« 前の記事| 後の記事 »

【実施レポ】ギロック3回シリーズ講座 はじめてのギロック(第2回)(今野万実)

2016年9月18日(日)川本ピアノサロンにて今野 万実先生をお招きし、「ギロック3回シリーズ講座 はじめてのギロック(第2回)」という題で講座が開催されました。
大好評を博した前回に引き続き第二回が開催されました。 今回も公開レッスン付きという事もあり、より実践的なお話が聞けるのではと胸を膨らませ参加致しました。
今回特に感銘を受けましたのは、今野先生の「豊かさ」でした。先生の生徒さんや、私達指導者への言葉の「豊かさ」。ノンレガートやスタッカート、そしてレガートといった異なるタッチの習得や美しい音作りの為には生徒に、より大げさにより具体的に、より分かりやすい言葉がけが必要なこと、タイトルから動画なども使いイメージを喚起させることが豊かな表現への第一歩となると教えて頂きました。
先生の指から繰り出される「豊かな」響き。グッズを使いながら体の動きで音への意識を高める方法や、左右の手のバランスやポリフォニーの曲で左右のクオリティーを揃える為の練習法、後回しになりがちなペダルをゆっくり踏ませる方法など今すぐレッスンに活かせる、活かしたいと思う事が沢山ありました。
また、限られたレッスン時間の中でその日の教材の中で何を伝えるかを明確にして、ポイントを絞ってレッスンされている様子を拝見して、生徒さんが飽きずに嫌がらずにピアノを続けるヒントを頂きました。それは今回の講座を聴いて、日頃の自分を一番反省した点でもあります。生徒さんを上手にしたい一心で頑張らせすぎてかえって「やる気」や「達成感」を削いでいたなと思いました。
今野先生の「なんちゃってレガート」「ほぼカニカマ」というユーモア溢れるお言葉も心に染みました。そして「笑顔と根気」と仰る先生から生徒さんに対する「豊かな愛」を感じました。
2017年2月19日(日)に行われる第三回が本当に楽しみです。
今野万実先生、ありがとうございました。
Rep:眞殿緩子

※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ西宮南ステーション