良支部