« 前の記事| 後の記事 »

【講座開催】10/11赤松林太郎:ブルグミュラーコンクール関連講座 第1回目(全4回)

赤松林太郎「ブルグミュラー18の練習曲 全曲マスター講座」
ブルグミュラー18の練習曲、全曲制覇(全4回)
講座詳細はこちら


赤松先生の澄んだ音色で、ブルグミュラーのさらなる魅力を存分に味わえます。
シューマン、ショパンへ向かう架け橋として、学びと感動をお届けします。
解説ポイント
どのようなところに魅力があるのか(曲の構成、和音の特徴をつかむ)
つまずきやすい部分を克服するための練習方法
コンクールでどう弾くか、また、この曲がどんなロマン派の曲に繋がるのか... ほか

第1回目 ブルグミュラー18の練習曲 (1~5番) 

講師:赤松 林太郎
≪1990年全日本学生音楽コンクール第1位。
2000年クララ・シューマン国際ピアノコンクール第3位を受賞した際、Dr.J.カイザーより「聡明かつ才能がある」と評された。
その後10以上の国際コンクールで受賞。
神戸大学を卒業後、パリ・エコール・ノルマル音楽院にてピアノ・室内楽共に高等演奏家課程ディプロムを審査員満場一致で取得。
国内各地の主要ホールはもとより、アメリカ、ロシア、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、台湾、コロンビアなどを公演で回る。
キングインターナショナルから《ふたりのドメニコ》、《ピアソラの天使》、《そして鐘は鳴る》、《インヴェンションへのオマージュ》をリリースして各誌で絶賛される。
初の著書《赤松林太郎 虹のように》を道和書院より発刊。
1,000名以上の指導に携わり、多くの受賞者を輩出している。
日本各地で開催される講座でも好評をおさめ、エッセイストとしては新聞や雑誌にも連載を持っている。
第1回よりダヌビア・タレント国際音楽コンクール(ハンガリー)の審査員長を務める。
ピアノを熊谷玲子、M.ヴォスクレセンスキー、F.クリダ、J.ミコー、G.ナードル、Z.コチシュ、室内楽をN.パタルチェツ、C.イヴァルディ、音楽学を岡田暁生の各氏に師事。
一般社団法人日本ピアノ指導者協会評議員、演奏研究委員。
ブダペスト国際ピアノマスタークラス教授、洗足学園音楽大学・大学院客員教授、大阪音楽大学・大学院特任准教授。
赤松 林太郎 オフィシャルウェブサイト >http://rintaro-akamatsu.com/≫

★第1回目開催!
日時:第1回 2018年10月11日(木) 10:30~12:30
会場:ヤマハミュージック 大阪なんば店 2Fサロン
料金:PTNA会員(奈良・千里・堺・神戸中央支部)1講座2,500円、全4講座10,000円
上記以外のPTNA会員:1講座3,000円、全4講座11,000円
一般:1講座3,500円、全4講座13,000円
※税込価格
※定員になり次第参加受付を終了させて頂きます

お申込み・お問合せ:楽譜売場 06-6531-8202

※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事


カテゴリ

  • レポート


QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ奈良支部