« 前の記事| 後の記事 »

赤松林太郎先生による課題曲公開レッスン&コンサート開催しました!

コンペティションが始まり、各所で参加者の意気込みが感じられる時期となりました。

練馬光が丘ステーションでは、6月21日に赤松林太郎先生をお迎えして、コンペティション

課題曲公開レッスン&コンサートを開催しました。

公開レッスンでは、B級(3名)、C級(1名)、D級(1名)、E級(1名)、がそれぞれの課題曲2曲を演奏し、

その曲の特徴、演奏法などを、短時間にも関わらず、ポイントをしっかり教えて下さり、

受講生の演奏がみるみる変化し、まるで生き物のように表情豊かな演奏となりました。

<ポイント>

・バロックは、4声を意識し音色を弾き分けることで表情豊かな演奏となる。

・伴奏型の拍感が大切であり、その和声で背景の立体感を作ること。

・休符にも、表情(スタッカート)を付ける。

・モーツァルトとベートーヴェンの楽譜の違いがある。

・指先の使い方、弾き方。

・ホールでの演奏法、など。

公開レッスン1.JPG 公開レッスン2.JPG

後半は、赤松先生によるコンサートが行われました。

<プログラム>

スカルラッティ:ソナタ ニ短調 K.9

スカルラッティ:ソナタ ニ短調 K.141

シューベルト:即興曲 Op.90-3

ショパン:スケルツォ 第2番 Op.31

シューマン:いとしい五月お前はまたやってきたOp.68-13

ピアソラ(山本京子編曲):リベルタンゴ

 

スカルラッティの軽やか、かつ繊細なきらきらした音色にハッとさせられ、

シューベルト、シューマンの優しい穏やかなメロディーに安らぎを感じ、

ショパンは、変化にとんだテクニックを難なくこなし、ダイナミックなハーモニーが響き渡り、

そして、リベルタンゴは、ホールの良さを最大限に活かした素晴らしいサウンドで、客席をすっぽり包み込み、観客が魅了されてしまいました!

あまりの迫力の凄さにアンコールが起こり、ショパンのワルツを、最後しっとりと演奏して下さいました。

その場にいた観客は、感激でいっぱいでした!

コンサート1.JPG

コンサート2.JPG

 

※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ練馬光が丘ステーション